書類を提出する際などに印鑑を忘れてしまい、急いで三文判を買った経験を持つ人はいますよね。三文判ははんこ専門店だけでなく100円ショップなど、さまざまなお店で購入できます。価格が安いのに公的な書類への押印にも使えるなど、活用の幅は広いです。

しかし、量産されている印鑑ですので、使い道をよく考える必要があります。この記事では、三文判とはどのようなはんこなのか、購入できる店、メリット・デメリットなどを紹介します。

三文判についてよく知らない方は、ぜひご一読ください。

  • 三文判とは? 他の印鑑との違いや見分け方は?

    三文判はどんな書類に使えるのか・買える場所・メリットなどを紹介する記事です

三文判とは? 他の印鑑との違いや見分け方は?

「三文判」とは、大量生産されている低価格な印判のことです。「印判(いんばん)」とは印を押すための道具のことで、「印章(いんしょう)」「はんこ」とも呼ばれます。

三文判はでき合いのはんこで、店頭ですぐに購入できます。ただし公的書類や・正式な書類への押印は不可とされる場合もあります。

認印として使われることが多い! 三文判の使い道

三文判は認印としてよく使われるはんこです。「認印(みとめいん)」とは印鑑登録をしていない、実印でないはんこを指します。宅配便や郵便物の受け取り、回覧板への押印、社内書類の押印などに使われることが多いです。

三文判は市販されていて、誰でもが購入できるはんこですので、重要な書類への押印以外の用途によく使われます。

実印や銀行印としても使えるが避けた方がいい

市販の三文判でも役所に登録するための実印としても使える大きさであれば、実印としての登録も可能です。しかし、偽造や悪用をされるリスクがあるためおすすめできません。

実印や銀行印は個人の財産を守るために重要な鍵となる大切なはんこです。三文判で使われているような読みやすい字体のものは悪用されるリスクが高いので避けましょう。

三文判とシヤチハタは違う?

シヤチハタとは、愛知県に本拠を置く印やスタンプ台などのメーカーのことで、「シャチハタ」と誤って記載されることも多いですが正式名称は「シヤチハタ」です。メーカー名が浸透印の代名詞として、広く用いられています。

いわゆるシヤチハタタイプのはんこの中で、100円ショップなどの店頭で安価で販売されている製品もあります。つまり、シヤチハタも、三文判に含まれる場合があるということです。

三文判の大きさは?

市販の三文判の大きさは、10mm、10.5mm、12mmのいずれかであることが多いです。一般的なはんこケースが直径12mmまでのものが多いことも、三文判が直径12mm以内になっている理由といえます。

ただし専門店では、12mm超のはんこも扱っています。

  • 三文判とは? 他の印鑑との違いや見分け方は?

    三文判と他の印鑑との違いや見分け方などを紹介する記事です

三文判はどこで買える?

三文判ははんこ専門店はじめ、さまざまな店で購入できます。ここでは、三文判を購入可能な代表的なお店を見ていきましょう。

はんこの専門店

街のはんこ専門店では、すぐに購入できる三文判も扱っています。はんこ専門店は、書類を提出する人がよく訪れる官公庁の近くに店を構えていることが多いです。

専門店なので高価なイメージを持つ人も多いかも知れませんが、お店によっては100円程度の既製品を置いていることもあります。また、他のお店に比べて名字のバリエーションが多いのも特徴です。また、既製品がない少数派のはんこが欲しければ、注文してつくってもらえます。

近くにはんこ専門店がなくてもWEBに出店するお店も増えていますので、ぜひ利用してみてください。

ダイソーなど100円ショップでも三文判を買える

ダイソーなどのいわゆる100円ショップでも三文判を購入可能です。大抵の店舗では朱肉を使って押すタイプのはんこを販売していますが、お店によっては浸透印も扱っています。

はんこ専門店に比べると扱っている名字の種類はやや少ないですが、購入できる店舗は多いです。

三文判はAmazonなどのネットモールでも買える

三文判はAmazonなどのネットモールでも販売しています。しかし送料が含まれていますので、店舗で購入するのに比べると、やや高額です。また、Amazon発送のものは少ないため、届くまでに時間がかかることもあります。

  • 三文判はどこで買える?

