PR

【2024年6月最新】ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説

本ページはプロモーションが含まれています。

ジープ(JEEP)は、1941年第二次世界大戦中にアメリカ陸軍の要請により開発され、現在でも世界中で人気の高いブランドです。山道などの悪路でも安定した走りが魅力で、アウトドアにはもちろん、街中でもよく見かけますよね。

そんな人気の車種ではありますが、ジープ(JEEP)の車検費用はいくらかかるの?」と不安に思う方も多いでしょう。
今回本記事では、ジープ(JEEP)の車検費用が高い理由や車検費用相場、そして車検費用を抑える方法について解説していきます。

ジープ(JEEP)の購入を検討している方、既にジープ(JEEP)を所有している方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

・ジープ(JEEP)の車検費用相場はディーラー車検は約10万円〜20万円。車検業者は約6万円〜。
・車検を安く抑えたいなら、楽天Car車検で複数業者から見積もりを!

\ ジープ(JEEP)の車検費用を比べるなら♪
楽天Car車検はこちら

 


当サイトがおすすめする車検、車買取に関するコンテンツは、総務省ならびに消費者庁が管轄する関連諸法およびWebサイトにて公表している情報を参考にし、実際の利用者や第三者による調査結果などの客観的事実を根拠として作成しております。コンテンツ制作ポリシーはこちら , 広告掲載ポリシーはこちら

ジープ(JEEP)の車検費用の相場・目安は約6万円〜

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説ジープ(JEEP)の車検費用相場・目安は、ディーラー車検の場合は【約10万円〜20万円】、民間の車検業者の場合は【約6万円〜10万円】です。

ではジープ(JEEP)の車検費用はどれぐらいかかるのか、実際に代表的なモデルを挙げて「ディーラー車検」「楽天Car車検」「民間整備業者」の3つの業者を比べて確認してみましょう。
なお、車検基本料金はどの業者に依頼するかによって点検や整備、事務作業などにかかる費用が大きく異なりますので、あくまで目安としてお考えください。

※ディーラーの基本料金は当サイトで独自に調査した結果となります。
※エコカー減税等は省略しています。
※印紙代は指定工場(民間車検場)での金額です。認証工場の場合は印紙代が100~700円上乗せされます。
※車検のコバックは【スーパーセーフティ車検】を参考に計算しています。
※ディーラー車検料金参考:Jeep正規ディーラー
※オートバックス車検料金参考:A PIT AUTOBACS SHINONOME

ジープ(JEEP)ラングラーの車検費用相場

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説

ジープ(JEEP)ラングラーは、ジープのアイコン的なオフロード車です。最もジープ(JEEP)らしいモデルで、街中で見かける形はラングラーが多いのではないでしょうか。

2018年から日本で発売されているJLですと、そろそろ2回目の継続車検の時期でしょう。

基本料金 法定費用 合計
自賠責保険料 重量税 印紙代
ディーラー 42,900円〜 17,650円 32,800円 1,800円〜 113,050円〜
楽天Car車検 18,430円 70,680円〜
車検のコバック 39,475円〜 93,925円〜
オートバックス 49,170円〜 101,220円〜

ジープ(JEEP) レネゲードの車検費用相場

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説

ジープ(JEEP) レネゲードは、コンパクトSUVとして人気のモデルです。豊富なカラーバリエーションとサイズ感で、普段使いもしやすいモデルです。

日本では2015年から販売開始され、最新モデルは2023年に発売されています。

基本料金 法定費用 合計
自賠責保険料 重量税 印紙代
ディーラー 34,100円〜 17,650円 24,600円 1,800円〜 96,050円〜
楽天Car車検 17,970円 62,020円〜
車検のコバック 38,007円〜 84,257円〜
オートバックス 43,560円〜 87,410円〜

