イエウールの評判を徹底調査!利用者の口コミやサービスの賢い活用方法を解説◆宅建士監修

不動産売却

数ある不動産一括査定サービスのなかでも、イエウールはずば抜けて利用者数の多い人気のサイトです。しかしなかには、「1,000万人以上が利用しているらしいけど、本当に信用して大丈夫?」「営業電話が多いという声も多くて不安…」と感じている人も多いでしょう。

本記事では、実際にイエウールを利用した人のリアルな口コミ・評判や、イエウールで一括査定依頼をおこなった体験レビューをもとに、イエウールのメリット・デメリットを分析します。また、イエウール担当者に直接聞いたポイントや、イエウールを活用して賢く不動産売却を進めるコツなどわかりやすく解説します。

イエウールが自分に合うサービスなのかどうか判断するための情報を漏れなく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

なお、マイナビがおこなった独自アンケートの調査結果と、編集部の知見をもとにしたランキングでは、イエウールは総合で最もおすすめしたいサービスに選ばれました。そういった結果も踏まえて、イエウールについて詳しく見ていきましょう。

一括査定サービス利用者が選んだおすすめサービスTOP3

※クラウドワークス、クロスマーケティング調べ(2021/4/9~2021/4/13実施 回答数380人)

監修いただいた専門家
西崎 洋一
宅地建物取引士

イエウールのリアルな口コミ・評判

さっそく、イエウールの口コミ・評判を見ていきましょう。この章では、編集部が独自におこなったアンケートから抜粋した利用者のリアルな口コミを紹介します。

【利用者アンケート】イエウールの口コミ・評判

マイナビ編集部では、実際にイエウールで査定サービスを利用した20〜60代のユーザーを対象に、直接アンケートをおこないました。集まった回答のなかから特に信憑性の高いものを厳選し、良い口コミ・悪い口コミの両方と、気になる項目の満足度を紹介します。

【サイトの利便性】に関する口コミ

『サイトが非常に分かりやすいですし、直感的に進める感覚があり大変使い勝手が良かったです。』(評価点:4.20点/広島県/戸建て/30代)

編集部コメント

「サイトが利用しやすい」という声はとても多く見られました。イエウールの査定フォームはチャット風に入力を進められる仕様になっており、不動産の情報に詳しくない人でも迷わず査定依頼ができるよう配慮されています。

色々な不動産会社があり比較対象がしやすかった。(評価点:3.50点/東京都/マンション・アパート/40代)
編集部コメント

イエウールは業界トップクラスの提携社数を誇ります。2,000社以上のなかから条件に合う不動産会社をピックアップしてくれるため、ユーザーは幅広い選択肢を得ることが可能になります。

『家を実際にみることなく、概算であるが査定金額をすぐに出してくれること。』(評価点:3.60点/千葉県/戸建て/50代)

編集部コメント
編集部コメント

イエウールの査定フォームでは、「机上査定」と「訪問査定」を選択することができる点も魅力の一つです。早急に査定結果を知りたい場合や、訪問査定を受ける前に目安となる査定額を調べたい人は「机上査定」がおすすめです。

『住所などかなり正確に入力しないといけないので、個人情報の扱いが大丈夫か心配。(評価点:3.33点/静岡県/農地/30代)
編集部コメント

不動産の住所を入力することは、正確な査定をおこなうためにどうしても必要です。個人情報漏洩が心配という声もいくつか見られましたが、イエウールでは個人情報を適切に管理する保護方針を掲げているため、不当に個人情報が公開されることはありません。

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

【査定結果・根拠】に関する口コミ

希望金額以上での売却ができたのと不動産会社の方の対応がとても良く、利用して本当に良かったです。』評価点:5.00点/広島県/戸建て/50代)

編集部コメント

「想定よりも高く売れた」という声も多く見られました。イエウールにはさまざまな得意分野をもった企業が多数参画しているため、自分が売りたい不動産の取り扱いが上手な不動産会社と出会えるチャンスも高まり、結果的に希望していた以上の取引きができるケースが多いことがうかがえます。

『レスポンスが早かった点は満足しているのですが、2社だけだったのでもう1、2社から見積をもらいたかったです。』(評価点:3.17点/広島県/土地/20代)

編集部コメント

イエウールは多数の地域に対応しうる企業と提携していますが、エリアによっては対応できる企業が限られる場合もあるようです。選択肢をより広げたい場合は、他の不動産一括査定サイトなどと併用するのも良い方法です。

他の不動産一括査定サイトも比較したい人はこちらの記事を参考にしてください。

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

【提携不動産会社の質】に関する口コミ

『めんどくさいというイメージがありましたが、返答が早く、テキパキしていたのでとても良かったです。』(評価点:4.60点/愛媛県/戸建て/20代)

編集部コメント
編集部コメント

イエウールで査定依頼をおこなうと、即日〜2・3日程度で不動産会社から連絡を受けます。また査定に対応する不動産会社に不手際などないよう、イエウールは提携企業に対して定期的な指導をおこなっています。迅速な査定、スムーズな手続きを期待する人にとっても安心して利用できる環境があります。

『土地の価値を把握したかったいときに、周辺の地域性も考慮しながら情報を伝えてくれて、とてもわかりやすかったです。ガツガツしていない対応に好感を持ちました。』(評価点:3.17点/広島県/土地/20代)

編集部コメント
編集部コメント

「親身な対応がよかった」「丁寧に説明してくれた」など、査定に対応した営業担当者への良い口コミも多かったです。特に、対象エリアに精通した情報をもつ担当者にも出会える点は、大手〜地域密着型の中小企業まで手広く提携しているイエウールならではの魅力でしょう。

『会社によってメールの内容が見にくいところがあったり査定額を教えて貰えないところがあったので残念でした。』(評価点:3.00点/大阪府/マンション・アパート/40代)

編集部コメント
編集部コメント

不動産会社によって査定の手法が異なるため、依頼時に机上査定を選んでも、実際に物件を見なければ査定できないと言われる場合があるようです。訪問を受けたくない、訪問日時の確保が難しいなどの場合はその理由を担当者に伝え、はっきりと断りを入れましょう。

