イントロダクションとインサイト

ビルが医師の治療や患者の回復を助ける

コンサルティンググループのDeloitte[1]によれば、2030年には世界の65歳以上の全人口の60%以上がアジアに集中するそうです。さらに2042年になると、アジア地域の65歳以上の人口は欧州と北米の総人口を上回るほどに膨らみ、ヘルスケアサービスの需要はさらに高まると見られています。

ヘルスケア業界はこうした高齢化に伴うヘルスケアニーズの変化に対応しようとしています。医療の中心は急性期医療から、予防、診断、コンサルティング、介護、リハビリ、健康管理などの専門領域を統合したケアを含む、一貫してより管理の行き届いた慢性疾患ケアを提供できる統合システムへとシフトしています。

これは病院にとって、"スマートな"戦略を採用して経営効率やコストを改善することを意味します。しかし、スマートホスピタルの構築に向けて歩み出す際に、病院管理者は以下のような問題を考慮する必要があります。

  • 患者が本当に必要としているのは何か?
  • 医師や看護師がより良く任務を遂行できるようにするために役立つものは何か?
  • どうすればプロセスを最適化できるのか?
  • 病院の多様なシステムを統合し通信させることができるか?

このレポートは、スマートホスピタルに関する議論を進めるために役立つフレームワークを提供することを目的とし、スマートホスピタルを持続可能で拡張可能なものにするための課題と、取るべき戦略についてご紹介します。

インサイト

ヘルスケア業界に関するジョンソンコントロールズの最新の調査によって、ユーザーエクスペリエンスに関する5つの傾向が明らかになりました。これらをさらに分析し、スマートホスピタルの構築を妨げる要因を探る必要があります。

インサイト1: 現在の病院における"スマート"体験の満足度は低い

現在の病院での"スマート"体験については、さまざまなユーザーグループ間で満足度に大きな差がありました。満足度が最も高いのが医師/看護師で、これは病院内でさまざまなIT化が進み、医療スタッフの効率が劇的に改善されたことが反映されたことが要因と考えられます。しかし、オンライン/セルフサービスでの診察受付や順番管理などのシステムが導入されたにもかかわらず、患者は最も低い満足度を示しており、患者が求める医療プロセスとは、1つのサービスや機能の体験ではなく、総合的な体験であるということが改めて示されました。

スマートホスピタルがどのようなニーズを満たすことができるのかについては、病院の利用者の間で認識が一致しているとは言えません。例えば、患者グループも医師/看護師グループも、医療/職場体験の質を高めるための快適な環境の必要性を強く示しているものの、そうしたニーズがスマートホスピタルによって確実に満たされると考えている人の割合は、いずれのグループでも10%をやや超える程度です。エンドユーザーはほとんどの場合、現行のアプリケーション/テクノロジーに対する期待に留まっており、そもそもスマートホスピタルが最終的にどのようにユーザーのニーズに応え、どのような問題を解決してくれるのかという理解が欠けています。

インサイト2:スマートホスピタルの機能としてフロントエンドのテクノロジーがより重視されている

スマートホスピタルの機能として圧倒的に重視されているのが、患者に関連したテクノロジーです。病院管理者、医師/看護師、患者のいずれのグループでも75%近くが、スマートホスピタルで最も重要な機能は、患者が直接関わることになるフロントエンドのアプリケーションやサービス(オンライン受付、診断サービス、患者ケアや治療など)だと確信しています。さらに詳しく分析してみると、病院管理者が運営効率の改善を重視する一方で、施設管理者はビルオートメーションをより重視しており、医師/看護師は患者管理や院内ナビゲーションシステムといったサービスの効率化に重きを置いていることが分かります。インフラやプロセス、データなど安定したバックエンドの統合プラットフォームのサポートがなければ、そうしたフロントエンドのアプリケーションは孤立し、分断されて信頼性を失います。反対に、フロントエンドのアプリケーションばかりに気を取られてバックエンドのプラットフォームがおろそかになってしまうと、スマートホスピタルはたちまち問題に直面することになり、そうした問題は時が経つにつれて深刻化していくでしょう。

インサイト3: 認識と実際のニーズとのギャップ

スマートホスピタルは、医療スタッフや患者のニーズを正確に把握したうえで構築されなければなりません。しかし実際には、必ずしもそうとは限りません。調査結果からは、病院管理者が認識する患者や医師/看護師のニーズと、そうしたグループが実際に挙げたニーズとに食い違いがあることが明らかになっています。

