PR

ふるさと納税はばかばかしい?絶対やるべき理由とお得度をアップさせる方法を徹底解説!

ふるさと納税はばかばかしい?絶対やるべき理由とお得度をアップさせる方法を徹底解説! 基礎知識

本ページはプロモーションが含まれています。

「ふるさと納税はお金持ちだけが得をする制度?」
「ふるさと納税はお得って言われているけれど、本当そうなの?」
ふるさと納税は、自己負担2000円を払えば税金の還付と返礼品が受け取れるお得な制度です。

しかし、年収が少なくなるにつれて寄付できる限度額が少なくなっていくため、「年収が高い人だけがお得な制度でずるい!」という声があるのも事実。
本記事では、「ふるさと納税はばかばかしい」と呼ばれる理由とそれでもやるべき理由を解説していきます。

ネットの評判を見て、ふるさと納税できずにいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

【徹底解説】ふるさと納税おすすめ還元率ランキングベスト150!お得順(高コスパ)返礼品をジャンル別に紹介
▶︎ おすすめランキングはこちら「コスパのいい返礼品ランキングを知りたい!」考えているあなたに還元率を計算して「人気おすすめ順に」ランキングを作成しました。1,800以上の自治体が用意する300,000以上の返礼品の還元率・お得度(コスパ)...
【2024年2月最新】ふるさとチョイスのお礼の品還元率ランキングTOP100
2023年10月に行われたふるさと納税のルール改定で、多くのお礼の品の価格が変更されましたね。 「お気に入りのお礼の品だったのに、寄付額が上がってしまって残念…」という方も多いでしょう。 しかし、なるべくお得なお礼の品を選びたいですよね...

返礼品選びの個別相談を希望の方はマイナビふるさと納税比較サイト公式LINE@からお気軽にメッセージください(無料)

この記事の監修者

リードクリエーション株式会社 代表:新宮 秀也

元大手ふるさと納税ポータルサイト運営/リードクリエーション株式会社 代表

新宮 秀也

ふるさと納税のポータルサイトを運営する企業で4年間勤務経験あり。月間GoodsPress(グッズプレス)にて、ふるさと納税についてのインタビューが掲載。数年間にわたり祖父のふるさと納税(年間100万円)の寄付を手伝った経験から、返礼品の魅力に魅せられています。各ポータルサイトの利便性の悪さを痛感し、ためになる情報をまとめています。地域活性化を目指し、より良い返礼品情報をお届けします。

◆本記事の公開は、2023年9月14日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)
◆本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。
当サイトがおすすめするふるさと納税事業者に関するコンテンツは、総務省ならびに消費者庁が管轄する関連諸法およびWebサイトにて公表している情報を参考にし、実際の利用者や第三者による調査結果などの客観的事実を根拠として作成しております。コンテンツ制作ポリシーはこちら(参考:ふるさと納税事業者の選定とコンテンツ作成に関する基準 [JPG:228KB])

ふるさと納税はばかばかしい?

ふるさと納税がばかばかしいと言われているのは、「富裕層だけが得をする制度だから」という理由です。
しかし、実際には年収で寄付できる金額に差はあれど、得する人がほとんど

ここでは、なぜふるさと納税にこのような誤解かあるのかを解説します。

ふるさと納税の仕組みをおさらい

ふるさと納税はばかばかしい?絶対やるべき理由とお得度をアップさせる方法を徹底解説!

まずは、ふるさと納税の仕組みをおさらいしましょう。

ふるさと納税は、自治体に寄付を行うことで来年度の税金の控除が受けられる制度です。
控除というのは、簡単にいうと税金が少なくなるということです。

会社員の方なら、毎月給与明細をもらっていますよね。

画像引用:ジョブメドレー

よくみてみると、所得税や住民税、社会保険料などさまざまな税金が引かれていることがわかります。

例えば、ふるさと納税で3万円分寄付をすると、自己負担金2,000円を差し引いた28,000円分、翌年の税金が少なくなります。
来年分の税金を前払いしているようなイメージです。