『初めから絞って連絡すれば良かった。断るのが煩わしかった。(評価点:2.67点/神奈川県/マンション・アパート/50代)

編集部コメント
編集部コメント

良い口コミにも多く見られたように、イエウールでは積極的で熱心な不動産会社が多い傾向にあります。イエウールでは最大6社まで査定依頼を出すことができますが、依頼した不動産会社から一気に連絡がくると困る場合は2〜3社に絞って査定依頼することをおすすめします。

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

※紹介した口コミは、イエウールを実際に利用した人に向けたアンケートによるものです。(クラウドワークス調べ・2021/9/22〜2021/9/26実施・回答者24人)

利用者の満足度:平均3.60点

さらに、利用者アンケートから下記の5つの指標で満足度を集計しました。総合的な満足度としては5段階評価で平均3.60点となっています。

「サイトの使いやすさ」「机上査定のレスポンスの速度」「査定結果・根拠」「不動産会社の対応・質」「イエウールの相談窓口の対応」

結果を見ると、とくに「サイトの使いやすさ」や「机上査定のレスポンス速度」については、不動産会社から即日結果が届くこともあり、高い評価を得ているようです。

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

口コミからわかった「イエウール」とは

  • 入力フォームが直感的な仕様で使いやすい
  • 提携社数が多く選択肢が豊富
  • 不動産会社からのレスポンスが迅速
  • 想定以上の金額で売れる可能性もある
  • 売却意思がない査定依頼には適さない

イエウールの利用者からは、「サイトが直感的で使いやすい」「提携社数が多くいろんな会社を比較できてよかった」「予想以上に高値で売れた」「不動産会社の対応が迅速」といった点を評価する声が多くありました。

一方、「机上(簡易)査定を依頼したのに電話がかかってきた」「訪問査定を受けないと査定額が出せないと言われた」という、査定依頼後の不動産会社からの応対に関して不満に思う人も多いようです。

イエウールには悪徳企業を排除する仕組みもあり、初めてでも安心して利用できるサイトづくりがなされています。しかし、複数の不動産会社からすぐに連絡がくるため、「売却意思はないが査定額を知りたいだけ」といった目的の人は注意しましょう。

またイエウールは他サイトよりも提携社数が多く対応エリアも広いことが大きな特徴です。「田舎の物件なので不動産会社が見つからないのでは」という不安を持っている人はぜひ利用を検討してみてください。

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

イエウール担当者に聞いた!知っておくべき3つのポイント

イエウールは利便性がよく人気なサイトではありますが、口コミだけではなかなか解決しない懸念点もあります。

マイナビ編集部では、イエウールのパフォーマンスを最大化する上手な活用方法について、運営会社であるSpeee社に直接問い合わせてみました。公式サイトでは書かれていない情報も得られたため、ぜひ参考にしてください。

正直、イエウールってどんな人に向いてるの?

ネット上では、「初めての人にもおすすめ」や「いろんな不動産の売却に向いている」などの無難な説明しかされていないのが現状でしょう。

今回、イエウールが特におすすめなのはどんな人か、また逆に、正直なところどんな人には適さないのかなど、踏み込んで質問をしたところ、以下の回答を得られました。

イエウールが特におすすめの人 イエウールが不向きな人
  • 地方エリアに不動産を所有している人
  • 不動産会社の選び方がわからない人、見つける自信がない人
  • 依頼したい不動産会社が決まっている人
  • ただ単に不動産価格だけ知りたい人
  • これから住み替えで買う予定の家の価値を知りたい人(購入者側)

イエウールは都心部だけでなく地方エリアにも提携会社を多数持っているため、地方の物件を売却したい人には特におすすめである点は、公式でも謳われている通りのようです。

一方、依頼したい会社が決まっている場合や、ただ相場を知りたいだけという動機でイエウールに査定依頼をすることは避けたほうがよいかもしれません。

イエウールでは、売主と契約を結ぶことを最終目的としている不動産会社が多く参画しているため、担当者による営業連絡がくることになります。

売却を少しでも検討しているなら問題ありませんが「売却意思はないが相場の変動をチェックしたい」「家の購入のためにエリアの価格相場を知りたい」という人は、営業連絡に対応する手間が生じますし、不動産会社にも迷惑がかかるため利用は避けるべきでしょう。

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

営業電話が苦手という人はどうすればいいの?

上述したように、イエウールでは熱心な不動産会社が多く参画しているため、営業連絡の対応に不安を覚える人も少なくありません。

そのような人に向けて、イエウールから2つのアドバイスを受けることができました。

  • 不動産会社の選択画面で、任意で2~3社ほどに会社を絞る
  • 当日や翌日に電話対応出来るとき(土曜日など)に査定を申し込む

イエウールの査定フォームでは、最大6社まで査定依頼ができますが、6社すべてから連絡が来ると対応に苦労する可能性もあります。2~3社に絞ることで対応の手間を軽減できます。

また、依頼後は即日〜2、3日で連絡が来るケースが多いため、当日や翌日に時間のあるときを狙って申し込むことで、より落ち着いて対応ができるでしょう。

紹介された不動産会社からしつこい営業を受けて困った場合には、問い合わせフォームよりイエウールに相談できます。イエウールは悪徳業者を排除する仕組みを持っているため、適切に対応をしてくれるでしょう。

姉妹サイト「すまいステップ」との使い分けは?

運営会社であるSpeeeは、イエウールとは別に「すまいステップ」という一括査定サービスも運営しています。2つのサイトをどのように使い分ければよいか迷う人も多いでしょう。

どちらもクオリティの高いサービスではありますが、大きく分けると次のように使い分けると良いようです。

イエウールがおすすめの人 すまいステップがおすすめの人
少しでも売ろうかなと考えている すでに本格的に売却を考えている

すまいステップは売却実績が豊富なエース級の担当者に担当してもらえるので、本気で売却を検討しているのであればすまいステップを利用してみるとよいでしょう。

ただし、すまいステップはどちらかと言えば都心部に強いサービスのため、地方の物件の場合はイエウールが適している可能性もあります。

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

【体験レビュー】イエウールで一括査定依頼してみた

マイナビでは実際にイエウールで一括査定依頼をおこない、イエウールの印象や利便性を探ってみました。今回査定依頼をおこなったのは、本格的に売却を考えており、以下のような悩みを持っているレビュワーです。

①現在居住中のマンションを、地元の不動産会社に仲介を依頼して2年ほど売りに出していたがまったく買い手がつかない状況。売れればすぐにでも引っ越したい。
②住宅ローンの残債があるので、できれば完済できる金額で売却したい。
③一括査定サイトに関しては、何社からも執拗に連絡がくるのではないかという不安があるので、今まで利用したことがない。

なお、イエウールでは、申し込みフォームにて「机上査定」「訪問査定」のどちらかを選択することができますが、今回は「机上査定」で進んでみた結果を紹介します。

査定依頼の入力は簡単にできた?