例えば、病院管理者は、医師/看護師が全般的に重視している環境の快適性や秩序はそれほど重要とは考えていません。このような認識と実際のニーズとのギャップが、結果として患者や医師、看護師といった利用者の真のニーズに応えるための投資を不十分なものにしてしまう可能性があります。

  • スマートホスピタル

    図1-1 病院管理者が考えるニーズと医師/看護師が実際に挙げたニーズとの比較

インサイト4: 病院利用者や院内のエリアによって異なるニーズ

病院内にあるさまざまなスペースでのニーズはユーザーグループごとに大幅に異なるためエリアごとの改善優先項目も異なってきます。

外来エリアと病棟エリアは患者にとって病院と接する主要タッチポイントです。患者にとって、外来エリアで最も重要な改善点は待ち時間と秩序であり、病棟エリアでは環境の快適性や対応速度が最も重要な項目として挙げられています。

外来エリアや手術エリアに加えて、臨床エリアや手術エリアは医療スタッフが頻繁に使用するエリアでもあります。通常、外来エリアや臨床エリアには大勢の人が出入りするため、医療スタッフはこのエリアで改善が必要な項目として秩序、環境の快適性、安全性を上位に挙げています。

  • スマートホスピタル

    図1-2 病院管理者の考えるニーズと患者からの実際のフィードバックとの比較

病棟や手術関連のエリアでは特化した医療サービスが提供されるため、医師/看護師は、インテリジェントケアなどを通じた効率や信頼性の向上が必要であることを示唆しており、機器類の性能保証も最も改善が必要な項目の1つとして挙げられています。

  • スマートホスピタル

    図1-3 医師/看護師が挙げる病院内のエリア別ニーズ 上位3項目

インサイト5:トップレベルの設計とシステムの不適合がスマートホスピタル構築の障害に

スマートホスピタルとは何か(コンセプト)、それをどのように構築し(システム)、評価するのか(基準)についての見解の相違は、スマートホスピタル開発を進める地域における課題の1つです。統一した基準がなければ、総合的なトップレベルの設計をすることは困難です。中には無理やり断片的な投資を進めて個別エリアごとにインテリジェントシステムを構築し、結果的に一体感のない計画になってしまうケースもあります。さらに、IT/インテリジェント技術の中には完全な相互稼動性が確保されていないものも多く、アップグレードや修復のたびに、全く新しいシステムをゼロから構築する必要が生じる可能性もあります。

アジアでスマートホスピタルの導入を推進するカギは、こうした問題に効果的に対処できるソリューションを見つけることにあります。

今回の調査で明らかになったことは、効果的なスマートホスピタルが構築できる万能のソリューションなど存在しないということです。ユーザーグループが異なれば、ニーズもさまざまに異なることを考慮しなければなりません。同じく重要なことは、病院内の機能に応じたエリア計画を立て、カスタマイズを行って、異なるグループの要求に応えることです。こうしたことを踏まえ、すべてを考慮することによって、患者、医師、看護師の体験全体を改善することができます。

スマートホスピタルの構築には何が必要なのか

ヘルスケア組織は妥協することなく患者ケアを提供すると同時に、臨床成績や経営効率を改善しなければならず、その圧力は年々増すばかりです。どの病院も患者の満足度の向上やコンプライアンス遵守、技術的進化への継続的な取り組みといった課題を抱えています。

さらに、スマートテクノロジーやInternet of Things(IoT)を巡る議論も高まっています。こうしたイノベーションはヘルスケア業界にとってどのような意味を持つのでしょうか? データ保護の面で妥協することなく、病院や患者がコネクテッド技術の恩恵を享受するにはどうすればよいのでしょうか? 何より重要なことは、スマートテクノロジーによって優れた成果を生み出すにはどうすればよいかということです。

病院は無数のシステムを擁する複雑な集合体です。臨床、IT、施設管理のそれぞれのシステムを理解し、一体となって機能させることができて初めて、さまざまな課題により効果的に対処することができます。

スマートなヘルスケア環境の創造

治療体験は、患者が病院の建物に足を踏み入れた時から始まります。診療記録が電子化され、ベッドサイドに情報端末が設置されるようになった今の時代、患者も医療スタッフも最高の体験を期待します。

ビジネス、セキュリティ、臨床システムが適切な方法で統合されれば病院の建物自体を、医療機器の一部として治療に活用することができます。ナースコールのような臨床ソリューションやそれを支えるインフラの計画、設計、購買、導入、統合、コミッショニング、サービスまでを運用管理するためには、組織全体を大局的に捉える必要があります。