ジープ(JEEP) コンパスの車検費用相場

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説

ジープ(JEEP) コンパスは、日本の狭い道路でも動きやすいコンパクトさと、ジープ(JEEP)らしいデザインと広い室内空間を併せ持つクロスオーバーSUVです。

日本では2012年から販売開始され、現行モデルは2代目。

基本料金 法定費用 合計
自賠責保険料 重量税 印紙代
ディーラー 42,900円〜 17,650円 24,600円 1,800円〜 113,050円〜
楽天Car車検 17,970円 62,020円〜
車検のコバック 38,007円〜 84,257円〜
オートバックス 43,560円〜 87,410円〜

ジープ(JEEP) チェロキーの車検費用相場

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説

ジープ(JEEP) チェロキーは、1974年に初代が発売されて以降、約50年に渡って販売されているロングセラーモデルです。洗練されたデザインと優れたオフロード性能が人気のSUVです。

現行の5代目は、2013年から販売されています。

基本料金 法定費用 合計
自賠責保険料 重量税 印紙代
ディーラー 42,900円〜 17,650円 32,800円 1,800円〜 113,050円〜
楽天Car車検 18,430円 70,680円〜
車検のコバック 39,475円〜 93,925円〜
オートバックス 49,170円〜 101,220円〜

ジープ(JEEP) グランドチェロキーの車検費用相場

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説

ジープ(JEEP) グランドチェロキーは、先ほど紹介したチェロキーより一回り大きく、高級感のあるジープ(JEEP)の最上位モデルです。日本では1993年から販売されており、現行は5代目となっています。

基本料金 法定費用 合計
自賠責保険料 重量税 印紙代
ディーラー 42,900円〜 17,650円 41,000円 1,800円〜 113,050円〜
楽天Car車検 17,970円 要サイト確認
車検のコバック 40,941円〜 103,591円〜
オートバックス 52,250円〜 112,500円〜

ジープ(JEEP) グラディエーターの車検費用相場

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説

ジープ(JEEP) グラディエーターは、ジープ(JEEP)では26年ぶりのピックアップトラックです。もちろんオフロード対応、本格4WD仕様となっています。日本ではあまり目にすることは無いモデルかもしれません。

基本料金 法定費用 合計
自賠責保険料 重量税 印紙代
ディーラー 48,400円〜 17,650円 41,000円 1,800円〜 126,750円〜
楽天Car車検 17,970円 要サイト確認
車検のコバック 40,941円〜 103,591円〜
オートバックス 52,250円〜 112,500円〜

ジープ(JEEP) パトリオットの車検費用相場

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説

ジープ(JEEP) パトリオットは、日本で2007年から発売開始されたチェロキーの1つ下のモデルです。コンパクトなサイズ感で女性でも運転しやすく街乗りにも適しており、オフロードでも走行可能で人気も高いです。

2007年から販売されていましたが、日本国内では「歩行者頭部保護法」の基準を満たしていなかった為2013年に販売終了しています。

基本料金 法定費用 合計
自賠責保険料 重量税 印紙代
ディーラー 42,900円〜 17,650円 24,600円 1,800円〜 113,050円〜
楽天Car車検 17,970円 62,020円〜
車検のコバック 38,007円〜 84,257円〜
オートバックス 43,560円〜 101,220円〜

ジープ(JEEP)の車検にかかる費用の内訳

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説ジープ(JEEP)に限ったことではありませんが、車検費用は大きく分けて「法定費用」と「車検基本料」から成り立ちます。

  • 法定費用:国によって定められた最低限かかる費用
  • 車検基本料:各店舗に任されたその他の費用

「法定費用」は国によって定められた最低限かかってくる費用となります。
そのためどの店舗に依頼しても変動はありません。

一方「車検基本料」は車検を通すための予備検査代金や車両の整備料金、車検代行料などを指します。こちらの料金に関しては相場こそあるものの最終的な計算は各車検店舗に任されています。