「これでは2000円損しているのでは?」と思う方もいるでしょう。
この2000円分の自己負担金を補填してくれるのが、返礼品です。

ふるさと納税で寄付をすると、お礼として返礼品が届きます。
返礼品は寄付額の約3分の1相当のものなので、3万円寄付をしたら1万円のものが受け取れます。

つまり、2000円で1万円のものが受け取れるということに!
物価高が続く今、お得に特産品が受け取れるふるさと納税は、とても人気の制度です。

ふるさと納税がばかばかしいと言われる理由

返礼品と税金控除が受けられるふるさと納税は、決してばかばかしい制度ではありません。
ではなぜ、「ばかばかしい」と言われているのでしょうか。

それは、年収によって寄付限度額の差が激しいためです。

引用:総務省「ふるさと納税寄付限度額」

こちらは、総務省が発表している、ふるさと納税で寄付できる金額の上限を示した表です。
収入や家族構成によって、寄付できる限度額に大きな差があるのがわかりますね。

対して、自己負担額である2000円は、年収に限らず一律。
年収によって、受けられる税金控除の額の大きさや選べる返礼品が限られることで、「ばかばかしい」と言われているのでしょう。

ふるさと納税がばかばかしくない理由

しかし、税金は年収によって担税率が異なるため、一概に「ばかばかしい」とは言えません。

年収 所得税(税率) 住民税 社会保険料 負担税合計
400万円 8万円(5%) 18万円 62万円 88万円
800万円 45万円(20%) 45万円 121万円 212万円
1200万円 123万円(23%) 83万円 144万円 350万円

参考:金融庁

年収が多くなるればなるほど、その分納める税金も多くなります。
年収が低い場合は納めている税金も少ないため、ふるさと納税の寄付限度額も少なくなるのは当たり前です。

極端な話、年収に限らず同じ額の税金控除が受けられてしまうと、収入の少ない人の中にはまったく税金を払わなくて良い人が出てきてしまいます。

年収が多い人は納めている税金の額も大きいため、ふるさと納税の控除額も大きくなります。

寄付限度額の表だけ見ると、「年収が低い人には恩恵が少ない!」と感じてしまいがちですが、しっかり制度を確認すると、決して不平等な制度ではないことがわかりますね。

ただし、年収150万円以下の場合は、選ぶ返礼品によっては損をする可能性もあるので注意が必要です。

ふるさと納税のお得度をアップさせる方法

ふるさと納税は、決してばかばかしい制度ではありません。
基本的にお得な制度ですが、できれば最大限恩恵を受け取りたいところ。

ここでは、ふるさと納税を最大限お得に使うために大切なポイントを紹介します。

  1. ポイント還元を利用する
  2. キャンペーンをチェック!
  3. 還元率の高い返礼品を狙う!

さっそく見ていきましょう。

1.ポイント還元を利用する

ふるさと納税のポータルサイトの中には、寄付をすることでポイント還元が受けられるサイトがあります。

代表的なものは、以下のポータルサイトです。

楽天ふるさと納税:楽天ポイントがもらえる
ふるなび:ふるナビコイン(PayPay・dポイント・楽天ポイントに交換可)がもらえる
ふるさとチョイス:チョイスマイル(Amazonギフト券・PayPay・dポイント・楽天ポイントに交換可能予定)

普段使っている、溜めているポイントで選んだり、還元率で選ぶのがおすすめです。

楽天ふるさと納税は、約最大30%のポイント還元が受けられる場合も!
ふるさと納税をするなら、ポイント還元率も加味して選びましょう!

2.キャンペーンをチェック!

ふるさと納税の各ポータルサイトでは、お得なキャンペーンを行なっている時期があります。
キャンペーン中は、ポイント還元率が上がることが多いため、積極的に狙って寄付をしたいところ。

おすすめのサイトとキャンペーンはこちらです。

  • 楽天ふるさと納税:毎月の「お買い物マラソン」、数ヶ月に1回の「スーパーセール」
    ふるなび:最大で20%分ふるなびコイン還元の「メガ還元祭」
    さとふる:毎月3と8がつく日に開催される「さとふるの日キャンペーン」

「お得なサイトを選びたい!」という方は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

3.還元率の高い返礼品を狙う!

