イエウールの評判は?口コミから査定のメリット・デメリットを解説

不動産売却

無料の不動産一括査定サイトは多数ありますが、中でもイエウールが気になっているという方は多いのではないでしょうか。

この記事を読めば「他の査定サイトとどう違うんだろう?」「1000万に以上の利用者がいるらしいけど、本当に信用して大丈夫?」という悩みをすぐに解決できるはずです!

本記事では、他社の一括査定サイトよりもイエウールがどのように優れているのか、また不利益な点はないのかなど、実際にイエウールを利用した人の口コミ・評判を参考にしながら解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事からわかることは以下の通りです。

  • イエウールの利用者からのリアルな評判
  • 利用者の口コミから見たイエウールのメリット・デメリット
  • イエウールが自分にとって最適な査定サイトかどうか

なお、マイナビ不動産査定にて行われたアンケート調査によると、不動産一括査定サービス利用者の中でも高い評価を得ています。サービス利用者のアンケート結果とマイナビ不動産査定編集部の知見をもとにしたランキングでは、イエウールは総合で最もおすすめしたいサービスに選ばれました。そういった結果も踏まえて、イエウールについて見ていきましょう!

一括査定サービス利用者が選んだおすすめサービスTOP3

※クラウドワークス、クロスマーケティング調べ(2021/4/9~2021/4/13実施 回答数380人)

【イエウールの利用者にアンケート!】リアルな口コミを見てみよう

マイナビニュース不動産査定では、実際にイエウールで査定サービスを利用した人に直接アンケートを行いました。

「サイトの使いやすさ」「机上査定のレスポンスの速度」「査定結果・根拠」「不動産会社の対応・質」「イエウールの相談窓口の対応」を5段階で評価すると、以下の結果になりました。

「サイトの使いやすさ」や「机上査定のレスポンス速度」については特に好評で、不動産会社から即日結果が届くためレスポンスに関しては悪い評価はありません。査定結果にも満足しているという声も多く見られました。

また、「不動産会社の対応・質」については賛否両論で、査定依頼後はしばらく不動産会社からの熱心な営業が続くため、それを心強いと感じるかしつこいと感じるかは、依頼者の売却意思の有無にもよるでしょう。

総合的な満足度としては5段階評価で3.6となっています。


イエウールで無料一括査定する

「イエウール」利用者の項目別口コミ

イエウールを活用した30〜60代の利用者にアンケートを行いました。項目別に満足度とその理由を紹介します。

  • サイトの使いやすさ
  • 査定結果・根拠
  • 不動産会社の対応・質
  • キャンセルやトラブル時のイエウールの相談窓口の対応

それぞれ具体的に見てみましょう。

サイトの使いやすさ

  • サイトはかなり見やすいです。検索しても上位に来てすぐ見つかると感じました。(戸建て/30代
  • 情報を一箇所に提供することで、複数の会社からの査定が受けられるので、各社を一つずつまわる手間が省けてよいと思いました。何か連絡を送れば応答がはやいと思えました。スムーズなサービス対応も魅力です。(戸建て/30代)
  • 色んな不動産業者から連絡が一気にきて正直どこがどの不動産なのかよくわからなくなってしまった時があったので一括じゃない方がよかったかもと思いました。(戸建て/30代)

査定結果・根拠

  • 希望金額以上での売却ができたのと不動産会社の方の対応がとても良く、利用して本当に良かったです。(戸建て/50代)
  • 査定結果が早く分かり、また希望に近い価格提示だった。(店舗・工場・倉庫/60代)
  • 直ぐにレスポンスがあり、具体的な金額を知ることが出来た点は満足しているが、2社だけだったのでもう1、2社から見積をもらいたかったです。(マンション/40代)

不動産会社の対応・質

  • 思ったより高く見積もってくれたので嬉しかった。一番評価額が高いところは親切丁寧でした。しかも過剰な催促もありません。(戸建て/60代)
  • 土地の価値を把握したかったいときに、周辺の地域性も考慮しながら情報を伝えてくれて、とてもわかりやすかったです。ガツガツしていない対応に好感を持ちました。(土地/20代)
  • イエウールはよいサービスだと思いますが、動機が「資産価値を知りたい」だと、あとあと、不動産会社からの営業攻勢を断るのが大変です。しかし、どこも良識のある業者なので、こっちが「冷やかしで申し訳ないな」と思っています。(マンション/40代)

キャンセルやトラブル時のイエウールの相談窓口の対応

  • こちらのわがままで、途中でキャンセルしましたが嫌味ひとつ言わず暖かかった。(戸建て/60代)
  • 査定をキャンセルしても営業の電話がかかってきた。問い合わせ先が分かりにくいのは改善してもらいたいです。(戸建て)

口コミからわかった「イエウール」とは?

「イエウール」の口コミ分析結果
・入力フォームが直感的な仕様で使いやすい。
・他サイトでは対応できないような地方エリアでもマッチングは期待できそう。
・不動産会社からのレスポンスが迅速で手続きもスムーズ。
・不動産会社からの営業連絡が続くため、売却意思がない査定依頼には適さない。
・イエウールへの問い合わせは基本的にメールだけなので時間がかかる可能性もある。

イエウールの良い口コミ/評判から見る5つのメリット

利用者の口コミ・評判が分かったところで、イエウールを利用するメリットを見ていきます。イエウールは不動産情報サイトとしても優秀ですが、不動産の一括査定サイトとしてのメリットのみ取り上げます。具体的には次の通りです。

  • 地方での不動産会社の見つかりやすさは業界No.1
  • 査定を受けられる不動産の種類が業界トップクラス
  • 不動産会社の当たり外れが少ない
  • チャット風の入力フォームで査定依頼が簡単
  • 気になる不動産会社をピンポイントで探せる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

地方での不動産会社の見つかりやすさは業界No.1

一括査定サイトのなかには、地方の不動産会社と提携していない場合があります。全国規模の大手不動産会社に依頼すれば査定はできるかもしれませんが、そのエリアならではの強みが査定結果に反映されないかもしれません。不動産会社自体が見つからないこともあり得ます。

一方、業界No.1の提携業者数を誇るイエウールでは、47都道府県の中小不動産会社との提携を強化しています。そのため、地方でも査定依頼できる不動産会社を見つけやすく、地域ならではの情報に強いのがメリットです。

今回紹介した口コミの中には、郊外・地方エリアの不動産の査定を依頼した人も多く、「イエウールしか受け入れてくれるところがなかった」という声も見られました。

実際、東京商工リサーチによる一括査定サイトの比較調査では、イエウールが市区町村単位の査定対応エリア数No.1を記録しています(2018年7月時点)。

順位 一括査定サイト 市区町村数(2018年7月時点)
1位 イエウール 1,805
2位 リビンマッチ(※旧スマイスター) 1,720
3位 イエイ不動産売却査定 1,718
4位 マンションナビ 1,716
5位 オウチーノ 1,710
6位 すまいValue 1,705
7位 HOME4U 1,698

契約や相談で不動産会社に訪問する機会も多いため、仲介を依頼する不動産会社はできる限り近場にある方が楽です。一括査定サイトを利用するときには、売りたい不動産の近くにある不動産会社と多く提携しているサイトを選びましょう。

さらに、イエウールで何件の不動産会社に査定依頼ができたのかを、都道府県別に平均を出してみました。地方エリアではなかなか仲介ができる不動産会社が見つからないことも多いですが、イエウールでは概ね2〜3件の不動産会社と出会えた人が過半数以上でした。

査定を受けられる不動産の種類が業界トップクラス

戸建てや分譲マンションのみを対象にしている一括査定サイトもありますが、イエウールの守備範囲は広く、次に挙げるような不動産を全て査定依頼の対象としています。

  • 分譲マンション
  • 一戸建て
  • 土地
  • 一棟アパート・一棟マンション
  • 区分マンション(収益)
  • 一棟ビル
  • 区分所有ビル(ビル一室)
  • 店舗・工場・倉庫
  • 農地
  • その他

幅広い不動産会社と提携しているため、対応できる不動産の種類が非常に豊富です。主要な一括査定サイトと比較しても、対応している不動産の種類はトップクラスであることが分かります。

サービス名 対応物件の種類
戸建て マンション 土地 投資物件 店舗・工場・倉庫 農地
イエウール
すまいステップ
HOME4U
LIFULL HOME’S ×
おうちダイレクト(Yahoo!)
リビンマッチ ×
イエイ不動産売却査定
マンションナビ × × × × ×
IESHIL不動産会社紹介サービス × × × × ×
すまいValue
イエカレ
タウンライフ不動産売買
SUUMO売却査定 × × ×

※△は各サービスの対応物件の種別「その他」に該当しうるもの。

他の一括査定サイトでは対応できる不動産会社が見つからなかった場合でも、イエウールなら所有する不動産に適した不動産会社が見つかる可能性が高いといえるでしょう。

不動産会社の当たり外れが少ない

口コミに特に多く見られたのは、「レスポンスが早くスムーズ」「担当者が熱心で親切」という声です。その理由は、イエウールが次のような取り組みをしていることが挙げられます。

  • クレームの多い事業者の登録を解除する「悪徳業者排除制度」がある
  • 不動産会社に定期的なレクチャーやアドバイスを行っている

ユーザー目線に立っていない強引な営業活動をする不動産会社が多いと、イエウール自体の評価が下がってしまうため、登録している不動産会社の厳選と営業担当者へのアドバイスを行っています。排除前の不動産会社に当たってしまうと強引な営業活動を受けるかもしれませんが、その頻度は低いといえるでしょう。

チャット風の入力フォームで査定依頼が簡単

イエウールで査定依頼する手順は簡単です。会話形式で必要事項を入力できるSNS風の画面なので、親しみやすさを感じられるでしょう。サクサク入力できれば、最短1分で査定依頼を完了できます。以下は、チャットで行う場合の査定依頼の画面例です。

気になる不動産会社をピンポイントで探せる

近所を歩いていて気になった不動産会社のことが知りたいときも、イエウールを活用できます。登録された1,900社以上もの不動産会社のなかから、会社名を50音順やエリア別で簡単に検索し、詳細を調べられるからです。店舗によってはスタッフの顔写真が紹介されているため、雰囲気まで把握できます

イエウールの悪い口コミ/評判から見る3つのデメリット


ここまではイエウールの良い評判を紹介してきましたが、悪い口コミがあるのも事実です。以下でご紹介するのは、悪い口コミから見えてくる、イエウールの3つのデメリットです。

  • 査定額だけ知りたい場合は不向き
  • 査定依頼がキャンセルできない可能性がある
  • 電話相談の窓口がない

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

査定額だけ知りたい場合は不向き

イエウールに限ったことではありませんが、不動産会社が査定を無料で行うのは、その後の売却を仲介することで手数料を得ることを見込んでいるからです。つまり、ボランティアではないので査定後は営業の連絡が来ます。「売る気はないけど査定してもらいたい」という希望には適していません。

イエウールに加盟している不動産会社は、売却を本気で考えている人にこそ頼りになる企業が多いため、売却をスムーズに進めたいときに利用しましょう。

ただし、営業担当者の人柄までは連絡が来るまでわからないので、口コミにもあるような「しつこい」営業連絡に悩まされる可能性がないとは言えません。一度断っても頻繁に連絡が来る、言葉が強いなど過度な営業に遭遇した場合は、良い断り方を解説した以下の記事も参考にしてください。

不動産会社への良い断り方3つを解説|悪い断り方やメールの文例も
不動産会社に契約の断りを入れる際のポイントや注意点について解説するとともに、勧誘を断る際の具体的な手段や文言について紹介します。不動産会社に査定を依頼したいけれど、しつこく営業をかけられるのが心配だという人は、ぜひ参考にしてください。

査定依頼をキャンセルできない可能性がある

査定サービスの迅速さイエウールのセールスポイントの1つです。利用者から申し込みがあったときには、いち早く不動産会社へ査定を依頼します。しかし、その迅速さゆえに査定依頼をキャンセルできる期間が短いのがデメリットです。

申し込み先の不動産会社がすでに査定を始めていると、イエウールを通してキャンセルすることはできなくなります。その場合、利用者が自ら不動産会社にキャンセルする旨を連絡しなければなりません。

一括査定を依頼後、まだ不動産会社から連絡が来ていない段階でも査定自体は始まっている可能性があります。その場合はイエウールを通してキャンセルはできないので、自分で不動産会社に連絡できるよう、会社名と連絡先のメモを残しておきましょう。

電話相談の窓口がない

査定やサイト利用に関するトラブルが発生した場合、まずは電話で問い合わせをしたいところですが、公式HPのトップページではイエウールへの電話での問い合わせ先の記載がありません。問い合わせフォームよりメールで問い合わせが可能ですが、返信が来るまで時間がかかるケースがあります。

イエウールを利用してみて満足できなかった場合には、他の査定サイトと併用してみるのも一つの方法です。こちらの記事では、さまざまな査定サイトをランキング形式で紹介していますので、併せてチェックしてみてください。

不動産一括査定サイトランキングおすすめ22選!選び方や利用者の声も紹介!
不動産一括査定サイトのおすすめ22サービスをランキング形式で紹介します。不動産売却でどこに査定依頼すればよいかお悩みならばぜひご覧ください。査定サイトの選び方や注意点、利用者の口コミなど取り上げた査定サイト選びのための保存版です!

【イエウールの基本情報】おすすめの人と6つの特徴

イエウールの基本情報 詳細
利用者数 1,000万人以上
提携会社数 1,974社以上(2020年7月時点)
同時依頼数 6社
対象エリア 全国47都道府県1,803市区町村(2020年7月時点)
対応不動産の種類 戸建て、マンション、土地、投資物件、店舗、工場、倉庫、農地
コラム記事 有(「はじめての不動産売却お役立ちメディア『イエウール』」)
公式サイト 「イエウール」

イエウールは次のような人におすすめの一括査定サイトです。

  • 地方エリアの不動産を売却したい人
  • 特殊物件の取引を検討している人
  • 不動産会社の評判や売却のコツも知りたい人

利用者1,000万人超えの一括査定サイト

イエウールの最大の特徴は、他サイトのなかでもトップクラスの1,000万人を超える利用者数です。多くの人に利用される人気サイトであることがわかります。

そして驚くべきは、その成長スピードの速さです。イエウールは2014年に運営を開始しており、他の一括査定サイトよりも比較的新しいサイトといえます。運営開始からわずか数年で利用者数No.1にまで駆け上がった実力が伺えます。

提携社数・エリアカバー率・月間利用者で3冠達成

2020年7月時点での東京商工リサーチの調べによると、イエウールは提携社数を1,900社以上に伸ばし、さらにエリアカバー率・月間利用者数ともに、調査対象9社中1位となっています。

”出典:東京商工リサーチ不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」”

イエウールは地域密着型の中小不動産会社が多いと説明しましたが、全国規模で展開している大手不動産会社も多く登録されています。都市部へ住みながら地方の実家を売却したい場合や複数の不動産を売却したい場合などは、各地に店舗を持ち幅広い情報を持っている大手不動産会社を選ぶのもおすすめです。

イエウールに登録されている大手不動産会社の一部を紹介します。

  • 三井住友トラスト不動産
  • みずほ不動産販売
  • 住友林業ホームサービス
  • 近鉄不動産
  • 大京穴吹不動産
  • CENTURY21
  • 積水ハウス

他にも大手不動産会社が多数提携しています。地元の不動産会社と大手不動産会社の査定結果を比較することも可能です。

悪徳不動産会社の排除を心掛けている

利用者からのクレームの多い不動産会社に対しては、イエウール側から契約を解除できます。つまり、優良な不動産会社のみがイエウールで活動できるという仕組みです。他の査定サイトを使って悪質な業者の対応に苦労したという人も、サイト利用への心理的ハードルが低くなるでしょう。

不動産会社の評判が確認できる

不動産会社の雰囲気を知るだけでなく、イエウール関連サイトのおうちの語り部では、不動産会社ごとの評判を調べられます。

実際に不動産を売却したユーザーから、5,000件を超えるリアルな口コミが寄せられているため、不動産会社選びに大変役立つでしょう。不動産会社に対する感想だけでなく、売却した不動産の種類や住所、売却までの期間、売却理由といった取引の詳しい情報も確認できます。

売却したい不動産に近い事例を確認できれば、売却のイメージをつかみやすくなるでしょう。閲覧は無料で、ユーザー登録をする必要もありません。

利用者の声を反映したデータやコラムが充実

不動産取引に関するコラムはじめての不動産売却お役立ちメディア『イエウール』も魅力のひとつです。コラムの監修にはは複数人の専門家が携わっており、不動産の知識が一切ない人にもわかりやすい内容に仕上がっています。

人気記事のランキングやテーマ別の絞り込み機能があるため、不動産に関する幅広い知識を身に着けたい人にも有用です。テーマは次の6つに分類されています。

  • 住み替え
  • 相続
  • 離婚
  • 空き家
  • 住宅ローン
  • 土地活用

そして、イエウールではたびたび不動産売却経験者や査定サイトの利用者へアンケートを実施しており、リアルな声を反映したデータなどを公開しています。売却初心者にとっては非常に有益な情報になるはずです。

土地活用サービスも開始

イエウールでは土地を売却せずに活用するためのサービスも展開しています。相続した土地の活用方法に悩んでいる人や、投資目的で土地を取得し活用したい人は利用してみましょう。また、売却予定だった土地が売れず、固定資産税の支払いに悩んでいる人にもおすすめです。個別の要望に適した土地活用のプランを無料で請求できます。

イエウールで査定依頼をする流れや必要書類

イエウールで一括査定を依頼する際の一連の流れは次の通りです。

  1. 不動産の資料を用意する
  2. 査定フォームで不動産や個人情報を入力する
  3. 査定結果が出たら不動産会社を決める

それぞれのステップについて詳しく見ていきましょう。

不動産の資料を用意する

一括査定をすると、まずは書類で確認できる情報だけを基に机上査定が行われます。この時点では情報だけあれば良いため、書類の提出を求められることはありません。とはいえ、入力する情報にミスがあると査定額に影響します。正しい情報を把握するためにも、次のような資料を準備しておきましょう。

  • 測量図
  • 間取り図
  • 購入時の売買契約書
  • 購入時のチラシ・パンフレット

事前に準備しておけば、机上査定後の訪問査定や仲介を依頼する媒介契約時に書類を求められても、スムーズにやりとりできます。

以下の記事では、不動産売却時に準備しておくべき書類がチェックリスト形式でまとめられていますので、併せてチェックしておきましょう。

不動産売却のお助けチェックリスト!売却の流れから必要な書類まで解説
この記事では、不動産売却時の手順や必要な書類をチェックリスト形式で解説します。土地を売る場合と戸建てやマンションを売る場合では、手続きや書類に違いがあります。細かい部分までしっかりと確認して、自分の売却ケースでの備えをしておきましょう。

査定フォームで不動産や個人情報を入力する

不動産の資料が用意出来たら、イエウールの一括査定ページにアクセスして、実際に入力を開始します。パソコンでもスマートフォンでもアクセス可能です。1分ほどで入力を完了したら最大6社へ査定依頼ができます。

以下は、パソコン版のイエウールの査定依頼の流れです。

パソコン版もスマートフォン版も、主な入力項目は次の通りです。

  • 不動産の住所(都道府県・市区町村あるいは郵便番号)
  • 不動産の種類
  • 不動産の詳細な住所、建物名
  • 不動産との自身の関係性
  • 間取り
  • 築年数
  • 不動産の状況(住んでいるのか/貸しているのか/空き家なのか)
  • 入力者の氏名・年齢・連絡先
  • 査定依頼の理由
  • 査定方法(机上査定/訪問査定)

以上の項目を全て入力すると、対応する不動産会社が表示されるので、依頼したい会社をチェックしましょう。査定する不動産会社への要望、住み替えの有無、売却の希望時期、希望の連絡日時を記入すれば完了です。

査定結果が出たら不動産会社を決める

入力が完了したら査定結果が出るまで待ちましょう。イエウールで依頼できる査定方法には机上査定と訪問査定の2種類がありますが、選択した査定方法によって結果が出るまでの時間が異なります。

机上査定を選択した場合は、最大6社からメールや電話で結果が届きますので、そこから気になる不動産会社を絞り込んで訪問査定へ進みましょう。訪問査定では、訪問を受けるために日時の確保が必要となるので、2〜3社に絞るのがおすすめです。訪問査定でより精度の高い査定結果が出たら、いよいよ仲介依頼をする会社を決めます。

すでにお目当ての不動産会社が決まっているのであれば、入力フォームで最初から訪問査定を選択する方がスムーズです。

次の記事では、大手不動産会社をピックアップし、不動産会社選びのおすすめの方法など解説していますので併せてご覧ください。

【2021年版】不動産大手おすすめ10社を紹介!選び方や注意点も
不動産大手の会社実績を一気に知りたい人は必見です!最新の人気不動産10社をランキング形式で紹介し、それぞれの特徴についても解説しています。また、複数の不動産会社で迷わなくてもよくなる上手な選び方についてもご紹介。ぜひ参考にしてください。

一括査定後に不動産を高く売却するコツ

査定を受けた後、「どのような不動産会社を選べば良いかわからない」「査定結果が適正なのかわからない」と悩むことがあるかもしれません。

次では、実際にイエウールで一括査定を利用した後、選ぶべき不動産会社のポイントや査定結果が適正かを判断するコツを紹介します。

営業担当の対応まで確認して不動産会社を決定

一括査定を終え、依頼した不動産会社からの査定額が出そろったら、査定額の高さだけでなく、営業担当の対応まで確認して仲介を依頼する不動産会社を決めましょう。

不動産売却の成功のカギは、信頼できる不動産会社に仲介を依頼することです。不安や疑問の残る不動産会社や、力量や積極性の足りない営業担当者と契約を結ぶと、本来売れたはずの金額よりも低い金額で売ってしまうことになりかねません。

イエウールが悪徳業者を排除しているとはいっても、査定額の理由を尋ねたときに明確な説明がない不動産会社は要注意です。仲介を依頼してもらうために、実際には売れにくい高額な査定額を出している恐れがあります。この場合、実際には売れにくいため一定の売却期間を経てから値下げを提案してくるかもしれません。

不動産会社を選ぶコツをもっと詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

不動産売却はどこがいい?大手、中小、特化型のメリデメを比べよう!
不動産会社はたくさん存在し、それぞれ得意分野があります。この記事では、不動産会社探しのポイントを数分でわかるよう解説します。さらに、大手・中小・特化型の3種類の不動産会社のそれぞれのメリット・デメリット、経験者の体験談なども紹介します。

売却期間に余裕をもって購入希望者を探す

高額で売却したいのであれば、ゆとりある売却期間を想定しておくと良いでしょう。不動産売却は、スムーズに進んだとしても3ヶ月以上かかり、希望の価格での成約に1年かかったというケースも珍しくありません。

売却を急がなければいけない状況にあると、現れた購入希望者を逃さないために極端な値下げ交渉に応じてしまったり、ライバル物件に勝つために相場より低い金額で売り出してしまたりします。時間の猶予があれば、このような事態を避けられるため、売却する意思が強いなら早めに行動を開始しましょう。

不動産売却にかかる期間について詳しくはこちらの記事で解説しています。

不動産の売却にはどのくらいの期間がかかる?平均的な期間を徹底解説!
不動産を時間をかけず売却することは難しいです。不動産の売却はトラブルがないようさまざまなステップを踏んで慎重に進めていく必要があるからです。本記事では不動産売却にかかる期間について、その平均や売却期間を短くするポイントを含めて解説します。

広告や内覧で印象を良くする

広告写真や内見時のイメージは、成約に大きく影響します。とくに不動産の種類が住居の場合は要注意です。リフォームやハウスクリーニングをする必要はありませんが、購入後の生活がイメージできるような清潔さと居心地のよさを作り出すこが大切です。

具体的には次のような対策が挙げられます。

  • 掃除、整理整頓
  • 臭い対策
  • 明るく見えるように電気をつける
  • 過ごしやすいよう空調をつける
  • 想定される質問と答えを用意しておく

内覧を成功させるコツについて詳しく知りたい人は、こちらの記事も参考にしてください。

内覧でマンション売却を成功へ!準備や当日対応/内覧数を増やすには
内覧は、実際の印象を購入希望者が検討する大切な場です。この記事では、マンション売却における内覧を成功させるためのポイントをご紹介します。加えて、マンション売却成約までにかかる内覧件数や、内覧件数を増やすコツも解説します。

まとめ

業界トップの1,900社以上の不動産会社が登録しているイエウールは、査定対応エリア数も業界No.1で地方の不動産にも強く、非常に多くのユーザーに利用されている一括査定サイトです。

また関連サイトやコラムも充実しており、不動産会社の評判を知りたいときや不動産売却の知識も得たいときにも有用です。イエウールのさまざまなコンテンツを活用しながら、不動産への知識を高めつつ納得できる取引へと進みましょう。

イエウールの基本情報 詳細
利用者数 1,000万人以上
提携会社数 1,974社以上(2020年7月時点)
同時依頼可能数 6社
対象エリア 全国47都道府県1,803市区町村(2020年7月時点)
対応不動産の種類 戸建て、マンション、土地、投資物件、店舗、工場、倉庫、農地
コラム記事 有(「はじめての不動産売却お役立ちメディア『イエウール』」)
公式サイト 「イエウール」

イエウールは次のような人におすすめの一括査定サイトです。

  • 地方エリアの不動産を売却したい人
  • 特殊物件の取引を検討している人
  • 不動産会社の評判や売却のコツも知りたい人

 

※本記事は、編集部にて不動産査定サイト利用ユーザーを対象に行ったアンケート結果とインターネット上の情報を参考に執筆しています。

タイトルとURLをコピーしました