分類 項目名 詳細
法定費用
(一律)
自動車重量税 車両重量の増加に応じて課される税金。
自家用乗用車、軽自動車を問わず、新車購入時の初回登録時および継続車検時に、
次回の車検までの3年ないし2年間の税額をまとめて納める。
自賠責保険料 車の所有者が必ず加入しなければならない保険。
加入後に交付される「自賠責保険証明書」は、運転時に携帯する義務が課されている。
印紙代 検査費用や車検証の発行手数料を支払うための印紙と証紙の代金。
印紙は国に、証紙は地方自治体に支払った税金や手数料を納めたことを証明する証票のこと。
車検基本料
(車検店舗によって異なる)
点検手数料 名称は各お店によって異なるが、車検の点検料金のこと。
依頼するお店や内容によって料金も変動する。
その他諸費用 車検に係る書類作成代や整備以外のテスター使用料など。
依頼するお店によって異なる。

法定費用は自動車重量税・自賠責保険料・印紙代で成り立っていて、車によって費用が異なります。つまり、どの車検業者でも費用が一律になるということです!
一方車検基本料は業者毎に自由に金額を設定出来る項目となり、これによって車検費用が高い業者と安い業者の差が生まれます。

法定費用一覧

法定費用の料金表を車種毎にまとめました。あなたの車はどれくらいの費用がかかるのか確認してみましょう。

軽自動車 小型自動車 中型自動車 大型自動車 特大自動車
0.5〜1t未満 1〜1.5t未満 1.5〜2t未満 2〜2.5t未満
自賠責保険料 17,540円 17,650円 17,650円 17,650円 17,650円
重量税 6,600円 16,400円 24,600円 32,800円 41,000円
(エコカー) (5,000円) (10,000円) (15,000円) (20,000円) (25,000円)
(13年経過車) (8,200円) (22,800円) (34,200円) (45,600円) (57,000円)
(18年経過車) (8,800円) (25,200円) (37,800円) (50,400円) (63,000円)
印紙代 1,800円 1,800円 1,800円 1,800円 1,800円
法定費用合計 25,940円 35,850円 44,050円 52,250円 60,450円
(エコカー) (24,340円) (29,450円) (34,450円) (39,450円) (44,450円)
(13年経過車) (27,540円) (42,250円) (53,650円) (65,050円) (76,450円)
(18年経過車) (28,140円) (44,650円) (57,250円) (69,850円) (82,450円)

※印紙代は業者によって多少前後する場合があります。

ジープ(JEEP)のよくある修理箇所は?修理費用の目安はどのぐらい?

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説

ジープ(JEEP)などの外車購入を検討する際、「外車は壊れやすい」とよく耳にすると思いますが実際はどうなのでしょうか。
全ての外車が故障しやすいという訳ではありませんが、基本的に外車は製造国の気候・道路事情等に合わせて製造されている為、本国以外での使用は故障が発生しやすいという可能性は十分あります。

以下ではジープ(JEEP)のよくある故障箇所と、修理費の目安について代表的な例を3つご紹介します。カッコ内は特に該当するモデルを記載しています。

1.エアコンコンプレッサーの故障(ラングラー、コンパス)

エアコンコンプレッサーが故障した場合、エアコンが付かなくなる、エアコンを付けた際に異音がするなどの症状が見られます。
当サイトで独自に調査した結果、エアコンコンプレッサーの修理費はおよそ10万円〜30万円ほどでした。

2.雨漏り(ラングラー、チェロキー)

こちらもジープ(JEEP)ではよくある故障(不良)事例です。特に屋根が開閉できるモデルは雨漏りが起きやすいようです。
当サイトで独自に調査した結果、雨漏りの修理費はおよそ10万円〜ほどでした。

3.オルタネーター(発電機)の故障(コンパス)

車のバッテリーに電気を供給するという重要な役割を持つオルタネーター。経年劣化などによる故障は避けられないでしょう。
当サイトで独自に調査した結果、オルタネーター(発電機)の修理費はおよそ5万円〜10万円ほどでした。

ジープ(JEEP)の車検はどこで受けるのが正解?

