三菱自動車工業はコンパクトクロスオーバーSUV「エクリプスクロス」にクリーンディーゼル仕様車を追加した。スタイリッシュなクーペライクSUVと力強い新エンジンの相性はどうなのか。従来のガソリン車との違いも含め、試乗して確かめてきた。

  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車

    三菱自動車「エクリプスクロス」にクリーンディーゼルエンジン車が登場。画像は特別仕様車の「ブラックエディション」

ガソリン車と見た目こそ変わらないが…

三菱の世界戦略車であり、日本では2018年3月に登場したエクリプスクロスは、活気づく日本のSUV市場の中ではニューフェイスといえる。クーペのようにスタイリッシュなスタイルはかなり若々しく、今どきの都市型SUVであることを想像させるが、乗れば違いが分かる。三菱が「パジェロ」や「ランサーエボリューション」(ランエボ)などで培ってきた4WD技術を搭載しているため、ライバルとなる国産コンパクトSUVとは異なり、オフロード走行も得意とする万能選手なのだ。そのエクリプスクロスが、クリーンディーゼルエンジンという新たな武器を手に入れた。

ボディサイズは全長4,405mm、全幅1,805mm、全高1685mm。トヨタ自動車「C-HR」よりは大きいが日産自動車「エクストレイル」よりは小さく、日本の道路環境では丁度いいサイズといえる。クーペライクなルーフラインや2分割ガラスを持つテールゲートなど、スタイリングがスタイリッシュであるため、C-HRのようにデザイン寄りのSUVなのかと思って乗ると、いい意味で期待は裏切られるだろう。その姿とは裏腹に、リヤシートスペースやラゲッジスペースは十分に確保されているので、ファミリーカーとしても十分に活躍できる実用性も兼ね備えているのだ。

  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車

    日本の道路環境には丁度いいサイズ感だが、意外と車内も広々

ガソリン車とクリーンディーゼル車の視覚的な差別化は、ほとんどない。テールゲートに「DID」のエンブレムが入るか入らないかという程度だ。もちろん、ラゲッジルームを含むキャビンの広さも変わらない。

  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車
  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車
  • ガソリン車との外見上の違いは、テールゲート右下に入る「DID」(Direct Injection Diesel=直噴ディーゼルエンジンの略)のエンブレム(画像左)くらい。ラゲッジルームを含むキャビンの広さも変わらない

最大の違いはパワートレインだ。ガソリン車は1.5Lの4気筒DOHCターボとCVTを組み合わせ、最高出力150ps(5,500rpm)、最大トルク240Nm(2,000~3,500rpm)を発揮する。駆動方式はFF(前輪駆動)と4WDから選択可能。燃費消費率はFFが15.0km/L、4WDが14.0km/L(共にJC08モード)となる。

一方、新顔となるクリーンディーゼル車は、2.2Lの4気筒DOHCターボエンジンに8速ATを組み合わせる。三菱が大幅改良を加え、「デリカD:5」に搭載したのと同じエンジンだ。最高出力は145ps(3,500rpm)、最大トルクは380Nm(2,000rpm)。パワーこそわずかに落ちるが、より低いエンジン回転数でガソリン車の1.6倍もの最大トルクを発揮する点に注目したい。駆動方式は4WDのみとなるが、燃費性能も15.2km/L(4WD・JC08モード)と優秀だ。

  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車

    クリーンディーゼルエンジンは低回転で大きなトルクを得られるところが魅力

ディーゼルといえば以前は、エンジン音がうるさくて振動が大きいので、快適性に劣り、環境性能も悪かった。しかし、現代のクリーンディーゼルは、音や振動、排ガスなどのネガティブな要素を消し去りながら、ディーゼルエンジンらしい力強い走りとエンジンの低回転を多用する燃費効率の良さを受け継ぐ、理想的なパワートレインとなっている。日本でも人気は上昇中だ。

エクリプスクロスが搭載するクリーンディーゼルエンジンは、環境性能向上のために「尿素SCRシステム」を採用しており、走行距離1,000キロあたり1Lの尿素水(AdBlue)を消費する。このシステムはトラックや欧州のクリーンディーゼル車でも多用されているものなので、決して特別なものではなく、AdBlueの入手も簡単だ。エクリプスクロスは16LのAdBlue用タンクを内蔵しているので、1度のAdBlue補充で約1万6,000キロを走行できる。ほとんどのユーザーは、1年点検や車検の際に補充してもらえば十分だろう。

  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車

    普通の乗り方であれば、尿素水を補充するためだけにわざわざディーラーなどに立ち寄る必要はないだろう

オフロード試乗で納得のキャラ設定

そんな新パワートレインを積むエクリプスクロスを早速、公道試乗に連れ出してみた。

車内で感じる走行音は、ガソリン車と比べても気にならないほど静かで快適だ。加速が必要なシーンでは、8段変速のATが瞬時にギアを落とし、低回転から大きなトルクを生み出すディーゼルエンジンの力強さを味わえる。

