すまいValue(バリュー)の評判は?実際の口コミからメリット・デメリットを解説◆専門家監修

不動産売却

無料の不動産査定サイトは多数ありますが、なかでもすまいValue(バリュー)は業界最大手ともいえる三井不動産や住友不動産販売などの6社が運営している、実績を誇るサイトです。

大手不動産会社に無料で査定依頼できる点で人気を集めていますが、すまいValueが他の不動産一括査定サイトとどのように違うのか、デメリットなどはないのかなど気になっている人も多いでしょう。

そこで本記事では、実際にすまいValueを利用したユーザーの口コミ・評判を参考に、すまいValueのメリット・デメリットやどんな人におすすめなのかを徹底分析します。

不動産売却ですまいValueの利用を検討するならば、ぜひ参考にしてみてください。

ーこの記事でわかることー
・すまいValueの利用者によるリアルな評判
・すまいValueの特徴や注意点
・すまいValueがおすすめの人とおすすめできない人
・すまいValueに関するQ&A
・すまいValueで査定を始める流れ(画像付き解説)

すまいValueはマイナビ不動産査定にておこなったアンケート調査で査定結果の満足度No.3に選ばれています。そういった結果も踏まえて、すまいValueについて見ていきましょう!

一括査定サービス利用者が選んだおすすめサービスTOP3

※紹介するランキングは不動産一括査定サイト利用者へのアンケート調査を元に編集部にて作成。
(2021/6/11~2021/10/28実施 回答数176人)

監修いただいた専門家
西崎 洋一
宅地建物取引士

すまいValue(バリュー)のリアルな口コミ・評判

マイナビニュース不動産査定では、実際にすまいValueで査定サービスを利用した人に直接アンケートをおこないました。この章では、すまいValueを使ってみてどうだったのかを擬似体験できるように、良い口コミ&悪い口コミの両方を紹介します。

【利用者アンケート】すまいValueの口コミ・評判

すまいValueを実際に利用したことのある人に実施したアンケートの中から、「査定結果」「営業担当者の質」「サイトの使いやすさ」の3つの視点において、それぞれの良い口コミ・悪い口コミを紹介します。

「査定結果」に関する口コミ

自分で思っていた価格がほぼ間違いなかったと確認できたことと複数の会社の査定価格の違いをある程度知れたこと。(マンション・アパート)

大手企業に依頼する安心感がありました。査定額は想像より低かったですが、大体の目安になりました。(土地) 

【営業担当者の質】に関する口コミ

敷居の高さを感じず、気軽に物件情報の入力がしやすく、使い方のわかりやすかったところがよかった。結果、大手の対応スピードが速かった。買取ではなく売却仲介してもらうことになったが、地価の上昇下限と交渉の手法での変動加減からの価格設定を詳しく教えてくれたので、納得のいく査定額となった。(マンション・アパート)

対応が早く、大手で安心できるところからの査定が多かったです。査定依頼も簡単でした。(マンション・アパート)

回答が非常に早く、あっという間に複数の業者から回答が届いたのに驚いた。(戸建て)

査定結果がすごく時間がかかる点は改善して欲しいです。またメールで問い合わせしても返信レスポンスが悪いのでこちらも併せて改善してほしい。(戸建て)

【サイトの使いやすさ】に関する口コミ

サイトが非常に見やすく分かりやすかったのでこのような事は初めてでしたが滞りなく出来たのでよかったです。(戸建て)

大手6社以外の査定額がわからないところが不便だなと思いました。(戸建て)

利用者の満足度チャート

さらに、利用者アンケートから下記の6つの指標で満足度を集計しました。

「使いやすさの満足度」「査定結果が出るまでのスピード」「親族・友人におすすめしたいか」「担当者の対応の満足度」売却結果の満足度「査定結果の信頼度」

以下で満足度チャートをご覧ください。

6つの項目すべて高評価を得ていますが、その中でも使いやすさ、スピード、売却結果の満足度は特に評価が高く、大手ならではの安心感が表れた結果になりました。

※不動産一括査定利用者380人のアンケート調査を元に編集部にて作成。クラウドワークス、クロスマーケティング調べ(2021/4/9~2021/4/13実施 回答数380人)

【ネット上で見られた】すまいValueの口コミ・評判

〜自分の地域は対応してなかった〜

色々あって家を売ることになり、ここの評判がいいと聞いたのでサイトに行ってみました。
サイトに書かれている通りに家の種類・都道府県・市区町村・町名を選んで査定スタートのボタンを押そうとしたら、「大変申し訳ございません。お客様がお選びいただいた地域は、すまいValue運営各社の営業エリア外となっております。」との表示が…住んでる地域を選べたので、てっきりできると思ったのに…
良さそうだと思っていた分、エリア外と言われた時はなおさら残念な気持ちになりました。紛らわしいのでエリア外なら最初から入れないで欲しいです。

