車検の仮シール(保安基準適合標章)の期限と罰則はあるのか?徹底解説

車検の仮シール(保安基準適合標章)の期限と罰則はあるのか?徹底解説

今回のテーマは「仮シール(保安基準適合標章)」と「車検」の関係性についてです。

車検を受けた後、「車検証は後日郵送」と告げられることがありますよね?

その場合、車検証が届くまでの間はどうしたら良いのでしょうか?

また、それに関して何か罰則のようなものはあるのでしょうか?

本記事では、仮シール(保安基準適合標章)の期限と罰則はあるのか?という疑問について徹底的に解説していきます!

【徹底比較】車検業者おすすめベスト10!料金相場や費用を抑えるコツも解説!
日本で車を所有していると避けては通れないのが車検。 新車の場合は初回が購入から3年後でそれ以降は2年に一度必要となり、中古車の場合は製造から1年未満の車を除いては2年に一度必ず受けなくてはなりません。 初めて車検を受ける人に...

 

 


車検に関係ある?仮シールの罰則

仮シールを貰ってから数日後に正式な車検証と車検シールが送られてきます。車検証は車のダッシュボードに入れ保管し、車検シールは仮シールと取り替え貼り直して下さい。

尚、張り替えをせずに仮シールの期限を経過したまま公道を走行すると、50万円以下の罰金が科される場合があり、こちらは道路運送車両法109条に当たります。

例:警察に呼び止められ、仮シールが期限切れで正式な車検シールが車に保管された状態で、張り替えをしていなかっただけの場合は必ずしも罰金が科されるとは限りません。

仮シールは正式な本物の車検シールと同じ場所に貼り付けるので、フロントガラスの上部五分の一の範囲内であり、運転者の視界の妨げにならない位置を満たす場所です。

運転者から見てルームミラーの裏側や助手席の上部でフロントガラスの右端が好ましいでしょう。

車検の仮シール(保安基準適合標章)とは

検査表彰を代用する為に存在するのが仮シールで、正式名称を『保安基準適合標章』と言います。

一日車検に出したり、設備工事やディーラーに車検を出した場合に発行されるのが保安基準適合表彰で、数日間はこの仮ステッカーを貼ると車に乗車可能となります。

但しユーザー車検で車をご自身で陸運支局に持ち込み、車検に合格した場合には当日に正式な車検シールと車検証が発行されますが、民間の指定整備工場と呼ばれるディーラーや設備工場に車検をだした場合、常時複数台の車を扱っている為、ある程度の台数をまとめてから行うので、車検証と車検シールが発行されるまで数日かかります。

そこで、正式な車検証と車検シールが出来上がるまでの期間は民間の指定設備工場が発行した仮シールで代用する形となり、これが保安基準適合標章の役割です。

仮シールの期限

指定設備工場では正式な車検証と車検シールを一時的に代用する保安基準標章を発行し、この仮シールを車検が終わった車に貼り付けることで、その日から15日間の猶予期間を得る事ができます。

その15日間で指定設備工場では預かった古い車検証と車検が合格したことを証明する保安基準適合証を陸運支局へ持ち込むと、正式な車検証と車検シールを発行してもらえます。

但し、ディーラーなどで車検を通した場合で、仮シールを貼り付けて猶予期間内の車を使用する際は、指定設備工場が預かっているので車検証は存在しません。
仮シールは車検シールの代用だけでなく、車検証の代用も果たしていますので法的に何の問題もなく公道を走れます。

結論

仮シール(保安基準適合標章)の期限は、発行から15日間。
仮シール発行から15日以上経過し、期限切れなのに車に乗り続けている場合には50万円以下の罰金が科されることがあります。
本物の車検証と車検シールが届いたら速やかに取り替える必要があります

 


まとめ

いかがでしたでしょうか?

本記事では、仮シール(保安基準適合標章)の期限と罰則はあるのかという疑問について解説させていただきました。

車検に向けての準備はもちろん、安全で快適なカーライフを送るために参考にして頂けたらと思います!

そして実際に車検を受ける際は自分にあった最適な業者選びが最も大切です!
楽天Car車検」や「EPARK車検」等を活用し、予算、希望にあったピッタリの車検業者を見つけることをお勧めします!

本当に!?車検をやめて「車を高く売る」ほうが得なの?


はい、正解のこともあります。【車検前は、車を高く売る最後のチャンス】です。

車検費用が高額なら、この機会に車を高く売ることも検討してはどうでしょうか?車検が近い時期は、車を高く売って新車買い替えの軍資金を手にするチャンスです!当然ながら、【車検が切れる前の時期が買取価格は最大になります!】

愛車を少しでも高く売りたいなら、業界最大手の「ガリバー」がおすすめです!
査定費用は無料で、最高買取金額がするにチェックできます。 入力はたったの30秒だけ!いますぐ愛車の最高査定相場を無料で確認しましょう。

※もちろん、無料一括査定をしても車を必ず売却する義務はありませんのでご安心ください。 >> お試し無料買取相場を調べる
この記事を書いた人
店長

カー用品店の店長を6年務める中で、お客様から車検に関する多くの悩みをいただきました。その経験から、多くの方が車検に対して抱いている「不安や疑問を解決したい」と思い執筆活動を開始。プロだからこそわかる視点で「技術力が高く」「安い」おすすめの車検屋さんや、車検の豆知識やノウハウをお伝えします!

車検
マイナビ車検
タイトルとURLをコピーしました