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説
みなさんはジープ(JEEP)の車検はどこで受けていますか?または、どこで受けるのが正しいと考えているでしょうか?

車検はそのブランドのディーラーに任せるべきだ!という方も多いですが、実はディーラー以外の民間整備業者でも車検可能です。以下では「ディーラー車検」「ガソリンスタンド車検」「カー用品店での車検」のそれぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめました。

ディーラー車検のメリット・デメリット

ディーラー車検はいつでも高品質な車検サービスが受けられる点に加え、専属のサービスエンジニアによる点検、純正部品を使ったパーツ交換等の車を安全・安心に乗るための車検に特化しています。

・質の高い整備が保証されている
・純正部品での交換なので安心
・メーカー車の知識が豊富な整備士による点検
・メーカー保証、アフターサポートが充実している
・車検費用が高くなってしまう傾向がある
・車検にかかる時間が(他業者と比較すると)長い

ディーラー車検のメリットの一番のメリットは、整備の質の高さが挙げられるでしょう。車検用の整備はもちろん、その後も安心で快適なカーライフを送る為の「予備整備」を実施することが多いほか、交換部品が必要な際は確実に純正品が使えます。またメーカー保証が使えるのも大きなメリットと言えます。

一方でデメリットとしては、費用が高くなる傾向にあります。また、車検にかかる日数も預けてから1週間前後かかる事が多いので、車検スピードを重視する方には向かないかもしれません。

ガソリンスタンド車検のメリット・デメリット

ガソリンスタンドでの車検は、ディーラー車検と比べると車検費用が安く済む点が一番の特徴です。リビルドパーツの使用や、最低限の整備、キャンペーン開催などで費用を大幅に抑えることが可能です。

・整備工程が複数の整備士で分担されているため、効率的でスピーディー
・給油や洗車クーポンなどの付帯特典が多い
・必要最低限の車検を受けられるため、とにかく費用を安く抑えられる
・代車が借りられないケースもある
・店舗によって整備やサービスの質にばらつきがある

近年では設備面の充実や専門スタッフの配備などによりガソリンスタンドで車検を行う人も増えてきました。

その大きな要因の一つが料金相場が安いという点です。実際に一般的な修理工場と比較すると1万円程度、ディーラーとは2万円以上の違いが出る場合もあります。また通い慣れた場所で車検を行えることも選ばれる理由になっています。

デメリットとしては整備士の能力がわからないということです。あくまで給油がメインの業者なので、車検経験が浅かったり、知識が少なかったりする場合もあります。近所だし費用が安いから、という理由だけで選ぶと整備面で納得が出来ない場合もあるので口コミなどで評判を確かめる事が必要かもしれません。

カー用品店での車検のメリット・デメリット

カー用品店での車検は、ガソリンスタンド車検と同様に車検費用が比較的安く抑えることができる点や、幅広い車種に対応できる部品の豊富さが特徴です。
全国各地に店舗があるのも利用しやすいポイントですね。

・店舗数が多く利用しやすい
・タイヤなどの消耗品がお得に利用できる
・店舗によってTポイントや楽天ポイントなどが付与される場合もある
・店舗によってコースやサービスに差がある
・土日対応が出来ない場合がある

オートバックスやイエローハットなどTVCMでもお馴染みのカー用品店でも車検を行うことが出来ます。

こちらの良い点はオイル、タイヤ、ワイパー、バッテリーなどのいわゆる消耗品を安く購入出来るところです。他にも車検スピード自体が早かったり、会員サービスなどが充実していたりするところもメリットと言えます。デメリットとしては整備士の技術、設備などの理由で重整備に対応出来ないケースがあることが挙げられます。

店舗の規模に差があるので、そういった面の下調べが必要になります。

結局どこで車検を受けるのが正解なの?

結論としては、ディーラー、民間整備業者(ガソリンスタンド、カー用品店など)のどこで車検を受けても問題ありませんが、迷っている方は楽天Car車検を利用することをお勧めします!

