テレワークとは情報通信技術を利用して、離れた場所からでも仕事ができるという働き方のことです。オフィス以外でも仕事ができるため、テレワークを活用して在宅勤務やモバイルワークなどのワークスタイルも増えつつあります。今はいろいろな働き方が模索されているので、仕事をする場所や時間が柔軟に対応できるテレワークの注目度は高まっています。

その一方でテレワークに向き・不向きの仕事があるのも事実です。本稿ではそれらの職種を紹介しつつ、テレワーク時における仕事の仕方のコツもお伝えします。

  • テレワークをすることができない仕事やテレワークに適した仕事をみていきましょう

テレワークが注目を浴びた背景

もともと注目度の高かったテレワークですが、2020年に新型コロナウイルスが世界的に流行したことをきっかけに、その注目度は高まりました。 コロナウイルスの流行によって多くの企業が休業要請の対象となり、営業自粛や出勤頻度を減らすなどの対応した企業も出てきました。 その際、出社することなく自宅で仕事をするテレワークを導入した企業もあり、休業要請解除後もそのままテレワークの運用を続けた企業もあります。

テレワークのメリット

テレワークには働く側と企業側の双方にメリットがあります。働く側は通勤と退勤の時間が必要なくなり、自宅でも仕事ができることなどから、ワークライフバランスを良い状態に保ちやすくなります。 企業側には、交通費やワークスペースの削減ができたり、介護や育児などで自宅から離れられない人や、地方に住んでいて出勤圏外の人などからも雇用が可能になったりします。

テレワークのデメリット

テレワークにはデメリットもあります。働く側はプライベートな空間で仕事をすることになるので、集中して仕事ができないという人がいます。逆に、仕事をしすぎて長時間労働に陥るケースも見られます。企業側は従業員の仕事の様子を確認できないため、正しい仕事の評価ができなくなる可能性が出てきます。 また、テレワークはインターネットを使ったり、仕事の資料を持ち帰ったりなどすることもあるため、情報漏洩のリスクも高まります。

テレワークではできない仕事5選

  • テレワークをすることが難しい仕事は?

テレワークは離れた場所からでも仕事ができるため、その注目度は高く、導入する企業も増えてきています。しかし、テレワークはどのような仕事にも対応ができるというわけではありません。 中には「テレワークではできない」と言わたり、向いていないと考えられている仕事もあります。テレワークではできない仕事にはいくつか種類があり、それぞれテレワークにできない理由が異なります。旬に紹介していきましょう。

医療・介護職

医療では患者からの相談などであればテレワークでの対応は可能ですが、診察や入院などの対応ができないため、これらをテレワークで行うことはできません。また、治療に必要な医療器具や設備なども病院や診療所にしかない物も多いため、テレワークにすることができません。 介護職も利用者と離れていては対応できないことが多いため、テレワークは難しいと言えます。

接客業

ホテルや飲食店などでは、チェックインの作業や注文を受けるなどの一部の仕事をテレワークにすることは可能ではあります。しかし、客からの注文に対して柔軟に対応するためには人手はどうしても必要となります。 顧客の満足度が重視される接客業では、柔軟な対応ができないと売り上げにも影響を与えてしまうため、テレワークで対応することはできません。

製造業

製造業は設備や製造部品を持ち帰っても仕事をすることはできません。また、テレワークで機械を操作することは可能でも、トラブルやメンテナンス、材料の補充などにフレキシブルに対応するのは難しく、これらの作業には人手が必要となります。 また、生産や製造では多くの人数で仕事をしているケースもあるため、1人では何もできないという場合もあり、テレワークで対応することはできません。

建設業

建設業では現場の仕事には必ず人の手が必要となります。もし、建設で使う大きな機械や危険な工具などを遠隔操作しても、精密な動きができなかったり、周囲が危険な目に遭う可能性が高くなったりします。そのため、建設業はテレワークには向いていません。 ただし、日報や図面、社員の勤怠などの管理や設計、会議などはテレワークで対応可能ではあり、これらの作業効率は上げられます。

公務員

警察や消防などは現場に行かないと仕事ができないため、テレワークはできません。一部の仕事はテレワークでも可能ですが、扱う情報の重要性からテレワークには適さないでしょう。 また、学校や役所などの仕事はテレワークを進められている部分もありますが、これらも本来は柔軟な対応が必要で、その報酬や設備投資は税金から支払われている点などから、安易に仕事効率のためだけに導入することはできないでしょう。

テレワークに向いている仕事5選

  • テレワークに向いている仕事は?

