質問力とは、物事の不明な点を問い質す能力のことです。的確な質問ができる人は、人の話をしっかりと理解しながら聞くことができ、コミュニケーション能力に長けている人物と言われています。社会人として働くうえで役立つスキル・質問力を身につけ、ビジネスシーンに活用していきましょう。

  • 社会人が欠かせないスキル「質問力」とは何?,A@質問力 必須

    社会人として働くうえで役立つ「質問力」とは何?

質問力を鍛えるメリット

質問力を鍛えると仕事によい影響が起こります。質問力がある人は望んだ回答が得られるだけでなく、「仕事の疑問を自身で解決できる能力が備わる」「その人との信頼関係が深まる」などのメリットを受けられるからです。まずは質問力によるメリットについて詳しく紹介していきます。

  • 質問力を鍛えることにメリットはあるのか?,A@質問力 メリット

    質問力を鍛えることにメリットはあるのか?

メリット1:疑問に対する適切な回答を得られる

質問力を鍛えると、疑問に思っていることの的確な回答を得ることができるようになります。このような能力がアップすると、クライアントや上司が求める答えを適切に返すことができるようになるため、仕事上の勘違いやミスを減らせられるでしょう。

メリット2:問題解決能力が高まる

質問力があると、どのような問題も的確に解決できるようになります。誰にどのように質問をすれば明確な答えが返ってくるのかという能力を身につけることで、短時間で正確な答えを導き出せるようになり、ビジネスマンとしてのスキルもアップします。また、質問力が高まると問題や課題を正確に把握できるようになるため、判断を誤らなくなる利点があります。

メリット3:信頼関係が深まる

質問力がある人間は問題解決能力に長けているので評価が高まり、人々に信頼される人物になっていきます。質問力がある人は的確な質問方法を知っており、質問というコミュニケーションを通じてさまざまな人々との信頼関係を深めていくことができるからです。

質問力を高めるコツ5選

よい質問の方法には法則があります。相手に不快感を与えずに短時間に必要な回答を引き出す能力は、日々の仕事の中で鍛えられていきます。質問力を高めるコツを意識しながら、人々と会話をしていきましょう。質問力が自然に備わっていくはずです。

  • 質問力を上げるコツとは?,A@質問力 コツ

    質問力を上げるコツとは?

コツ1:「自分が何を疑問に感じているのか」を分析する

自分が何を聞いて何を得たいのかを明確にしておかないと、質問力は鍛えられません。常に問題提起をしながらビジネスを進めていくことが大切です。その際に論理的思考に基づき、本当に質問したいことは何かをはっきりさせてから、相手に疑問点を聞いていきましょう。問題の論点がずれると的確な質問ができないため、自分が欲しい答えを相手から得られません。自分は何が知りたいのか、疑問点を明確にしておきましょう

コツ2:相手の話を遮って質問しない

質問力を高めたければ、人が話している最中に質問を挟むのはやめましょう。相手の話を最後まで聞くのが会話の基本です。質問力が高い人は、聞く能力にも優れている必要があります。相手が気持ちよく答えてくれる環境を作らなければいけないときに話を遮って質問をするようでは、質問力は鍛えられません。相手の話は一言一句漏らさず聞いてしっかり理解をしたうえで、的確な質問ができるように心掛けていきましょう。

コツ3:「5W1H」を意識する

5W1Hを意識することは、ビジネスシーンでは常に必要です。誰がいつ、どこで何をなぜ、どんな風にという質問方法を、状況に応じて変えていきながら正確な答えを導き出していきましょう。これらを意識しながら質問をすれば、相手も答えが出しやすくなります。普段の生活の中でも5W1Hを意識しながら話をしてみましょう。話し相手に会話の内容が伝わりやすくなりますし、質問力も自然に鍛えられていくはずです。

コツ4:相手が回答しやすい雰囲気を作る

質問力を高めるためには、質問をする前に、相手が快く回答してくれる雰囲気作りから始めることが大切です。先に警戒心を解いておくことで、相手から真実の答えを導き出す確率を高められます。こちらが賢そうなふりや、えらそうな態度をしていると、相手は絶対に的確な答えを返してくれません。質問をするときは感じよく接して、好感度を与える話し方を心掛けましょう。お互いが心を開いて会話ができる状況作りが必要です。

コツ5:数字を取り入れて具体的に話す

具体的な数字を使った質問や話は、質問力を鍛えるとてもよい方法です。数字を会話の中に織り交ぜるのは、ビジネスの基本です。数字は、見知らぬ相手とも正確な話ができるようになるコミュニケーションツールと言えるでしょう。わからないことを聞き出したいときに数字という現実的なワードを持ってくると、双方の理解力が一気に増します。質問力を高めたいときは数字を活用しましょう。

質問力を鍛えるおすすめの書籍4選

  • 質問力を上げるために読みたい本とは?,A@質問力 本

    質問力を上げるために読みたい本とは?

質問力を高めたいときは、上手な質問の方法などが書かれたハウツー本の購入がおすすめです。隙間時間などを利用して質問力に関する本を常に読み続けながら、その内容を繰り返し実践していきましょう。書籍に基づく情報による質問力のトレーニングを積み、正しい質問力を身につけていきましょう。

質問力を鍛える書籍1:「『良い質問』をする技術」

質問力を鍛える書籍として、「『良い質問』をする技術」(ダイヤモンド社)をおすすめします。ビジネスにおけるコーチングのプロである著書が、質問力について説明してくれています。「よい質問がよい答えを導き出す」という、質問力に関する書籍の決定版と言えるような一冊です。

質問力を鍛える書籍2:「質問力 話し上手はここがちがう」

「質問力 話し上手はここがちがう」(ちくま文庫)は、明治大学文学部の人気教授でテレビでもおなじみの齋藤孝先生の著書です。質問力と面白い話ができる能力は違うという観点から、わかりやすく質問力について説かれた一冊です。コミュニケーション技法の達人でもある著者が、質問力を技として教えてくれます。有名著名人の対話などを参考にして、親しみやすい内容となっています。

質問力を鍛える書籍3:「最高の結果を引き出す質問力:その問い方が、脳を変える!」

「最高の結果を引き出す質問力:その問い方が、脳を変える!」(河出書房新社)は、脳科学者の茂木健一郎先生の著作です。脳科学者が考えた質問力ということで、非常に興味深い内容となっています。AIとは違う、人間ならではの答えを導き出すとはどういうことなのかを、脳科学の視点からわかりやすく説明してくれています。質問力を鍛えるだけでなく、悩みの解決をもサポートしてくれる良本です。

質問力を鍛える書籍4:「人を動かす質問力」

「人を動かす質問力」(角川書店)も、質問力を鍛える書籍としてふさわしいです。テレビの解説者としても有名な弁護士の著者が、質問力について著した1冊です。弁護士という質問力の高い職業からの観点は、どのような立場の人が読んでも参考になるおすすめの著書です。質問力で相手から必要な情報を引き出すということは、他者を思い通りに動かすという技術に通じています。

質問力を鍛えてビジネスシーンに活用しよう!

  • 質問力を身につけて成長しよう,A@質問力 成長

    質問力を身につけて成長しよう

質問力がある人間は仕事ができるビジネスマンとして評価されます。今回の記事を参考にして、質問力を鍛えていきましょう。