マンション査定におすすめのサイト9選!相場を知って売却依頼しよう

マンション売却

マンションをスムーズに売却するためには、マンションの価値を正確に見極められる不動産会社選びが重要です。その理由は、不動産会社によってそれぞれ得意とする不動産の種類やエリアが異なるためです。

しかし、不動産売買の経験があまりない人にとっては、どの不動産会社に査定を依頼すればよいか判断するのは難しいでしょう。そのような場合に便利なのが、不動産一括査定サイトです。

不動産一括査定サイトとは土地の所在地や面積などの情報を入力するだけで、サイトが提携する全国の不動産会社に対して一括で査定を依頼できる無料サービスです。

本記事では、マンション査定の実績豊富なおすすめの一括査定サイト9社をピックアップし、実際にサービスを利用した人から得たアンケート結果をもとにランキング形式で紹介します。マンション査定で気をつけたいポイントや、どのような不動産会社を選べば良いのかなどわかりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

※紹介するランキングや口コミは不動産一括査定サイト利用者へのアンケート調査を元に編集部にて作成。クラウドワークス、クロスマーケティング調べ(2021/4/9~2021/7/9実施 回答数498人)

不動産一括査定サービス利用者に聞いた!おすすめ総合ランキングTOP3

不動産一括査定サービス利用者に聞いた!カテゴリ別TOP3

≪査定結果の満足度TOP3≫

≪サイトの「使いやすさ」TOP3≫

≪親族・友達におすすめしたいTOP3≫

マンション査定でおすすめサービス9選

次に、先ほどランキングで紹介した査定サイトを含め、それ以外にもマンション査定におすすめの一括査定サービスを9社紹介します。

紹介する9社はいずれもマンション売却に強みを持つ初心者でも安心な一括査定サイトとなっています。どれも無料で使えるサービスのため、いくつかの査定サイトを併用してみるのもおすすめです。

サービス名 イエウール すまいステップ すまいValue HOME4U マンションナビ LIFULL HOME’S おうちダイレクト HowMa IESHIL
サイト
利用者数 1,000万人以上 200万人以上 100万人(推定) 1,400万人以上 500万人以上 736万人以上 500万人(推定) 非公開 150万人
提携社数 1,974社 100社以上 大手6社限定 1,800社以上 2,500店舗 3,227社以上 複数社 30社 複数社
対応エリア 全国(地方にも強い) 全国(地方に弱い) 全国(都心に強い) 全国(地域による) 全国 全国 全国(地域による) 東京・神奈川 一都三県
同時査定依頼数 6社 4社 6社 6社 9社(売買6社+賃貸3社) 10社 制限なし 6社 4社
電話相談 不可 不可 不可 可(オンライン問い合わせ後)
サービスの特徴
  • 地方から都市部まで全エリアに強い
  • 月間利用者数が最大級
  • 対応不動産の種類が豊富
  • 悪徳業者を徹底排除している
  • 基準をパスしたエース級の担当者が査定
  • 他では査定できない最大手6社と提携
  • トラブル時も手厚いサポート
  • NTTグループが運営でセキュリティが強固
  • 土地活用・不動産投資の相談もできる
  • マンション✖️売却に特化
  • AI査定
  • 匿名・買取査定が可能
  • 提携会社の特徴が見やすい
  • 仲介手数料0円のセルフ売却もある
  • AI査定
  • 査定〜売却までオンライン完結
  • AI査定
  • マンション売却に特化した過去データが豊富
  • リアルタイム査定
リンク 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

比較表で見てみても、結局どのサイトが自分に合っているのか迷ってしまうという人は、次のチャート図も参考にしてみてください。

こちらの図では、縦軸に「提携する不動産会社の数」、横軸に「売却の検討度」をおいて、各サービスを分類しています。

縦軸では「たくさんの会社を比較したいのか、候補は少なくていいので厳選された会社を比較したいのか」という視点、横軸では「すぐにでも売却したいのか、それともまだ検討段階か」という視点で見て、自分に合う査定サイトを絞り込んでいきましょう。

さて、自分に合いそうな査定サイトがある程度絞り込めたところで、ここからは各サービスの特徴など具体的に説明していきます。

1位【イエウール】大手〜地域密着型まで強い万能サイト!

  • 利用者数:1,000万人以上
  • 提携会社数:1,974社以上(2020年7月時点)
  • 同時依頼数:6社
  • 対象エリア:全国47都道府県1,803市区町村(2020年7月時点)
  • 対応不動産の種類:戸建て、マンション、土地、投資物件、店舗・工場・倉庫、農地
  • コラム記事:有(「はじめての不動産売却お役立ちメディア『イエウール』」)
  • 公式サイト:「イエウール

イエウールの特徴

イエウールの最大の魅力は提携社数の多さです。大手企業だけでなく全国の地域密着型の中小企業にも守備範囲を広げており、エリアカバー率はトップクラスです。たくさんの企業と連携することで、多様な分野に強い不動産会社と出会うことが可能になります。

そして、手当たり次第に提携しているのではなく、クレームが寄せられるなどの悪徳業者を排除するシステムを導入し、安心して利用できるサイト運用に努めています。気になる不動産会社をピンポイントで検索してアピールポイントを確認したり、関連サイトおうちの語り部で評判や取引事例を確認したりすることもできるため、不動産会社の対応で悩む心配もなくなるでしょう。

マンション査定では、依頼をする前に最新のエリア別の相場や、売却価格の推移も確認できます。今が売り時なのかを簡単に把握でき、売却できそうな価格の当たりもつけられます。利便性と不動産会社の質にこだわるなら、まずはイエウールを活用してみましょう。

イエウールはこんな人におすすめ

  • 業界No.1*の提携社数を誇るサイトで一括査定したい人
  • 不動産会社の実際の評判や売却のコツも知りたい人
  • マンションの売却価格について地域の相場や推移も知りたい人

*2020年7月時点  出典:東京商工リサーチ不動産の一括査定サイトに関するランキング調査

イエウールで無料一括査定

次の記事では、イエウールを実際に利用した人に向けて行ったアンケートをもとに、リアルな口コミやサービスのメリット・デメリットを詳しく紹介しています。イエウールに興味がわいた人は併せてチェックしてみてください。

2位【すまいステップ】不動産会社の質は保証済み!