楽天Car車検では複数の車検業者をまとめて比較検討することができるので、「安く」「高品質」な車検業者探しが簡単に行えます。ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

\ 車検業者をまとめて比較◎ /
楽天Car車検はこちら

ジープ(JEEP)の車検費用が業者ごとに違う理由は?

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説
先述したように「法定費用」は国によって定められていますが、「車検基本料」は業者によって大きく異なります。

ジープ(JEEP)のディーラー車検の場合、交換パーツにより車検費用が高くなる傾向があります。純正の最新技術パーツを本国アメリカから取り寄せする必要があると、それにより輸入費等がかさんでしまいます。

ディーラー以外の車検業者に依頼した場合は、リビルド品や中古品などで代用できるパーツがあれば、それだけ整備費用は抑えることができますね。

また車の状態や整備箇所、メンテナンス箇所によっても料金は変わってきますし、時期によってキャンペーンや割引などがある事も費用に差が出る要因の一つです。費用に差が出るということは当然その内容も業者によって様々なので安い方が良い!とは一概に言えません。

費用、そして整備内容やサービス面もしっかりとチェックした上で車検業者を決める事が納得のいく車検を受けるのに必要なことと言えます。

ジープ(JEEP)の車検費用を安く抑えるためのポイント5選!

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説

ジープ(JEEP)の車検費用を安く抑えるためには、次の5つのポイントに注意してみましょう。

  1. 新車購入時のメーカー保証への加入
  2. 複数の車検業者から見積もりを取り比較検討する
  3. 不要なパーツ交換・整備はしないよう気を付ける
  4. 民間の整備業者に依頼する
  5. 定期的なメンテナンスを欠かさず行う

1.新車購入時のメーカー保証への加入

ジープ(JEEP)では主に、新車購入時等に加入できる4つのメンテナンスサポートプランが用意されています。こちらのプランに加入しておくことで、車検費用が抑えられる場合もあります。

Warranty for you/24h for you

ジープ(JEEP)の全ての新車に付帯している修理保証プログラムとロードサービス。新車登録から3年間または60,000kmまで保証され、純正部品が故障した場合は無償で修理可能。(条件あり)

Warranty for you Plus

上記の「Warranty for you/24h for you」が3年で終了した後、正規ディーラーでのメンテナンスを引き続き受けることができます。(1年または2年ごとの有料更新)

Maintenance for you

ジープ(JEEP)正規ディーラーでのメンテナンスプログラム。1年目、2年目の法定点検実施と定期交換部品を無償にて行います。

Maintenance for you Plus

上記の「Maintenance for you」が3年で終了した後、正規ディーラーでのメンテナンスを引き続き受けることができます。(有料更新)

参考:Jeep – SERVICE PROGRAMS

2.複数の車検業者から見積もりを取り比較検討する

車検業者による料金の違いについてある程度ご理解いただけたかと思いますが、少しでも安く費用を抑えたい場合は必ず一社で決めずに複数の業者から見積もりを取ってください。

最初に依頼した業者の見積もりが高いと感じた場合はもちろんですが、安いと感じた場合でも、他で見積もりを取ることでさらに安くなったりするケースはよくあります。

なるべく車検満了日の1ヶ月前には段取りを始めることをおすすめしますが、「複数の業者から見積もりを取るのは面倒くさい!」と考える方もいるでしょう。
そんな方は「楽天Car車検」を利用することをおすすめします。

こちらでは全国5,000以上の車検業者の料金を地域や条件で絞って検索することができます。ご自身のお住まいの地域の郵便番号を入れてヒットした付近の業者の中から、安いと感じた業者にまずはネットで見積もりを依頼し、それに納得出来たら実際に店舗に持ち込みましょう。

