FCEトレーニング・カンパニーは6月16日、第2回「"新卒社員が育つ会社"ベストカンパニー(Excellent Company for New Employees)」のトップ10を発表した。2021年5月に実施した「2021年度全国統一新入社員WEBテスト」の結果をまとめた。テスト参加企業は65社。

1位は「京阪建物」

  • 「"新卒社員が育つ会社"ベストカンパニー(Excellent Company for New Employees)」ロゴ

同テストは、2021年度の新入社員を対象に、ビジネスに必要な考え方や基礎知識についての習得度、理解度を測ることを目的としたもの。テスト内容は、「ビジネスマナー」「社会人としての心構え」「ソーシャルメディアリスク」「生産性の高い仕事の進め方」「コミュニケーション」の5分野から出題された。

ランキング1位に輝いたのは、京阪グループの「京阪建物」。以下、2位「フソウホールディングス」、3位「briller」・「熊谷」、5位「アカマツ」、6位「セキュア」、7位「J-workout」・「恒和システム」、9位「ディレクターズ」、10位「兼松コミュニケーションズ」と続いた。

参加企業からは「新入社員の実力を測るテストがあり助かった」「自社の教育レベルが全国結果からわかるのでおもしろい」といった声が寄せられたという。