  • 利用者数:年間200万人以上
  • 提携会社数:100社以上
  • 同時依頼数:最大4社
  • 対象エリア:全国
  • 対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地、ビル、店舗、事務所、倉庫、一棟物件
  • コラム記事:有(「すまいステップ」)
  • 公式サイト:「すまいステップ」

すまいステップの特徴

すまいステップは、2020年4月にサービスが開始された比較的新しい一括査定サイトです。新しいサービスでありながら、運営はイエウールと同じ株式会社Speeeが担っているため、優れたノウハウと実績が備わった一括査定サイトとして人気と信頼を得ています。さらに、日本最大級のマンション仲介サービスである「マンションマーケット」とも業務提携し、マンション売却のカテゴリも強化されています。

イエウールとの違いとしては、提携不動産会社の数ではなく質で勝負をしている点。厳選した優良不動産会社に限っての査定依頼で、徹底的に悪徳業者を排除し、より安心して利用できるサービスを提供しています。

また、すまいステップを利用して査定依頼をすると、各不動産仲介会社の「宅地建物取引士の資格保有者」「売買仲介営業経験が5年以上」「累計100件以上の売買仲介実績」のいずれかに該当するエース級担当者に出会えるため、不動産売却が初めての人には特におすすめできる査定サイトです。

すまいステップはこんな人におすすめ

  • 厳選された優良不動産会社を探したい人
  • 質の高いコンテンツで不動産知識を高めたい人
  • マンション売却に力を入れているサイトを使いたい人

すまいステップで無料一括査定

次の記事では、すまいステップを実際に利用した人に向けて行ったアンケートをもとに、リアルな口コミやサービスのメリット・デメリットを詳しく紹介しています。すまいステップに興味がわいた人は併せてチェックしてみてください。

すまいステップの評判は?リアルな口コミと特徴・注意点を徹底解説
不動産一括査定サイト「すまいステップ」の評判が気になっている方必見!本記事では、すまいステップの特徴からどのような人におすすめなのか、またそのメリット・デメリットについて解説します。ぜひ参考にして、すまいステップを上手に活用しましょう!

3位【すまいValue】業界最大手の手厚いサポートが魅力!

  • 利用者数:100万人(推定)
  • 提携会社数:大手6社
  • 同時依頼数:6社
  • 対象エリア:全国
  • 対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地
  • コラム記事:有(「すまいValueマガジン」)
  • 公式サイト:「すまいValue

すまいValueの特徴

大手企業から中小企業まで網羅した一括査定が一般的ですが、すまいValueはあえて提携社を絞り、マンション業界でも最大手ともいえる6社に限定したサービスを提供しています。大手不動産会社に売却を依頼するつもりの人や、大手の査定額を比較したい人におすすめです。提携している不動産会社は次の通りです。

  • 野村の仲介+
  • 三菱地所ハウスネット
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 三井のリハウス
  • 小田急不動産

蓄積されたノウハウによって、マンション査定の精度が高くなっています。

大手の魅力としては、通常売却以外にも豊富な売却プランの用意があることや、独自のサービスやトラブル対応・無料相談などのサポート体制が充実していることなどが挙げられます。業界で広く名の知れた6社では、すでに広範囲に顧客を抱えているため、他社よりも早期売却が期待できるでしょう。

さらに、エリアごとに売り出し中の物件の価格や、直近10年のマンションの価格推移もチェックすることができ、売却するか検討段階の人にも大変有用です。

すまいValueはこんな人におすすめ

  • マンション業界トップクラスの大手企業に査定を依頼したい人
  • プランが充実している会社で売却したい人
  • トラブルや悩み相談の対応に不安がある人

すまいValueで無料一括査定

次の記事では、すまいValueを実際に利用した人に向けて行ったアンケートをもとに、リアルな口コミやサービスのメリット・デメリットを詳しく紹介しています。すまいValueに興味がわいた人は併せてチェックしてみてください。

すまいValueの評判は?実際の口コミからメリット・デメリットを解説
数ある不動産一括査定サイトのなかでも、すまいValueは査定依頼先を大手不動産会社6社に限定した珍しいサイトです。本記事では、実際の利用者の評判から見たすまいValueを利用するメリット・デメリットの他、サービスの特徴を解説しています。

【HOME4U】NTTグループ運営の高セキュリティで安心査定!

  • 利用者数:年間1,400万人以上
  • 提携会社数:1,800社(2021年6月時点)
  • 同時依頼数:6社
  • 対象エリア:全国
  • 対応不動産の種類:マンション(室・棟)、戸建て、土地、ビル(室・棟)、店舗、事務所、倉庫
  • コラム記事:有(「お家のいろは」「HOME4Uオーナーズ」など)
  • 公式サイト:「HOME4U」

HOME4Uの特徴

HOME4Uは日本初の一括査定サイトです。2001年のサービス開始以来、提携不動産会社とともに確かな実績を積んできました。創業20周年を迎える今日、売却査定数は累計45万件以上にも及びます。

1,800社の厳選された優良不動産会社の中から、査定する物件に適した不動産会社をピックアップして紹介してくれるため、条件に合う不動産会社をスムーズに見つけられる仕組みです。また、HOME4Uの中古住宅販売のサイトと連携し、売り出されている物件の相場をマンションのブランドごとに調べられます。相場の把握とともに、住み替え先の価格調査までまとめてできる点も非常に有用です。

大手NTTデータグループが運営する国内最高級のセキュリティシステムを導入しており、徹底した個人情報保護に努めています。また、オンラインだけではなく電話サポートや不動産投資などに関するコラムも充実しており、初心者でも安心して利用できるのに加え、不動産情報を取り入れるには申し分ない不動産総合情報サイトです。