〜しつこい電話攻勢はありますので気軽な査定は避けたほうがいい〜

引っ越しについてまだ本格検討前ですが、まずは自宅の値段を知りたく最初に利用しました。
大手なので安心ということでしたが、加盟しているすべての会社が査定してくれるわけではないし、大手だからしつこい営業をしてこないというわけでも無いという事がわかりました。

まだ売るかどうか釈然としないタイミングだったので、正直申し訳ない気持ちにもなります。値段を知りたいだけで使うのは相手の営業マンにも迷惑かかるのでおすすめできません。

〜6社に査定してもらうんじゃないの?〜

大手6社をこれだけアピールしているのだから、6社から査定額が出るのかと思っていたら実際に査定できたのは2社だけ。しかも両社ともほとんど同じような査定額で、選択肢はかなり狭い。

〜連絡遅い〜

売却検討中で色々相談して回っているが、連絡が遅い。自分で足を運んで対面で話したほうがずっといいと思う。依頼から一週間経ってやっと連絡があったが、待っている間は他社に相談しにくかった。
結局キャンセルすることにして連絡したのに、未だに売却しないかと連絡が来る。営業電話をする暇があるなら問い合わせ対応を優先してほしい。

ネット上ではこのように残念な声も上がっていました。一方で以下のような良い口コミも多数上がっています。

〜無知な私にでも、簡単に依頼ができました!〜

昨年、祖父母が立て続けに他界してしまい、所有していた不動産について、一旦査定をしてもらおうということになり、不動産業者を探していました。親族に不動産業界に詳しい者もいなかったので、ネットで調べていたところ6社から一度に査定をしてもらえるとのことだったので、利用させていただきました。
簡単な不動産情報を入力するだけで査定依頼ができたので、とりあえず査定をしてもらいたいと思っていた私にとっては、とても便利なサービスだと思いました。

〜大手は売却力が違う〜

両親が他界してから10年以上経ち地方の生家が空き家になったまま、誰かが住むあてもありません。空き家をこれ以上放っておくわけにもいかないので売却することにしました。
当初は地域に密着した地元の業者さんに頼みましたが何ヶ月たっても売却の見込みが立ちません。そのうちやっと一件話がありましたがまるで話にならないような金額。このままではダメだということでネットであれこれ調べ、「すまいValue」さんに頼むことにしました。
ここは査定依頼もネット上で全て出来るので楽でした。
なんでも大手による一括査定サイトということで確かに売却力、買主の集客力が違いましたね。一ヶ月ほどで想定以上の価格で売買が成立しました。売却に際しての手続き上の細かな点も担当の方がアドバイスしてくれて、スムーズに不動産売買が出来たのには助かりました。

〜どの不動産屋にして良いか分からなかったので利用してみました!〜

40年近く住み続けてきた自宅が、老朽化が激しくて建替えが必要だなと思っていました。しかしすぐにお金を出せるわけもなく、ローンを組んでもこれから返済できるかも不安でした。そこで思い切って自宅を売却し、安いアパートでも借りた方が良いのではないかと思い始め、とりあえず現在の不動産の価格を調べてみようと思いました。しかしどの会社が良いのかも分かりません。そこで迷っても仕方がないので、まずネットで調べようと思って不動産屋を探していたら、まとめて不動産価格を調べられるサイトを知りました。それがすまいValueです。
三井地所や住友不動産を始め、ふだんよく目にする大手6社からまとめて見積もりを取れました。それで不動産各社の考え方も良く分かりました。まだ手始めなので自宅の売却までには至ってませんが、高く売れるようにもう少し勉強してからまた利用しようと思ってます。便利なサイトを見つけられて、まずは不動産売却の一歩を踏み出せたような気がしてます。

〜こんなに高く売れるなんて〜

売るときに出来るだけ高く売りたいと考えるものっていくつかありますよね。その中の一つが家じゃないでしょうか?引っ越しをする必要があり、現在の住居では暮らす事が難しくなってしまいました。でもどこが問題なく売却できるかなんてなかなかわかりません。そこでネット検索していて見つけたのが、こちらの不動産売却サイトです。フォーマットに情報を入力して送信するだけ。
レスポンスは早く最も高値を付けた所に依頼しました。近所にばれたくなかったので、簡易的な査定で進めてもらって一回だけ夜に現地査定してもらいました。金額も思ったよりよく、次に住む所の足しになりました。

〜担当者の方が親切丁寧です。〜

不動産のこととなりますと分からないことが多いのですが、ここのスタッフの方はとても親切でしかも非常に分かりやすく説明してくれましたので、大変良かったです。質問を随時受け付けてくれますので、ストレス無く利用することができました。しつこい勧誘などもありませんでしたので、安心できます。知識や経験が豊富なスタッフの方ですので、どんなことでも答えてくれました。大変頼りになる存在ですので、不動産のことでまた何かあったら相談したいです。

〜不動産サービスはスゴイ!〜

これを使って気になる不動産の一括見積もりを取ってみました。すまいバリューは、大手の不動産会社6社が共同で運営する一括サイトです。スタッフの方の対応は親切で丁寧で、スムーズに成約まで進めることができました。手続きも煩雑なことがなく、スタッフの方のおかげで簡単に済ませることができたので、とても助かりました。全国的にも圧倒的な販売実績があるので、安心して不動産の成約をお願いすることができたので良かったです。

