コミュニケーション能力とは「目標達成のために他者を巻き込む、変える、動かす力」のことです。対人のさまざまな手法を使って「目標を達成する」という点がコミュニケーション能力の大切な点でしょう。よく「コミュニケーションスキル」と混同をする人がいますが、コミュニケーションスキルとはあくまでも対人面での話す、聴くなどの個別の力のことで、その意味は、実は大きく異なるのです。

  • コミュニケーション能力の本質とは?,A@コミュニケーション 能力 とは

    コミュニケーション能力の本質とは?

コミュニケーション能力が求められる4つの理由

なぜコミュニケーション能力が世の中で広く求められているのでしょうか。先ほども少し触れましたが、その理由は「成果を出すため」です。一言にコミュニケーション能力といっても、その内容は多岐にわたります。

そこで、これからコミュニケーション能力が求められる4つの理由を紹介していきます。

  • コミュニケーション能力の重要性は何?,A@コミュニケーション能力 重要性

    コミュニケーション能力の重要性は何?

理由1:職場の人間関係の構築

コミュニケーション能力が求められる理由のひとつとして、職場の人間関係の構築が挙げられます。職場における人間関係の構築がしっかりとできていないと、信頼関係が結ばれないだけでなく、お互いの仕事で困っているところや協力しなければいけないところで適切なサポートができなくなってしまい、思うような成果を上げることが難しくなるでしょう。

理由2:チームの目標達成

チームの目標を達成するためには、コミュニケーション能力を発揮しなくてはいけない場面が多数存在します。目標を達成するために複数の人が一丸となって協力することで、能力の相乗効果が見込めます。シナジーを生み出してチームが目標を達成させていくためには、コミュニケーション能力は不可欠と言えるでしょう。

理由3:交渉における優位性

ビジネスの場面では、取引先とのコミュニケーション能力が求められる場面もあります。特に交渉ごとにおいては重要な役割を果たします。こちらから積極的なコミュニケーションをとることで相手からの評価が変わり、交渉は有利にまとまる場合が多いと言われています。受け身になって相手に任せるのではなく、こちらから積極的にコミュニケーションをはかることで、有利な交渉を進めていきましょう。

理由4:認識のずれを防ぐ

相手が思っていることと、こちら側が考えていることでは、その認識がずれている場合があります。その認識のずれを修正し、お互いに意思疎通させていくためには、コミュニケーション能力が求められます。相手の考えていることを聞き出すだけでなく、きちんと自分たちの考えを伝えることで、より相手に満足してもらえる商品やサービスを提供することができるため、最終的に成果へとつながっていくのです。

コミュニケーション能力が高い人の特徴5つ

では、コミュニケーション能力が高い人にはどのような特徴があるのでしょうか。 今回は、その中でも特に「成果を出す」という点に絞って、コミュニケーション能力の高い人の特徴を5つ挙げていきます。

  • コミュニケーション能力が高い人の特徴は?,A@コミュニケーション能力 高い 人

    コミュニケーション能力が高い人の特徴は?

特徴1:相手に関心がある

コミュニケーション能力が高い人の大きな特徴のひとつとして、相手に関心を持っていることが挙げられます。相手に質問などをして、関心を持っていることをきちんと伝えているのです。どんなに話が上手で、どんなに明るい人でも、相手に関心を持っていない人はコミュニケーション能力が高いとは言えないでしょう。

特徴2:話にムダがない

余計な話が多い人も、コミュニケーション能力が高いとはいえません。相手に伝えるときに話に無駄が多いと、受けとる側が上手に内容を理解できなくなってしまうからです。上手なコミュニケーションがとれる人は、大抵話がスマートです。要点を絞って無駄がなく、何よりも相手が理解しやすいような話をすることを心がけているのです。

特徴3:聞き上手である

聞き上手であることも、コミュニケーション能力が高い人だと思われるために重要です。相手の要望やしてほしいことを理解しようと努める姿勢は、相手にとっても気持ちのいいものですし、不快感を与えません。加えて、きちんと聞いてくれるので話すメリットも感じるものです。 聞き上手はとても重要なコミュニケーション能力の一つですので、意識して身につけるようにしていきましょう。