テレワークではできない仕事がある一方で、逆にテレワークとの相性が良い仕事もあります。テレワークと相性が良い職種でテレワークを導入すれば、仕事効率が上がったり、経費を削減できたりなど、いろいろなメリットが得られます。 そのため、テレワークを導入するのであれば、まずその仕事内容がテレワークに向いているかどうか判断する必要があります。

事務職

事務職の仕事にはデータ入力や資料作成、内部情報の管理などテレワークで対応可能なタスクが非常に多く、相性も非常に良いです。 ただし、日本は紙文化であり、書類や資料が紙媒体の場合も多いです。これらの書類は持ち出しができない場合もあり、現金の取り扱いや備品管理などの職場でしか対応できないこともあります。 また、情報漏洩のリスクもあるので、セキュリティ対策と運用ルールの作成などが必要となります。

営業職

営業職は移動時間や待ち時間などに手元が空く機会が意外とあります。その際にテレワークを行えば、資料作成や進捗管理、スケジュールやメールの確認などを効率良く進められます。また、顧客との打ち合わせで相手企業を訪れたときなど、PCやタブレットを使ってテレワークを行うことで、必要な情報や資料を準備できます。また、Web上で商談や営業をするツールやサービスなども増えています。

技術職(IT系)

ハードウェア系のエンジニアは物理的な作業を必要とするので、テレワークで対応できないこともあります。しかし、プログラミングが中心となるソフトウェア系のエンジニアの仕事であれば、その仕事の多くはテレワークでも対応が可能となっています。 エンジニアの仕事は集中力と時間が必要なため、自宅で集中して作業をしていたり、通勤や退勤の時間を節約したりなどできるテレワークによる在宅勤務は非常に相性が良いです。

ライター・記事校正職

ライターや記事校正などの仕事は、パソコンと文章に関するスキルがあればできます。テレワークを行うために特別な環境を作る必要がないことも多いため、これらの仕事は在宅ワークとしての相性が良いです。 実際にクラウドソーシングサイトなどでは、多くのライターに関する案件が多く上がっています。

コンサルタント職

現場に行かないとできない仕事もありますが、成果物が資料や情報などのケースが多いコンサルタント職も、ライターと同様にあまり仕事の環境を選ばないため、テレワークとの相性が良いです。 また、顧客との打ち合わせなどもオンライン会議で行えるため、仕事内容によっては自宅から出ることなく、仕事を完結させられます。

「仕事ができない」と思われるテレワークでの働き方

テレワークでは職場で仕事をしないことから、その仕事の流れや方法が変わってしまう部分も多くあります。 そのため、テレワークでは仕事の仕方に注意しないと、「仕事ができない」と思われる人になってしまうかもしれません。そのように思われてしまう人の特徴を2点あげてみました。

(1)スケジュール管理が不十分

テレワークでは職場で仲間と一緒に仕事を進めたり、上司が進捗状況を確認してくれたりはしません。そのため、いつまでに、どの仕事を、どのペースで進めるかなど、スケジュール管理やタスク管理を自己責任で行うことになります。 職場を離れて個人でこれらを管理してみると、意外と難しいと感じる人は多く、スケジュール管理が不十分で、必要なときまでに必要な仕事が終えられないという人が出てくることもあるでしょう。

(2)自分から報・連・相をしない

テレワークでは上司や仲間と顔を合わせて会話をしなくなります。そのため、コミュニケーション不足になりやすく、情報の共有化が難しくなるというデメリットがあります。 また、連絡をしようにもわざわざオンライン会議に繋いだり、チャットアプリでメッセージを送っても返事待ちとなったり、電話がすぐに繋がらなかったりなどすることもあります。そのため、テレワークになって報・連・相がしづらいと感じるようになる人もいます。

テレワークではできない仕事もある

テレワークを導入すればいろいろなメリットを得られます。しかし、テレワークと仕事には相性があり、テレワークではできない仕事もあります。 そのため、テレワークで仕事をしたいと思っている人や、これからテレワークの導入を検討している企業は、まずその仕事内容がテレワークに適しているか判断するようにしましょう。