CS放送局「アニマルプラネット」は、新番組『オランウータン幼稚園』を3月25日(水)から全13回にわたって放送する。15日、東京・虎ノ門の同社で記者会見が行われ、ナレーションを務める女優・室井滋が、番組の見どころや想いを語った。

『オランウータン幼稚園』でナレーションを務めた室井滋

『オランウータン幼稚園』は、東南アジアのボルネオ島に生息し、絶滅の危機に瀕しているオランウータンのドキュメンタリー。ボルネオ島では、違法伐採により、何百頭というオランウータンの赤ちゃんが親や住みかを失っている。そんな行き場を失ったみなしごの赤ちゃんを保護し、野生に返すプロジェクトと、そこで生きるオランウータンの姿を追う。

室井は、過去にバラエティー番組『雷波少年』の企画で、ボルネオ島のジャングルに行ったエピソードを披露。その時、初めてオランウータンに出会い、「お腹が空いて死にそうだったので、"お腹空いた~"って言って歩いてたら、オランウータンの赤ちゃんが現れて、口の中の木の実を口から出してくれようとしたことがあったんです(笑)」と告白。「オランウータンにとても親しみを覚えたし、今回、仕事をいただいのはご縁だと思います」と番組への想いを明かした。

また、既に全13話中11話の収録を終え、「すぐにでも(現地に)手伝いに行きたいです! 本当に可愛い!」とオランウータンの赤ちゃんにベタ惚れの様子。「今は、役に立ちたい気持ちでいっぱいです。私がいなくなったら、ボルネオ島に行ったと思ってください」と意気込む。

『オランウータン幼稚園』 フォトコレクション(写真をクリック!)

一方、室井自身、プライベートで猫を6匹飼うほどの動物好き。「猫もそうだけど、オランウータンはそれ以上に、人間と"感情"が同じだと思った。感情があるのに、人間は切ないことをこの子たちにしてしまっている。自分には何ができるか考えてしまいますね」と語り、「オランウータンの"生きること"への熱心さや貪欲さは、私たちがなくしつつあるものじゃないかな」と、真剣な面持ちで見つめた。

『オランウータン幼稚園』は、「アニマルプラネット」にて3月25日(毎週水曜22:00~、全13回)に放送スタート。「アニマルプラネット」は、全国のケーブル局や、スカパー!、スカパー!e2、ブロードバンドなどでも視聴できる。

詳しい視聴方法についてはこちらを参照。