オーバーフロー水槽おすすめ5選|アクアリウム専門店・代表厳選!

【この記事のエキスパート】

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表:早坂 誠

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表:早坂 誠

東京渋谷の水草・観賞魚販売を中心とした店舗「sensuous」代表。

水草職人として、観賞魚業界を牽引するパイオニア的存在の一人。
独立後の2001年より水草を用いた作品を専門誌やインテリア誌に数多く発表しており、朝の連続テレビ小説「あまちゃん」に登場した海女カフェ水槽を始め多くのテレビ番組セットや企画展、各イベントなどでアクアリウム作品を手掛けている。

2016年6~7月にはEテレ「アクアリウムとテラリウム」の講師での出演、
2017年・18年では水草と観賞魚の企画展「グリーンアクアリウム展」でのディレクションを担当する。

都内専門学校(アクアリスト専攻)講師。観賞魚飼育管理士アドバンス・愛玩動物飼養管理士2級・ビオトープ計画管理士2級・ビオトープ施工管理士2級。著書「水草水槽のススメ」


水の状態が安定しやすくサンゴや海水魚などの飼育に向いているといわれるオーバーフロー水槽。飼育する生物、水槽の大きさ、サンプ構造など、チェックすべきポイントが多く、どのように選べばいいか、どこに注目すればいいかわからなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。本記事では、水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表の早坂 誠さんにうかがった、オーバーフロー水槽を選ぶときのポイントとおすすめ商品をご紹介します。水槽自体の機能はもちろん、置く場所によってはインテリア性も重要です。ぜひ、この記事をオーバーフロー水槽選びにお役立てください。

オーバーフロー水槽の選び方|アクアリウム専門店・代表が解説!

ここでは、水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表の早坂 誠さんに教えていただいた、オーバーフロー水槽を選ぶときのポイントを4つご紹介します。

「オーバーフロー水槽でなにを飼育するのか」で選ぶ

【エキスパートのコメント】

飼いたい生物に合わせてカスタムするのが前提

オーバーフロー水槽はこのセットでなんでも飼えるわけではありません。本来、飼いたいものに合わせてカスタムしていくことが前提の水槽となっています。

たとえば、淡水の大型魚を飼うという方は大きさを基準に決め、サンプにはたっぷりのリングろ材を入れましょう。一方、海水魚やサンゴを飼育したいという方は水槽の大きさのほかに、サンプにプロテインスキマーが入るかどうかも選ぶ基準に。サンプが大きければ大きいほど総水量は多くなり水が安定し、ろ材のカスタムや手入れがしやすくなります。

また、なかには海水飼育を前提とした作りになっているものもありますので、飼育する生物に合わせて選択しましょう。

オーバーフロー水槽のサンプ構造で選ぶ

【エキスパートのコメント】

ウェット式・ベルリン式両方対応のものがおすすめ

とくに重要なチェックポイントは水槽本体ではなくサンプ。オーバーフローをオーダーメイドで作る方も多いのですが、これはサンプの構造に関係しています。

ウェット式はろ材をたくさん入れて生物ろ過をメインに考える場合に選びましょう。もうひとつ、ベルリン式はプロテインスキマーをセットして物理ろ過をメインに考える場合に選びます。

ウェット式は淡水大型魚、海水魚、LPSサンゴを飼育するさいにおもに使用します。ベルリン式はミドリイシやSPSサンゴの飼育で使うことがほとんどです。

おすすめは2wayのサンプで、ウェット式とベルリン式のどちらのタイプにも対応できます。ただし、一部商品のサンプにはプロテインスキマーが設置できないものもありますので注意してください。

エムエムシー企画 ORCA(オルカ)『オルカT60フルセット』:

出典:楽天市場

サンプの仕切りを組み替えることで、ウェット式とベルリン式のどちらも対応可能。淡水・海水両用の汎用性が高いオーバーフロー水槽です。

オーバーフロー水槽のインテリア性で選ぶ

【エキスパートのコメント】

設置場所を考えると選ぶ基準が変わることも

水槽はどんな場所に置きたいかによって選ぶ基準が変わることもあります。オーバーフロー水槽のようにろ過をする面積がほかのろ過機と比較して高い水槽でも、床に直接置かなければいけない場合もあります。そのようなときは『OF-450』のような幅45cm程度の卓上水槽を選んでみてください。

たとえば360度どの方向からも見れるようにしたいという場合は、4面すべてクリアガラスがいいでしょうし、壁につけて設置する前提なら、背面がブラックガラスを選択すると魚が映えてきれいに見えます。また、幅が90㎝以上の大型水槽であればクーラーもキャビネットに収納できることですっきりと収まります。

ジェックス『グラステリア アグス OF-450』:

出典:楽天市場

卓上設置に適した幅45cmのオーバーフロー水槽。インテリアとして映えるスタイリッシュなデザインも魅力です。

オーバーフロー水槽のオプションで選ぶ

【エキスパートのコメント】

飼育者の管理まで考えられた水槽は使いやすい!

静音性を高めるサイレントフローをはじめ、魚や水がとびはねないようにフランジがついたもの、水の蒸発による水質変化を防ぐものなど、その水槽にしかない特別な構造もあります。ほとんどのオーバーフロー水槽の基本設備は一緒なのですが、飼育者の管理のことを考えて作られた水槽というのはやはり圧倒的に使いやすいです。

照明がセットになったオールインワンのタイプの商品も出ていますので、照明選びに悩みそうだという方は最初からついているものがおすすめです。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)