返礼品を選ぶ時にも、お得度をチェックするのがおすすめ。
還元率を目安に、返礼品を選びましょう。

還元率とは、寄付金額に対する返礼品の市場価格の割合を計算したもの。
高ければ高いほど返礼品の価値が高くなるので、お得といえます。

本サイトでも還元率の高い返礼品をランキング形式で紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【徹底解説】ふるさと納税おすすめ還元率ランキングベスト150!お得順(高コスパ)返礼品をジャンル別に紹介
▶︎ おすすめランキングはこちら「コスパのいい返礼品ランキングを知りたい!」考えているあなたに還元率を計算して「人気おすすめ順に」ランキングを作成しました。1,800以上の自治体が用意する300,000以上の返礼品の還元率・お得度(コスパ)...

ふるさと納税の手続きの方法

ふるさと納税の流れ

「寄付したい自治体や返礼品も決まったけれど、手続きが面倒…」という方のために、ここではふるさと納税の手続き方法について解説していきます。

ふるさと納税の手続きには、ワンストップ特例制度と確定申告があります。

ワンストップ特例制度は、以下の条件を満たした場合に利用できます。

  • 年間の寄附先が5自治体以内であること
  • 確定申告や住民税の申告をしない給与所得者

上記に当てはまらない場合は確定申告が必須となるため、注意しましょう。

ワンストップ特例制度が楽でおすすめ!

ワンストップ特例制度が利用できる場合は、面倒な手続きがなく簡単に寄付ができます。

上記はさとふるの寄付手続きの画面ですが、個人情報入力後にワンストップ特例制度か確定申告かを選ぶところがあります。
ここで「ワンストップ特例制度」を選択すると、自治体から必要な書類が届きます。

記入して必要書類を合わせて返送するだけなので、確定申告よりも簡単に手続きが終了しますよ!

確定申告でも手続き可能

ワンストップ特例制度が使えない方は、確定申告で手続きが必要になります。
確定申告は、e-Taxで行うのが手軽でおすすめです。

ここでは、e-Taxを利用して確定申告をする時の手順を紹介します。

  1. 利用者識別番号を取得
  2. 電子証明書を取得する
  3. パソコンやスマートフォンで確定申告書を作成する
  4. 確定申告書を送信する

詳しくみていきましょう!

STEP1.利用者識別番号を取得する

e-Taxを利用するには利用者識別番号という半角16桁の番号を取得する必要があります。
利用者識別番号を取得する方法はこちら。

STEP2.電子証明書を取得する

e-Taxを利用するには電子証明書が必要になります。
電子証明書とはデーターの作成者が本人であり、データーの改ざんがされていないかを確認するためのもの。

電子証明書を取得する方法はマイナンバーカードを取得する(マイナンバーカードは電子証明書として使用できます)か、マイナンバーカード以外で電子証明書を取得するかになります。

マイナンバーカード以外での電子証明書は「e-Taxで利用できる電子証明書」から申請して取得ができます。

STEP3.パソコンやスマートフォンで確定申告書を作成する

確定申告書の作成は国税庁のホームページから作成できます。

  • パソコンはe-Taxソフトの(Web版)か(ダウンロード版)から作成できます
  • スマートフォンはe-Taxソフトの(SP版)から作成できます

ふるさと納税は所得控除の寄付金控除として登録することができます。

画像引用:国税庁

上記画像の欄に、ふるさと納税で寄付をした金額を入力すればOKです!

STEP4.確定申告書を送信する

確定申告書の作成が完了したら、e-Taxでデータを送信します。
データーの送信が完了したら、画面上で受付番号・日時、受信の有無が確認できるので見逃さないようにしましょう。

また、メッセージボックスに送信結果のお知らせメールが届くので、必ず確認しておきましょう。

ふるさと納税のおすすめ返礼品10選

ぜひチェックしてみてくださいね!また、ふるさと納税で人気の返礼品のジャンルといえば家電製品です。家電製品をふるさと納税でお得にゲットできたら嬉しいですよね!

本サイトでも家電製品の返礼品をランキング形式で紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【2024年2月】ふるさと納税の家電&電化製品おすすめ還元率ランキングTOP100!人気・金額別・ジャンル別総まとめ
「ふるさと納税でお得な家電の返礼品が欲しい!」そんな方におすすめな高還元率ランキングで返礼品を紹介していきます。 今回はふるさと納税の寄付でもらえる「家電」の返礼品情報を当サイトの調査員が徹底的に調査!ぜひこのランキングをご活用いただ...

