コミュニケーションとは何か?

コミュニケーションとは、言葉や身振り手振りなどで知識・価値観・意見・考え・感情などを情報・伝達・通信をすることで、意思の疎通や心の交流をはかることです。

コミュニケーションとは、人間関係を円滑にさせるとても有効な手段です。そのため、家庭や職場の環境を整える上で欠かせないスキルとなっています。

コミュニケーション能力を向上させることで、生活全般が快適になると一般的には考えられています。

スムーズなコミュニケーションに必要な6つのポイント

コミュニケーションに必要な能力について紹介していきます。

コミュニケーションとは、言葉または非言語を使って人間関係を深めていく手段です。そのため、さまざまな能力が必要とされています。

コミュニケーションをおこなう上で大切な要素を6つ選び、以下から詳しく説明していきます。

ポイント1:観察する力

自分の発した情報が相手に伝わったかどうかを確認する能力に長けていないと、コミュニケーション能力は向上しません。そのために相手の表情や考えをよく理解しておく必要があるため、観察力が重要です。

コミュニケーションとは相手の身振り手振り、顔の変化や声の調子をよく観察しながらおこなうものです。相手に自分の考えや思いなどが正確に伝わっているかどうかを、観察力で補っていくからです。

ポイント2:聴き取る力

コミュニケーション能力を向上させるためには、相手の話を100%の思いで熱心に聞き、すべての内容を正確に聴き取る努力が必要です。

自分の話ばかりしてコミュニケーションをはかろうとする行為は間違いです。自分を理解してもらいたければ、相手の話に耳を傾けることからはじめましょう。相手を深く理解すれば、こちらの伝えたい内容をより伝達しやすくなるからです。

このように、コミュニケーションには傾聴力が不可欠です。

ポイント3:共感力

共感とは、相手の気持ちがわかるという意味です。しかしコミュニケーションにおける共感力とは、相手を自分に共感させる力のことです。相手が自分を信頼して、この人だったら相談できる、心を解放できると感じてくれるコミュニケーション能力が、共感力です。

相手の気持ちに寄り添うことで、共感力・コミュニケーション能力が向上するといわれています。

ポイント4:伝達する力

コミュニケーションとは、相手に自分の意見や考えをわかりやすく伝えることなので、論理的に話せるなどの伝達力が必要です。

そのためには、言いたい事と理由をセットで話したり書いたりできる能力を身につけることが重要です。場合によっては、PREP法やなだもだ法などを勉強することをおすすめします。

伝達力が身につけば相手が知りたいことを的確に教えられるようになるので、コミュニケーション能力がアップします。

ポイント5:働きかける力

コミュニケーション能力を上げる要素に、相手に働きかけて自分に巻き込むリード力があります。

質問などをして積極的に話しかけることで、コミュニケーション能力をアップさせていきましょう。話の内容によっては、相手をリードすることも可能です。なぜなら質問をされた人間は、そのことについて考えざるをえなくなってしまうからです。

明るい働きかけが、素晴らしいコミュニケーションを生み出します。

ポイント6:信頼関係を築く力

信頼関係があると互いの間に言葉やジェスチャー以上の伝達能力が生まれるため、さまざまな場面で効率が良かったり助けられたりするなど、人間関係に大きな影響を与えられます。

コミュニケーションとは信頼関係の上に築き上げられていくものです。そのため、互いの趣味や趣向が一致している必要があります。同じ価値観を持つためにビジネスの場では特に、服装や身だしなみ、挨拶や声の調子、表情などに常に気を配ることが大切です。

コミュニケーション能力向上による5つのメリット

円滑なコミュニケーションによって得られるメリットを5つ紹介していきます。

コミュニケーションとは人間関係をより良くさせる大切な要素です。そのため、家庭や友人関係、近所・親戚付き合い、そしてビジネスの場では欠かせないスキルとなっています。

コミュニケーション能力があるとどのようなメリットがあるのか、その具体的な内容を、以下から詳しく説明していきます。

メリット1:分かりやすく伝えられる

コミュニケーション能力が高いと、相手との関係に安心感を得やすくなるため、伝達したい内容を正しく分かりやすく伝えられます。

意思疎通がしやすい人は、相手から共感を得ることが容易です。言葉だけでは伝えにくい部分まで、共感力で補えます。他人同士のすれちがう部分を、コミュニケーション能力でカバーできます。

メリット2:相手の立場や価値観で物事が見られる

コミュニケーション能力によって、相手の立場や価値観を視点にして交流ができると、心が通い合い、細かい点まで話がスムーズに通じるようになります。コミュニケーションによる共感力で、相手の気持ちに互いが寄り添えるようになるからです。

コミュニケーション能力が向上すると、言葉やジェスチャー以外の部分で相手とわかりあえるようになれます。

メリット3:心地よく会話ができる

コミュニケーション能力で相手に興味を持って話しをすることで、心地よい会話が成立します。

傾聴力を発揮して相手の話に真剣に向き合うことで、共感が得られます。意思の疎通を得ることで、互いに心を開いた会話ができます。隠し事のない関係が、心の解放とよろこびを授けてくれます。

メリット4:信頼関係が持てる

コミュニケーションによって互いの信頼関係が結ばれると、話しやすい環境が作られます。相手の共感が得られて何でも話せる状況は、家庭生活を円満にして仕事を円滑に運ぶ重要な要素です。

コミュニケーション能力を向上させて、信頼関係を培っていきましょう。

メリット5:相手の心を引き出せる

相手の心をこちらに向けさせるためには、コミュニケーション能力が必要です。聴き上手は相手の心を引き出しやすくなるからです。

人は、自分の話に熱心に耳を傾けてくれる人に共感します。より深く他人と繋がるためには、質問力などのコミュニケーション能力が重要です。相手の話を、解決するという姿勢で時間をかけてゆっくりと聴き出し、互いの信頼関係を深めていかれます。

コミュニケーション能力を向上させる方法

コミュニケーション能力を向上させる方法は、本を読む・スクールに通う、意識して話すなど、さまざまです。また、自分自身との意思の疎通も大切だといわれています。

そこで、コミュニケーションのおすすめの学び方を2つ選び、以下から詳しく紹介していきます。これらを参考にして、円滑なコミュニケーション能力を身につけていきましょう。

スクールで鍛える

セミナーや教室・スクール・通信教育などでコミュニケーションが学べます。

コミュニケーションの方法がわからない、短期間で身につけたいなどの悩みがある人は、目的別にセミナーやスクールなどに通って勉強する方法があります。講師の先生方や仲間たちと、楽しく積極的にコミュニケーション能力アップが可能になります。

機会を増やす

人と接するタイミングを増やすことで、人間関係に慣れていく方法も、コミュニケーション能力アップに有効です。

コミュニケーション能力とは先天的なものではありません。そのため、基本的な能力はあとから身につけられます。積極的に人と関わり、観察力や質問力を鍛えていきましょう。

コミュニケーションの学びの場は、職場や家庭などさまざまなところにあります。まずは人の話に耳を傾けるところからはじめてみましょう。

コミュニケーションとは何かを理解しよう!

コミュニケーション能力を身につけて人間関係を円滑にするために、コミュニケーションとは何かについて正しく理解しておきましょう。

コミュニケーションとは、わたしたちの生活のなかで毎日おこなわれているものです。そのため、生活の質を向上させてより深い人間関係を望むのであれば、コミュニケーション能力を向上させることが重要です。

質の高いコミュニケーション能力を身につけて、しあわせな未来を築いていきましょう。