不動産査定は匿名で依頼できる!注意点やおすすめのサービスを紹介

不動産売却

近年の不動産売却にはさまざまな理由が存在しています。まだ売却が確定していない場合や、こっそりと相場を知りたい場合に便利なのが匿名査定です。しかしながら匿名といっても情報を入力する以上、個人情報の扱いやしつこい営業に遭わないか…不安がつきものですよね。

そこでこの記事では、匿名査定の特徴を解説したうえで、匿名査定を依頼する方法、スマートフォンやアプリでも使えるおすすめの匿名査定サービスを紹介します。利用時の注意点や実際の査定の流れについても説明します。

所有する不動産の価値がおよそいくらになるのかを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

そもそも匿名査定とは?他の査定方法との違い

匿名査定は名前や住所などの個人情報を入力しないで物件の査定ができるサービスです。
査定結果を受け取るためのメールアドレスは必要ですが、営業の電話を受けずにすむのが大きなメリットです。

詳細な所在地や状態を伝えない分、相談する会社によって大きく査定額が変わるため、あくまでもざっくりとした金額を知りたいときに利用すると良いでしょう。

また、不動産査定には匿名査定の他にも机上査定訪問査定の2つがあります。3つの特徴を表にまとめました。

不動産査定の種類 特徴
匿名査定
  • 簡単な物件情報をもとに大まかな売却金額を査定する
  • 営業電話が来ない
机上査定
  • 物件情報から過去の成約価格や周辺物件の売り出し価格などをもとに査定する
訪問査定
  • 机上査定のデータと現在の物件の状態も総合して売却金額を査定する

机上査定は、過去の成約価格や周辺物件の売り出し価格などをもとに査定する方法です。物件の所在地や面積などの、大まかな情報があれば査定できるので、簡単に査定結果を見ることができます。

訪問査定は、机上査定で使用したデータに加えて、現在の物件の状態も加味しながら金額を割り出す査定方法です。ライフラインや建物状況などを見て判断します。不動産の売却を真剣に考える段階に入った場合は、この訪問査定を依頼してください。

不動産の匿名査定を依頼する方法

不動産の匿名査定サービスは、概算価格の出し方によって2種類に分かれます。

  • 不動産業者の担当者が概算価格を算出するサービス
  • AIが自動で概算価格を算出するサービス

まずはそれぞれのサービスの特徴について見ていきましょう。

不動産業者の担当者が概算価格を算出するサービス

不動産業者の担当者が、フォームに入力した大まかな住所や、間取りやマンションの階数などを考慮し、物件の査定をしてくれるサービスです。およそ2日間以内で査定の結果を受け取ることができます。

一括査定サイトをつかえば、複数の業者に一括で匿名査定依頼を出すことも可能です。

AIが自動で概算価格を算出するサービス

企業が独自に開発したAIを使い、入力した立地や広さから自動で不動産の概算価格を算出してくれるサービスです。人力でおこなう匿名査定サービスと違い、結果がすぐに分かります。

利用するサービスによっては、現在の価格だけでなく推移もグラフにしてくれます。将来価格が上がる見込みがあるのなら、売却する時期の見直しをすることも可能でしょう。

不動産匿名査定のメリット


ここまで匿名査定サービスの種類についてみてきましたが、実際に匿名査定を利用するとどのような利点があるのでしょうか。ここでは、代表的な5つのメリットについて見ていきます。

個人情報の流出が防げる

匿名査定の一番のメリットは、個人情報の流出を防げることです。不動産会社に、物件の正確な住所や自身の氏名、電話番号などを知られないため、営業電話がしつこくかかってくる心配はありません。

また、万が一不動産会社で情報の流出があったとしても、個人情報は知られていないため、第三者に悪用されることはないでしょう。

その場で査定が依頼できる

匿名査定は、インターネット環境があるパソコンやスマートフォンがあれば、いつでもどこでも依頼できます。正確な物件の面積や建物の築年数が分からなくても、入力内容はおおよそでも十分可能です。取り急ぎ概算価格だけを知りたいという場合は、大まかな相場を即時知ることができるため、大変便利なサービスといえるでしょう。

