女優で歌手の板野友美が16日、神奈川・横浜のイオンシネマ みなとみらいでトークイベント「板野友美 Talk Event~音と旅する映画デート~」に登場した。

トークイベント「板野友美 Talk Event~音と旅する映画デート~」に登場した板野友美

アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジアを主催するショートショート実行委員会は、横浜で3年に1度開催される日本最大級の音楽フェスティバル「横浜音祭り2019」 とコラボレーションした同イベントを開催。ショートショート実行委員会とSDGs未来都市・横浜が製作したショートフィルム『乗り遅れた旅人』と、「音」を テーマにセレクトしたショートフィルム3作品が上映され、上映後には『乗り遅れた旅人』に出演した横浜出身の板野友美が、古波津陽監督ととも登壇して横浜の街や音楽、映画について語った。

地元・横浜で出演作『乗り遅れた旅人』が初めて上映された板野は「この映画館には何回も来たことがあります。中学2年生の時、芸能界に入る前にこの映画館に友だちや好きな人と来たりして、思い出が溢れる場所ですね。そんな場所で自分が出演した作品が上映されて本当にうれしく思っています」と笑顔。この日上映された『乗り遅れた旅人』については「撮り方は普通の映画と変わりませんでした。短い20分間に人に伝えるのは大変だと思いつつも、客観的に見たら感情が入りやすかったです。それに横浜の良さを再確認できたし、この作品に出演できて本当に良かったと思いました」と充実感をにじませた。

そんな板野が出演した本作は、彼女の地元でもある横浜が舞台。横浜の話題になると「今でも横浜が好きなんですよ。最近ドライブにハマっているんですが、ドライブで横浜に遊びに来たりします」と今でも頻繁に横浜を訪れるという。オススメの横浜デートについては「街ブラしたり映画も見られるし、中華街もあるし夜景もきれい。東京にも良さはありますが、東京よりも落ち着いているオシャレな感じが横浜にはあるので、横浜でデートをするのが一番良いと思います」と地元の横浜をアピールした。

横浜デートのオススメファッションについても「カジュアルな服が良いと思いますよ。遊園地にも行きたいし映画も見たいし街ブラもいいですから、結構歩くと思います。Tシャツとかロングスカート、スニーカーなど歩きやすい格好がいいですね」とデザイン性よりも実用的なファッションを勧めていた。