採用選考において、「自己PR」は書類では収まりきらなかった、自らのポテンシャルを企業に示すことのできるチャンスです。

本記事では、自己PRにおいて、自らの「強み」をアピールするための方法について紹介します。

  • 自己PRには何を書く? 強みをアピールするために知っておくこと

    自己PRで「強み」をアピールせよ!

自己PRには何を書けばいい?

企業の採用選考に応募する場合、まずは履歴書や職務経歴書の提出から始まるケースがほとんどです。しかし、これらの書類を書いたことがない場合には、「自己PR」の欄に何を書けばいいのか、迷ってしまうことでしょう。

ここでは、自己PRでうまく自分という存在をアピールするために、知っておくべきポイントを紹介していきます。

自己PRで「強み」をアピール

自己PRとは、自分の考え方や仕事に役立つ技術・資格、仕事への向き合い方などを相手に伝え、その企業で「実際に企業で働いて活躍するイメージ」を持たせるためのもの。

考え方や技能全般における仕事の上で役立つ強みがあることを相手にわかりやすく伝えることで、採用につなげられるよう、しっかりと自分の強みをプレゼンテーションしましょう。

「自己PR」「長所」「資格」を履歴書に合わせて書き分ける

履歴書はJIS規格履歴書として定められたものが標準ですが、自己PRしやすいように工夫された様式の履歴書も販売されています。自己PRや長所、資格の欄がどうなっているのかをよく見て、混同しないよう書き分けると、採用担当者にとって見やすく、印象に残りやすいです。

「自己PR」「長所」「資格」を同じ内容にしない

「自己PR」「長所」「資格」はどれも自分の優れた点をPRしたい場合に用いる事柄です。同じような内容になってしまいがちではありますが、違いを出して書き分けるのが大切です。

とくに自己PRと長所は混同しがちなので、同じ内容にならないよう気をつけて書きましょう。

  • 自分の強みの見つけ方

    自己PRでうまく自分自身アピールするために、知っておくべきポイント

自分の「強み」はどう見つける?

採用選考の面接で自己PRを求められても、準備をしていなければ言葉に詰まってうまく答えられない人も多いです。そこで、スムーズに自己PRを行うのに必要となる、人より優れた強みの見つけ方を紹介します。

自己分析を行い「長所」と「短所」を見つける

就職に役立つような人より優れた点は、自分を客観視できないとなかなか自覚できません。まずは自己分析を行い、長所と短所を見つけていきましょう。

自己分析は、過去の経験を年代別に思い返し、その時とった行動を分析していくことから始まります。ネットの転職サイトや有料サービス、書籍などを活用するのもいいでしょう。

自己分析だけでなく人からの評価も取り入れる

自己分析で長所や短所が見えてきても、自分の思い込みで判断している部分がないとは言い切れません。自分や家族以外の第三者からの意見も取り入れると、より説得力を増します。

前職の上司や学校の先生などからどんな評価だったのか、周りの友人・知人らとの関係はどうなのかを考えて、自己分析に加えていきましょう。

志望企業によって内容を言い換える

転職活動でも就職活動でも、複数の企業の選考を同時に進める人がほとんどです。しかし、どの企業にも同じ履歴書や職務経歴書を提出していると、企業の社風に合わないこともあります。

自己PRの表現の仕方や内容は、応募する企業に合わせて、調整しながら作成して提出しましょう。

  • 自分の強みを自己PRに取り入れるポイント

    自己分析を行い、人より優れた点と劣っている点に目を向けましょう

自分の強みを自己PRに取り入れるポイント

せっかく自己分析して自分の強みを自覚しても、それを面接官にうまく伝えられなければ、意味がありません。自分の強みを自己PRで効果的に伝えるために、気をつけるべきポイントを紹介します。

結論から伝える

自己PRでは、結論から伝えることが大切です。前置きが長いと何について述べたいのか、うまく伝わらないことがあります。まずは一番伝えたい結論を伝えて、詳細を述べていきましょう。

経験やエピソードを交える

ただ自分の長所を述べるだけでは、言葉に説得力を持たせることはできません。自分の長所を結論として伝えた後は、自分の経験談やエピソードを用いて、結論に根拠を持たせていきましょう。