サービスによって入力する情報の量に差はありますが、数分もあれば十分です。任意の項目を入力するほど、それらをふまえた精度の査定をしてもらえます。

査定価格がすぐにわかる

匿名査定サービスを使った場合は、申し込みをしてから2日程度あれば概算価格が分かります。人気のある不動産で、担当者がすぐに確認してくれた場合は、30分~1時間程度で分かる場合もあり、時間がかかりません。

情報を入力したその場で結果を知りたいのなら、AIによる匿名査定がおすすめです。リアルタイムで査定をしてくれるため、気になる別の不動産についても気軽に調べることができます。

お金がかからない

匿名査定サービスは基本的に何度も無料で利用できますが、それは不動産会社に連絡をして査定を受けるときも同様です。不動産の売却では、基本的に売買の契約が成立したときだけ費用を支払います。

ただし、プロである不動産鑑定士に依頼をした場合は別です。見込み客確保の意味合いがある匿名査定と違い、業務として鑑定を行うため報酬が発生します。鑑定結果は離婚などを理由とした裁判において法的にも有効な数字となりますが、不動産の価値を知りたいだけの場合は匿名査定で十分でしょう.

すぐに売却を依頼する必要はない

匿名査定の結果が届いても、すぐに売却を依頼する必要はありません。概算価格を調べるためだけに利用して、売却は自分の好きなタイミングで始めることができます。

ただし匿名査定の結果が届いてから、実際に売却を開始するまでに数ヶ月の期間が空く場合は、そのときに再度査定を受けましょう。期間が空いてしまうと、市場の需要と供給は変わります。特に売却したい不動産が住宅の場合は、築年数の影響も受けやすく価格は下がってしまう可能性が高いです。

少しでも高額で不動産を売却したい人は、営業電話がないからとのんびり構えているのはさけてください。匿名査定をしてくれた不動産会社と連絡を取り、最適なタイミングを狙って手続きを進めましょう。

不動産の匿名査定を利用するときの注意点

匿名査定は便利なサービスですが、利用する際にはいくつかの注意点があります。場合によっては売却までに余計な手間がかかり、思うようなスケジュールで進められなくなる可能性があるので、利用前にチェックしておきましょう。

正確な査定価格ではない

匿名査定で出た価格は、大まかな立地や間取り、築年数だけを参考にして算出されますが、ここには外観や室内の状態は反映されていません。最終的に、目視で確認する「訪問査定」を受けることになりますが、不動産の痛みや劣化が想定よりも進んでいた場合は、匿名査定のときよりも価格が低くなる可能性があります。

また、リフォームしていたり便利な設備があったとしても、匿名査定の時点で項目がなく入力していなければ、価格は高くなることはないでしょう。個人情報を入力せずに概算価格だけを知りたい場合は非常に便利ですが、実際の売却価格に近い数字を調べるのには適していません。

売却する予定がある人には向かない

そもそも匿名査定サービスは、売却するかどうかを決めかねている人向けのサービスです。売却することが決定しているのであれば、匿名査定をしても再度査定を受けることになるため、余計な時間と手間がかかってしまいます。よって最初から個人情報を入力していたほうが、手続きもスムーズです。

手間をかけずに短期間で売却したい人は、通常の一括査定を受けて不動産会社を絞りこみましょう。電話での応対ひとつを取っても、不動産会社を絞り込む判断材料の一つになります。

最終的には不動産会社に依頼する

不動産会社の仲介で売却をする場合は、匿名のままで手続きを進めることはできません。不動産会社とのやり取りや広告の作成、内覧の対応などで個人情報は必須です。

もし匿名査定の結果を使って、自分の力だけで購入希望者を探したいと思っていても、売買契約書などの作成には専門的な知識が必要になります。それでなくとも個人間売買のハードルは高く、トラブルが発生する可能性もあります。不動産売却を最後まで進めるためには、匿名のままでは難しいでしょう。

