PR

【2024年3月】バイク車検の費用はいくらかかる?費用を抑える方法もご紹介!

【徹底解説】バイク車検の費用はいくらかかる?費用を抑える方法もご紹介!

本ページはプロモーションが含まれています。
バイクに乗ることはそれでしか味わえない面白さやロマンがあります!お仕事でご活用されている方もいるでしょう。
あなたの愛するバイクが250cc以上の場合は当然車検が必要になります。

そんな車検でどうしても心配になってしまうのが費用面ではないでしょうか。バイクも自動車と同じように2年に1度の定期的な車検が必要です。

そこで本記事ではバイクの車検について徹底的に解説していきます!
ぜひ参考にしてみてください!

 


当サイトがおすすめする車検、車買取に関するコンテンツは、総務省ならびに消費者庁が管轄する関連諸法およびWebサイトにて公表している情報を参考にし、実際の利用者や第三者による調査結果などの客観的事実を根拠として作成しております。コンテンツ制作ポリシーはこちら , 広告掲載ポリシーはこちら

バイク車検の費用はいくら?費用の内訳もご紹介!

バイク車検は年式や受ける方法で前後しますが、おおよその車検費用の相場として、ユーザー車検でバイク車検をする場合は2万円以下バイクショップに車検を依頼する場合は約3万円〜5万円が相場と言われています!

排気量が250ccを超えるバイクは、車と同様に2年に1回の車検が義務付けられています。
バイク車検はバイクショップのような車検業者に頼む方法かユーザー車検を行うのが基本的です。(自動車の車検を行っていてもバイク車検は受け付けていないところが多いです。)

バイクの車検費用の内訳を詳しく見ていきましょう!

バイク車検の法定費用の内訳

まず、バイク車検には必ず重量税、自賠責保険、印紙代の「法定費用」が発生します。

法定費用:13,760円
重量税 3,800円
自賠責保険 8,760円
印紙代 1,200円

バイク車検で法定費用と別でかかる整備費用

バイクの車検の際には、消耗パーツの劣化具合によっては当然交換の必要があります!
その場合は法定費用と別に追加の整備費用であったり、必要なパーツなどの料金が発生します。

この部分に関しては、普段からこまめなメンテナンスを行うことでこれらの部品の劣化を抑え、結果的に車検費用を安く抑えることができます。

バイク車検ユーザー車検で行えば費用が抑えられる

ユーザー車検とは、自分自身で陸運局(運輸支局等)にバイクを持ち込んで車検を受ける方法です!

ユーザー車検の場合は、車検を法定費用だけで受けることができるので費用を大幅に抑えることができます。ですがユーザー車検でも法令で定められた保安基準に合わない場合、整備費用と部品代が別途加算されます。

整備費用、部品代が発生しない場合、ユーザー車検では20,000円以下でバイク車検を受けることが可能です!

料金だけで見ればメリットしかないように感じますがデメリットも考えなくてはいけません。

バイクの車検に関する知識がない、初めて車検を自分で行う、という方にとっては、全てを自分で行わなくてはいけないユーザー車検はとても労力が必要となる可能性があります。ユーザー車検のが安く済むとわかっていても費用対効果を考えて業者に依頼する方もいるのが現実です。

バイク車検をバイクショップ等の業者で受ける場合

バイクショップで車検を受ける場合、法定費用の他に

  • 代行手数料
  • 検査諸費用
  • 整備諸費用
  • 部品代(必要な場合)

といった費用が発生します!

代行手数料とは、車検に必要な書類(継続審査申請書、自動車重量税納付書、自動車検査票)の作成やバイクの搬送、試験場での審査対応などで、依頼した業者によりますが、5,000~20,000円の費用が発生します。
また整備諸費用は、車検と同時に実施する法定24ヶ月点検も含めた整備費用で、これも5,000~20,000円程度の費用が相場と言われています。

更に、自分ではなくバイクの専門知識がある技術者が点検を行う代行手数料と部品のメンテナンスや交換といった整備費用も必要です。こちらも検査でバイクの不備が見つかれば、パーツの修理や部品交換が必要なため、部品代が加算されます。

これらを踏まえて、バイクショップで車検を受ける場合は約30,000〜50,000円程度の費用が発生すると考えておくと良いでしょう!

繰り返しになりますが、車検費用を安く済ませるにはやはりユーザー車検が最も有効です。しかし、ユーザー車検にはデメリットもあります。

自信がない人は、信頼できる格安バイクショップや整備業者を探してバイク車検を依頼するのがおすすめです!

バイク車検の費用を抑える方法を解説!

次にバイク車検の費用を少しでも抑えたい!という方にその方法を解説していきます!