特徴4:自分に興味を持たせられる

自分に興味を持たせられる人は、自己アピールが上手で、多くの人からコミュニケーション能力があると感じられるでしょう。通常、人間は自分以外の人に興味を持つことがあまりないと言われ、そのような中でその人に興味を持つには、それなりの理由が必要なのです。男女を問わずコミュニケーション能力の高い人は、相手から自分に興味を持ってもらう方法を考え、実際に表現できているので、他の人とは違う印象を与えるのです。

特徴5:信頼を得ることができる

コミュニケーション能力の高い人は、相手との一体感、信頼感を得ることがとても上手です。相手に心を開かせたうえで信頼関係を築くことは「ラポールを築く」と表現されます。「ラポール」とはフランス語で「橋を架ける」を意味するそうです。ラポールを築くには、相手の仕草や動作をまねてみたり、オウム返しをしてみたりするなど、さまざまな種類の技術が存在します。何気なく使っているコミュニケーションのなかにラポールの技術がないか、注意深く観察してみるようにしましょう。

コミュニケーション能力を高める方法10個

ここまでコミュニケーション能力の高い人の特徴を解説してきましたが、何をしたらそのような人になれるのでしょうか。ここでは具体的なコミュニケーション能力を高める方法について、特に有効なものを10個紹介していきます。

  • コミュニケーション能力を上げるための方法とは?,A@コミュニケーション能力 上げ方

    コミュニケーション能力を上げるための方法とは?

方法1:会話の目的を常に意識する

コミュニケーションにおいて意識したいのは「何のためにこの会話をしているのか」ということです。聞く側にとって、目的のない会話は理解するのにさらに時間を要するため、考える余裕を生み出せなくなってしまいます。相手が小・中学生でもわかるほどに理解しやすく、なおかつしっかり考えられる余裕を持てるように、常に会話の目的を意識しながら会話をすることを心がけましょう。

方法2:多くのことを聞くようにする

コミュニケーション能力の高い人は、相手の話から多くの情報を引き出し、その話をもとに相手が何を求めているのかを判断していきます。つまり、コミュニケーション能力の高い人ほど相手から多くのことを聞くようにしているのです。 相手から話題をどんどん引き出すことで、相手が興味を持っていることや、自分との共通点を見つけていきます。そうすることでより濃厚なコミュニケーションをとることができるでしょう。

方法3:結論から先に話す

会話の目的を意識することにもつながりますが、先に結論から話すことは、会話をわかりやすくするために非常に重要です。先に結論を述べた後で、その結論に至った理由を話していくことで、物事を端的に伝えられるようになるのです。端的に伝えられれば、相手も理解することに時間を使わなくてすむので、よりスムーズにコミュニケーションをとれるでしょう。

方法4:相手の本心をくみ取るようにする

相手は本音を隠している、もしくはきちんと伝えられていない場合が非常に多いです。相手の本心をくみ取るように話を進めることで、次第に「相手が本当に伝えたかったこと」が見えてくるでしょう。本心をくみ取ってもらえた相手は、くみ取ってくれた人に対して「ちゃんと聞いてくれている」と感じ、次第にその人のことを信頼するようになっていくのです。

方法5:相手の気持ちに配慮する

相手の気持ちに配慮しながら、気分よく話してもらうことで、信頼関係も深まり、見えなかった本心をさらけ出すことにもつながります。相手の気持ちは言葉だけではなく、表情や仕草などの非言語の部分にも隠れていることが多いです。しっかりと相手を観察しながら相手の気持ちに配慮することで、より信頼関係は深まっていくでしょう。

方法6:話題を確保しておく

コミュニケーション能力の高い人は、豊富な話題を持っているものです。男女問わず楽しいと思える話題から、その人だけが持っている話題まで、多くの引き出しがあることで、相手はより自分に興味を持ってくれることを知っているのです。相手が興味を持つ、もしくは相手が得意な分野の話題をあらかじめ確保しておくことで会話は弾んでいくので、コミュニケーションをとる前にしっかりと押さえておきましょう。

方法7:ユーモアをとり入れる

友人と話すときは、ユーモアを交えながら会話をしていることが多いでしょう。笑いの要素が入ることで、自然とお互いのコミュニケーションも弾むようになります。ユーモアのある話題が思い浮かばない人は、映画や本などの面白かった場面を覚えておき、そこから引き出してみてもよいでしょう。スムーズな会話をするためにも、ユーモアを交えながらの会話をしてみてはいかがでしょうか。