自宅にいながら、又は仕事などの隙間時間に最適な車検業者を見つけることができるので非常におすすめです。

\ 無料見積もりだけでも楽天ポイントGET♪ /
楽天Car車検はこちら

3.不要なパーツ交換・整備はしないよう気を付ける

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説

ディーラー車検は高品質が売りなので、できるだけ丁寧かつ細かい整備を勧めてくるケースが多く、場合によっては最初から見積もりに必要以上の整備が盛り込まれていることがあります。

車に詳しい方なら、見積もりの際に必要のない整備を断るということが可能ですが、知識があまりない人は何が必要で何がいらない整備なのか、という判断が難しいでしょう。

民間整備業者の場合は、必要最低限の整備や安価な代替品の部品を使用してくれる可能性もあります。見積もりは、ディーラーと民間整備業者どちらもしておくことで無駄を省いた整備を依頼できるでしょう。

4.民間の整備業者に依頼する

前述したように、ジープ(JEEP)の車検はディーラーだけでなく、民間整備業者でも対応可能です。
ディーラー車検、民間整備業者それぞれにメリット・デメリットがありますが、費用を安く抑えたい場合は民間車検業者に任せる方が比較的安く済む傾向があります。

ガソリンスタンド車検・カー用品店、車検専門業者など選択肢も多くあるので、自分の納得のいく車検を受けることができるでしょう。

5.定期的なメンテナンスを欠かさず行う

費用が安く信頼出来る業者を見つけることが出来ても、肝心の車の状態が悪ければ当然整備箇所や部品交換などが増え、結果的に高額になってしまう可能性があります。

車検を安く、お得に受けたいのであれば、業者選びと同様に日頃からの手入れやメンテナンスもとても重要です。

気になる箇所があれば車検時期でなくても点検・整備などをし、良い状態を保てば実際の車検実施時も必要最低限で済むので費用を抑えることに繋がります。

ジープ(JEEP)の車検を受ける際の流れを簡単に解説!

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説
ジープ(JEEP)の車検の流れと必要な書類について、簡単に解説していきます。
詳細は参考記事をチェックしてみてくださいね。

ジープ(JEEP)の車検を受けるタイミングは何年ごと?

ジープ(JEEP)は自家用乗用車なので、新車登録から最初の車検までは3年間、それ以降は2年ごとに検査を受けることになります。

ジープ(JEEP)を中古で購入した場合は、「車検の有効期間が残っている」「車検が切れている」「車検が丸々2年残っている」という3パターンあるので、その場合は車検証などで確認しておきましょう。

ジープ(JEEP)の車検の流れ

  1. 複数の車検業者で見積もり
  2. 自分に最適な車検業者を選び、車検予約
  3. 車検に必要なものを準備
  4. 入庫・車検
  5. 引き取り

 

1.複数の車検業者で見積もり

車検を行うにあたって、自分の希望に合った業者を探すには、複数の業者で見積もりを行い、どの業者が一番適しているのかをチェックする必要があります。

楽天Car車検なら、複数の車検業者の費用相場比較や見積もり予約がwebで簡単にできます。ぜひ一度チェックしてみてください。

\ 家にいながら簡単web見積もり♪ /
楽天Car車検はこちら

2.自分に最適な車検業者を選び、車検予約

複数の車検業者で見積もりを受けた後は、見積もりの比較を行いどの業者が自分のニーズと合致しているかを確認し、実際に車検を受ける業者を決定します。
「車検費用が安い」「数時間で車検が終わる」「高品質な車検が受けられる」などの自分にあった車検の特徴を確認しましょう。

3.車検に必要なものを準備

車検に必要な以下の持ち物がちゃんと揃っているかの事前確認をしましょう。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書/軽自動車税納税証明書
  • 身分証明書

車検日ギリギリに確認を行うと、必要な持ち物が紛失していた場合に再発行等に時間がかかってしまうケースがあります。時間に余裕を持って準備を始めましょう。

書類を紛失してしまったら

車検証を紛失・破損した場合は再発行が必要です。

普通車は運輸支局へ、軽自動車は軽自動車検査協会へ問い合わせを行い現地で再発行手続きを行ってください。手続きの際は身分証明書が必要となり、申請書・再発行理由書の記入を行います。(再発行手数料約300円)