転職者の場合は、仕事の失敗から学んだことや、成功体験などを交えて話すと、より効果的です。

業務にどのように役立つのかをアピールする

自分の長所や経験談を述べるだけでは、ただの自己紹介です。応募した企業でどのように役立つのかに絡めて話していくことがポイントです。

応募した会社の業務と絡めながら話すことがポイントとなるので、応募要項や会社案内をしっかり読み込んでおくとアピールしやすいです。

企業や業務に合わせた強みのアピール方法

応募する企業の社風や職種、内容によって、アピール方法は異なるので、頭を悩ませる応募者は多いです。そこで、企業や業務ごとの自己PR例を紹介していきます。

  • 企業や業務に合わせた強みのアピール方法

    企業や業務に合わせた強みのアピール方法

異動が多い企業

(例)
 幼少の頃より父の仕事の都合で転勤が多く、新しい環境への順応力が自然に身についております。転勤が多い御社の業務においても、異動先ですぐになじんで戦力になれると自負しております。  前職では個人営業を担当しており、さまざまなタイプのお客様と日々向き合って参りました。顧客や環境に合わせて対応することが苦になりませんので、異動で環境が変わることがあったとしても、順応していい協力関係を築けると思います。

異動が多い会社の場合、人や環境への順応力や、コミュニケーション能力の高さをアピールするといいでしょう。

外資系企業

(例)
 前職では、法人営業において全国○位の成績を収めた経験があります。自分が置かれた環境の中で、いい成績を上げるにはどうすればいいのか、日々創意工夫を重ねた結果と自負しております。今回はより高い目標に向かって進みたいと決心し、応募に至りました。

外資系の会社は、日本企業に比べて数字で物事を判断する比重が高いです。これまでの経験を数字であらわしつつ、なぜ外資系への転職なのかもアピールしていきましょう。

ベンチャー企業など勢いのある企業

(例)
 前職では、市場調査の結果から新たなニーズを見いだし、プロジェクトを立ち上げ商品発売にまでこぎ着けた実績があります。予想外のトラブルはありましたが、おかげで自分自身の成長にもつながりました。この経験や、もっと挑戦していきたいという気持ちは、御社で役立てられると考えております。

ベンチャー企業は大手に比べると不安定な部分は多いです。トラブルも楽しめる気持ちや成長したい気持ちなどが求められているので、熱意を前面に出していきましょう。

営業職

(例)
 不動産営業としてお客様に信頼してもらえるよう、士業スキル以外にも日々勉強につとめました。宅地建物取引士やファイナンシャルプランナーなどの資格を取得するなど、根拠を持って話せるよう日々努力しています。実務経験は○年と浅いですが、支店での営業成績はトップクラスでしたので、御社での業務につなげられると考えております。

営業職の場合、営業に必要な知識があることや経験の長さ、どんな実績を上げたのかなどを強みとしてPRするといいでしょう。

対人・接客業

(例)
 販売員として○年働いてきた経験があり、対応力には自信がございます。仕事を続けていく中で商品知識をアップデートしていくのはもちろん、どこでも通用する知識をつけるために販売士の資格も取得しました。御社では販売する商品は違うものの、これまでの経験や知識は必ず役立つと考えております。

問題なく接客できるかどうかをわかりやすく伝えることが大切です。もし社内外での受賞歴があるなら、それらをアピールするのもいいでしょう。

営業事務など事務職

(例)
 前職では営業事務として、臨機応変にさまざまな書類作成やサポート業務に従事してきた経験がございます。営業担当者が商品提案で使うPowerPointでの資料作成や、Excelでピボットテーブルを使った集計業務など、さまざまな業務へ対応してきました。正確かつ早めに完成させるよう心がけており、助かったとのお言葉をいただくことも多くございました。

自分の持っているPCスキルや心がけてきたことなどを伝え、選考を受ける企業で役立つ能力があることをイメージしてもらいましょう。

クリエイター

(例)
 大手企業のWEBデザインを○件担当しておりました。クライアント様にしっかりヒアリングを行った上で、企業のイメージカラーやフォント・写真の使い方にこだわることで、その企業らしいWEBサイトを作成できたとご満足の声をいただいております。日々流行が移り変わる業界なので、情報収集も現在進行形で行っております。御社でならより企画段階から携われるので、より目を引くようなデザインのWEBサイトを作成したいと考えております。