    三文判はさまざまなお店で購入できます

三文判を使うメリット

三文判は認印で使えることの他にも、さまざまなメリットがありますので見ていきましょう。

婚姻届など公的な書類にも使える

婚姻届には、届出人と証人の署名欄があり、それぞれ押印が必要です。婚姻届の押印に用いるはんこはシヤチハタタイプは使えませんが、それ以外の規定はとくにありません。

つまり三文判でもシヤチハタタイプでなければ、婚姻届の押印に使えます。婚姻届以外の公的な書類にも、三文判は使用可能です。

価格が安い

三文判は街のはんこ専門店や100均などの店頭で販売していて、手軽に購入できます。100円で購入できる三文判もあるなど、とにかく費用の負担が少ないです。

公的な書類に押すはんこを忘れてきてしまった時も大きな費用負担をかけずに、気軽に購入できます。

実印や銀行印としても使える

シヤチハタタイプ以外でサイズさえ合っていれば、三文判でも実印に登録できます。また、シヤチハタタイプ以外なら銀行印としても使用可能です。

ただし三文判は読みやすい字体でできている上、同じ製品が量産されています。悪用されるリスクを少しでも軽減するために、実印や銀行印として登録するのは避けるのがおすすめです。

扱っている店が多い

実印や銀行印として使うはんこは、他のものと区別できるよう、はんこ専門店オーダーメイドするのが一般的です。三文判は同じものを量産しているはんこで、たくさんの店で扱っています。

はんこ専門店だけでなく全国チェーンの100均や文具店など、たくさんの店で購入でき、必要な時すぐに購入可能です。

  • 三文判を使うメリット

    三文判には費用を抑えてたくさんの店で購入できるといったメリットがあります

三文判を使うデメリット

三文判を使うことで、いくつかデメリットもありますので、理解した上で使いましょう。三文判を使うデメリットを紹介します。

偽造・悪用されやすい

三文判は100円程度の製品もあるなど比較的安価ですが、同じ製品が量産されています。実印など重要な印鑑に三文判を使うと、同じ三文判を手に入れた人に悪用されてしまうリスクは避けられません。

また、読みやすい字体でできていますので、偽造されるリスクも高いです。

扱っている名字が限られている

三文判を扱っている店は多いですが、名字の種類は全国でよくある名字に限られています。珍しい名字や旧字体の三文判は、100均などでは扱っていないことも多いです。

全国的にそう多くない名字だと、三文判がなく利用できないことが珍しくありません。

破損しやすい

三文判は低価格で流通させるために、プラスチックや廉価な木材などを使っているため、耐久性がそう高くありません。 三文判は耐久性の高い素材が使われる実印などに比べると、ちょっとしたことで破損することも考えられます。

基本的に名字のみ

三文判として流通しているはんこは、全国である程度の人数がいる名字のものです。名前が入ったはんこが欲しい場合には個別に注文する必要があり、すぐには手に入れられません。三文判のような低価格では手に入れることは難しく、ある程度の費用がかかってしまいます。

  • 三文判を使うデメリット

    三文判は広く流通している分悪用されやすいなどのデメリットがあります

三文判は公的な書類に使える! ただし重要な書類への使用は避けよう

三文判とは量産されている印鑑のことで、はんこ専門店や100均、ネットのお店などさまざまな場所で購入できます。

認印として書類に押印するのが一般的な使い道です。実印や銀行印にも使える印鑑ですが、悪用されやすいのでできるだけ避けましょう。

価格が安いのに公的な書類にも使えるなどの魅力がありますが、扱っている名字は全国的に代表的な名字です。珍しい名字や旧字体などは見付けにくく、ほとんど手に入れられません。

三文判は急しのぎでも手軽に購入しやすく、使える書類も多いです。書類に押印する時には、ぜひ活用してください。

法務省「婚姻届記入例
在ニュージーランド日本国大使館「婚姻届記入例