自賠責保険証明書を紛失・破損した場合再発行が必要です。

再発行するには自賠責保険を支払った保険会社への再発行手続きが必要になります。(身分証明書要必要)

納税証を紛失してしまった場合は・・・

納税証明書の場合ですが、近年自動車税がネット決済等にも対応しているためそもそも証明書(領収書のお客様控え)が手元に無いケースが多いです。

間違いなく自動車税を支払っている場合は、車検を受ける際に業者に問い合わせることで納税証明書の提示が不要になる場合がほとんどなので事前に確認することをおすすめします。
自動車税が未納の場合は、当然車検が通らなくなってしまうので注意してください。

4.入庫・車検

車検日当日になったら車検業者に車を持ち込みます。
この際に、自分の車について確認したいこと、気になることを伝えて車検のついでにチェックしてもらいましょう。

5.引き取り

車検が終わったら費用を支払い車を車を引き取ります。車検にかかる時間は業者によって異なり、早い業者だと数時間で終了します。整備工場が隣接していない業者や、交換パーツの取り寄せがあった場合は、数日間かかってしまう事がありますので要注意です。

まとめ

ジープ(JEEP)の車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説
今回はジープ(JEEP)の車検費用について紹介しました。ジープ(JEEP)は高級車である分、車検費用も高額になりやすい車種でもあります。

ディーラーでの車検費用は約10万円〜20万円、車検業者の場合は約6万円〜
・車検業者選びは、複数の車検業者を比較検討することが大切
・まとめて比較するには楽天Car車検がお勧め!

車検を安くお得に済ませたい方には、車検専門店などの車検業者をお勧めしますが、「ディーラー以外で車検を受けるのはなんだか不安」と思う方もいらっしゃるかもしれません。車検業者はディーラーと同じく国土交通省より指定された車検工場を持っていたり、年間車検実績の多さなど、信頼性も高いです。気になる方は見積もり依頼や口コミを確認することをお勧めします。

楽天Car車検では、複数の車検業者をまとめて比較する事ができるので、自宅近くの車検業者探しにも最適です。また、楽天ポイントが貯まったり、ネット限定の割引特典など、さまざまなサービスが豊富に揃っています。もちろん無料で利用可能ですので、是非一度試してみてください。

\ ポイントでお得に車検を受けよう♪ /
楽天Car車検はこちら

本当に!?車検をやめて「車を高く売る」ほうが得なの?

はい、正解のこともあります!車検前は、車を高く売る最後のチャンスです。

車検費用が高額なら、この機会に車を高く売ることを検討してはどうでしょうか?車検が近い時期は、車を高く売って新車買い替えの軍資金を手にするチャンスです!当然ながら、【車検が切れる前の時期が買取価格は最大になります!】

愛車を少しでも高く売りたいなら、業界大手の【MOTA車買取】がおすすめです!査定費用は無料で、最高買取金額がすぐにチェックできます。入力はたったの30秒!いますぐ愛車の最高査定相場を無料で確認しましょう。
※もちろん、無料一括査定をしても車を必ず売却する義務はありませんのでご安心ください。
※しつこい営業電話なし!交渉は高額査定店だけ!

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”一括車買取査定【MOTA車買取】 ”2度目に選ばれる”一括車買取査定 MOTA車買取はこちら 【徹底比較】車検業者おすすめベスト10!料金相場や費用を抑えるコツも解説!
PR
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
この記事を書いた人
店長

カー用品店の店長を6年務める中で、お客様から車検に関する多くの悩みをいただきました。その経験から、多くの方が車検に対して抱いている「不安や疑問を解決したい」と思い執筆活動を開始。プロだからこそわかる視点で「技術力が高く」「安い」おすすめの車検屋さんや、車検の豆知識やノウハウをお伝えします!

車種で確認
マイナビ車検ガイド
タイトルとURLをコピーしました