HOME4Uはこんな人におすすめ

  • 実績・安全性・サポート体制が徹底しているサイトを使いたい人
  • 不動産投資も検討したい人
  • マンションの住み替えを検討している人

HOME4Uで無料一括査定

次の記事では、HOME4Uを実際に利用した人に向けて行ったアンケートをもとに、リアルな口コミやサービスのメリット・デメリットを詳しく紹介しています。HOME4Uに興味がわいた人は併せてチェックしてみてください。

HOME4Uの評判は?口コミから見たメリットやデメリットを解説!
HOME4Uは日本で初めて一括査定サービスを開始した人気サイトです。本記事ではHOME4Uのメリットだけでなくデメリットについてもご説明します。HOME4Uってどんなサービス?本当に信用できる?とお悩みの方はぜひ本記事をお役立てください!

【マンションナビ】マンション特化の選べる査定サービス!

  • 利用者数:500万人
  • 提携会社数:2,500店舗以上
  • 同時依頼数:9社(売買6社+賃貸3社)
  • 対象エリア:全国
  • 対応不動産の種類:マンション
  • コラム記事:有(「マンションナビマガジン」)
  • 匿名査定:一部エリアのみ利用可能(匿名査定はこちら
  • 公式サイト:「マンションナビ」

マンションナビの特徴

マンションナビは、その名からもわかるようにマンションの売買に特化した査定サイトです。マンションの売却に強い2,500もの事業所と提携しているため、所有するマンションをより高額で売却できる不動産会社に出会える可能性が高まります。

また、マンション名を入力するだけで相場価格や過去の売買実績が確認できるAI査定も無料で受けることができ、売却前の情報集めとして利用するのも手です。AI査定の査定基準にもなっている価格の推移や過去の取引データは、無料で閲覧することができるためぜひ活用しましょう。

売買の業者6社による査定に加えて、マンション投資を得意とする不動産会社3社を選んで賃料査定を受けることも可能で、マンションの賃貸経営も視野に入れた取引を検討できます。

マンションナビはこんな人におすすめ

  • マンションの売却に特化したサイトを利用したい人
  • AI査定でリアルタイムに相場を知りたい人
  • 賃貸物件として資産運用も考えている人

マンションナビで無料一括査定

次の記事では、マンションナビを実際に利用した人に向けて行ったアンケートをもとに、リアルな口コミやサービスのメリット・デメリットを詳しく紹介しています。マンションナビに興味がわいた人は併せてチェックしてみてください。

マンションナビの評判は?口コミから査定のメリット・デメリット解説
マンション売却時には、マンションに特化した一括査定サイトがおすすめです。 マンションナビはAI査定を利用できることから多くのユーザーに選ばれています。本記事ではマンションナビの評判からわかったサービスのメリットデメリットを紹介しています。

【LIFULL HOME’S】国内最大級の知名度と提携社数!

  • 利用者数:736万人
  • 提携会社数:3,227社
  • 同時依頼数:10社
  • 対象エリア:全国
  • 対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地
  • コラム記事:有(「住まいのお役立ち情報」)
  • 匿名査定:利用可能
  • 公式サイト:「LIFULL HOME’S」

LIFULL HOME’Sの特徴

全国3,000社以上もの会社との提携がある中、LIFULL HOME’Sは情報の不備があった不動産会社に対してペナルティを課すなど、創業20年以上のノウハウを活かした統制の取れた管理をおこなっています。

一般的な一括査定サイトでは、物件の情報を入力すると査定依頼可能な不動産会社がリストアップされ、その中から選びます。LIFULL HOME’Sでは、不動産会社の特徴が詳細に解説されており、マンション売却に特化した会社をさらに厳選することが可能です。そして同時に査定ができる数も最大10社と、他社サイトよりも多く依頼ができて複数の結果を比較できるところも嬉しい点です。

ままた、匿名査定ができる点もLIFULL HOME’Sの大きな特徴です。よく見られるAIを利用したデータベースで行う簡易的な匿名査定ではなく、個人情報を伏せたまま不動産会社に査定を依頼することができるため、匿名でもより精度の高い査定結果が期待できます。

LIFULL HOME’Sはこんな人におすすめ

  • できるだけ多数の会社を比較したい人
  • マンション売却に特化した会社を探したい人
  • クオリティの高い匿名査定を利用したい人

LIFULL HOME’Sで無料一括査定

次の記事では、LIFULL HOME’Sを実際に利用した人に向けて行ったアンケートをもとに、リアルな口コミやサービスのメリット・デメリットを詳しく紹介しています。LIFULL HOME’Sに興味がわいた人は併せてチェックしてみてください。

LIFULL HOME’Sの評判は?リアルな口コミから徹底解説
LIFULL HOME’Sは、不動産売却の一括査定から住まい探しまで、不動産に関するあらゆる情報が閲覧できる不動産総合情報サイトです。本記事では、LIFULL HOME’Sの口コミから分析したリアルなメリット・デメリットを紹介します。

【おうちダイレクト】ITとネットワークを駆使した緻密な売却力!