ふるさと納税おすすめサイト21選

ふるさと納税を始めるならチェックしておきたい、おすすめサイトランキングはこちら!

順位 サイト名    総合評価    掲載
自治体数
掲載
返礼品数
レビュー
機能
キャンペーン
の有無
サイトの特徴 貯まるポイント
1 ヤフーのふるさと納税 4.9 out of 5 stars 4.9 1,700 1,361,645 ・PayPayポイントが還元される
・さとふる/ふるなび/ふるさとチョイスが出店
・PayPayポイントがもらえるキャンペーン多数
・PayPayポイント
2 ふるなび 4.9 out of 5 stars 4.9 1,280 532,736 Amazonギフト券に交換できる
・後から返礼品を選べる
・ふるなびコインがもらえるキャンペーン多数
・ふるなびコイン
(Amazonギフト券・PayPay・
dポイント・楽天ポイントに交換可)
3  楽天ふるさと納税 4.6 out of 5 stars 4.6 1,646 522,672 ポイント還元率が最大30.5%
・ポイントを納税に使える
・楽天ポイント
4  さとふる 4.6 out of 5 stars 4.6 1,323 804,474 操作性に優れている
・定期便が利用できる
・さとふるマイポイント
(PayPayポイント・Amazonギフトカードに交換可)
5 マイナビふるさと納税 4.4 out of 5 stars 4.4 250 110,266 × ・最大10%のAmazonギフト券還元キャンペーン
×
6  ふるさとプレミアム 4.2 out of 5 stars 4.2 269 112,627 × ・Amazonギフト券がもらえる
最新家電の取り扱いがある
×
7 ふるさとチョイス 4 out of 5 stars 4.0 1,700 573,056 掲載自治体数No1
・決済方法が豊富
・チョイスマイル(Amazonギフト券・PayPay・
dポイント・楽天ポイントに交換可予定)
・寄付に再利用できる
8  auPAYふるさと納税 4 out of 5 stars 4.0 1,602 561,866 ・auアカウントを使える
・特集が多い
・Pontaポイント
※(au PAY マーケット限定)
9  ANAのふるさと納税 4 out of 5 stars 4.0 879 409,458 × ・マイルが貯まる
・オリジナル返礼品がある
・ANAマイル
10 【徹底比較】ふるさと納税おすすめサイトベスト20を発表!2023年8月JRE MALL
3.8 out of 5 stars 3.8 535 196,148 × ・JR東日本が運営
・JREポイント
11 【徹底比較】ふるさと納税おすすめサイトベスト20を発表!2023年8月ふるラボ 3.6 out of 5 stars 3.6 755 324,322 × ・テレビ局が運営。Youtubeチャンネルがある
・初心者でもわかりやすいマイページ
×
12 【徹底比較】ふるさと納税おすすめサイトベスト20を発表!2023年8月JALふるさと納税 3.6 out of 5 stars 3.6 430 157,027 ・マイルが貯まる
・オリジナル返礼品がある
・JALマイル
13  三越伊勢丹ふるさと納税   3.4 out of 5 stars 3.4 312 16,043 ・百貨店の敏腕バイヤーが厳選
・定期便が利用できる
・MIポイント
14 ふるさと本舗ふるさと本舗 3.2 out of 5 stars 3.2 171 56,400 × ・Amazonギフト券還元キャンペーンが多い
×
15 ふるさとパレット 3 out of 5 stars 3.0 137 63,046 ・コンシェルジュサポートがある
・オリジナル返礼品がある
・東急ポイント
16  ふるぽ 3 out of 5 stars 3.0 225 106,505 × × ・旅行に特化している
・後から返礼品を選べる
×
17 【徹底比較】ふるさと納税おすすめサイトベスト20を発表!2023年8月ふるさとぷらす 2.8 out of 5 stars 2.8 51 14,709 × × ・地方の特色がわかりやすい ×
18  ふるり 2.8 out of 5 stars 2.8 15 2,868 × × ・自治体の情報量が豊富 ×
19  さのちょく 2.8 out of 5 stars 2.8 1 2,712 × ・泉佐野市の専門サイト
・後から返礼品を選べる(有効期限なし)
×
20 【徹底比較】ふるさと納税おすすめサイトベスト20を発表!2023年8月ポケマルふるさと納税
2.8 out of 5 stars 2.8 40 4,102 × ・農家さん、漁師さんと直接つながる ×
21  ふるスポ! 2.8 out of 5 stars 2.8 9 96 × × ・スポーツチームに貢献できる
・差し入れができる
×