20項目ほどの質問で1〜2分ほどで入力完了できた。

自分が査定したい物件に関する質問が、チャット形式でおこなわれました。他に名前、生年月日、電話、メールアドレスなどの依頼者の情報を入力して完了です。20項目ほど入力するところがありましたが、ストレスなく1〜2分ほどで入力完了できました!

気になったところと言えば、一度入力が完了した後、また別の設問項目が出てきたところ。必須項目に追加して、「さらに詳しい要望を5項目答えればより早く査定結果が届くため」という目的で、希望の売却時期売却金額、売却の進め方やその他気になること(残債がある、住み替え方法、土地活用、リフォームなど)について選択する形式になっています。

レビュワー
レビュワー

一旦入力が完了した後で再度質問が始まるのかと少し戸惑いましたが、「多少安くても早く売却したい」などの細かい要望などをここで不動産会社に伝えることができるのは有用だなと思いました。

不動産会社からのレスポンス速度や頻度は?

電話連絡のほうが多かった。頻度は会社によってまちまち。

依頼の翌日に電話・メールで計4社から連絡がありましたがタイミングが合わず、対応できたのは電話で連絡がきた1社のみでした。他3社のうち1社はメール1通きただけで、もう2社からは何度か電話連絡を受けましたが、対応できずにいるとかかってこなくなりました。

依頼フォームでは「机上査定」を選択したので、すべての会社からメールで回答をもらえるものだと思っていましたが、電話連絡のほうが多かったなという印象です。

レビュワー
レビュワー

積極的に連絡がくる会社もあれば一度きりの会社もあり、頻度はその会社によりまちまちのようですが、いずれの会社もレスポンスは迅速でした。

対応エリアや提携会社に関する満足度は?

好立地ではなくても複数社比較できたのは嬉しい。不動産会社の対応も丁寧。

売却したい物件は兵庫県宝塚市のマンションですが、商業施設などは少なく、車がないと不便な閑静な住宅街です。都心のような好立地ではありませんが、対応可能な会社が4件も見つかったのでよかったです。複数社を比較するためには、やはり多くの会社と提携しているイエウールは最適だと思いました。

コンタクトを取った不動産会社の担当者は、私専用の書類を作って持参してくださり、査定の方法や基準など誰が読んでもわかるようにわかりやすくまとめてくださってました。

レビュワー
レビュワー

周辺相場や時期的要因なども加味した適正な査定額だったため、結果にもかなり納得しています。その場で疑問点が出てきても丁寧に対応してもらえました。

査定依頼することで何か特典などはあった?

不動産会社の自社特典が魅力的だった。

イエウール自体の特典やキャンペーンなどはありませんが、今回査定依頼した会社の中には、契約をすると以下のような特典が受けられるサービスがありました。

≪特典例≫
・設備保証24時間駆けつけサービス・不用品回収サービス・借測量サービス・水回りクリーニングサービス・ホームステージングサービス・プロカメラマン物件撮影・大手不動産ポータルサイトへの広告掲載

レビュワー
レビュワー

こういった特典で不動産会社を比較するのも一つの方法だなと思いました。

査定前に持っていた悩みは解決した?

こまめな連絡は避けられないが、結果的に良い会社に巡り会えたので満足。

査定依頼前は以下のような悩みを持っていました。

①現在居住中のマンションを、地元の不動産会社に仲介を依頼して2年ほど売りに出していたがまったく買い手がつかない状況。売れればすぐにでも引っ越したい。
②住宅ローンの残債があるので、できれば完済できる金額で売却したい。
③一括査定サイトに関しては、何社からも執拗に連絡がくるのではないかという不安があるので、今まで利用したことがない。

査定依頼をするとやはり複数の電話連絡がありましたが、そこまで大きなストレスになるほどの頻繁な連絡はありませんでした。むしろ、不動産会社の担当者から専門的なアドバイスもあり、過去2年売れなかった原因の一つとして「相場よりも高値だった可能性」を見出せたことは大きな利点だったと思います。

レビュワー
レビュワー

結果的に良い不動産会社と契約することができ、住宅ローンの残債をカバーできる売値で売却活動に挑めることになったため、非常に満足しています。

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

【画像付き】イエウールで査定依頼をする流れ

ここからは、レビュワーが査定依頼をおこななった画面を参考にしながら、イエウールを利用する流れについて解説していきます。査定依頼までは約1分程ですので、ぜひ参考にして試してみてください。

①不動産の資料を準備

一括査定をすると、まずは書類で確認できる情報だけを基に机上査定がおこなわれます。この時点では情報だけあれば良いため、書類の提出を求められることはありません。とはいえ、入力する情報にミスがあると査定額に影響します。正しい情報を把握するためにも、次のような資料を準備しておきましょう。

  • 測量図
  • 間取り図
  • 購入時の売買契約書
  • 購入時のチラシ・パンフレット

事前に準備しておけば、机上査定後の訪問査定や仲介を依頼する媒介契約時に書類を求められても、スムーズにやりとりできます。

②査定フォームで不動産や個人情報を入力する

不動産の資料が用意出来たら、イエウールの一括査定ページにアクセスして、以下のような情報を入力していきます。1分ほどで入力を完了したら、最大6社へ査定依頼ができます。

  • 不動産の住所(都道府県・市区町村あるいは郵便番号)
  • 不動産の種類
  • 不動産の詳細な住所、建物名
  • 不動産との自身の関係性
  • 間取り
  • 築年数
  • 不動産の状況(住んでいるのか/貸しているのか/空き家なのか)
  • 入力者の氏名・年齢・連絡先
  • 査定依頼の理由
  • 査定方法(机上査定/訪問査定)

必要項目を全て入力すると対応する不動産会社が表示されるので、依頼したい会社をチェックしましょう。

レビュワー
レビュワー

20項目以上入力するところがありましたがスムーズに依頼することができました!

また、必須項目を入力後により詳しい要望を5問ほど回答することで、さらに早く結果を知ることができます。

すべて入力が完了すると、次のような自動配信メールが届き、メール内にある<マイページはこちら>のリンクからマイページへログインできます。マイページでは、査定依頼した各社のステータスを一覧することができます。

レビュワー
レビュワー

不動産会社の連絡方法やタイミングはそれぞれ異なりますので、依頼して数日は電話やメールに対応できるように時間を確保しておきましょう。

③査定結果が届く

早ければその日のうちに不動産会社からレスポンスがあります。会社によって査定結果の提示方法は異なりますが、今回依頼した会社では、以下のような資料をもらえました。

今回査定依頼したのはマンションだったため、住戸内だけでなくマンションの共有部分や、同じマンションの別の部屋の成約事例なども加味した結果である旨が説明されています。

レビュワー
レビュワー

上記の資料をくれた不動産会社の担当者に実際に物件を見に来てもらい、査定結果の根拠を丁寧に説明していただきました。

過去2年ほど売りに出していたのになかなか売れなかった原因についても納得のいく見解をもらえたので、今後の売却活動を見直す良いきっかけになりました。

④査定結果を比較して不動産会社を決める

査定依頼した会社から結果が届いたら、査定結果を吟味して比較しましょう。査定依頼フォームで「訪問査定」を選んだ場合は、訪問を受けるために日時の確保が必要となるので、2〜3社に絞るのがおすすめです。

すでにお目当ての不動産会社が決まっているのであれば、最初から訪問査定を選択するとスムーズです。

レビュワー
レビュワー

私の場合、前項で紹介した資料をくれた会社に決めました。対応が良かったのはもちろんですが、不用品回収やホームステージング、SUUMOなどの不動産ポータルサイトへの広告掲載など、選べるサービスがあったのが大きかったです。

特典やキャンペーンなども比較ポイントに含むと、より選びやすいかもしれません。

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

イエウールの9つの特徴・強み

ここからは、イエウールのサービスについて詳しく見ていきましょう。イエウールには、次のような特徴・強みがあります。

  • 提携社数・エリアカバー率・月間利用者数がNo.1
  • 地域密着型の企業と積極的に提携
  • 対応不動産の種類が業界トップクラス
  • 「悪質業者排除制度」導入で優良企業と多数提携
  • チャット風の入力フォームで査定申し込みが簡単
  • 不動産会社の評判をチェックできる「おうちの語り部」
  • 気になる不動産会社をピンポイントで検索できる
  • 不動産売買に役立つコンテンツが充実
  • 土地活用プラン一括請求で不動産投資も検討できる

以下で具体的に見ていきましょう。

提携社数・エリアカバー率・月間利用者数がNo.1(※)

2020年7月時点の東京商工リサーチ調べによると、調査対象9社中イエウールは「提携社数」「エリアカバー率」「月間利用者数」で3冠を達成し、名実ともに業界最大級の一括査定サイトとなりました。

”出典:東京商工リサーチ不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」”

イエウールは2014年に開始した比較的新しい不動産一括査定サービスですが、すでに1,000万人を超える利用者数を誇る人気の高いサイトです。2022年8月時点で提携社数を2,000社以上まで拡大し、対応エリアも全国1,803市区町村にのぼります。

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

地域密着型の企業と積極的に提携

業界でも特に提携社数が多いイエウールですが、大京穴吹不動産、三井住友トラスト不動産、CENTURY21、積水ハウスなどの大手だけでなく、地域密着型の中小企業まで幅広く参画しています。そのため、地方エリアでも査定依頼できる不動産会社を見つけやすく、地域ならではの情報に強いのがメリットです。

不動産一括査定サイトのなかには、地方の不動産会社と提携していない場合があります。全国規模の大手不動産会社に依頼すれば査定はできるかもしれませんが、そのエリアならではの強みが査定結果に反映されないかもしれません。不動産会社自体が見つからないこともありえます。

今回紹介した口コミの中には、郊外・地方エリアの不動産の査定を依頼した人も多く、「イエウールしか受け入れてくれるところがなかった」という声も見られました。

実際、東京商工リサーチによる一括査定サイトの比較調査では、イエウールが市区町村単位の査定対応エリア数No.1を記録しています(2018年7月時点)。

順位 一括査定サイト 市区町村数(2018年7月時点)
1位 イエウール 1,805
2位 リビンマッチ(※旧スマイスター) 1,720
3位 イエイ不動産売却査定 1,718
4位 マンションナビ 1,716
5位 オウチーノ 1,710
6位 すまいValue 1,705
7位 HOME4U 1,698

契約や相談で不動産会社に訪問する機会も多いため、仲介を依頼する不動産会社はできる限り近場にあるほうが楽です。不動産一括査定サイトを利用するときには、売りたい不動産の近くにある不動産会社と多く提携しているサイトを選びましょう。

マイナビ編集部では、イエウールで何件の不動産会社に査定依頼ができたのかを、都道府県別に平均を出してみました。地方エリアではなかなか仲介ができる不動産会社が見つからないことも多いですが、イエウールでは概ね1〜3件の不動産会社と出会えた人が過半数以上でした。

西崎さん
西崎さん

大京穴吹不動産や積水ハウスが参画していることから比較的既存マンションやアパートに強い信頼度のある不動産業者と提携していることが伺えます。

依頼に対応するのは各地方都市の支店メンバーになりますが、特に愛媛や岐阜、宮城など小都市までカバーしていることから提携の幅広さが伺えますね。

対応不動産の種類が業界トップクラス

戸建てや分譲マンションのみを対象にしている不動産一括査定サイトもありますが、イエウールの守備範囲は広く、次にあげるような不動産を全て査定依頼の対象としています。

分譲マンション、一戸建て、土地、一棟アパート・一棟マンション、区分マンション(収益)、一棟ビル、区分所有ビル(ビル一室)、店舗・工場・倉庫、農地

幅広い不動産会社と提携しているため、対応できる不動産の種類が非常に豊富です。他のサイトと比較しても、対応している不動産の種類はトップクラスであることが分かります。

サービス名 対応物件の種類
戸建て マンション 土地 投資物件 店舗・工場・倉庫 農地
イエウール
すまいステップ
HOME4U
LIFULL HOME’S ×
おうちダイレクト(Yahoo!)
リビンマッチ ×
イエイ不動産売却査定
マンションナビ × × × × ×
IESHIL不動産会社紹介サービス × × × × ×
すまいValue
イエカレ
タウンライフ不動産売買
SUUMO売却査定 × × ×

※△は各サービスの対応物件の種別「その他」に該当しうるもの。

他のサイトでは対応できる不動産会社が見つからなかった場合でも、イエウールなら所有する不動産に適した不動産会社が見つかる可能性が高いといえるでしょう。

「悪質業者排除制度」導入で優良企業と多数提携

口コミに特に多く見られたのは、「レスポンスが早くスムーズ」「担当者が熱心で親切」という声です。その理由は、イエウールが次のような取り組みをしていることが挙げられます。

  • クレームの多い事業者の登録を解除する「悪徳業者排除制度」がある
  • 不動産会社に定期的なレクチャーやアドバイスをおこなっている

ユーザー目線に立っていない強引な営業活動をする不動産会社が多いと、イエウール自体の評価が下がってしまうため、登録している不動産会社の厳選と営業担当者へのアドバイスをおこなっています。排除前の不動産会社に当たってしまうと強引な営業活動を受けるかもしれませんが、その頻度は低いといえるでしょう。

ただやみくもに多数の不動産会社と提携しているわけではなく、優良な不動産会社のみを厳選するための取り組みを続け、ユーザーの安全対策を徹底しています。

西崎さん
西崎さん

彼ら(営業担当者)は、潜在顧客を探す手段の一つとしてこういった査定サイトを利用していますから、悪質とまでは言わなくても、ある程度こちらを「振るいにかける」言動をおこなうことがしばしばあります。

お互いにビジネスですから、遊び半分や適当な態度で挑むのではなく、誠意をもって対応することが求められます。

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

チャット風の入力フォームで査定申し込みが簡単

イエウールで査定依頼する手順は簡単です。会話形式で必要事項を入力できるSNS風の画面なので、親しみやすさを感じられるでしょう。サクサク入力できれば、最短1分で査定依頼を完了できます。以下は、チャットでおこなう場合の査定依頼の画面例です。

不動産会社の評判をチェックできる「おうちの語り部」

イエウール関連サイトのおうちの語り部では、各不動産会社の、より詳しい評判を調べられます。

ここでは、実際に不動産を売却したユーザーから5,000件を超えるリアルな口コミが寄せられていて、不動産会社に対する感想だけでなく、売却した不動産の種類や住所、売却までの期間、売却理由といった取引の具体的な情報も確認できます。

売却したい不動産に近い事例を確認できれば、売却のイメージをつかみやすくなるでしょう。閲覧は無料で、ユーザー登録をする必要もありません。

気になる不動産会社をピンポイントで検索できる

イエウールのトップページにある「不動産会社を探す」ボックスで希望エリアをクリックすると、そのエリアに見合ったさまざまな情報を知ることができます。

その地域に対応している不動産会社の一覧、売却相場や動向、売却の基礎知識に加え、さらに細かく市区町村から不動産会社を絞り込むこともできます。

不動産会社の特徴欄では、マップや写真なども見ることができるため、店舗の雰囲気までじっくりチェックしたい場合にとても有用です。

西崎さん
西崎さん

特に不動産の中でもマンションは相場が安定しています。なぜなら、マンションは量産物ですので、ある程度の相場というものが決まってきます。

インターネットにある過去の相場や売買実績を確認することは、自身の物件の売却活動をおこなう上で大切な情報ですから、こういったツールを複数確認することで、相場観を養っておきましょう。

不動産売買に役立つコンテンツが充実

イエウールではたびたび不動産売却経験者や査定サイトの利用者へアンケートを実施しており、リアルな声を反映したデータなどを公開しています。不動産取引に関する専門家監修のコラムも充実しており、不動産の知識が一切ない人にもわかりやすい内容に仕上がっています。

土地活用プラン一括請求で不動産投資も検討できる

イエウールでは土地活用プラン一括請求サービスも開始しています。相続した土地など売れにくい不動産の場合は土地活用を検討したほうがよいかもしれません。所有している不動産の収益化も考えている人はぜひ併せてチェックしてみましょう。

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

イエウールの3つの注意点と対策

イエウールを利用するなら、後悔のないよう注意点もチェックしておきましょう。利用後いざ困ったときの対策用に次の3点を参考にしてください。

  • 査定額だけ知りたい場合は別サービスがおすすめ
  • 査定依頼後のキャンセル先はケースによる
  • 電話相談窓口はない

査定額だけ知りたい場合は別のサービスがおすすめ

イエウールに限ったことではありませんが、不動産会社が査定を無料でおこなうのは、その後の売却を仲介することで手数料を得ることを見込んでいるからです。つまりボランティアではないので、査定後は営業の連絡が来ます。「売る気はないけど査定してもらいたい」という希望には適していません。

イエウールに加盟している不動産会社は、売却を本気で考えている人にこそ頼りになる企業が多いため、売却をスムーズに進めたいときに利用しましょう。

査定依頼のキャンセル先はケースによる

査定サービスの迅速さイエウールのセールスポイントの1つです。利用者から申し込みがあったときには、いち早く不動産会社へ査定を依頼します。しかし、その迅速さゆえに査定依頼をキャンセルできる期間が短いのがデメリットです。

申し込み先の不動産会社がすでに査定を始めていると、イエウールを通してキャンセルすることはできなくなります。その場合、利用者が自ら不動産会社にキャンセルする旨を連絡しなければなりません。

一括査定を依頼後、まだ不動産会社から連絡が来ていない段階でも査定自体は始まっている可能性があるので、その場合は自身で不動産会社に連絡できるよう、会社名と連絡先のメモを残しておきましょう。

電話相談の窓口がない

査定やサイト利用に関するトラブルが発生した場合、まずは電話で問い合わせをしたいところですが、公式HPのトップページではイエウールへの電話での問い合わせ先の記載がありません。問い合わせフォームよりメールで問い合わせが可能ですが、返信が来るまで時間がかかるケースがあります。

イエウールは自身には向かないと感じたり、不足に思ったりする場合は他の査定サイトと併用してみるのも一つの方法です。マイナビでは以下のようなサービスもおすすめしていますので、ぜひ併せて検討してみてください。

西崎さん
西崎さん

不動産一括査定サービスを利用し始める際には「明確な目標」を設定しておいてください。なぜなら、サービスを受ける中で、自然と特定の業者と媒介契約や販売活動に進んでいくこともあります。例えば、「まずは業者を絞る」とか「金額を参考にするだけ」といった具体的な目標を設定しておきましょう。

一括査定サービス利用者が選んだおすすめサービスTOP3

※クラウドワークス、クロスマーケティング調べ(2021/4/9~2021/4/13実施 回答数380人)

こちらは、サービス利用者のアンケート結果による「おすすめの不動産一括査定サービスTOP3」です。実際の利用者の声と編集部の知見が合わさったできたランキングですので、ぜひ参考にしてください。

なお、不動産一括査定サービスは、それぞれ対応するエリアや提携する不動産会社が異なるため、1つだけでなく複数のサービスを利用することをおすすめします。

次の記事ではより多くのサービスを含めたランキングや「査定結果の満足度TOP3」「親族・友達におすすめしたいTOP3」などカテゴリ別にもランキングを紹介しています。さらに詳しく知りたい方は読んでみてください。

不動産一括査定サイトおすすめ20選比較ランキング!口コミや選び方など解説◆専門家監修記事
おすすめの不動産一括査定サイト20サービスを厳選し、利用者の満足度採点を基にランキングで紹介します。各サービスの特徴・口コミや、自分に合うサイトが分かる診断チャートなど、サイト選びに役立つコンテンツを盛り込み、サービスを徹底比較します。

他社比較!イエウールならではのメリット・デメリットとは

ここまで見てきたイエウールのさまざまな特徴を、他の不動産一括査定サイトと比べてどのようなメリット・デメリットがあるのか分析します。

ここでは、どちらも利用者数を誇る大手運営の2サービスと比較します。

比較項目 イエウール HOME4U すまいValue
利用者数 累計1,000万人以上 年間1,400万人以上
(査定以外のサービスも連結)
年間36万組以上
運営会社 株式会社Speee 株式会社NTTデータ・スマートソーシング
  • 三菱地所ハウスネット
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 小田急不動産
  • 野村不動産ソリューションズ
  • 三井のリハウス
運営開始年 2014年 2001年 2014年
提携する不動産会社数 2,000社以上 1,800社以上 6社
対応エリア 全国 全国 全国(都市部に強い)
査定に対応する不動産の種類
  • マンション
  • 戸建て
  • 土地
  • 投資物件
  • 店舗
  • 工場
  • 倉庫
  • 農地
  • 戸建て
  • マンション(室・棟)
  • 土地
  • ビル(室・棟)
  • 店舗、事務所、倉庫
  • マンション・アパート
  • 戸建て
  • 土地
  • 一棟物件

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

西崎さん
西崎さん

特にすべてのジャンルを扱っている点が強みですね。農地売買には難しい条件が伴うものが多いです。宅地とはまた違った規制が自治体により規定されていることが常であり、それらに対応しているということは、そういった専門的な知識を持った担当者がいるということで、これは強みと言えるでしょう。

イエウールの7つのメリット

他サイトよりも優れているイエウールのメリットは、次の7つが挙げられます。

  • 全国、特に地方エリアでの不動産会社が見つかりやすい
  • 農地や山林などの特殊物件でも対応可能
  • 不動産会社の当たり外れが少ない
  • サイトの情報が充実していて不動産知識も得られる
  • 提携会社の評判など事前にチェック可能
  • 直感的でわかりやすい入力フォームで初心者にもやさしい
  • 土地活用のためのサービスもある

イエウールの大きな強みとして、まず提携社数の多さがあります。不動産一括査定サイトの老舗であるHOME4Uよりも多数の不動産会社が加盟しているため、さまざまな得意分野をもつ企業が多く、対応できる不動産種類も豊富です。大手から地域密着型の中小企業まで幅広く比較したい場合にはイエウールが最適です。

ただし、手当たり次第に多数の不動産会社と提携しているわけではありません。悪質業者を排除する仕組みも構築しているため、不動産会社の当たり外れが少ないという点もユーザーの高い満足度につながっています。

イエウールの3つのデメリット

たくさんのメリットがある一方、次のようなデメリットも見えてきました。

  • 査定依頼後のキャンセルが手間
  • 電話サポートは受けられない
  • 仲介売却に特化している

イエウールは比較的新しいサービスのため、不動産一括査定サイトとして最も長い実績をもつHOME4Uほど、不動産に関する総合的なノウハウや丁寧なサポートは期待できません。また、HOME4UもすまいValueも名実ともに評価の高い大手企業が運営しているサービスであり、運営会社のバックアップによる安心感においてはイエウールよりも魅力に感じる点も多いでしょう。

イエウールだけでは物足りないと感じる場合は、HOME4UすまいValueなど他のサービスと併用するのも良い方法です。

イエウールがおすすめの人・おすすめできない人

利用者からの評判やサービスの特徴などから、上記のようなメリット・デメリットが分析できました。このようなイエウールですが、結論どのような人がイエウールを活用すべきで、逆にどのような人には適さないのか、ピンポイントで紹介します。

イエウールがおすすめの人

地方エリアや特殊な物件を、できるだけ高く売りたい人

先述してきたように、イエウールはエリアカバー率・提携社数ともに業界トップクラスを誇っています。幅広い不動産会社と提携しているからこそ、都心部や一般的に需要が見込める物件の取引はもちろん、他のサイトでは取り扱ってもらえないような田舎地方の不動産や、農地や事業用不動産などの物件でも希望を持てます。

なかなか買い手がつきそうにない条件の悪い不動産であっても、その地域や物件の取扱いに精通している会社に依頼することができれば、あるいは想像以上に高値で売却できるかもしれません。

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

イエウールがおすすめできない人

不動産の売却予定がない人

イエウールに加盟している不動産会社は、一般的に顧客との契約を目的とした営業活動の一環で査定に対応します。そのため、査定依頼後は当然、不動産会社からの熱心な営業連絡がくることが予想でき、ときには訪問を受けたり、具体的な売却プランの提案を受けたりすることもあるでしょう。

イエウールは、ただ不動産の価値を知りたいだけという人には適していません。売却予定はなく、だいたいの相場を知っておきたいだけという人は、匿名査定やAIシミュレーターなどのサービスを導入したサイトを活用するとよいでしょう。

イエウールを活用した賢い不動産売却術

ここからはイエウールを活用した賢い不動産売却のコツについて見ていきましょう。以下のようなポイントを押さえることで、よりスムーズな取引きにつながります。

依頼前に相場をチェック

不動産会社にはそれぞれに得意な分野があるため、同じ不動産を査定しても結果は三者三様です。そのため、より相場に近い査定結果を提示してくれる不動産会社を自身で見極める必要があるため、査定依頼前に相場をチェックしておくことが重要です。

そもそも不動産には定価の概念がないため、当然希望通り高く売り出すことも可能ですが、相場に見合った現実的な価格で売り出さなければ売れ残ってしまうリスクもあります。

査定依頼後は複数の不動産会社から一気に連絡がきてその対応に時間をとられ、冷静な判断が難しい可能性もあります。次のような方法で、事前に周辺相場を調べておくとよいでしょう。

検索方法 特徴 検索対象となる不動産
レインズマーケットインフォメーション 対象エリアの直近1年間の成約物件の価格を確認できる。 ・マンション
・戸建て
土地総合情報システム 実際に売却した人へのアンケート調査による過去の取引情報や、地価公示・都道府県地価調査結果を確認できる。 ・土地
・建物
ポータルサイト イエウールを含め多くの不動産情報サイトで、過去の成約実績などを参考にしたデータベースを基に、エリア別に相場や価格推移などを閲覧可能。
サイトによってはAI・匿名査定など利用可能。
各サイトによる

入力情報は正確に

査定フォームではあまり細かい情報の入力は求められませんが、あまりに曖昧な情報ばかりを入力してしまうと正確な査定ができません。情報に不備や間違いが多いと、不動産会社からの確認の連絡が重なり、かえって手間が増える可能性があるため、できる限り正確な情報を入力するようにしましょう。

なお、まだ売却するかどうかわからないという場合はイエウールでの査定依頼はおすすめしません。不動産会社は、査定依頼者を売却を目的にしている売主として対応してくるため、「現状、売る予定はないが相場を知りたい」という場合は上述したレインズマーケットインフォメーションやポータルサイトなどを活用しましょう。

目的に応じて他の査定サイトと併用する

イエウールは非常に万能な査定サイトではありますが、イエウールが自分に合っていない、イエウールだけでは不足と感じるケースもあるでしょう。そのような場合は、目的に応じて複数のサービスを併用するとよりスムーズな売却につながる可能性があります。

数多あるサービスのなかから、イエウールにはない強みをもった不動産一括査定サイトをいくつか紹介します。タイプ別に一覧表にしたのでご覧ください。

タイプ イエウールが提携していない大手に依頼したい 多数の不動産会社を比較したい 安全性の高いサイトを利用したい 大手6社以外の良質な企業を探したい 土地活用・不動産投資も検討したい リアルタイムで相場を知りたい
サービス名 すまいValue おうちクラベル HOME4U すまいステップ リビンマッチ IESHIL
すまいステップとの比較点 業界最大手6社に査定相談できる 最大15社へ査定依頼できる NTTグループの高セキュリティを導入 優良企業のみ1,000社以上の提携 多様なニーズに対応 マンションの部屋単位でAI査定
リンク

自分に合う不動産一括査定サイトを見つける方法

不動産一括査定サイトは、サイトによって特徴が異なるため、それぞれに強みや弱点があります。そのためすべての条件を満たすサイトを見つけるのはなかなか難しいかもしれません。

自分に合う不動産一括査定サイトを見つけるためには、まず希望する条件に優先順位をつけてみましょう。位の条件をなるべく多く満たせるサイトを活用し、あとは別のサイトを併用して満たせていない条件を補填するという方法がおすすめです。

例えば以下のような条件が考えられます。

条件 利用検討したいサイトの特徴
個人情報漏洩が不安なため、安全なサイトを利用したい プライバシーマークを取得しているようなセキュリティ徹底を謳っている
利用者が多く評判のいいサイトを利用したい 「利用者1,000万人超え」など利用者数を誇る
なるべくたくさんの不動産会社を比較したい 提携社数・最大同時依頼社数が多い
質の高い不動産会社だけに的を絞りたい 「悪質業者排除制度」を導入していたり、具体的な提携企業の厳選指標が明示されている
農地や山林など特殊物件を高く売りたい 査定フォームの不動産種別選択項目で希望の物件が選択できる
匿名で不動産会社に査定してもらいたい 「匿名査定」(※シミュレーターではない)サービスを導入している
だいたいの相場を瞬時に知りたい AI査定やシミュレーションサービスを導入している
なるべく早く売りたいので初めから訪問査定を依頼したい 査定フォームで「訪問査定」が選択できる
買取や土地活用など仲介売却以外の方法を希望 買取や土地活用プラン一括請求サービスなどのサービスを導入している、または査定フォームの付随コーナーで希望条件を選択できる

一概にいえませんが、査定フォームへ進む際に選択する「不動産種別」を見ることで、そのサイトが得意としている不動産を察知することもできます。査定を希望する物件が選択項目になく、「その他」などで選択しなくてはならない場合は、そのサイトでは対応できる不動産会社が少なく、あまり良い結果を期待できない可能性があります。

また匿名査定を希望する場合に注意したいのは、サイトによってはシミュレーターツールを「匿名査定」と謳っている場合がある点です。シミュレーターツールは、過去事例や近隣相場のデータベースを活用して瞬時に相場を算出することができるツールですが、不動産会社による査定ではありません。不動産会社の査定を匿名で受けたい場合は、査定フォームで希望の不動産会社を選択できるサイトを選択しましょう。

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

イエウールに関するFAQ

最後に、イエウールについてよくある疑問を紹介します。営業電話への対策や仲介手数料がいくらかかるのかなど、ここまでで解決できていない問題がないかチェックしていきましょう。

イエウールとはどんなサービス?

A:イエウールは不動産一括査定サービスの1つです。

不動産一括査定サービスとは、インターネット上で、複数の不動産会社に一括で査定を依頼できるサービスです。1社ごとに不動産査定を依頼する手間が省け、査定結果を簡単に比較できるという利点があります。

イエウールを運営している会社はどこ?

A:イエウールを運営しているのは株式会社Speeeという会社です。

株式会社Speeeは、2007年に設立された東京証券取引所 スタンダード市場の上場企業です。2014年1月から、イエウールの運営をスタートしました。

何社くらいに査定依頼するのがベスト?

A:休日で時間に余裕があるなら最大6社、仕事の合間などで忙しい場合は2〜3社に絞るのが無難です。

不動産会社によって電話やメールで査定結果を知らせてくれる場合もあれば、直接物件を見せてほしいと言われる場合もあります。いずれにしてもまずは電話かメールでのやりとりになるはずです。

多数の不動産会社から一気に連絡がきても混乱しないように、自身が対応できるだけの数に絞って依頼することがポイントです。

一括査定に費用はかかるの?

A:イエウールでの査定依頼は完全無料です。

イエウールは、加盟している不動産会社に査定依頼者を「売主候補」として送客し、各不動産会社から紹介料を得ることで運営しています。そのため、サイト利用者が利用料などを請求されることは一切ありません。

また不動産会社の査定も、顧客との契約に繋げるための営業の一環としておこなわれるため無料です。

電話勧誘はしつこい?

A:不動産会社の方針にもよりますが、しつこいと感じるほど熱心な営業電話が続く可能性はあります。

イエウールからは電話はきませんが、査定依頼した不動産会社から利用者に電話勧誘がくることはあります。なかには利用者がしつこいと感じるほど営業電話がかかってくる可能性はあります。その不動産会社にあまり魅力を感じない、担当者との相性がよくないなどで契約を進めたくない場合はきっぱりと断りましょう。

個人情報は安全?

A:適切な個人情報管理をおこない、安全なサイト構築に努めています。

イエウールでは、個人情報保護に関する基本方針を掲げ、利用者の個人情報が適切に扱われるサイト作りを徹底しています。入力した個人情報は必要最低限の使用までにとどめられており、利用者は安心してサービスを活用することができます。

売れない場合もあるの?

A:タイミングや売却価格などの問題により、売れない場合はあります。

イエウールでできることは仲介依頼する不動産会社とのマッチングです。また、不動産会社から提示される査定結果も、あくまでも「このくらいの金額であれば売れるであろう」と予想された金額に過ぎず、成約価格とは異なります。

売却時期や売値、物件の状態などさまざまな要因で売却が成立しない可能性はあります。

仲介手数料っていくらかかるの?

A:成約価格によって異なり、以下表のような速算法を用いて算出されます。

成約価格 算出方法
200万円以下 成約価格×5%
200万円超え、400万円以下 成約価格×4%+2万円
400万円超え 成約価格×3%+6万円

仲介手数料はあくまでも売買が成立した場合のみ発生します。媒介契約を交わしても成約に至らなかった場合は発生しません。また、上限額は決まっていますが下限額ありません。不動産会社によっては仲介手数料の割引キャンペーンなどおこなっている場合もあるのでチェックするとよいでしょう。

どんな企業が加盟しているの?

A:全国2,000社以上の大手〜地域密着型企業が幅広く加盟しています。

全国さまざまな特徴をもった不動産会社と広く提携しているイエウールだからこそ、他サイトでは見つからないような地場の不動産会社などとも出会える可能性が高まります。また、クレームの多い企業は提携解除をおこなうなどの取り組みもおこなっているため、優良な企業が多数揃ったサービスといえるでしょう。

査定依頼したら絶対契約しなくちゃいけないの?

A:査定依頼したからといって必ず契約しなくてはならないわけではありません。

査定は不動産会社の営業の一環のための無料サービスですが、そこに負い目を感じて契約しなくてはならないということはありません。

不動産会社としては、顧客と契約を結び、実際に売却が成立するまでは利益を得られないため、ときには強い営業を受けることがあるかもしれません。不動産会社の利益は、売却成立後に売主・買主から支払われる仲介手数料がメインだからです。

しかし、不動産売却は大きな金額が動く取引です。会社選びで失敗すれば多大な不利益を被る恐れもあるため、納得できる結果を提示してくれる不動産会社のみと契約することが重要です。

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

まとめ

業界トップクラスの提携社数を誇るイエウールは、査定対応エリア数も業界No.1で地方の不動産にも強く、非常に多くのユーザーに利用されている不動産一括査定サイトです。提携企業の質を担保するための「悪質業者排除制度」といった取り組みもあり、信用してよいサービスといえるでしょう。

また関連サイトやコラムも充実しており、不動産会社の評判を知りたいときや不動産売却の知識も得たいときにも有用です。イエウールのさまざまなコンテンツを活用しながら、不動産への知識を高めつつ納得できる取引へと進みましょう。

イエウールは信用できる不動産一括査定サイト

・利用者数:1,000万人以上
・提携会社数:2,000社以上
・同時依頼数:6社
・対象エリア:全国47都道府県1,803市区町村(2020年7月時点)
・対応不動産の種類:戸建て、マンション、土地、投資物件、店舗、工場、倉庫、農地
・コラム記事:有(「はじめての不動産売却お役立ちメディア『イエウール』」)
・URL:https://ieul.jp/

\2,000社以上の提携会社を比較!/
イエウールの公式サイトへ

※本記事は、編集部にて不動産査定サイト利用ユーザーを対象におこなったアンケート結果とインターネット上の情報を参考に執筆しています。

監修いただいた専門家
西崎 洋一
宅地建物取引士

 

タイトルとURLをコピーしました