  • 利用者数:500万人(推定)
  • 提携会社数:複数社
  • 同時依頼数:上限なし
  • 対象エリア:全国
  • 対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地、一棟マンション・アパート、その他建物
  • 公式サイト:「おうちダイレクト」

おうちダイレクトの特徴

おうちダイレクトは、ヤフーとソニーグループの大手2社がタッグを組んで運営する不動産サービスサイトです。そのネットワークの広さを生かし、売却契約締結後も不動産会社とは別で売却活動やサポートをしてくれる点は大きな強みでしょう。

また、おうちダイレクトでは不動産会社を介さない個人間の売買を推進しています。独自の売買システムで個人が売り出すことを容易にし、仲介手数料無料を実現しました。個人売買が不安という人でも、契約や交渉といった業務はコーディネーターが担うため安心です。さらに、個人間の売買だけでなく、一棟マンションや一棟ビル、アパートといった、一括査定サイトでは珍しい一棟建物の売却も取り扱っています。

エリアは限られますが、不動産の推定価格を常に把握できるAI診断もあり、タイミングを見てじっくり売却計画を立てたい人にも好評です。

おうちダイレクトはこんな人におすすめ

  • 一都三県に売却物件がある人
  • 個人間での売買も視野に入れて仲介手数料を節約したい人
  • 価格推移を定期的にチェックしてじっくり計画して売却したい人

\今なら売出し開始でamazonギフト券3万円分もらえる/
おうちダイレクトで無料一括査定

次の記事では、おうちダイレクトを実際に利用した人に向けて行ったアンケートをもとに、リアルな口コミやサービスのメリット・デメリットを詳しく紹介しています。おうちダイレクトに興味がわいた人は併せてチェックしてみてください。

おうちダイレクトの評判は?口コミから失敗しないための注意点を解説
おうちダイレクトは仲介手数料が無料で、複数の不動産会社の査定額を比較できるサービスです。この記事では、おうちダイレクトのサービス内容だけでなく、口コミからわかるメリット・デメリットや利用方法、不動産売却を成功させるコツなどを紹介します。

【HowMa】日本初オンラインで査定~売却まで完結できるサイト!

  • 提携会社数:30社
  • 同時依頼数:6社
  • 対象エリア:AI査定は全国、オンライン売却は東京23区・神奈川県
  • 対応不動産の種類:マンション、戸建て
  • コラム記事:有(「HowMaマガジン」)
  • AI査定:利用可能
  • 公式サイト:「HowMa」

HowMaの特徴

HowMaのサービスはAI査定とオンライン売却の2種類です。2つの特徴をそれぞれ見ていきましょう。

AI査定

AI査定はHowMaのトップページから物件情報を入力することですばやく最新の価格を算出できます。3,900万件以上の査定実績データを参考に、全国のマンションの相場をリアルタイムで算出することができます。時間をかけずに相場を知りたい人や、売却するかどうか検討段階の人におすすめの査定方法です。

オンライン売却

オンライン売却は、HowMaのスタッフが物件を確認し、提携している不動産会社の中から最大6社に査定額を提示してもらい、そのまま複数の会社と一般媒介契約(※1)を結び、売却にのぞみます。申込だけでなく、物件の確認や不動産会社との契約もオンラインでおこなわれるため、対面営業に不安がある人、訪問査定の時間が取れない人などにおすすめです。

また、通常では必須の個人情報の入力が不要で、HowMaのサイト経由で査定結果が届くため、不動産会社からしつこく営業を受ける心配もありません。

※1)不動産会社に売却の仲介業務を依頼する契約(媒介契約)のうち、複数の不動産会社と並行して契約することができるもののこと。

HowMaはこんな人におすすめ

  • リアルタイムで相場を知りたい人
  • 訪問査定や対面営業に苦手意識がある人
  • 不動産会社の営業を受けたくない人
  • 利用者数:150万人
  • 同時依頼数:4社
  • 対象エリア:一都三県
  • 対応不動産の種類:マンション
  • コラム記事:有(「IESHILコラム」)
  • 匿名査定:利用可能
  • 公式サイト:「IESHIL」

IESHILの特徴

IESHILは、保有する約9,000万件の物件データに基づき、所有するマンションの売却相場価格を瞬時に提示してくれるのが特徴です。一般的な匿名査定では、マンション名でおおよその価格を算出することも多いですが、IESHILでは部屋ごとの売却参考価格を提示してくれます。

提示された相場価格を確認し、本格的に売却を検討したい人は、不動産の専門家に売却を相談できます。不動産仲介経験10年以上のベテランアドバイザーが、どこの不動産会社が物件に適しているか中立な立場からアドバイスをしてくれ、厳選されたおすすめの業者を最大4社まで紹介してもらえます。

IESHILはこんな人におすすめ

  • 即時に最新の売却相場が知りたい人
  • 売却の参考になるより正確なデータが欲しい人
  • 中立な立場からのアドバイスが欲しい人

IESHILで無料一括査定

一括査定サイトの上手な選び方

fudousan4334

この記事では9社のサービスを紹介しましたが、実際のところ一括査定サイトはそれ以外にもたくさんもあります。数ある一括査定サイトから使い勝手のよいものを選びたい人は、次の3つを基準にしてください。

  • 対応エリア・提携社数
  • 同時に査定依頼ができる数
  • サイトの充実度

対応エリア・提携社数

一括査定を依頼するサイトを選ぶ際は、全国対応で登録不動産会社が多いサービスをおすすめします。なぜなら、提携社の数が多いほど、利用したい地域でも査定候補が増える可能性があるからです。全国対応で1,000社以上登録されているサイトであれば、より利用しやすさを実感できるでしょう。

また、あらゆる不動産会社が常に不動産の仲介を行っているわけではないため、時期によって利用できる会社の数も変わります。数に変動があっても査定の選択肢が減らないように、ある程度提携数が多いサイトを選んだ方が良いでしょう。

同時に査定依頼ができる数

一度にどれほどの数の不動産会社にマンション査定の依頼ができるかも、チェックポイントです。なぜなら、件数が多いほど、無駄な依頼の手間が省けるからです。会社ごとの査定価格を素早く比較でき、売却先の決定にも大いに役立つでしょう。

一括査定サイトの中には、10件以上に一括査定を依頼できるところもあります。自分に合ったサイトを見つけるためには、事前に情報収集しておくことをおすすめします。

サイトの充実度

マンションの査定は売却するまでの第一歩に過ぎず、実際に売却が完了するまでにはやるべきことがたくさんあります。しかし売却初心者にとっては慣れない手続きばかりのため、しっかり準備をしておくことが大切です。

マンション売却の知識を学ぶには、初心者向けのコンテンツが充実した一括査サイトを利用するのがおすすめです。専門的な用語ばかりの難解なサイトでは、査定の後にやるべきこともすぐにわからず、売却まで余計な時間がかかってしまうでしょう。