  • スマートヘルスケア

    図2-1 スマートなヘルスケア環境のイメージ

肝心なことは、当初から最終目標を念頭に置くことです。新築で医療施設を建設する場合でも、既存施設を改修する場合でも、院内のすべての部門をテクノロジーに関連したイニシアチブとして扱う必要があります。統合自体が目的になってしまうと過剰なアラートや、劣悪なワークフローにつながり、臨床医と患者のどちらにとっても不必要な複雑さを招きます。

統合を成功させるためには、システムを2つのレベルでコンバージョンする必要があります。

  • 異なるシステムが確実に同一のインフラ(ネットワークとサーバーなど)を共有するようにするための物理的コンバージョン
  • 同一システムの業務プロセスやワークフロー内でデータ交換が行えるようにするための論理的コンバージョン

残念ながら、建設業界はテクノロジーの進化に遅れをとっており、一方のITインテグレーターは往々にしてビルシステムの構築や、作業現場の調整、建設スケジュールの策定といった建設の専門的ノウハウが不足しています。異なるシステムがサイロ化されて導入されているケースでは、システムベンダーが異なることが多く、20種類以上になることも珍しくありません。これほど多くの業者が関わることになると担当領域も断片的になるため、複雑なオペレーションプロセスや利用者の多い最新の施設設備に必要な統合された環境を提供することはほとんど不可能です。

統合された実現プロセスの重要性

ジョンソンコントロールズではマスターシステムインテグレーション(MSI)という手法により、全般を統括する統合責任者として部門横断的な観点でプロセス管理を提供しています。MSIは10年間にわたり改善されてきた手法で、全世界でスマートホスピタルを実現する手法として実証されています。MSIは以下のステップに従って進められます。

  • インテグレーションの検討
  • インテグレーション/テクノロジーのナビゲーション(独自に構築した双方向のプロセスについて医療施設の部門横断的なチームとヘルスケアテクノロジーのニーズや投資についての評価と優先付けを行う)
  • インテグレーションの設計
  • インテグレーションの実現プロセス策定
  • インテグレーションのコミッショニング

また、ベンダーに依存しないアプローチを採用するために、適切なテクノロジーを提供し、導入管理や性能保証を行うために、インフラストラクチャーからアプリケーション、デバイスまで、業界の100社以上のパートナーと提携しており、広範なサプライチェーン管理プロセスを活用することで、こうしたパートナーと競争力の高い価格設定を実現しています。

またリスク回避、将来的な拡張性を阻害する要因の最小化に加え、テクノロジー予算における投資回収効率を最大化するためのテクノロジー計画策定なども手伝っています。これは配線、ネットワークインフラ構築、専門システムの互換性など、コアインフラに関するデザイン決定に伴って実現されます。

  • スマートヘルスケア

    図2-2 ジョンソンコントロールズのベストテクノロジーパートナー

導入事例

最適緊急対応プロセスが生み出す数分が生命を救う

ウェルネスサービスの提供に取り組む東南アジアの効率総合病院であるA病院にとって欠かせないのが、外来時の患者体験の向上です。診察受付は、セルフサービス型の自動受付機、サービスデスク、オンライン、タブレットのいずれでも行えるようにしたことで効率化され、患者が公共交通機関、車、徒歩のいずれの手段を用いて病院まで来たのかも考慮されるようになっています。

  • スマートヘルスケア

    A病院の概要とスマートヘルスケアに向けた3つのビジョン

受付のプロセスは自動化されており、患者は診察の予約を入れると、スマートフォンの自動識別機能を介してテキストメッセージを受け取ります。RFIDベースのIDと待機管理システムを通じて患者には最適化された受診コースが提示され、患者はこれを印刷したりスマートフォンにダウンロードしたりできます。患者の優先度を最適化することで待機管理システムは待ち時間を予測し、最新情報を患者のスマートフォンに送信します。診察後、患者は請求書を受け取り、最後の診療科もしくはセルフサービス型キオスクのいずれかで支払いを済ませます。最終的に外来でのサービスプロセスはこのように最適化され、患者が順番待ちをしなければならないのは、予約を取る際と支払いを行う際のみとなります。

