「煩雑」という言葉の読み方や意味を理解していますか? 日常だけでなくビジネスシーンでも耳にする言葉なので、正しく理解しておきたいものです。今回は煩雑という言葉を深く掘り下げて、例文や類語、対義語なども紹介します。

  • 煩雑の意味

    「煩雑」について解説します

煩雑の意味とは

煩雑という言葉の読み方や意味などを紹介します。

煩雑の読み方

「はんざつ」と読みます。「煩」は読みづらい漢字ですがしっかりと覚えておきましょう。

煩雑の意味

煩雑とは「込み入っていて、わずらわしいこと」という意味です。「煩」には「煩(わずら)わしい」という意味があり、「雑」には「まとまりがない、あらいさま」という意味があります。つまり繁雑とは、物事が絡み合っていて複雑で、第三者には理解しづらい状況になっていることを指します。

「わずらわしい」の意味を改めて見てみると、「心を悩ましてうるさい、複雑である、面倒」などという心情を表しています。「煩」という漢字の成り立ちとして、一説には「頭に火が付いているように悩ましいさま」から来ているとも言われています。

  • 煩雑の意味

    煩雑は込み入ってわずらしいことです

煩雑の使い方・例文

煩雑は、以下のような言葉で使われることもあります。

煩雑を極める

とくに込み入ってわずらわしいことを、「煩雑を極める」と表現することもあります。「新しい制度は、さらに煩雑を極めるものだ」などと使います。

煩雑さ

状態をあらわす「さ」という接尾語を付けて、「煩雑さ」と名詞として使うこともあります。「このシステムの煩雑さにはうんざりだ」などと使います。

煩雑化

変化を意味する「化」を付ければ「煩雑化」となり、「物事がますます込み入って煩雑になること」という意味になります。「事務手続きの煩雑化には大きな批判が上がった」などと使います。

  • 煩雑とほかの表現の違い

    煩雑は「煩雑を極める」と使われることもあります

煩雑と繁雑・複雑の意味の違い

煩雑と混同しやすい言葉に「繁雑」や「複雑」があります。それぞれの意味を確認して、違いを理解しましょう。

煩雑と繁雑の違い

「繁雑」も「はんざつ」と読みます。では煩雑との違いは何なのでしょうか。

  • 煩雑…込み入っていて、わずらわしいこと
  • 繁雑…なすべき物事が多すぎて、わずらわしいこと

一見、同じような意味に捉えられますが、「繁」という漢字には「増えて広がる」という意味があります。つまり繁雑とは、物事が増えて多くなりわずらわしいさまを表しています。一方煩雑は、入り組んで複雑となりわずらわしいさまを指しており、若干のニュアンスの違いがあります。煩雑と繁雑は「煩雑なシステム」「繁雑な仕事」などと表現されます。

煩雑と複雑の違い

それでは煩雑と複雑の違いは何でしょうか。複雑の意味とは「物事が込み入っていること、簡単に説明できない状況のこと」を指します。煩雑が「わずらわしさ」という心情を含む言葉であるのに対し、複雑は込み入った状況そのものを指すという点に違いがあります。

  • 煩雑の類義語

    混同しやすい言葉との違いを確認しましょう

煩雑の類語・言い換え表現

煩雑の意味などを理解したところで、次に類語を見ていきます。

ややこしい

「複雑でわかりにくいさま、込み入ってわずらわしいさま」という意味の形容詞です。煩雑とほぼ意味は同じです。

・例文
「彼の発言によって、事態はよりややこしい局面を迎えてしまった」

「ややこ」は「稚児」と書いて赤ん坊を指す言葉であることから、「赤ん坊を上手に扱うことはむずかしい」という意味からこの意味になったとも言われています。

面倒

「めんどう」と読みます。「手間がかかり、わずらわしいこと」という意味です。「面倒くさい」はさらに心情が加わって、「いかにも面倒でいやなこと」という意味になります。面倒にはほかにも「世話」という意味もあります。

・例文
「面倒な仕事を片付けたので、気持ちが晴れ晴れとしている」

難解

「なんかい」と読みます。「わかりにくく、むずかしいさま」という意味です。

・例文
「あの教授の資料はいつも難解で、学生たちは苦労している」

厄介

「やっかい」と読みます。「手間がかかり、面倒なこと」という意味です。他にも「世話になること」という意味もあります。

・例文
「プレゼンで競う相手があの企業だとすると、厄介ですね」

  • 煩雑の対義語

    類語には「ややこしい」「面倒」などがあります

煩雑の対義語

次に、煩雑の対義語を確認していきます。

単純

「たんじゅん」と読みます。「そのものだけで他のものが混ざっていないこと、込み合っておらず簡単なこと、考え方などが素直なこと」という意味です。

・例文
「君が思うよりも事態はもっと単純だよ」

簡潔

「かんけつ」と読みます。「簡単で要領を得ていること、短くはっきりとしていること」という意味です。

・例文
「弊社を選んだ理由を、簡潔に述べてください」

素朴

「そぼく」と読みます。「飾り気がなくありのままの状態であること、仕組みが単純で手があまり加えられていないこと」という意味です。

・例文
「小麦の風味がしっかり感じられる、素朴なパンだ」

  • 煩雑の使い方

    対義語も併せて覚えましょう

煩雑の英語表現

煩雑を英語で表現すると、「complicated(煩雑な、複雑な)」となります。「troublesome」とすることもあります。

・例文
「This is a very complicated issue.」(これは極めて煩雑な問題だ)
「That’s troublesome.」(面倒な話だね)

煩雑の意味とは「込み入ってわずらわしい状態」

煩雑とは、「込み入ってわずらわしい状態」を指す言葉です。似た言葉に複雑がありますが、複雑は「込み入った状況」そのものを指しています。繁雑という言葉もありますが、ニュアンスに若干の違いはあるものの、ほぼ同じ意味と捉えることができます。

類語や対義語もこの機会に一緒に覚えて、間違いのないように使いましょう。