方法8:話し方の上手な人をまねてみる

コミュニケーション能力が低いと感じている人は、積極的に話し方の上手な人のまねをしてみましょう。話し上手な人は声のトーン、抑揚など、会話の中にコミュニケーションをスムーズにしていく要素をふんだんに取り入れています。 話のプロや有名人ばかりでなく、自分の周りにいる話し方の上手な人をまねしてみるだけでも、相手からの反応は見違えるように変わるでしょう。

方法9:話のプロから学ぶ

話術とは、鍛えることで見違えるように上手になるものです。司会者やコメンテーターをよく観察していると、そこには会話を円滑にするためのエッセンスがたくさん詰まっています。特にラジオで人気のパーソナリティを注意して聞いていると、音声だけで相手に面白い時間を届けるには、声のトーンや強弱、緩急までさまざまな技術を使っていることがよく理解できるのではないでしょうか。

方法10:講座に参加する

少しでも早くコミュニケーション能力を養いたいと考えている人は、講座やセミナーに参加してみるといいでしょう。体系的に学べるので具体的な方法を理解しやすく、検定がある講座であれば、資格を取れる場合もあります。自分のコミュニケーション能力が低い原因は、自分では曖昧になってしまっていることが多いです。項目ごとにどこが弱点になっているか理解するためにも、講座に参加をしてみましょう。

コミュニケーションが下手な人の原因4つ

コミュニケーションが苦手、コミュニケーション能力が低いという人には「できていない原因」があるものです。家庭、恋愛、ビジネスと、さまざまな場面でコミュニケーション能力が発揮を試される場面は存在しますが、そのときに応じてうまくできていない原因を追及するのはなかなか難しいでしょう。

ここでは、コミュニケーションが下手になってしまう原因について、主に考えられるものを4つ紹介していきます。

  • コミュニケーションが苦手な人の特徴とは?,A@コミュニケーション能力 低い 特徴

    コミュニケーション能力が苦手な人の特徴とは?

原因1:緊張しやすい

緊張しやすい人は、コミュニケーションが下手になってしまいがちです。本来話すべき内容や伝えたいことは、緊張しすぎているとすっかり忘れてしまい、当然その状態で話をしても、相手と上手なコミュニケーションをとることは難しいでしょう。緊張は手の汗や顔の強張りなど、さまざまな身体の反応として出やすく、相手にもそれが伝わってしまい、なおさらコミュニケーションが円滑に進まない可能性があります。

原因2:経験不足

コミュニケーション能力は経験によって鍛えられます。裏を返せば経験が少ないと上手なコミュニケーションをとることが難しくなってしまう可能性があります。普段から人と話す機会が少ない人は、特に経験不足になりがちです。あまり職場で話す機会がないという人は両親や配偶者、子どもらと会話をすることで相手と円滑なコミュニケーションを取っていく方法を考えていきましょう。

原因3:過去の経験

過去の経験にトラウマを持っている人の中には「失敗したらどうしよう」と考えてしまい、無意識のうちにコミュニケーションが苦手だと感じてしまっている人がいます。次も失敗したらどうしようと考えてしまい、円滑にコミュニケーションをとることが難しくなってしまっているのです。

原因4:空気が読めない

「楽しい雰囲気の中で急に暗い話題を出す」「誰かの話をしていたのに急に自分の話をする」など、コミュニケーションが苦手な人はその場の雰囲気を察して会話を進めることが難しいと言われています。自己中心的で周りの人のことを考えるのが苦手な人も多く、無意識のうちに周囲の人に不快な印象を与えてしまうのです。自分がそのようなことをしていないか、よく振り返ってみることが大切でしょう。

さまざまな方法でコミュニケーション能力を向上させましょう

  • コミュニケーション能力を高めるためには理解が重要,A@コミュニケーション能力 理解

    コミュニケーション能力を高めるためには理解が重要

コミュニケーション能力を向上させるためにはさまざまな方法が存在します。コミュニケーション能力の高い人の特徴をまねたり、逆にコミュニケーション能力の低い人の特徴を把握したりするなど、コミュニケーション能力を深く理解をしていくことで、自身のコミュニケーション能力は大きく変わっていくのです。最初は苦手だとしても、徐々に慣れていき、積極的にコミュニケーション能力の向上に努めていきましょう。