コード・ブルーの発令で応答時間を短縮

重篤な症状に陥った患者は一刻を争います。コード・ブルーが発令されると、救急対応チームが到着し、わずか数分で蘇生措置を施します。救急チームのメンバーはエレベーターを優先的に使用でき、ビルオートメーションシステム(BAS)が自動的に病棟内の空調や照明を始めとするシステムを調整し、処置に最適な環境を整えます。手術が行われる場合、BASは手術室の準備を整え、患者を素早く搬送できるようエレベーターを待機させます。

新たに統合された緊急対応システムは以下のような目覚ましい成果をもたらしました。

  • 心停止に陥った患者の生存率が3倍向上
  • 悪化の兆候を示している患者を6時間から8時間モニタリングし、より短時間で手当てが受けられるようにしたことで心肺停止による生存率を改善
  • スマートヘルスケア

    図3-1 最適化されたA病院の緊急救命プロセス

環境に優しいサスティナブルな環境での効率的な手術

A病院ではビルシステムのほかIT、治療や診断システムなど、約30のシステムをミドルウェアで一元化し、9万以上のハードウェアポイントを統合しました。一元化した統合オペレーション用ユーザーインタフェースと継続的な最適化や改善の取り組みによって、A病院は地域のグリーン標準システム認証を取得しました。

病院を省エネ施設に変革

度重なる増築で膨大な量の機器類やシステムがそれぞれ独立して動作し、施設のオペレーションや保守管理を行うスタッフのスキルにはバラつきがあるという状況は公立の病院の多くでは一般的で、中国の主要都市中心部にあるB病院も例外ではありませんでした。

  • スマートヘルスケア

    B病院の概要とスマートヘルスケアに向けた3つのビジョン

この医療施設ではオペレーション効率の悪さから、利用者に対して快適な環境を提供することができなくなっていました。例えば、空調はいくつものメーカーの製品があって、制御システムが稼働しているもののそれぞれが独立して機能しており、中には手動制御のものまでありました。外来エリアは人であふれ、十分な空調が行われていなかったために頻繁にクレームが生じるなど、患者の満足度は低下していました。

こうした状況は、病院が既存施設を改修してスマートビルに変革することを決めたことで変わりました。段階を踏んで導入する戦略を採用し、本部の敷地内にあるすべての建物のオペレーションとメンテナンスの最適化を実現。改修作業期間中、医療サービスが中断されることは一切ありませんでした。

この改修では、以下のようなアップグレードが行われました。

  • 外来棟でコンピュータ、ソフトウェア、ネットワーク制御エンジンを始めとするオートメーションシステムのアップグレードを行い、システム全体の容量と処理能力を引き上げ
  • ウォーターポンプ、ファンコイル、ビルオートメーション、ビルマルチエアコンなどの分散システムをMetasysビルオートメーションシステムに統合して中央集中管理とモニタリングを行い、環境制御や運用効率を最適化
  • IoTベースの空調ユニットを60台以上追加して、外来エリア内の室温を改善

B病院ではアップグレード版のMetasysプラットフォームの設置によって、以下のような改善が見られました。

  • 全体のエネルギー消費量を約20%削減し、大幅な省エネを実現
  • 夏季の外来エリアの周囲温度についてのクレームが減少
  • クリーン環境、エネルギー、プロパティエリアにおける統合管理を可能にしてさらなる効率化を実現

こうした効率化を実現したことで、B病院は2018年に「省エネにおける公的機関のリーダー」に選定されました。

ジョンソンコントロールズのヘルスケアビジネス

ジョンソンコントロールズでは省エネや運用の効率化を実現する持続可能なソリューションを提供することで、よりスマートで健全そして生産的で快適に構築された環境の実現を目指しています。

例えば2003年より提供しているスマートホスピタルソリューションは、ビルテクノロジー(ビルIoT)、医療テクノロジー(メディカルIoT)と病院ビジネスプロセス(ITシステム)とを有機的に統合することを可能にします。また、戦略プランニング、アセスメント、運用とメンテナンスのための統合アプローチを通じて、ヘルスケア組織のビジョンやミッションの達成を支援することを可能にしています。

ビル環境の管理によって快適で安全でありながら省エネルギーを実現するためには複雑なノウハウを要します。HVAC、冷凍、防火、セキュリティシステム用機器、制御およびサービスまで幅広く提供するジョンソンコントロールズが世界150カ国で多くのカスタマに支持されるのは、そうした複雑なノウハウを提供できるためであり、今後、引き続き、省エネルギー性能を高めながら運用コストを削減し、人々が快適に働き、学び、遊び、暮らせる環境の実現に向けたソリューションの提供は続いていきます。

参考

[1]Deloitte、「Voice of Asia - Third Edition」