「安物買いの銭失い」とは、「安物は品質が悪いので修理や買い替えが必要になり、かえって高くつく」という意味のことわざです。日常生活でも使う機会が多いことわざなので、正しい使い方を確認しておきましょう。

本記事では、「安物買いの銭失い」の例文や類語・英語表現などをくわしく解説していきます。正しい使い方を理解して、普段の会話やビジネスシーンで役立てましょう。

  • 安物買いの銭失いとは

    「安物買いの銭失い」ということわざを正しく理解しよう

安物買いの銭失いとは

「安物買いの銭失い」は、「安物は品質が悪いので修理や買い替えが必要になり、かえって高くつく」という意味のことわざです。費用を抑えるために安い物を買ったのに、すぐに壊れてしまい、結局出費がかさんだという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。このように、安い物を買った意味がなかったという状態を言い表すときなどに使います。

また、安物買いの銭失いは江戸時代に誕生したと言われる歌がるた「江戸いろはかるた」の一句にもなっており、古くから「安物を買うと結局高くつく」という戒めのことわざとして知られていたようです。

安物買いの銭失いの読み方

安物買いの銭失いの読み方は、「やすものがいのぜにうしない」になります。特に難しい読み方ではないので、この機会にぜひ覚えましょう。

  • 安物買いの銭失いとは

    安物買いの銭失いは、古くからあることわざです

安物買いの銭失いの類語

ここからは、「安物買いの銭失い」の類語を2つ紹介していきます。

安かろう悪かろう

「安かろう悪かろう」とは、「値段が安い物は品質も悪い。安い物によい物はない」という意味の言葉です。

安かろう悪かろうという言葉は、品質よりも価格重視の商品が広まった高度経済成長期以降使われるようになりました。近年は安くて高品質な物もたくさんありますが、低価格相応の品質である商品を批判するときなどに使います。なお、「悪かろう安かろう」という言い方は誤りなので注意しましょう。

安物は高物

「安物は高物」は、安物買いの銭失いの同義語といえる言葉です。「安い物を購入すると修理費用がかかったり、すぐに使わなくなったりするので、結局は高くつく」という意味合いがあります。安物買いの銭失いの言い換え表現として使っても問題ありません。

  • 安物買いの銭失いの類語

    安物買いの銭失いの類語も覚えてみましょう

安物買いの銭失いの対義語

ここからは、安物買いの銭失いの対義語を2つ紹介します。

海老で鯛を釣る

「海老で鯛を釣る」とは、「少ない投資で大きな利益を得ること」を指す言葉です。わずかな労力や投資で効率的に利益を得たときなどに使います。

安物買いの銭失いは投資を最小限にした結果、余計に支出が増えたという意味合いがあるため、安物買いの銭失いの対義語になります。

高かろう良かろう

「高かろう良かろう」とは、「価格が高い物は品質もよいだろう」という意味の言葉です。価格が高い物は手間や材料費をかけているので品質もよいだろうという意味合いがあるため、安物買いの銭失いの対義語としても使えます。

本来の使い方は「高かろう良かろう、安かろう悪かろう」です。この場合の意味は「値段の高い物は品質がよいだろうし、安い物は粗悪だろう」になります。

  • 安物買いの銭失いの対義語

    安物買いの銭失いの対義語には上記2つが挙げられます

安物買いの銭失いの英語表現

安物買いの銭失いの英語表現は「penny-wise and pound-foolish」です。このままで「安物買いの銭失い」として使えます。

このほかに、下記のような表現も考えられます。

Buy cheap and waste your money.(安物を買うとお金を無駄にする)
A cheap purchase is money lost.(安物を買うと銭を失う)

表現の仕方は異なりますが、「安い物を買ったら高くついた」という意味合いは同じなので、シーンに合わせて使い分けるといいでしょう。

  • 安物買いの銭失いの英語表現

    安物買いの銭失いの英語表現には「penny-wise and pound-foolish」などがあります

安物買いの銭失いの使い方と例文

安物買いの銭失い」は、安くて品質が悪い物を購入して後悔しているときや、安さだけで物を買おうとしている人に忠告するときなどに使います。

安物買いの銭失いの例文は下記のとおりです。

  • 「特価品を買っても、すぐ壊れて買い直していたのでは安物買いの銭失いだ」
  • 「安い商品は長持ちしないから、結局は安物買いの銭失いになると思うよ」
  • 「引っ越し費用で懐が寒かったが、安物買いの銭失いにならないよう家電は良い物を買った」
  • 安物買いの銭失いの使い方と例文

    安物買いの銭失いは日常会話でもビジネスシーンでも使えます

安物買いの銭失いを使ってみよう!

今回は、「安物買いの銭失い」の意味や類語、英語表現などについて紹介しました。

安物買いの銭失いは、「安物は品質が悪いので修理や買い替えが必要になり、かえって高くつく」という意味のことわざです。日常会話やビジネスシーンで使いやすいことわざなので、正しい意味や使い方を覚えておきましょう。

類語や対義語も覚えておけば、語彙力の向上につながります。この機会にあわせて覚えてみてはいかがでしょうか。