以上の基準を考慮したうえで万能なのが、1位で紹介したイエウールなのです。査定サイト選びで迷った人は、まずはイエウールから試してみると良いでしょう。

■イエウールがおすすめな理由
  • 月間ユーザー数No.1で安心(2020年7月時点)
  • 提携している不動産会社の数も業界No.1(2020年7月時点)
  • 全国エリアをカバーしているので地方の不動産も売却しやすい
  • 田んぼや畑など農地の売却にも対応している
  • 悪徳業者が排除される仕組みがあるので安心して利用できる

※2020年7月「不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」より(株)東京商工リサーチ調べ

\全国カバー率No1のサービスで査定依頼/
イエウールで一括査定する

マンション査定で一括査定サイトがおすすめな理由

そもそもマンション査定を行う場合に、なぜ不動産一括査定サイトを使ったほうがよいのでしょうか。ここでは、一括査定サイトの利用をおすすめする次の3つのメリットを解説していきます。

  • 無料で査定依頼ができる
  • 不動産会社探しの手間が省ける
  • 時間に縛られずに査定依頼できる

一括査定サイトについて理解を深めたい人や、査定依頼をスムーズに進めたい人などは参考にしてください。

無料で査定依頼ができる

勘違いされがちですが、一括査定サイトは不動産会社ではありません。あくまでも情報提供サービスとして、多数の不動産会社と提携し、売却を検討する利用者におすすめの不動産会社を紹介しています。ユーザーはこのサービスをすべて無料で利用することができ、不動産会社の訪問を受ける際も基本的にお金を請求されることはありません。

なぜこれだけのサービスを無料で利用できるのかというと、提携している不動産会社から登録料や送客報酬を得てサイトを運営しているからです。売却目的の査定は、不動産会社にとっては営業の一環であるため無料で行ってくれることが通常のため、不動産会社の収益となるのは売買成立後に発生する仲介手数料が主となります。

なお、売却目的ではなく相続や財産分与などの証拠として法的効力を持つ資料が必要な際に利用される査定方法もありますが、こちらは不動産会社ではなく鑑定士に報酬を支払って依頼する有料査定となります。一般的なマンション売却ならば不動産会社へ依頼する無料査定で問題ありません。

無料査定・有料査定の違いを簡単にまとめましたのでご参考ください。

無料査定
  • 不動産会社による査定
  • 営業的なアプローチの可能性大
  • 売却価格は査定価格よりも低めの傾向
有料査定
  • 不動産鑑定士による査定
  • 証拠資料として使用できる
  • 売却価格は査定価格よりも高い可能性あり

さらに詳しく違いを確認したい人は、こちらの記事をご覧ください。

不動産見積もりとは?無料・有料査定の違いや相場を調べる方法を解説
初めて不動産の見積もりの依頼を行う際は、分からない点も多く戸惑うことでしょう。今回の記事では、不動産の見積もりを依頼する具体的な方法や依頼の際に押さえるべきポイント、査定してもらった金額に関して気をつけるべき注意点などを紹介していきます。

不動産会社探しの手間が省ける

一括査定サイトは、複数の不動産会社に一括で査定依頼が出せることを特徴としています。

不動産売却の経験がない人にとって、数ある不動産会社の中から、条件に合う会社を選び出すのは至難の技です。

多くの一括査定サイトでは、ユーザーが入力した希望条件に合わせて、自動で不動産会社をリストアップしてくれるマッチング機能を導入しています。これにより査定依頼を出す不動産会社探しの手間が省けるため、家事や仕事が忙しくなかなか不動産会社へ出向く暇がないという人はもちろん、すでに何軒も回ってきたが結局どこがいいのかわからなくなってしまったという人にも、おすすめのサービスなのです。

優良な不動産会社を見つけるポイント

自分に適した優良不動産会社を見つけたい人は、以下の表も参考にしてください。

優良不動産会社の見つけ方 詳細
免許番号を確認して信頼度をチェック
  • 国土交通大臣や都道府県知事から受ける免許には、「()第○号」という番号があり、カッコ内の数字が免許の更新回数
  • 免許は5年ごとの更新で、更新回数が多いほど長く営業しているため、信頼できる会社だと判断可能
会社のネガティブな情報を事前に確認
  • 不動産事業で法律を守っていないと行政処分を受ける
  • 国土交通省の「ネガティブ情報等検索システム」から行政処分を受けたかどうかチェック可能
売主の要望を聞いてくれるのか
  • 売主の要望を無視して、売却プランを押し付けようとする会社は避けたほうがよい
  • 売主の希望条件をヒアリングし、最大限叶えてくれるプランを提示したり、売却のサポートをしてくれたりする会社がおすすめ

売却に失敗しないためにも、不動産会社を選ぶ際は、時間をかけるようにしましょう。

不動産会社選びのコツについて詳しく知りたい人にはこちらの記事がおすすめです。

不動産売却はどこがいい?大手、中小、特化型のメリデメを比べよう!
不動産会社はたくさん存在し、それぞれ得意分野があります。この記事では、不動産会社探しのポイントを数分でわかるよう解説します。さらに、大手・中小・特化型の3種類の不動産会社のそれぞれのメリット・デメリット、経験者の体験談なども紹介します。

時間に縛られずに査定依頼できる

一括査定サイトならば、インターネットを接続できる環境であれば24時間いつでも査定申し込みができます

不動産会社で直接査定の依頼をする場合は、店舗の営業時間内に出向き、書類に物件情報を記載したり担当者と挨拶したりといった査定以外の工程も増え、マンションの価値が知りたいだけでも対応した担当者からしつこく営業をかけられる恐れもあります。

しかし、一括査定であれば、スキマ時間や残業で遅くなった夜でも査定依頼を出せ、担当者と余計な話をする必要もありません。査定に必要な情報は数分もあれば入力できるでしょう。部屋の広さなどは大まかな数字でも進めることができるので、自分のタイミング・状況に合わせて査定依頼が可能となります。