不動産会社に依頼するときは、一度に複数の不動産会社へ査定依頼ができる一括査定サイトを利用すると便利です。

初めての方におすすめの一括査定サイトは「すまいステップ」

■すまいステップはこんな人におすすめ
  • 初めてで不安だから実績のあるエース級の担当者に出会いたい
  • 厳選された優良不動産会社のみに査定を依頼したい
  • 悪徳業者が徹底的に排除された査定サイトを使いたい

\ 厳選した優良会社に査定依頼 /
すまいステップで一括査定する

一括査定サイトに関してより詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事も併せてお読みください。

不動産一括査定サイトランキングおすすめ22選!選び方や利用者の声も紹介!
不動産売却でどこに査定依頼すればよいかお悩みの方必見!不動産一括査定サイトのおすすめ22サービスを紹介します。条件に合うサービスを1分で絞り込める診断チャートやサイトの選び方、利用者の口コミなど取り上げた査定サイト選びのための保存版です!

匿名で不動産の査定ができるおすすめサービス5選

不動産の一括査定ができるサイトは需要の増加により増えつつあるものの、匿名査定もおこなっているサイトは未だ多くありません。そこでこの見出しでは、2021年4月時点で利用可能なおすすめサイトを紹介します。

匿名でもどれくらいの不動産会社が対応してくれるのか、概算価格の届く期間はどう違うのか等など、それぞれの特徴で選んでみてください。

ライフルホームズ

ライフルホームズは今回紹介するサイトのなかで、唯一不動産会社が匿名で査定してくれるサービスです。全国のマンション・戸建て・土地に対応しており、査定をおこなった不動産会社の詳しい情報も分かります。

一度の査定依頼で、厳選された2400社以上から最大13社が、48時間程度で結果を知らせてくれます。サイトで入力するメールアドレスは、不動産会社に知られることはないためしつこい営業連絡もありません。概算価格から、じっくりと売却を依頼する不動産会社を選ぶことができます。

すでに売却を決めている場合は、通常の一括査定を利用しましょう。投資用物件や倉庫・工場の査定まで幅広く対応可能です。現金化を急いでいる人向けに、不動産会社に買取ってもらう場合の査定もあります。

ライフルホームズの匿名査定の基本情報

項目 詳細
査定可能な不動産の種類 戸建て・マンション・土地
対応エリア 全国
査定可能な不動産会社の数 最大13社
概算価格が届くまでの期間 48時間以内が目安(最短で30分以内)
利用料金 無料
公式HP・公式アプリ HP:https://www.homes.co.jp/

アプリ:https://www.homes.co.jp/app/

※匿名査定ページに直接飛ぶ場合はこちら
(スマートフォン・タブレット・Apple TVに対応)

ライフルホームズに関して、より詳しく解説しているこちらの記事もおすすめです。

LIFULL HOME’S(ホームズ)の不動産一括査定の評判は?リアルな口コミも分析
LIFULL HOME’Sは、不動産売却の一括査定から住まい探しまで、不動産に関するあらゆる情報が閲覧できる不動産総合情報サイトです。本記事では、LIFULL HOME’Sの口コミから分析したリアルなメリット・デメリットを紹介します。

IESHIL

IESHILでは約9,000万件のビッグデータから、リアルタイムでマンションの査定をしてくれます対応している地域は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の4ヶ所と少なめではあるものの、該当地域でマンション売却を検討している人におすすめです。

マンション名や最寄り駅から検索すると、すぐに最新の相場価格が分かります。マンションの部屋ごとの価格や将来の予測を詳しく見るためには、メールアドレスを登録する必要です。しかし間取りや広さの入力は不要なため、概算価格だけを知りたいのであれば、手間がかからずに便利でしょう。

サイトでは、専門家による無料のオンライン相談も受け付けており、上記の1都3県の物件で1日5名まで対応してくれます。インターネット上の掲示板を利用するより、確かな情報が簡単に手に入れられるでしょう。

IESHILの匿名査定の基本情報

項目 詳細
査定可能な不動産の種類 マンション
対応エリア 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
査定可能な不動産会社の数 最大3社
概算価格が届くまでの時間 リアルタイム
利用料金 無料
公式HP https://www.ieshil.com/