バイク車検を少しでも安く抑え、納得の車検を行うには、自分のニーズに合った車検方法を選んでバイクを車検に出すことが重要になります。その際に以下のことをご確認ください!

  1. 事前にできるような点検や整備は済ませてあるか
  2. 業者に依頼する場合複数業者を検討したか
  3. 不要なオプション等を勧められていないか

ご自身でほんの少し時間をかければクリアできるような点検や整備も業者がすることになればその分料金が発生してしまうので、費用を安く抑えたい方は事前点検を行っておくと良いでしょう!

次に業者に依頼する場合ですが、法定費用はどんな方でもどこで受けても必ずかかってくる料金なので、その部分を安くすることはできません。しかしその他の料金に関しては業者ごとに料金が違ってたりします。
なので1つの業者で決めてしまうのではなく複数の業者を比較し、検討することをおすすめします。

また、業者によっては利益のために本来すぐに必要ではないオプションなどを執拗に勧めてきたりする場合もあります。バイクに乗り始めて日が浅かったり、そういったことにあまり詳しくない方は判断も難しいでしょう。
対策としては疑問に思ったら即決せずに一度検討することです。本当に必要な料金かそうでないのかを確認した上で依頼するようにしましょう!

ユーザー車検・バイクショップでの車検と、どれを選べば良いのか分からない人は、以下を参考にしてください!

ユーザー車検がおすすめの人

  • バイクに関する専門知識がある人
  • 平日に時間がとれる人
  • 日常的にバイクを丁寧に運転している人
  • 普段からバイクのメンテナンスをしっかりと行える人

ユーザー車検が向いているのは、バイクの専門知識を有する方、またそういった作業が好きな方になります!
日々バイクを丁寧に乗り、パーツの状態、メンテナンス等のバイクを良い状態で維持することができる方はユーザー車検を行ってみてはいかがでしょうか。

また、ユーザー車検の場合は車検の際に陸運局にバイクを持ち込まなければなりません。
陸運局は平日しか対応していないので注意してください!

バイクショップで車検がおすすめの人

  • バイクに関する専門知識があまりない人
  • 平日に時間がとれない人
  • 費用は気にせず車検に通る整備ができれば良い人
  • 自分でメンテナンスをする時間が無いので、じっくりと整備をしたい人
  • バイクに異変を感じている場合

バイクに関する知識がまだあまり無い方や初めてのバイク車検を受ける方はバイクショップでの車検をおすすめします!
また、普段バイクのメンテナンスを行う時間がなかなか取れない方や、バイクの故障等の異変を感じている方は思い切って車検ついでにバイクの状態を確認してみてください。

まとめ

バイク車検をできるだけ安くするためには普段からの整備やこまめな洗車といったメンテナンスを怠らないことが重要です!
また、オイル交換や、エアフィルターの交換等を欠かさずすれば、車検の時に無駄な出費は抑えられるでしょう!
車検の費用を抑えることも大事ですが、大好きなバイクとできるだけ長く共にできるようメンテナンスを大事にしましょう。最後まで読んでいただきありがとうございました!

本当に!?車検をやめて「車を高く売る」ほうが得なの?

はい、正解のこともあります!車検前は、車を高く売る最後のチャンスです。

車検費用が高額なら、この機会に車を高く売ることを検討してはどうでしょうか?車検が近い時期は、車を高く売って新車買い替えの軍資金を手にするチャンスです!当然ながら、【車検が切れる前の時期が買取価格は最大になります!】

愛車を少しでも高く売りたいなら、業界大手の【MOTA車買取】がおすすめです!査定費用は無料で、最高買取金額がすぐにチェックできます。入力はたったの30秒!いますぐ愛車の最高査定相場を無料で確認しましょう。
※もちろん、無料一括査定をしても車を必ず売却する義務はありませんのでご安心ください。
※しつこい営業電話なし!交渉は高額査定店だけ!

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”一括車買取査定【MOTA車買取】 ”2度目に選ばれる”一括車買取査定 MOTA車買取はこちら 【徹底比較】車検業者おすすめベスト10!料金相場や費用を抑えるコツも解説!
PR
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
この記事を書いた人
店長

カー用品店の店長を6年務める中で、お客様から車検に関する多くの悩みをいただきました。その経験から、多くの方が車検に対して抱いている「不安や疑問を解決したい」と思い執筆活動を開始。プロだからこそわかる視点で「技術力が高く」「安い」おすすめの車検屋さんや、車検の豆知識やノウハウをお伝えします!

車検のギモン
マイナビ車検ガイド
タイトルとURLをコピーしました