マンション売却で査定をした方がよい理由

マンションを売却する場合、査定を受けなくても自身で価格を決めて売り出すことは可能です。しかし、売却を成功させるためには、適正な売り出し価格の設定が欠かせません。ここからは改めて、査定をしてもらう必要性を再確認しておきましょう。

マンションの相場を把握するため

マンションを適当な価格で売り出すことは、デメリットしかありません。相場より高いといつまでも売却できず、相場より低いと損をするだけです。

相場はマンション査定を複数の不動産会社で受け、結果を比較することで把握できます。不動産会社によって査定結果に違いがあるため、1社だけでは判断しないことが重要です。

不動産会社を厳選するため

マンションの売却は、不動産会社の仲介で行うのが一般的です。しかしその仲介先を適当に選んでしまうのは大変危険です。また、売却期間は少なくとも3ヶ月以上かかるケースが多く、その期間パートナーとなる営業担当者の対応力や相性もチェックしておかなければ納得のいく売却はできません。

そこで役に立つのが複数のマンションの査定結果です。相場に近い価格で、査定結果の根拠を十分に説明できる不動産会社かどうかを見極めることができます。他社と比べて極端に高い値をつけたり、良い条件ばかりを提示される場合は、仲介契約を取るためだけに売主にとって好都合な話を持ち出している可能性もあるため注意が必要です。

住み替え先の資金繰りのため

住み替えのためマンションの売却を検討している場合は、ローン残債の返済や新しい住居の予算決定など資金繰りをしなくてはなりません。そのためにも、あらかじめ売却予定のマンションがいくらぐらいで売れるのか把握しておく必要があります。

だいたいの売却金額がわかれば、新しいマンションにかけられる費用の準備や一時的な二重ローンの対応もしやすいでしょう。一括査定サイトを活用し、ある程度の売却相場を知ったうえで、無理のないマンション売却を目指しましょう。

ローンが残っているマンションの売却手順はこちらの記事を参考にしてください。

ローン残債ありでも売れる!マンション売却手順や一括返済の方法は?
マンション売却の際には住宅ローンをすべて一括で返済する必要があります。ローン残債の有無で売却方法に違いはあるのでしょうか? 本記事では、マンションを売却する際の住宅ローンの返済をしなくてはならない理由と、売却方法について詳しく解説します。

マンション査定の方法は3通り

fudousan75437

マンションを査定する方法は、主に3通りあります。

  • 情報の入力だけで結果が出る机上査定
  • 査定の精度が高まる訪問査定
  • 個人情報が不要な匿名査定

各査定方法の特徴を知り、スムーズに査定を依頼しましょう。

情報の入力だけで結果が出る机上査定

一般的な査定サイトでの机上査定は、Web上でデータを入力するだけで査定依頼ができる手軽な査定方法です。料金は無料で、査定が数時間~1日と短時間で終わることもメリットです。

また、机上査定の場合、ネット上で申し込む査定のため、基本的に特別な準備は必要ありません。

しかし、机上査定による査定価格はあくまでも参考価格であり、市場価値とは異なる可能性が大きいというデメリットも無視できません。仲介を依頼する不動産会社選びや、売却するかどうかの判断基準としての利用がおすすめです。

査定の精度が高まる訪問査定

訪問査定は、不動産会社の担当者がマンションを実際に見に来て、精度の高い査定結果を出します。実際の売却価格に近い査定額を得ることができるため、売却を本気で考えるなら訪問査定を受けましょう。また、実際に会って査定してもらうため、営業担当者の対応も同時にチェックすることができます。

しかし、訪問査定には立ち会いが必要です。1〜2時間程度ではありますが、売主もスケジュールを確保しなければなりません。訪問査定を多くの不動産会社に依頼すると対応が大変です。まずは机上査定を依頼し、その結果から2〜3社に絞って訪問査定を受けることをおすすめします。

個人情報が不要な匿名査定

個人情報を不動産会社に知られない匿名査定も最近注目を集めています。

通常査定を申し込むと、連絡先を不動産会社に知られ、営業の電話やメールをされる可能性があります。しかし、匿名査定の場合、個人情報の入力が不要なため、不動産会社から直接連絡がくることはありません。

匿名査定であっても査定依頼は無料です。「個人情報を渡すのは不安」「まだ売却するか迷っているので営業を受けたくない」など、気軽に査定依頼を出したい人におすすめです。

情報の入力直後に結果がでるAI査定

匿名査定の中には、情報を入力してすぐに大まかな売却価格の相場が分かるAI査定という査定方法もあります。通常の机上査定と違い、不動産会社の担当者は作業をせず、独自開発されたAIが過去事例や参考データを活用し自動的に査定結果を教えてくれます。

特にマンションは地域とマンション名を入力するだけで価格が算出されるようなサービスも多いため、大変有用です。

一括査定のように他社と比較はできませんが、不動産会社の担当者の主観が入らず、その場で結果が出るのは魅力的です。入力する情報も通常の机上査定と変わらないため、手間はかかりません。

匿名査定について、依頼方法やメリットをさらに詳しく知りたい人は、こちらの記事も参考にしてください。

不動産査定は匿名で依頼できる!注意点やおすすめのサービスを紹介
不動産の査定を受けるための個人情報の入力に、不安を抱いたことはありませんか?匿名の査定サイトならば、営業の電話がかかってくることはありません。利用する手順やおすすめのサイトを紹介しますので、ぜひ参考にして最新の不動産の価値を把握しましょう。

マンションのAI査定について、さらに詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にしてください。

マンションの自動査定・AI査定とは?仕組みやおすすめサイトを紹介
マンションの査定は時間がかかりがちですが、自動査定であればより早く査定額を知ることができます。本記事では自動査定とは何かやメリット・デメリット、おすすめのサイトなどを紹介します。マンションの売却を考えている方はぜひ参考にしてください。