IESHILに関して、より詳しく解説しているこちらの記事もおすすめです。

IESHIL(イエシル)の評判は?メリット・デメリットを徹底解説
IESHIL不動産会社紹介サービスはリアルタイム査定ができ、メディア掲載実績があるなど、利用者から評価されています。本記事では、IESHIL不動産会社紹介サービスの特長や、口コミからわかるメリット・デメリット、利用する流れなどを紹介します。

HowMa

HowMaは、全国の戸建てやマンションの査定をAIが自動でおこなうサービスです。1年間で約120万件の情報を自動的に処理しているため、そのビックデータは常により最新に近い内容になっています。

メールアドレスやFacebook、またはGoogleアカウントでの登録後、査定したい不動産の住所や広さ・居住の状態を入力すると、すぐに査定結果が送られてきます。追加で駐車場などの詳細情報を入力すると、より精度が高くなり高額の結果も期待できるでしょう。

HowMaでは匿名ではないのですが、売り出し開始まですべてオンラインで解決する「オンライン売却」というサービスもあります。訪問査定の代わりにビデオ通話で対応してもらえるため、休日も予定が埋まりがちな人には特におすすめです。

HowMaの匿名査定の基本情報

項目 詳細
査定可能な不動産の種類 戸建て・マンション
対応エリア 全国
査定可能な不動産会社の数 最大6社
概算価格が届くまでの期間 リアルタイム
利用料金 無料
公式HP https://www.how-ma.com/

Howmaに関して、より詳しく解説しているこちらの記事もおすすめです。

HowMaの評判は?口コミから見たメリットやデメリットを解説!
HowMaはAI査定ができる一括査定サイトです。この記事では、他社の一括査定サイトと比べてHowMaの優れている点を紹介します。また、使いやすさや査定の精度、サービスの信頼度についても口コミや評判を参考に解説していきます。

マンションナビ

マンションナビは、全国に対応したマンション専門の査定サイトで、AIが最新の相場を算出してくれます。

過去3年の推移や直近の販売履歴も確認して、売り出すタイミングを図りましょう。メールアドレスで会員登録すると、部屋ごとの査定や過去の売り出し事例も案内してくれます。もちろん無料のため、どんどん活用して効率的なマンションの売却につなげましょう。

実際に不動産を売却したいときは「無料プロ査定」を利用すれば、登録された全国2500社から、最大9社の査定を一度の申し込みで受け取り可能です。約45秒あれば入力が完了できるほど、簡単な操作で査定依頼ができます。

マンションナビの匿名査定の基本情報

項目 詳細
査定可能な不動産の種類 マンション
対応エリア 全国
査定可能な不動産会社の数 最大9社
概算価格が届くまでの期間 リアルタイム
利用料金 無料
公式HP https://t23m-navi.jp/

マンションナビについて、より詳しく解説しているこちらの記事もおすすめです。

マンションナビの評判は?口コミから査定のメリット・デメリット解説
マンション売却時には、マンションに特化した一括査定サイトがおすすめです。 マンションナビはAI査定を利用できることから多くのユーザーに選ばれています。本記事ではマンションナビの評判からわかったサービスのメリットデメリットを紹介しています。

匿名査定はアプリでも可能

数こそ少ないものの、より気軽に査定ができるツールとして、スマートフォン向けのアプリも登場しています。この見出しでは、そのなかでもおすすめの2つを簡単にご紹介します。

どれも人工知能によるAI査定ですが、その参照データは提供元によるもの・ビックデータを使用しているもので違いがあります。いちいちブラウザを立ち上げて検索するのが手間という人は、アプリの活用もおすすめです。

アプリ名 提供元 特徴
10秒でDo
(iOS・Android)
ハウスドゥ ・ハウスドゥの持つ実績データから10秒で査定ができ、その結果を3件まで保存可能。その結果から、メールで査定依頼をすることも出来る。
ふじたろう
(iOSのみ)
プロパティエージェント ・マンション特化型の査定アプリ。約6年間の推移や1年後の予想価格を算出可能。取引量を可視化したヒートマップ機能が便利。

不動産の匿名査定の利用手順

fudousan75437

それでは実際に、不動産の価値を匿名査定サービスで調べる手順について、ライフルホームズを例に解説していきます。通常の査定より入力する項目は少なく、初めての利用でも迷うことはありません。気軽に査定依頼を出してみてください。

不動産の匿名査定の3ステップ

匿名査定をするには3ステップをふむだけと簡単な手続きですみます。

  • 査定を依頼する物件の情報を入力する
  • 不動産の概算価格が送られてくる
  • 不動産会社に連絡する

不動産会社に連絡するのは、物件の売買を進めたいときやさらに詳しく査定をしてもらいたいときに行ってください。

査定を依頼する物件の情報を入力する

入力する情報は不動産の種類によって、以下のように変わります。

戸建て マンション 土地
  • 所在地(番地までは不動産会社に公開されない)
  • 間取り
  • 土地の面積
  • 建物の床の面積
  • 何階建てか
  • 築年数
  • 木造や鉄筋などの構造
  • 土地は自前か借地か
  • 土地に接している道路の数
  • 家の状況(居住中や空き家など)
  • 所在地(町名まで)
  • マンション名
  • 間取り
  • 専有面積
  • 部屋がある階層
  • 太陽光が入る主な方角
  • 築年数
  • 家の状況(居住中や空き家など)
  • 所在地(番地までは不動産会社に公開されない)
  • 土地の面積
  • 土地の利用用途(宅地や田畑など)
  • 土地は自前か借地か
  • 土地の形(正方形や横長など)
  • 土地に接している道路の数
  • 土地の状況(更地や家ありなど)

物件を購入してから何年も経っていると、面積は正確に覚えていない人が多いでしょう。おおよその数字でも問題ありませんが、できれば購入したときの書類を参考にしたほうが、査定の精度は高まります。

また、結果を受け取るためにはメールアドレスの入力が必須です。しかし匿名の場合は、ライフルホームズが中間に入って結果を知らせてくれるため、実際に査定を依頼する不動産会社にメールアドレスは通知されません。

個人情報が必要な査定では、氏名や年齢・電話番号などを入力しますが、匿名ではこれらの入力を省略できるため、より短時間での査定依頼が可能です。

不動産の概算価格が送られてくる

不動産の概算価格は、人気物件であれば30分~1時間で送られてくることもあり、約65%は48時間以内に届きます。入力したメールアドレスに査定結果が届いたと通知がきたら、ライフルホームズの専用ページにログインして見にいきましょう。

一度の査定依頼で、最大13社から概算価格を受け取ることができます。不動産会社によって時間差はありますが、平均でも4社からは返事があるため、焦らずに待ってみましょう。

不動産会社に連絡する

さらに詳しく査定をしてもらうためには、概算価格を送ってくれた不動産会社に名前や連絡先を伝え、直接やり取りをしなければなりません。連絡する不動産会社は、届いた査定内容から判断が可能です

査定内容には、以下の情報が盛り込まれています。

  • 不動産の概算価格
  • 概算価格の根拠
  • 査定した不動産会社の類似物件での成約実績
  • 査定した不動産会社の特長

複数社の概算価格から不動産の相場を把握し、妥当な査定をしている所から厳選すると良いでしょう。相場から極端にズレた概算価格を出している不動産会社は、顧客確保のためだけに高額な査定をしている可能性があります。相場からズレた価格設定では、いつまでも不動産が売却できない可能性もあるため注意が必要です。

まとめ

不動産の匿名査定は、個人情報の流出やしつこい営業を避けながら、おおよそでも相場を常に把握できる強いメリットがあります。売却に対してもうひと押し決め手が欲しいという時に、匿名で得た相場や概算価格が情報としてきっと役立つはずです。

今回紹介したおすすめサイトは、いずれも無料で気軽に利用できます。対応している不動産の種類やエリアを確認し、複数社に査定依頼して、参考価格から納得のいく価格を提示してくれる不動産会社を探しましょう。安心して不動産売却を進めるためにも、ぜひ本記事を参考に匿名査定サービスを上手に活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました