カネボウ化粧品のメイクアップブランド「KATE TOKYO」から2020年春に向けた新商品が6種類発表された。本稿でそれぞれ紹介していこう。

KATEが注目するメイクは「骨格ワントーンメイク」

同系色のカラーで目元や頬など顔全体をまとめるワントンメークが現在注目を集めている。そんな中、KATEでは立体感までも操る「骨格ワントーンメイク」を提案するという。

2020年2月1日に発売予定のラインナップは、次の通り。

  • 「ケイト トーンディメンショナルパレット」 各1,800円(税抜)(全4色)
  • 「ケイト マンガジェニックライナー」 1,500円(税抜)
  • 「ケイト シェードブラックライナー 」800円(税抜)
  • 「ケイト クラッシュダイヤモンドアイズ」 各1,200円(税抜)(新色2色)

価格は編集部調べ

目もとからフェイスまでパレットひとつでほぼ完成!?

「ケイト トーンディメンショナルパレット」は、異なる質感と色のコントラストで立体感を作り出すパレットだ。全4種類で、メインカラーは「レッドブラウン EX-1」となっている。パレットには、6つの異なる質感のカラーが揃っていて上段はフェイス用・下段は目もと用に分かれている。アイシャドウはもちろん、ハイライトやシェーディング、チークやアイブロウなどの役割も果たしてくれる。

整形欲を満たしてくれる「マンガジェニックライナー」

「ケイト マンガジェニックライナー」は、斬新かつ面白いアイテム。なんとマンガのような大きな目元を簡単自在に作り上げることができるアイテムになっている。

整形欲のある方のニーズを踏まえた商品。現状、整形欲のある方は目周りを造形するメイクを取り入れていることもあり、パレットひとつで簡単に仕上げられるよう開発されたとのこと。「タレ目強調」「涙袋強調」「目幅拡張」「ふたえ強調」という4つのメイク偽造効果を実現できてしまうんだそう。

一手間かけて好きのない美しさを

「ケイト シェードブラックライナー」は、透けるような薄い黒が特徴的。ナチュラルな仕上がりと透け感で、ワントーンメイクを邪魔しないようになっている。

「ケイト クラッシュダイヤモンドアイズ」は、コーラルピンクとシャイニーゴールドの2色となっている。可憐に可愛らしい印象にするか、ゴージャスに輝かせるかは気分次第。大粒の輝きと透明感ある発色がポイントだ。

新アイテムで「骨格ワントーンメイク」を再現!

今回は、新アイテムをフル活用して「骨格ワントーンメイク」を再現してくれた。「ケイト トーンディメンショナルパレット」の「レッドブラウン EX-1」を中心に使用。ポイントカラーを目尻から目かしらに沿ってアイホール全体にオン。目の下にも色を足すと発色が良くなるそう。

ダークカラーを細チップでラインのように入れていき、グリッターカラーをアクセントとして載せていく。そうすることで、ワントーンだけど立体感ある輝きを再現することがきる。発色がいいので、好みによって調節すると仕上がりがまた変わってくるのが面白い。骨格はメイクひとつでデザインできるということは、全国の女子への朗報だ。

ゆっき

サブカルチャーやエンタメ、グルメなど幅広く取材をしているライターです。とりわけ【映画・ラーメン・お酒】を愛しています。これまで770本以上の映画を鑑賞、映画配給会社に就職。日々、未知なるカオスな体験を求めて生きています。