マンション査定時に見られるポイント

査定時のチェックポイントは、査定方法やマンションごとの特徴によって異なります。査定方法ごとに見られるポイントと、査定方法に関わらず査定結果を左右するマンションの特徴を見ていきましょう。

査定方法ごとのチェックポイント

まずは査定時に見られるポイントを一覧にしましたのでご覧ください。

査定方法 チェックポイント
机上査定
  • 築年数
  • 部屋の階数や位置
  • 専有面積
  • 市場の動向
  • 周辺エリアの取引情報
  • 駅からの距離や交通の利便性
  • 不動産相場
訪問査定
  • 築年数
  • 部屋の階数や位置
  • 専有面積
  • 日当たり
  • 風通し・眺望
  • 収納などの使い勝手
  • 水回りの状態
  • 建物・室内の汚れ・傷み具合
  • 駅からの距離や交通の利便性
  • 騒音状況・治安の良さ
  • リフォームや修繕の履歴と状態
  • 道路・駐車スペースの状況
  • 公園、学校、病院、店舗などの施設の有無
匿名査定
  • 築年数
  • 部屋の階数や位置
  • 専有面積
  • 市場の動向
  • 周辺エリアの取引情報
  • 不動産相場

机上・匿名査定では主に物件データと周辺情報が基準となりますが、訪問査定では実際の状態を確認できるため、より詳細な査定が可能です。以下で具体的に説明します。

机上査定時のチェックポイント

机上査定では、実際にマンションの状態を見るわけではなく、そのエリアのマンションの市場相場や過去の取引情報のみで概算的な査定価格を出します。入力情報のみを頼りに査定を行うため、正しい情報を入力することが大切です。

机上査定に提出が必要な書類はありませんが、権利証や売買契約書、購入時のパンフレットなどの書類を見ながら正確な情報を入力することをおすすめします。

訪問査定時のチェックポイント

訪問査定は、実際にマンションを見せることで、より精度の高い査定結果が得られる査定方法です。不動産会社の担当者は、物件情報だけでなく、マンションの状態や周辺環境などを実際に見て査定をします。

立地や日当たりといった元々備わった要素を変えることはできませんが、より適正な査定を行ってもらうためにも、以下のようなポイントを心得ておきましょう。

  • 住みやすさや利便性をアピールする
  • 書類を漏らさず用意する
  • 質問には正確に答える
  • 整理・清掃を行う

必要書類の用意や質問への良心的な受け答えが重要なのは、よりスムーズに正しくマンションを査定してもらうためです。売却において不利になりそうな情報も、担当者へ隠さず正確に伝えることが重要です。

また訪問査定は、購入希望者の見学ではなく不動産のプロが査定するため、多少清掃したところであまり意味がありません。しかし、あまりにも汚れた状態では、せっかくの良い部分が見劣りしてしまう可能性があります。特に水回りの汚れは全体の印象に大きく影響を与えるため、できれば綺麗にしておきましょう。

匿名査定時のチェックポイント

匿名査定で主に見られるのは、市場の動向・過去の取引情報・不動産相場の3点です。その特徴上、不動産会社は詳しいマンション情報を得ることができないため、売主が入力した情報だけをもとに概算的な査定結果を算出されます。

匿名査定の中には、マンション名や階数を入力できるサービスもあります。そうしたサービスでは、マンションのブランド力や部屋の位置を査定に含まれるため、より正確な査定結果が期待できるでしょう。

机上査定と同様に、匿名査定でも正確な情報入力が大切です。できるだけ正しい情報を入力して、少しでも正確な査定結果が得られるようにしましょう。

マンション査定を受ける際の注意点

マンション査定を受ける際の注意点としては、以下の4つがあります。

  • 査定額=売却額ではない
  • 査定結果だけで不動産会社を選ばない
  • むやみにリフォームをしない
  • 書類手配や相場の調査など、事前準備をしっかり行う

こうしたポイントに注意して売却を進めましょう。

査定額=売却額ではない

査定結果は、不動産会社が相場を踏まえた上で、売りに出してから3ヵ月程度で売却できるだろうと予想した価格です。そのため、マンションの査定価格は実際に売却できる価格とイコールではありません。査定結果通りに売り出したとしても、いつまでも売却ができなかったり、値下げせざるをえなくなかったりする可能性もあります。

査定価格は、競合不動産の状況や買主との価格交渉、市況などに影響されるため、実際に売却できる価格は査定結果と変わってくるでしょう。そのため、マンションの査定結果はあくまで目安としてとらえる必要があります。

また、マンションが売却できても、受け取った代金がそのまま手元に残ることはありません。不動産会社への仲介手数料や作成する売買契約書への印紙税など、さまざまな費用がかかります。マンション売却にかかる費用について、詳しく知りたい人は次の記事もおすすめです。

マンション売却には意外と費用がかかる!?諸費用の種類や料金について
マンションを売却するときは仲介手数料や登記費用などの費用がかかります。諸費用について知っておけば、手元に残る金額が把握できるので今後の資産計画が立てやすくなります。マンションの売却でどのくらい費用がかかるのか知りたい人はぜひ一読下さい。

査定結果だけで不動産会社を選ばない

査定結果だけで売却の依頼先を決定しても、その価格で売れるとは限りません。なぜなら、不動産会社が顧客を確保するためにあえて高額の査定を出す可能性もあるからです。

騙されないため、査定結果の根拠を納得できるように説明できているのか、実際にコミュニケーションをしてみて信頼できる担当者なのか、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

マンション売却を成功させたいのであれば、次のような手順で不動産会社を絞り込むとよいです。

  1. 一括査定サイトで机上査定の依頼
  2. 相場に近い根拠のある査定をした不動産会社へ訪問査定の依頼
  3. 訪問査定で営業担当者とコミュニケーション
  4. 信頼できる不動産会社へ仲介の依頼

少し手間かもしれませんが、後悔しないためにもこの机上→訪問査定の手順は踏んでおくべきです。担当者のうまい営業トークに流されず、他社の結果をじっくり見比べて冷静な判断を下しましょう。

