年に1度の文房具の大商談会「第28回 国際文具・紙製品展 (ISOT/イソット)」が7月5日から7日の3日間、東京ビッグサイトで開催されました。

会場にはISOTに合わせて発表される各メーカーの新製品や一押しのアイテムがずらり。個人的に気になるアイテムが多数展示されていましたので、ご紹介します。

ゴージャスすぎるふせんに真っ黒なメモ帳!?

こちらは側面が金色に輝く何ともゴージャスなふせん。高品質なノートやふせんに天金加工を施した、印刷会社「河内屋」が手がける新シリーズ「KUNISAWA」です。

シックなたたずまいと高級感があいまって、ビジネスシーンでも大活躍してくれそうですね。発売は8月中旬予定です。

使用後のふせんが散らからない!

機能的かつユニークな紙製ステーショナリーを作っているブランド「kamiterior(カミテリア)」からは、「フセンのゴミ箱」が登場。

袋状のケースと厚紙がセットになっており、手帳やノートの見返し部分に貼り付けて、使用後の剥がしたふせんをまとめておくアイテムです。散らばりがちなシールの剥離紙なども入れておけそうですね。9月発売予定です。

そのほか、カミテリアからは黒い紙10種類を綴じたメモ帳「memoterior(メモテリア) kuro / guro」などやペラペラの紙ばかりを5種類綴じた「memoterior(メモテリア) pera / pera」なども9月に発売されるとのこと。紙もの好きにはたまらないアイテムだらけでした。

こんなインデックスシールを待っていた!

デザインフィルのプロダクトブランド「ミドリ」の手帳用インデックスシール「チラットINDEX」は、一見地味ながら画期的なアイテム。従来品よりもインデックスとして飛び出す部分の幅が狭く、スマートに手帳を整理できます。

手帳カバーからもはみ出さないのでカバンの中で折れたりもしませんし、ずれてしまったり間違えて貼ってしまったりしても、貼り直せるタイプなので安心です。

これこそまさに私が欲しいと思っていたインデックスシール! 派手すぎずかわいらしすぎないのもうれしいポイントです。先日発売されたので是非チェックしてみてください。

気配り満載! 便利なポケット付きクリアファイル

こちらは「Pokeful(ポケフル)」という便利な二つ折りクリアホルダー。マルモ印刷から発売されたアイテムです。

開いてみると、左側はA4サイズの書類が入る普通のポケットですが、右側にポケットが2つ付いています。上部は名刺やふせんなどが入る小さめのサイズ。その下には長形3号が入るサイズのポケットがついています。

複数ポケットがあるクリアホルダーはこれまでにもありましたが、ここまで気配りのあるものはなかなかありません。ふせんや小さなメモなど、普通のクリアホルダーには入れづらいものも収納して持ち運べます。

他にも新製品の数々が展示され、3日間で約5万人が来場した今年のISOT。文房具市場の進化は引き続き止まりません。

【今回紹介した文房具】
河内屋「KUNISAWA」
kamiterior「フセンのゴミ箱」「memoterior」
デザインフィル ミドリ「チラットINDEX」
マルモ印刷「Pokeful(ポケフル)」

<著者プロフィール>

まき(福島槙子)
文房具の魅力を発信するウェブマガジン「毎日、文房具。」副編集長。文具プランナーとして文房具の情報を発信。その人その人にぴったりの文房具を見つけるお手伝いや、日々の生活に役立つ文房具、主婦目線での文房具の使い方を提案しています。各種メディア・イベントへの出演やコラムの連載も多数。福島槙子公式ブログ