ライター歴10年超の私ですが、取材が大の苦手。できれば、取材は編集者に任せ、書くことだけに専念したいぐらい。事前準備を万端にしても、取材がなかなかうまくいきません。

円滑なコミュニケーションってどうするのよー。悶々としていると、「ビジネスパーソン向けのコミュニケーション講座があるよ」と編集者が耳よりの情報を。

開催しているのは、落語家の立川談慶師匠。話を聞いてみると、大切なのは「耳をつくること」だそうです。コミュニケーションの方法を相談したのに、耳が大切!? どういうことなの?

私にコミュケーションのセンスがあるって、ほんと?


師匠、私はライターという仕事柄、初対面の人と話をすることが多いんですが、話が盛り上がらなくて毎回困ってます。どうやったら円滑にコミュニケーションが図れて、うまく話を引き出せたりできますかね。



ご自身ではどこが原因だと思っていますか?



うーん、そうですね。1つは話題を提供するのも苦手だし、他には話をまとめるのも上手くないですし、それに、いつも文頭に「あー」とか「えーと」などの雑音が入って聞き苦しいし……とにかく欠点だらけが目について、いろいろあります。



そうですか。私が開講しているコミュニケーション講座にも、西谷さんと同じような悩みをもつ方が多いですね。



そうなんですね!


やっぱり、同じ悩みをもつ仲間がいるのはいいですね。しみじみと思います。


でも、私から言わせれば、そういう視点を持っていることはむしろ長所だと思うんです。



えっ、なんですか!? 欠点じゃない?



そうです。ある意味、自分の特徴に気づいているというのは、それだけ感受性が強い証拠なんです。「俺は、コミュニケーション力あるよ」という自信家な人ほど、案外感受性がなかったりするわけですよ。


たしかに、自信満々に「俺、●●すごいよ!」という人ほど微妙なこと多いかも……


だから、あなたが抱いている不安はむしろセンスの塊みたいなものなんですよ。もっと自信を持っていいんですよ。



本当ですか!?


師匠―、この一言でどれだけ私が救われたか! センスの塊と呼ばれたのは人生初ですよ。


もちろんです。そしてそのセンシティブな強みである、受信機能をうまく活かすんです。



活かす? いったいどういうふうに?



人間がもっている五感である「聴覚・視覚・味覚・嗅覚・触覚」。これら全てを受信機能といい、特に「聴覚」をフルに使っていきます。


わかるような、わからないような。少し戸惑う私。


「耳をつくること」。


  • 師匠、耳って何ですか?


ははー、耳をつくっていく?



「聴き上手」になるということです。結局、コミュニケーションというのは会話ですよね。最小限の単位で言えば、Aさんが喋って、Bさんが聴くということで会話は成立しますよね。従来は喋る側が「攻め」という認識だったかもしれませんが、その意識を変えましょう。聴く側が「攻め」で、喋る側が「守り」になる。


主導権をとって、会話にリズムをつくれ


聴くことで「攻める」?


「聴く」行為って受身じゃないのかな? 何故攻めるなんだろう。またまた戸惑う私。今日はよく戸惑いますよ。


話を聴いているというのは受信の時間ですから、相手の発信している情報を「全て把握してやろう!」という意気込みで臨むわけです。「相手は今何に興味を持っているのか」「何に怒っていて、どうしたいと思っているのか」などの内容に関することから、喋り方のイントネーションからその人のバックボーンを類推することに至るまで、相手が発する言葉を漏らさず収集して、分析するわけです。



つまり、聴くことに全神経を集中させるということでしょうか?



そうです。聴く時間=データ集積期間と考える。そして、聴く時に得た相手に関するさまざまなデータは、喋るときに活用すればいいわけです。この人にはこの話をふれば盛り上がるなとか、この話は食いつかないだろうなとか。そうすると、今度喋る時にも次第にリズムが生まれてくるわけです。


ふむふむ、漏らさず相手のデータを収集しているので、喋るときには、会話のネタに困らないというわけね。


では、決して喋り上手になる必要はないというわけですか?



プレゼンや面接のように、1人対多数でスピーチしたり、発表したりする場合は別かもしれませんが、誰かと良好なコミュニケーションを図る場合は、喋り上手よりも聴き上手になるほうが、いいと思います。



言われてみれば、喋ることに意識を集中しすぎて、聴くことがおろそかになって、同じことをまた聞いてしまうなんてこともよくありますよね。



次に何を話そうかと考えて会話をしていると、相手が言ったことを聞き漏らしてしまい不信感を与えてしまうということにもなりかねません。相手が喋っているときは、聴くことに集中して、一気に主導権を握ってしまうんです。


主導権を握る? またまた戸惑い始めた私。


西谷さん、会話はゲームですよ。忘れないでください。


  • 会話はゲームです


はぁ、ゲーム……ですか?