不動産会社の選び方について、詳しく知りたい人は次の記事もおすすめです。

不動産売却はどこがいい?大手、中小、特化型のメリデメを比べよう!
不動産会社はたくさん存在し、それぞれ得意分野があります。この記事では、不動産会社探しのポイントを数分でわかるよう解説します。さらに、大手・中小・特化型の3種類の不動産会社のそれぞれのメリット・デメリット、経験者の体験談なども紹介します。

むやみにリフォームをしない

「リフォームすれば高額売却できる」と思われるかもしれませんが、リフォームした分が査定価格に上乗せできるとは限りません。むしろリフォームしてしまうと、「自分好みにカスタマイズしたい」という購入希望者に敬遠されてしまうリスクも考えられるでしょう。

もし手を加えるとすれば、リフォームではなく部屋の整理・整頓やクリーニング程度にとどめておきましょう。実際に仲介先を決めてマンションを売り出した後、購入希望者から内覧の申し込みを受けた場合は、次のような水回りを重点的に清掃するとイメージアップにつながります。

  • 洗面所
  • キッチン
  • トイレ
  • バスルーム

市販の洗剤では落としにくい汚れもあるため、頑固な汚れがある場合は、クリーニング業者に依頼することもおすすめです。

マンション売却のリフォームについて、問題点や対策を詳しく知りたい人は、次の記事も参考にしてみてください。

マンション売却前のリフォームは不必要!?リフォームせずに賢く売却
マンションを売却するときに、リフォームをした方がよいのかで迷っていませんか。計画性のないリフォームは売却で損をするだけです。この記事ではリフォームが不要な理由や実行する場合の注意点、高く売却するポイントを解説します。ぜひ参考にしてください。

書類の手配や相場の調査など、事前準備をしっかり行う

事前準備をしっかり行うことが査定のアドバンテージとなることがあります。具体的には次の2つの準備を整えましょう。

  • 書類を漏らさず用意する
  • 相場を調べておく

書類を漏らさず用意する

マンション査定では、いくつかの書類を用意しておく必要があります。特に訪問査定時は不動産会社から提示を求められる場合もあるため、書類は余すことなく用意しましょう。

また、用意しておくことで査定がしやすくなる書類もあるため、できる限り準備することをおすすめします。

査定時に用意すべき書類は以下の通りです。

必要書類 あれば用意しておく方が良い書類
  • 登記簿謄本
  • 登記済権利書または登記識別情報
  • 印鑑証明書(※1)
  • 身分証明書
  • 土地の測量図
  • 建物の図面
  • 購入時の売買契約書(あれば重要事項説明書も)
  • 管理規約、使用細則
  • 公図
  • 建築確認済証、検査済証(※2)
  • 建築設計図、工事記録書(※2)
  • 住宅性能評価書
  • 固定資産税納税通知書(※3)
  • 耐震診断報告書、アスベスト使用調査報告書
  • リフォーム履歴がわかる書類
  • 購入時のパンフレット

注)
1.売買契約締結時に必要。その際、3ヶ月以内に取得したものが必要になるため、査定時に準備すると売買成立までの期間によっては再取得しなければならない。査定時に印鑑証明書の準備が必要かどうかは、査定をしてもらう不動産会社にたずねるのがおすすめ。

2.マンションの場合、査定時にはそれほど重要ではない。売買契約時に備えて準備しておくと安心。

3.固定資産税などの確認のために必要。紛失した場合は、役場で固定資産税評価額と納税額を確認しておく。

エリアの相場を調べておく

査定額が適正かどうかを判断するために、自分である程度の相場を知っておくことも大切です。

次のようなサービスを活用すれば、自身でも相場を調べることができます。

相場検索が可能なサービス 特徴
国土交通省「不動産取引価格情報検索
  • 国土交通省が運営
  • アンケート調査に基づく価格がわかる
レインズ・マーケット・インフォメーション
  • 実際の取引データを把握できる
  • 地域によってはデータが少ない
不動産ポータルサイト
  • 売り出し価格や競合不動産をチェックできる
  • 売り出し価格=成約価格ではないため注意

査定結果を受け取った後、適正価格であるかどうかを判断するために、自身でも相場をチェックしておくようにしましょう。

まとめ

マンション査定は、売却で損をしないために必須の手続きです。最新の相場がわかり、仲介を依頼する不動産会社の厳選にも役立ちます。査定結果は不動産会社ごとにばらつきがあるため、複数社で結果を比較するのが基本です。一括査定を使うと、査定依頼を出す不動産会社探しの手間が省け、時間に縛られずにマンション査定を依頼できます。

一括査定を依頼するサイトを選ぶ際は、対応エリアや登録不動産会社が多いことと、一括でマンション査定の依頼ができる件数の多さ、サイトコンテンツの充実度をチェックしておきましょう。

サイトによって提携する不動産会社が違い、査定結果も100万円以上異なる場合も多いです。ぜひ自分に合った一括査定サイトを選び、後悔のないスムーズな売却を進めましょう。

監修者_sanoakiko
本記事の監修者 
宅地建物取引士       佐野あきこ 
売買・賃貸不動産会社、不動産管理会社勤務を通算8年経験し、現在、宅地建物取引士業と併せてWEBライター業に携わっている。専門・得意分野は不動産全般、起業など。間取り図、特に、随所に工夫がうかがえるマンションの間取り図が大好き。

不動産一括査定サービス利用者が選んだおすすめサービスTOP3

不動産一括査定サービス利用者に聞いた!カテゴリ別TOP3

≪査定結果の満足度TOP3≫

≪サイトの「使いやすさ」TOP3≫

≪親族・友達におすすめしたいTOP3≫

380人のアンケート調査を元に編集部にて作成。クラウドワークス、クロスマーケティング調べ(2021/4/9~2021/4/13実施 回答数380人)
タイトルとURLをコピーしました