”口コミ引用元:みん評

口コミからわかった「すまいValue」とは

  • 大手企業に依頼する安心感が大きい
  • 営業担当者の対応が好評
  • サイトが分かりやすく査定依頼が簡単
  • 大手6社以外の査定額が分からないのが不便
  • 査定結果が出るまでに時間がかかるケースもある

すまいValueのよい口コミを見ると、大手企業に依頼する安心感があったサポートが充実していた」という点を評価する声が多いようです。

不動産業界をリードする大手6社が運営する一括査定サイトのため、大手ならではのサポート体制が充実しており、不動産を購入したい顧客も集まりやすいため、早期売却を目指す人におすすめです。

ただし、大手の6社以外には査定依頼ができないので、なるべく多くの会社に査定を受けたい人は別の一括査定サービスと併用すると良いでしょう。

また、利用者の声の中には「レスポンスが遅いという意見もありました。万一連絡がこない場合は、こちらから催促をしてその後の対応で会社の質を測ることもできます。遅れたことを詫びる様子もない不動産会社であれば、利用を避けたほうが賢明です。

\不動産業界の大手6社に査定依頼/
すまいValueの公式サイトへ

他社と違う「すまいValue」の6つの特徴

口コミの内容だけでは、すまいValueが自分に合っているかどうか判断しにくいかもしれません。そこでここでは、すまいValueが他のサービスと比較してどのような特徴を持ったサービスなのかを見ていきます。

まず、すまいValueと他のサービスとの違いを見比べてみましょう。

ここでは、編集部が実施した「不動産一括査定を利用したことのある人におこなったアンケート」での総合評価が上位3位に入ったサービスと比較しています。

比較項目 すまいValue イエウール すまいステップ
利用者数 100万人(推定) 1,000万人以上 年間500万人以上
運営会社 提携する大手6社 Speee株式会社 Speee株式会社
提携する不動産会社数 6社 1,900社以上 1,000社以上
提携する不動産会社の特徴 不動産業界をリードする大手6社 大手から中小まで幅広い不動産会社 厳選した優良企業
主な提携会社
  • 三菱地所ハウスネット
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 小田急不動産
  • 野村不動産ソリューションズ
  • 三井のリハウス
  • オークラヤ不動産
  • 京王不動産
  • 住友林業ホームサービス
  • 積水ハウス不動産

など

  • 住友林業ホームサービス
  • 積水ハウス不動産
  • 京王不動産
  • 日本住宅流通

など

同時査定依頼可能な数 最大6社 最大6社 最大4社
西崎さん
西崎さん

大手財閥系・電鉄系の仲介業者が力を合わせて作った査定サイトですね。長所短所どちらもあります。大手ですから、中小他社にはない規模での仲介営業が可能ですが、囲い込みなどにも注意をしましょう。

提携社数についてはイエウールやすまいステップに劣るものの、信頼できる大手6社の支店が全国に900店舗以上あるため、安心して査定を依頼することができます。

しかし、どちらかと言えばアクセスの良い都心部に店舗が集中している傾向があり、地域によっては担当者が情報に疎い可能性があります。

査定依頼できる会社は6社のみに限られるため、地方エリアでの不動産売却や上記6社以外も比較してみたい人には、エリアカバー率・提携社数が業界トップクラスの「イエウール」と併用してみるのもおすすめです。

続いてここからは、すまいValueの持つ特徴的な4つのサービスについて詳しく解説していきます。

特徴1.不動産業界をリードする大手6社が運営

すまいValueは、不動産業界をけん引する大手不動産会社6社によって運営されています。

上記のうち、三井不動産リアリティ株式会社・住友不動産販売株式会社・東急リバブル株式会社の3社は、他の一括査定サイトとは提携しておらず、すまいValue以外では査定依頼ができません。

一括査定の利用には、物件の情報や個人情報を入力する必要があるため、運営会社が信頼できるかどうかを見極めてサイトを選択することが重要です。すまいValueなら、不動産業界のなかでもトップクラスの6社の運営で、直接その6社に査定が依頼できるため、安心して利用できます。

運営6社のうち、住友不動産販売、東急リバブル、三井のリハウスの評判について次の記事で詳しく取り上げています。気になる人は併せて参考にしてみてください。

特徴2.2021年度の成約件数12万件以上の実績

大手不動産会社に査定依頼ができるだけあって、成約実績が非常に多い点もすまいValueの魅力です。

すまいValueを介した売却の6社合計成約件数は、2021年度6社合計で12万件以上(2021年4月~2022年3月末実績)にも及び、売却力の高さが数字にも表れています。さらに、毎年36万組以上の人が不動産売買の相談をおこなっている実績もあります。

他の不動産一括査定サイトでは、1,000社以上と提携している査定サイトも珍しくありません。対して、すまいValueは大手6社にしか査定依頼ができないため、売却が難しいのではと思われる人もいるでしょう。しかし、大手不動産会社は売却実績が豊富で、多くの顧客を抱えていることが大きなアドバンテージです。

大手不動産会社には売却したい顧客だけでなく、不動産を購入したい顧客も集まりやすい傾向があります。つまり、大手不動産会社の仲介で売却すると購入希望者を見つけやすく、確実な成約や早期の売却を目指すことができるのです。

特徴3.大手ならではの充実したサービスやサポート体制

さらに、大手ならではのサポート体制やサービスの充実も挙げられます。2019年4月1日~2022年1月31日にすまいValueで媒介したユーザーを対象におこなった自社アンケート結果によると、安心感があると回答した割合は96.3%で、利用者のほとんどが高い安心感を感じていたことがわかります。

すまいValueでは、査定から売却後までサポートする体制が整っているため、初めての不動産売却に疑問や不安を持っているユーザーでも安心です。会社により内容は異なりますが、例えば以下のようなサービスやサポートが受けられます。

  • 不動産売買に関する相談受付
  • 買取やリースバック(※1)といった多様な売却プランの提案
  • 価格保証や売却保証サポート
  • ハウスクリーニングや荷物預かりサービス
  • 契約不適合責任(※2)への備え


1)不動産会社などに物件を売却後に賃貸契約を結ぶことで、その物件に住み続けることができる仕組み
2)購入者と結ぶ売買契約書に、明記していなかった不動産の不備や不良に関して、売主が責任を負わなければならないという取り決めのこと(雨漏りや設備トラブルへの対応など)

保証や相談窓口の一例

売主に寄り添ったサポートも徹底しています。以下に、すまいValueの保証や相談窓口の一例を紹介します。

サポート種類 内容
買取保障 一定の期間内に成約できなかった場合は、不動産会社がその物件を買い取ってくれる
立替払制度 家を住み替える際に、売却金の入金が新居の購入に間に合わない場合は、不動産会社が売却代金を立て替えて支払ってくれる
税務・法律相談 売却に関する税金問題や法的手続きについて専門家に相談できる窓口の設置
あんしん仲介保証 不動産の売買が締結したあとも物件の補修費用を1年間保証してくれる
西崎さん
西崎さん

上記サポート・サービスがあることのメリットは、大きな安心感です。大手業者が運営しているということで、万が一のトラブルの際でも大きな損失を被ることはまずないという点です。

一方、デメリットはやはり費用面での負担です。手厚いサービスはやはりそれに見合う対価が必要ですから、手数料名目などでのさまざまな費用を求められます。

今住んでいる家を売って新しい家の購入を考える「買い替え」を希望する場合や、税金の支払いや確定申告、法的手続きについて不安を持っている場合にも、すまいValueがおすすめです。

特徴4.店舗数が多くネットワークは全国各地

運営する6社それぞれ展開する店舗数が多いためすまいValueのネットワークは全国各地に広がっています。

6社合計の店舗数は全国で900店舗以上(賃貸専門店舗含む、2022年4月10日時点)となり、次のような利点を生んでいます。

  • 店舗間で共有できるため情報収集能力が高い
  • アクセスのよいところに店舗を構えている
  • 知名度が高く、購入希望の顧客を多く抱えている

2016年8月のすまいValueの調査によると、首都圏で過去3年間に不動産売却した人のうち67%が、すまいValueを運営している6社いずれかで売却相談をしているという結果が出ています。ユーザーにとって目につきやすく通いやすい場所に店舗を構えていることが評価の一つとなっていることが伺えます。

また、ネットワークが広いことで販売活動も有利に進められることが期待できます。

一般的な不動産会社であれば、不動産ポータルサイトへ広告を出すには掲載料を支払う必要があり、掲載期間が限られることも少なくありません。しかし大手企業の場合は、ポータルサイト側がサイトの信用性をアピールするために無料で広告を載せることもあるため、物件情報がより多くの人の目に触れることを期待できます。

できる限り多くの広告を出し、より条件に合った購入希望者を募りたい人や、早期の売却を目指したい人におすすめです。

特徴5.売却検討段階でも気軽に利用できる

他の一括査定サイトでよく見られるデメリットとして、査定を依頼した不動産会社からしつこい営業を受けるという点です。売却意思がまだ固まっていないユーザーは安易に利用できないというイメージも強いでしょう。

しかし、すまいValueのホームページには、以下のような記載があり、売るかどうかを検討しているユーザーでも、気軽に利用できる仕組みが取られています。

すまいValue運営各社では、将来を考えたご相談なども承っております。具体的な売却時期は決まっていない場合でも、お気軽にご相談ください。

“引用:すまいValue「不動産売却・一括査定のすまいValue よくあるご質問」(2021年3月時点)一部記載を変更”

上記のように、明確な売却意思がなくても利用できることが明記されているため、売却時期が決まっていない人でも安心して査定依頼をすることができます。「査定額を見て売却するかどうか決めたい」という人も、一度すまいValueを検討してみてください。

特徴6.不動産情報やコラムが満載

口コミにもありましたが、すまいValueのサイトは、非常に見やすくシンプルなつくりになっています。インターネットに明るくない人でも感覚的に利用しやすいように、トップページから知りたい情報を見つけやすい工夫がされています。

また、不動産売却に関する多くの情報が得られることもメリットです。

すまいValue独自のコラムサイトの「すまいValueマガジン」では、不動産売却の基礎知識から売却にかかるお金や税金まで、不動産に関する知識を持っていなくてもわかりやすいコラムが充実しています。

さらに、不動産売却に役立つデータも豊富です。例えば、すまいValueで売り出し中の物件のエリア・間取り・専有面積ごとの物件価格や、査定理由ランキング・査定物件別ランキング・査定エリアランキングなど、他の一括査定サイトでは得られないような情報も閲覧できます。

西崎さん
西崎さん

手厚いサービスや保証が他サービスに比べ期待できます。大手業者が存分にその営業力を駆使しますので、サービスのレベルは高いでしょう。

\不動産業界の大手6社に査定依頼/
すまいValueの公式サイトへ

すまいValueの4つの注意点

続いて、すまいValueの注意点について解説します。すまいValueが本当に自分に合った査定サイトか判断するために、サイトの弱点もしっかりチェックしておきましょう。

注意1:地方の不動産売却に弱い

すまいValueでは、特に以下のような都市中心部の不動産の取り扱いをメインにおこなっています。

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県

そのため、地方の不動産売却には強くないというデメリットもあります。ユーザーのなかには「対応エリア外で、そもそも査定ができなかった」という口コミもみられました。

ただし地方の不動産であっても、主要駅の近くや中心部に位置する物件であれば査定してもらえる可能性もあります。地方だからといって諦めずに、ホームページで対応エリアを確認したり、実際に査定フォームでエリアを選択し、査定に進めるかどうか確認したりしてみると良いでしょう。

注意2:比較できる不動産会社が少ない

すまいValueで査定を依頼できる不動産会社は、運営している大手6社に限定されるため、他の一括査定サイトのようにさまざまな業者から選択することはできません。

さらに、6社それぞれ対応するエリアが異なるため、売却したい物件によっては6社すべてに対応してもらうことすら難しい可能性もあります。

「大手不動産会社だけでなく地元密着の会社の結果も比較したい」という人は、他の不動産一括査定サイトと併用して複数の査定結果を得る方法がおすすめです。

不動産一括査定サービス利用者が選んだおすすめサービスTOP3

※紹介するランキングは不動産一括査定サイト利用者へのアンケート調査を元に編集部にて作成。
(2021/6/11~2021/10/28実施 回答数176人)

注意3:囲い込みにあう可能性もある

大手不動産会社は顧客を多く抱えているからこそ、囲い込みを心配するユーザーも多いです。
囲い込みとは、不動産会社がより多くの仲介手数料を得る目的で、他社からの購入希望や内見希望を意図的に断り、自社の顧客からの購入に限定しようとする行為のことをいいます。
囲い込みにあうと不動産を売却するチャンスを失い、売却に必要以上の時間を要したり、買主側から値下げの要求があれば売主側に値下げが打診されたりなど、さまざまなデメリットが考えられます。

もちろん、すまいValueを運営する6社は優良な不動産会社で、囲い込みにあう例は多くはありません。しかし、大手不動産会社は基本的に自社で抱えている顧客のなかでの取引を斡旋する両手仲介を好むケースが多く、囲い込みが発生しやすいといった一般的な評価があることを覚えておきましょう。

囲い込みにあわないためには、レインズのステータス(※4)が適切かどうかを定期的に確認し「囲い込みという行為を知っている」と不動産会社に伝えておくことが有効です。

片手仲介の不動産会社を探すなら【SRE不動産】がおすすめ

SRE不動産は、東証プライム上場のソニーグループ傘下の不動産会社です。ソニーのIT技術を駆使したマンションAIレポートや、大手ポータルサイトなどで幅広く広告掲載できるネットワークの広さが魅力です。

SRE不動産は片手仲介に特化している珍しい不動産会社で、両手取引による「囲い込みリスクがない」点が大きな特徴です。そのため、売主の利益を最優先して販売戦略を立ててくれます。

対応エリアは東京・神奈川・埼玉・大阪・兵庫・京都・奈良に限られますが、マンション・戸建ての売却に強く、2022年5月時点の調査では顧客満足度93.2%の評価を獲得しています。(自社アンケートにより売買仲介サービスを利用して「知人にも勧めたい」と回答したユーザーの回答結果)

片手仲介をしてくれる不動産会社を探すなら、まずはSRE不動産で無料査定相談をしてみましょう。

SRE不動産で無料一括査定

注意4:仲介手数料の値引きは期待できない

大手の不動産会社ならではのデメリットとして、仲介手数料の値引きが難しいということがあります。

不動産会社は基本的に仲介手数料を収入源としているため、マニュアルが徹底している大手ほど値引きしない傾向にあります。

根拠のない値引きの打診は営業担当との信頼関係に影響するため、値下げ交渉は明確な根拠がある場合のみにとどめておきましょう。

西崎さん
西崎さん

最も大きな注意点は「大手6社限定」という点です。「マニュアル重視」「選択肢が限定される」といった点はあるものと思っておいたほうが良いです。

\不動産業界の大手6社に査定依頼/
すまいValueの公式サイトへ

すまいValueがおすすめの人・おすすめできない人

ここまで紹介してきた、利用者による評判やサービスの特徴・注意点から、すまいValueのメリット・デメリットを洗い出し、すまいValueが実際にはどのような人に適しているのか見ていきましょう。

すまいValueのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 全国のアクセスが良いところに店舗がある
  • 他のサイトでは依頼できない大手企業に査定してもらえる
  • サービスや保証が充実している
  • 売却するか検討段階でも利用できる
  • 広告をたくさん出してもらえる
  • 運営6社以外の企業へは査定依頼できない
  • 対応エリアが都心部に偏りぎみ
  • 囲い込みに合う可能性もある

利用者からの評判やサービスの特徴などから、上記のようなメリット・デメリットが分析できました。このようなすまいValueですが、結論どのような人がすまいValueを活用すべきで、逆にどのような人には適さないのか、ピンポイントで紹介します。

すまいValueがおすすめの人

大手不動産会社の充実したサポートや広いネットワークに期待する人
すまいValueは業界トップクラスの大手6社が運営しているネームバリューが大きな特徴です。なかには他の査定サイトでは依頼できない企業もあり、間口を広げて多数の顧客を拾おうという戦略は取らず、自社運営サイトに注力してサービスの向上に努めている姿勢も伺えます。
実際、大手ならではの多様なサポートメニューや保証内容に満足したという声も多く見られます。
また売却だけでなく不動産に関わる総合的なノウハウを持った企業ばかりのため、自社で抱える顧客層が幅広いのも大きな魅力。大手企業の充実したメニューや広大なネットワークを駆使した販売力に期待する人はぜひすまいValueを検討しましょう。
西崎さん
西崎さん

知識に自信がなく、「安心感」にも費用をかけたいと思う方におすすめです。間違いはないです。

\不動産業界の大手6社に査定依頼/
すまいValueの公式サイトへ

すまいValueがおすすめできない人

地域密着型企業や、多数の不動産会社からの査定結果を比較したい人

すまいValueが得意としている地域は、先述の通り都市部に集中している傾向があります。そのためエリアによっては担当者があまり地域情報に精通しておらず、積極的な販売活動が期待できない可能性があります。さらに地域密着型の中小企業のほうが、あるいは担当者の裁量が大きく、柔軟性があると感じる場合もあるでしょう。

また、すまいValueで査定依頼できる企業は6社のみに限られるため、6社のうち対応できる企業がなければそれ以上の選択肢はありません。できるだけ複数の不動産会社を比較検討したい人にとっては利便性はよくないといえます。

このような人は、他の不動産一括査定サイトの利用も検討してみるとよいでしょう。すまいValueと併用することでさらに選択肢が広まる可能性もありますので、併せて検討してみてください。

すまいValue以外におすすめの不動産一括査定サイト

すまいValueがおすすめの人とそうでない人のタイプがわかってきました。ここからは、すまいValueは自身には向いていないと感じた人のため、その他におすすめの不動産一括査定サイトと、自分に合うサイトの賢い選び方について解説します。

すまいValueが適していない人におすすめのサービス

数多あるサービスのなかから、すまいValueにはない強みをもった不動産一括査定サイトをいくつか紹介します。タイプ別に一覧表にしたのでご覧ください。

タイプ 地域密着型企業に依頼したい 多数の不動産会社を比較したい 安全性の高いサイトを利用したい 大手6社以外の良質な企業を探したい 土地活用・不動産投資も検討したい リアルタイムで相場を知りたい
サービス名 イエウール おうちクラベル HOME4U すまいステップ リビンマッチ IESHIL
すまいステップとの比較点 より幅広い不動産会社と提携している 最大15社へ査定依頼できる NTTグループの高セキュリティを導入 優良企業のみ1,000社以上の提携 多様なニーズに対応 マンションの部屋単位でAI査定
リンク

自分に合う不動産一括査定サイトを見つける方法

不動産一括査定サイトは、サイトによって特徴が異なるため、それぞれに強みや弱点があります。そのためすべての条件を満たすサイトを見つけるのはなかなか難しいかもしれません。

自分に合う不動産一括査定サイトを見つけるためには、まず希望する条件に優先順位をつけてみましょう。位の条件をなるべく多く満たせるサイトを活用し、あとは別のサイトを併用して満たせていない条件を補填するという方法がおすすめです。

例えば以下のような条件が考えられます。

条件 利用検討したいサイトの特徴
個人情報漏洩が不安なため、安全なサイトを利用したい プライバシーマークを取得しているようなセキュリティ徹底を謳っている
利用者が多く評判のいいサイトを利用したい 「利用者1,000万人超え」など利用者数を誇る
なるべくたくさんの不動産会社を比較したい 提携社数・最大同時依頼社数が多い
質の高い不動産会社だけに的を絞りたい 「悪質業者排除制度」を導入していたり、具体的な提携企業の厳選指標が明示されている
農地や山林など特殊物件を高く売りたい 査定フォームの不動産種別選択項目で希望の物件が選択できる
匿名で不動産会社に査定してもらいたい 「匿名査定」(※シミュレーターではない)サービスを導入している
だいたいの相場を瞬時に知りたい AI査定やシミュレーションサービスを導入している
なるべく早く売りたいので初めから訪問査定を依頼したい 査定フォームで「訪問査定」が選択できる
買取や土地活用など仲介売却以外の方法を希望 買取や土地活用プラン一括請求サービスなどのサービスを導入している、または査定フォームの付随コーナーで希望条件を選択できる

一概にいえませんが、査定フォームへ進む際に選択する「不動産種別」を見ることで、そのサイトが得意としている不動産を察知することもできます。査定を希望する物件が選択項目になく、「その他」などで選択しなくてはならない場合は、そのサイトでは対応できる不動産会社が少なく、あまり良い結果を期待できない可能性があります。

また匿名査定を希望する場合に注意したいのは、サイトによってはシミュレーターツールを「匿名査定」と謳っている場合がある点です。シミュレーターツールは、過去事例や近隣相場のデータベースを活用して瞬時に相場を算出することができるツールですが、不動産会社による査定ではありません。不動産会社の査定を匿名で受けたい場合は、査定フォームで希望の不動産会社を選択できるサイトを選択しましょう。

すまいValueに関するQ&A

続いて、すまいValueに関してよくある疑問をピックアップして、Q&A形式で紹介します。プライバシーや営業の電話など、ここまでで解決できなかった疑問点などないかチェックしておきましょう。

すまいValueはすぐに売却する予定じゃなくても査定できる?

すまいValue運営各社では、具体的な売却時期は決まっていない場合でも不動産を査定をすることができます。

また、将来を見据えた相談なども受け付けているため所有する不動産について不安なことがある場合には、すまいValueに査定依頼をしてみましょう。信頼できる大手6社が相談にのってくれます。

周囲に知られないように査定してもらえるの?

家を売却することを近隣住民に知られたくないという人は多いです。すまいValueではそのようなセンシティブな要望にも柔軟に対応しています。

すまいValueで依頼する不動産会社はどこも実績豊富な大手企業のため、これまでもさまざまなユーザーの事情に対応してきたノウハウがあります。訪問査定は人通りの多い昼間の時間帯を避けるなどの配慮や、物件情報を一般公開せずに自社のネットワークを利用して内密に販売活動をおこなうなど、戦略を考えてくれるでしょう。特別な事情がある場合は、査定依頼フォームの「要望・連絡事項」欄に入力しておくとスムーズです。

すまいValueの一括査定で入力する個人情報は安全?

プライバシーポリシーにおいて個人情報の取り扱いを説明しています。個人情報の定義は、特別な定めのない限り個人情報保護法に準じ、依頼者の許可なく公開はしていません。

査定で提示した情報は、あらかじめ公表した利用目的の範囲内で取り扱われます。個人情報の取り扱いとしては一般的なため、特筆すべき脅威や不安要素はないといえますが、利用の前に規約に目を通すことを忘れないようにしましょう。

すまいValueの営業の電話はしつこい?

すまいValueからは営業の電話はきませんが、査定の対応をした営業担当者から電話勧誘がくることはあります。

万一、必要以上に強引なセールスをする営業担当者にあたって困る場合は、サイトの問い合わせフォームを利用しましょう。早急に対処を希望する場合は、電話サポートもしています。以下フォームからどちらかの方法で問い合わせることが可能ですのでチェックしておきましょう。

すまいValue お問い合わせフォーム

西崎さん
西崎さん

大手業者ですから、担当者に不安があるようなら担当変更を気軽に申し出ましょう。

\不動産業界の大手6社に査定依頼/
すまいValueの公式サイトへ

すまいValueで査定依頼をする流れや必要書類

最後に、実際にすまいValueを利用して売却査定依頼をする流れを解説します。基本的には次の流れでおこないましょう。

  1. 不動産の情報がわかる書類を準備する
  2. Webで不動産のデータを確認する
  3. 査定依頼ページで必要事項を入力する

それぞれのステップについて、以下で詳しく解説します。

不動産の情報がわかる書類を準備する

まず、売却したい不動産の情報が確認できる書類を準備することから始めましょう。査定に役立つ書類は以下の通りです。

  • 登記済権利書・登記識別情報
  • 固定資産税納税通知書・固定資産税評価証明書
  • 土地測量図・境界確認書(戸建や土地の場合)
  • 建築確認済証・検査済証など(戸建の場合)
  • 管理規約・使用細則・維持費等の書類(マンションの場合)
  • 耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書
  • 売買契約書・購入時のチラシ

これらの書類は、必ずしも用意しなければならないわけではなく、おおよその情報であっても査定を依頼することもできます。しかし正確な査定結果を得るためには、正確な物件情報を入力することが大切です。明確に売却の意思があり、正しい査定結果で不動産会社を比較したいのであれば、上記のような書類を用意しましょう。

Webで不動産のデータを確認する

すまいValueには、現在売り出し中の物件情報が掲載されています。その物件情報を確認することで、相場価格を知ることができるため大変便利です。

不動産売却を成功させるためには、売りたい不動産のおおよその相場を知っておくことが大切です。複数の査定結果を比較する際に、基準となる相場価格が把握できていれば、より適切な価格を算出した不動産会社を選ぶことができます。

以下は、すまいValueで売り出し中の物件情報を確認する方法です。

  1. すまいValueトップページをスクロールして「エリアの売出中物件を見る」を確認
  2. 物件の種類を選択する
  3. 都道府県を選択し、都道府県ページを参照する
  4. 「エリアを選択する」から市区町村や地域を選択する
  5. 物件情報一覧から気になる物件を選んで詳細を閲覧する

各市区町村のページでは、売り出し中の物件数や平均坪単価、査定物件の種類比率、ユーザーの年代といった情報を得ることができます。ぜひ閲覧しましょう。

査定依頼ページで必要事項を入力する

続いて、査定ページにアクセスして査定依頼をおこないます。

すまいValueの査定フォームには、次のような入力項目があります。

  • 物件所在地
  • 専有面積
  • 築年数
  • 間取り
  • 物件の状態
  • 物件の所有者について
  • 要望・その他連絡事項
  • 査定理由
  • 査定方法
  • 名前、年齢
  • メールアドレス、電話番号
  • 現住所

必須入力項目は物件所在地・築年数・物件の状態・所有者について・査定方法・名前・メールアドレス・電話番号・現住所の9点で、最短60秒で入力が完了します。

査定方法を選ぶ

すまいValueでは、査定方法を「机上査定」と「訪問査定」の2種類から選ぶことができます。机上査定とは不動産の情報をもとに、データ上の概算的な価格を算出する方法です。対して、訪問査定は不動産会社の査定員が実際に不動産を訪れ、物件の状態や周辺環境などを見て価格を算出する方法のことをいいます。

机上査定のメリットは査定の迅速さで、業者によっては数時間程度で結果が出ることもあります。訪問査定は査定の時間がかかるものの、より正確な査定結果が得られることがメリットです。

まずは条件に合いそうな数社に机上査定を依頼し、その結果を受けて1〜2社に絞り、あらためて訪問査定を依頼します。すでに希望の会社を絞り込めている状態であれば、最初から訪問査定を依頼するとスムーズです。

西崎さん
西崎さん

書類の準備は後からでもよいです。なぜなら、書類を整えるのには知識と時間が必要ですから、最低限の情報で業者に依頼をしてしまいましょう。

査定結果を比較し、納得できる査定内容を提示してくれた不動産会社と媒介契約を交わします。そこからいよいよ売却活動がスタートとなるため、契約までの間に疑問点がある場合は積極的に担当者に相談しておきましょう。

机上・訪問査定はどちらも不動産会社の営業活動の一環のため「無料」です。査定したからといって必ず契約しなくてはいけないわけではありませんので、査定結果に納得できた場合のみ契約へ進むようにしましょう。

\不動産業界の大手6社に査定依頼/
すまいValueの公式サイトへ

まとめ

安心かつ信用性の高い不動産一括査定サイトを利用したいなら、すまいValueはおすすめなサイトです。

すまいValueの運営は、不動産業界を先導する大手不動産会社6社によっておこなわれています。査定もその6社に依頼することができ、査定結果の精度の高さも保証されています。

また不動産売買は初めてという人や、任意売却といった特殊な取引を考えている人、売却するかどうか検討段階の人など、幅広いユーザーが気軽に利用できることもうれしいポイントといえるでしょう。

〜すまいValueはこんなサイト〜

  • すまいValueは、不動産業界をけん引する大手6社が運営・査定するため安心!
  • すまいValueは、大手業者ならではのサポートやサービスが充実している!
  • すまいValueは、確かな実績と顧客の多さで早期売却・高額売却が期待できる!

【不動産一括査定すまいValue】の基本情報

・利用者数:100万人(推定)
・提携会社数:大手6社
・同時依頼数:6社
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地
・コラム記事:有(「すまいValueマガジン」)
・URL:https://sumai-value.jp/

\不動産業界の大手6社に査定依頼/
すまいValueの公式サイトへ

※編集部にて不動産査定サイト利用ユーザーを対象におこなったアンケート結果とインターネット上の情報を参考に執筆

その他の不動産一括査定サービスを比較したい人にはこちらの記事がおすすめです。

監修いただいた専門家
西崎 洋一
宅地建物取引士
タイトルとURLをコピーしました