先程、聴く側が「攻」と喋る側が「守」というお話をしましたが、野球やサッカーと同じように攻撃でうまくハマれば、守備もリズムにのって好セーブを連発するということがよくありますよね。


たしかに、スポーツの世界でも「守備からリズムを作ろう」とよく聞くかも! 会話も同じなんだ。


それと同じで、攻守のリズムができれば、会話もいい感じではずみます。そのためには、いかに主導権を握るかです。



聴くことで、主導権を握るわけですね。



それを意識した会話を繰り返していけば、相手のデータや、会話(コミュケーション)についての傾向が蓄積されていって、どんどん対話能力も高まっていきます。


相手に「好奇心」をもて!


やはり、経験が大事なわけですね。



そうです。やはり量をこなさないと何事もうまくなりません。ちょっと話は変わりますが、人気の占い師さんは、なぜ当たるかと言えば、豊富なデータを持っているからですよ。人気者ゆえに、多くのお客さんが集まってくる。つまりそれだけ、たくさんデータを集積できる。だから、この人はこういうタイプだなというのが類型化でき、アドバイスすると当たるわけです。やはり経験です。



頭ではわかるんですが、元々苦手としているので「経験を積め」と言われても、一歩踏み出すにはちょっと勇気がいりますね。



「うまくやらなきゃ」と思ってしまう?



それはありますね。だから、緊張してしまうんだと思います。



西谷さんの場合、ライターさんですから新しいことを聞きにいったり、初めての人に会ったりされますよね?



そうです。



だったら、シンプルに「面白そうな話を聴きに来ました」というふうに、相手に対して「好奇心」をもつのが一番だと思います。「自分の聴きたい話が聴けちゃう」と思えば、相手にのめり込んで向き合えるわけですから、緊張感も緩和されるんじゃないですか?


  • 好奇心を持つことが大事

確かに、こないだも興味がある速読に関して話を聞いたときは、話が弾んだよなー。取材だったけど、全然緊張もなく、楽しい記憶しかないな。


相手は自分と違う人生を歩んでいるわけだし、1つや2つ面白いネタ(データ)をもっていますよ、絶対に。それを知ることで、その人自身にも興味が湧いてきて、嫌だったコミュニケーションもだんだんと好きになれるんじゃないですか。



相手に好奇心を持つことで、これまでの景色が変わっていくということですか。



そうです。こういっては身も蓋もないですが、喋りのテクニックなんてどうでもいいわけです。不器用で、訛りがあって、喋りはそんなに上手くないけど、なぜか好かれちゃう人っているじゃないですか。目指すは、そんな人だと思うんですよね。


苦手な相手には、演じてデータを集積しろ!


でも師匠、例えば営業職ならお得意先に嫌な人って、必ずいるじゃないですか。その場合はどうしたらいいのでしょうか?



嫌いというのは、怒りという感情を抑えられない状態ですよね。つまり、自分の感情を相手に握られて、相手に主導権をとられている。そんな状態なわけですよ。



主導権は相手にあると言うことですか。



そう。自分にイニシアチブ(主導権)を持ちたいなら、感情に振り回さないようにすること。つまり、この時間は相手のデータを収集するために、相手に好奇心をもっている人を演じるんです。


そうか、聴くことに徹すればよいんだ。このテクニックは使える。メモメモ。


その通り! プロとして、相手には最低限の不快感を与えないぞという姿勢で、臨む。もしかしたら演じているうちに、「案外この人面白い見方をするな」とか、「僕と似ているから反発したくなるのかな」とか、新たな魅力や気づきが見えてきたりするものです。また演じることで、向こうも態度を変えることだってありますし。



ずっと嫌がっていても、進歩はしませんからね。



よくわかっているじゃないですか。ビジネスなので、プライベートは付き合わなくてもいいわけですから、割り切ってやってみる。経験を増やせばデータが集積されて、嫌いな人(苦手な人)とのコミュニケーション力を高めるスキルも磨けますし。



なるほど、ここでも経験が生きてくるわけですね。師匠の話を聞いて、苦手としていたコミュケーションができそう気がしてきました。


喋りが専門の噺家さんなのに、聴く側に集中するとはとても面白い視点でした。でも、なぜそのような発想が生まれたのか。

どうも、それは師匠である立川談志さんから教わったものらしい。天才と呼ばれた立川談志さん、どんな教え方なんだろう? 後編を乞うご期待!

プロフィール : 立川談慶

落語家
生年月日:1965年
出身地:長野県上田市(旧丸子町)生まれ
趣味・特技:ウェイトトレーニング歴10年、ベンチプレス120kg
慶應義塾大学経済学部を卒業後、株式会社ワコールに入社。3年間のサラリーマン体験を経て、91年立川談志18番目の弟子として入門。 前座名は「立川ワコール」。2000年に二つ目昇進を機に、立川談志師匠に「立川談慶」と命名される。 05年、真打昇進。慶應大学卒業の初めての真打となる。

夏に鍛えるビジネス基礎力特集

落語家の立川談慶さんに聞く - 話すの苦手な私を助けて!
目指せスティーブ・ジョブズ!? 営業マンがプレゼンをコソ練した
速読の効果は本当なの!? 日本唯一の速読芸人に聞いた
5分で理解するタッチタイピング - 我流タイピングは矯正できる?
仕事に役立つ、5分で理解する「論理的思考力」