  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車

    ガソリン車に比べ、クリーンディーゼルエンジン車の車両重量は130キロの増加となる

力強い加速とスポーティーなスタイルとは裏腹に、乗り心地はソフト。足回りは専用設定だが、ガソリン車同様に快適性重視のセッティングとしてあるようだ。個人的には、パワフルなディーゼルエンジンを活用し、ガソリン車とは異なるスポーティーなキャラクターに仕立てられているものと想像していたのだが、この点は裏切られた。あくまでもクレバーであり、家族思いのパパにも最適な、ちょっと大人しいSUVなのだ。しかし、この後、その味付けには重大な理由があるということを思い知らされる。

  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車

    加速は力強いが乗り心地はソフトで快適性重視

公道試乗の次はオフロードコースを走ったのだが、このコース、ちょっと足場の悪い道などというような生易しいものではない。全てが未舗装であるだけでなく、急な上り坂や下り坂、クルマが傾く斜面、泥道までもが含まれていたのだ。まさにアドベンチャーである。いきなりこの道を行けといわれたら、誰もが躊躇することだろう。

  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車

    オフロードコースに突入! エクリプスクロスは険しい道をグイグイと突き進んでいく

上下左右に車体を揺すりながら、エクリプスクロスは前へ前へと突き進む。ソフトな足回りが路面をしっかりと捉え、段差や石を乗り越えた際にはショックを受け止めてくれる。軽やかなステアリングからは路面状況がしっかりと伝わってくるので、操作に不安を覚えることもなかった。つまり、オンロードだけではなく、オフロードまでしっかりとカバーするための味付けがなされていたのだ。見た目こそややチャラいが、その中には三菱伝統のクロカン作りのDNAがしっかりと受け継がれていたということである。

オフロードコースを難なくクリアすると、もう一度、すぐにでも試したくなった。そんな気持ちになったのも、エクリプスクロスが悪路でも頼れる存在だと認識できたからにほかならない。

  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車

    「エクリプスクロス」は悪路でも頼れる存在だった

「エクリプスクロスに、そこまでのオフロード性能が必要なの?」。確かに、そういう意見もあるだろう。ただ、キャンプ場などでも、天候によってはオフロードコースに近い路面状況になることがあるし、バーベキューが可能な河川敷には、ある程度はクルマで乗り入れることが可能な場所ある。軽いアウトドアのシーンでも、クルマにとっては厳しい走行環境が存在するのも確かなのだ。

  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車

    クルマにとって厳しい走行環境は、意外と身近なところにも存在する

価格はガソリン車のFFが253万9,080円~289万1,160円、4WDが275万5,080円~310万7,160円。クリーンディーゼル車は306万1,800円~340万3,080円となる。4WD同士を比較すると、価格差は30万円程度。ガソリン車でも不満はないが、街乗り中心ではなく、週末のレジャーやロングドライブも楽しみたいという人にとっては、この30万円は意味のあるものになりそうだ。

ただ、ガソリン車とクリーンディーゼル車の差別化が少ないのは、やや残念だ。三菱としては、ディーゼル車の設定は、あくまで顧客の選択肢を広げるためとしているが、せっかくならば、視覚的にもクリーンディーゼルを選びたくなるような仕掛けが欲しい。クリーンディーゼルを選んだ時点で価格が300万円を超えるのだから、少しは特別感があると、買う人も嬉しいのではないだろうか。

  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車

    クリーンディーゼルエンジン搭載車のデザインに特別感があれば、喜ぶ人はいたかもしれない

先にも述べたが、実用性を含め、エクリプスクロスのディーゼルエンジン車という選択は十分に「あり」だと思う。ただ、SUV市場が活気づいたこともあり、価格だけを見れば、ほかにも選択肢はある。本格SUVとして、内に秘めたオフロード性能は素晴らしい。ただ、そこを重視する人は、もっとそれっぽい、ほかのワイルド系のSUVを選んでしまうかもしれない。

コンパクトながら本物のSUVであり、街にも映えるクールなスタイルを兼ね備えるというエクリプスクロスの価値は、大きな武器だ。それだけに、そのアピールがうまくないと思えてしまう。やはり世の中、ギャップに弱い。見た目は草食系イケメンでありながら、中身は肉食系なんていうのは、最近のドラマでもよく見かける設定だ。その辺を押さえられれば、エクリプスクロスは化けるかも??

  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車
  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車
  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車
  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車
  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車
  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車
  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車
  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車
  • 三菱自動車「エクリプスクロス」のクリーンディーゼルエンジン搭載車