普段から使っているポイントが貯まるところや、返礼品の数で選ぶのがおすすめですよ。

Amazonギフト券がもらえる人気サイト

ふるさと納税ポータルサイトでは定期的にお得なキャンペーンが実施されていますが、その中でも特に人気なのがAmazonギフト券の付与キャンペーンです。

2024年1月は、4つのサイトがAmazonギフト券(Amazonギフト券に交換可能なポイント)の付与キャンペーンを開催!それぞれAmazonギフト券の獲得条件や付与予定日が違いますので、ふるさと納税申し込み前に確認しておきましょう。

2024年1月 Amazonギフト券キャンペーン

ふるさと納税はばかばかしくない!

一見、高収入の方の方が得をするように見える、「ふるさと納税」。
ばかばかしいという悪評もありますが、しっかりみてみると収入が少ない方でもポイントを押さえておけばお得に利用できる制度です。

ふるさと納税のお得度をアップさせるために必要なポイントは、以下の3つです。

  1. ポイント還元を利用する
  2. キャンペーンをチェック!
  3. 還元率の高い返礼品を狙う!

本サイトでは、おすすめのポータルサイトや各サイトのキャンペーン情報、高還元の返礼品まで幅広く紹介しています。
ふるさと納税をはじめようと考えている方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

【図解】ふるさと納税が10月に改悪!3つのポイントを徹底解説|ルール変更・改正による影響や対策を紹介|2024年2月4日更新
【2024年2月4日更新】 と考えているあなたに、ふるさと納税のルール変更・改正による3つの影響を徹底解説します! また、実際に2023年10月から何がどのように変わるのかを、自治体に電話して確認しました。 電話し...
ふるさと納税はしないほうがいい人の特徴6選!お得に利用する方法や注意点まで徹底解説
「ふるさと納税はお得な制度と聞くけど、本当に誰でもお得なの?」 「ふるさと納税をしないほうがいい人とは?」 このような疑問をお持ちの方も多いでしょう。 ふるさと納税は、自己負担2,000円で税金控除と返礼品が受け取れるので、基本的...
【2024年2月】ふるさと納税の家電&電化製品おすすめ還元率ランキングTOP100!人気・金額別・ジャンル別総まとめ
「ふるさと納税でお得な家電の返礼品が欲しい!」そんな方におすすめな高還元率ランキングで返礼品を紹介していきます。 今回はふるさと納税の寄付でもらえる「家電」の返礼品情報を当サイトの調査員が徹底的に調査!ぜひこのランキングをご活用いただ...
【徹底解説】ふるさと納税おすすめ還元率ランキングベスト150!お得順(高コスパ)返礼品をジャンル別に紹介
▶︎ おすすめランキングはこちら「コスパのいい返礼品ランキングを知りたい!」考えているあなたに還元率を計算して「人気おすすめ順に」ランキングを作成しました。1,800以上の自治体が用意する300,000以上の返礼品の還元率・お得度(コスパ)...
【2024年2月】ふるさと納税の高額返礼品人気返礼品総まとめ!おすすめ還元率ランキング
ふるさと納税の返礼品の中には、3億円を超える寄付をすることでもらえる返礼品もあります。2024年現在、ふるさと納税で最も寄付金額が高額な返礼品は、群馬県伊勢崎市の多目的防災シェルター「AEGIS」(イージス) 300,000,000円でした...
【徹底解説】ふるさと納税サイトおすすめベスト21!徹底比較|キャンペーン・使い勝手
「ふるさと納税どこがいい?」 「ふるさと納税のサイトはどこがいいの?」 ふるさと納税で寄付を受けている主要なサイトは21個あります。その中で一番お得でおすすめのふるさと納税サイトは何か?をご紹介します! 主要21サイトの特徴やキャ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました