全日本空輸(ANA)と、ビットワレット電子マネー「Edy(エディ)」を運営するビットワレットは30日、ANAマイレージクラブとEdyサービス連携5周年を記念して、マイルが2倍たまる「Edy マイルプラス」を6月1日より本格展開すると発表した。

同連携サービスは2003年6月より開始され、ポイントと電子マネーの連携の流れの先駆けになる取り組みと言われている。ビットワレットは「2008年5月現在のEdy発行枚数は5年前の約20倍にあたる約4,000万枚、加盟店数も5年前の約30倍の74,000店舗に増加しました。そうした利用者、加盟店の増加により小額決済でもポイントがためられる"お得感"を感じていただけるようになったのではないでしょうか」と話している。

Edy マイルプラスは、ANAマイレージクラブ会員向けのサービス。AMC-Edy機能付カード、「ケータイ de Edyマイル」サービス登録済みの「おサイフケータイ」のEdyのいずれかにて支払った場合、通常の2倍マイルがたまるという。「通常は200円ごとに1マイルですが、Edy マイルプラスであれば200円ごとに2マイルたまります」(同社広報)。

6月1日より新たに導入される店舗としては、ANA FESTA(全国35空港内店舗)、コレド日本橋内(28テナント)、ニッポンレンタカー全営業所(全国632カ所)。2008年5月よりam/pmでサービスが開始されているが、今回導入店舗が大幅に拡充され、本格展開するに至ったとしている。

さらに、6月1日より7月31日まで、「Edy マイルプラス」導入店舗でEdyを利用した人を対象に「Edy マイルプラス開始記念キャンペーン」を実施。期間中にANA SKY WEBにてキャンペーン登録をした上で、対象店舗でAMC-Edy機能付カード、「ケータイ de Edyマイル」サービス登録済みの「おサイフケータイ」のEdyで、合計3,000円以上買い物をした人の中から、抽選で1,000名に1,000円分のEdyをプレゼントする。

キャンペーン対象店舗は以下の通り。

  • am/pm (オートマチック・スーパー・デリスを除く)
  • ANA FESTA(羽田空港・成田空港・那覇空港ゲ-ト内「STARBUCKS COFFEE」を除く)
  • コレド日本橋 (Edy端末設置28店舗)
  • ニッポンレンタカー
  • 大丸・福岡天神店