相手の要望をくみ取れる力や、日々勉強をしていることなどをアピールしていきましょう。可能であれば作成したサイトのデザインを見せることで、より説得力が上がります。

経理

(例)
 税理士科目合格の知識を生かし、現金や売掛金の管理だけでなく、財務諸表や決算書の作成にも携わっておりました。使用していた経理ソフトは、○○を△年間です。繁忙期にはたくさんの入力業務がございましたが、ミスを防げるよう同僚に協力をお願いして、チェックしてもらうなど工夫しながら行っておりました。

知識や正確性が求められる仕事なので、ミスの少なさや実務経験など、資格欄に書き切れない内容をアピールしていきましょう。

自己PR欄への強みのPR例(履歴書・職務経歴書)

履歴書や職務経歴書で自分の強みを自己PRする場合、簡潔にまとめましょう。履歴書・職務経歴書それぞれにおける、自分の強みのPR例を紹介していきます。

  • 自己PR欄への強みのPR例(履歴書・職務経歴書)

    自己PR欄への強みのPR例(履歴書・職務経歴書)

履歴書の自己PRは端的にまとめる

履歴書で自己PRに使えるスペースは限られているので端的にまとめる必要があります。特技や志望動機などと同じ欄になっている場合もあるので、さまざまな要素を組み合わせながら自己PRしていきましょう。ただしシンプルでも、自分の経験を交えて説得力ある文章に仕上げるのがポイントです。

履歴書の自己PR欄への強みの記載例

(例)
 前職で○年間経理の仕事に携わり、経験を重ねつつ○○資格試験にも合格したことから、より専門性の高い仕事をしたいという思いが強くなりました。ぜひ貴事務所でお役に立ちたいと考えております。(経理事務から税理士事務所)

自己PRと志望動機を織り交ぜながらシンプルに仕上げていきましょう。

職務経歴書ではくわしく記入する

職務経歴書は、仕事における経験や能力をアピールするために提出します。記載項目に決まりはなく、基本的に自由なので、履歴書よりくわしく記入していきましょう。まずは結論から述べて、自分の体験や前職でのエピソードを交えて、説得力ある内容にするといいでしょう。

職務経歴書自己PR欄への強みの記載例

(例)
 社員が増えたことで精算業務にかなり時間と手間がかかっていましたが、法人カードの導入を提案し、処理時間の削減に成功しました。それまでは必要書類がなかなか提出されず処理が大変でしたが、法人カードを導入後はかなりの時間削減に成功しています。経費支払のフローが簡単になったことで、経理部門の残業代削減にもつながりました。御社でも、日々の業務の中で改善が必要と考えたら積極的に提案していき、会社の利益につなげていきたい所存です。

問題点に対してどう行動したのかは、強みとして自己PRできます。入社後にどう働くのかをイメージしてもらいやすいエピソードを選び、自己PRにつなげていきましょう。

自分の強みを自己PRに取り入れる際の注意点

自分の強みをPRしたつもりでも、話す内容や話し方などに気をつけておかないと、かえって逆効果になってしまうこともあるので注意しましょう。強みを自己PRに取り入れる際、注意すべきポイントを紹介していきます。

  • 自分の強みを自己PRに取り入れる際の注意点

    自分の強みを自己PRに取り入れる際の注意点

一貫性を持たせる

採用選考では複数の質問をされたり、複数回の面接を受けたりする場合もあります。質問によって答えの内容に矛盾があると、本当のことを話しているのか疑問を持たれてしまうこともあります。場合によっては信頼できないと判断され、選考に悪影響を与えることもあるので注意しましょう。

面接を受ける前には自分の経歴を振り返り、答える内容を準備しておくと、矛盾なく答えられます。

自信を持って話す

緊張のあまり面接でうまく話せないことは誰しもあることですが、あまりにおどおどしていると、面接官にネガティブな印象を与えてしまいます。緊張していても、話す内容には自信を持って堂々と話すよう心がけましょう。

企業に合う強みをアピールする

複数の会社の選考を同時進行で進める場合、履歴書や職務経歴書はパソコンで作成して印刷し、提出する場合が多いです。しかし、全ての会社に同じ書類を提出すると、会社に合わない強みを掲載している場合もあります。

応募する会社の応募要項などをよく確認した上で、自分の強みとして記載した内容が会社に合っているのか、よく見直してから印刷し提出しましょう。

自分の強みを自己PRに取り入れて面接に臨もう

自分のことをよくは知らない面接官に、仕事で役立つ人材だと思ってもらうためには、自分の強みを自己PRでしっかり主張することが大切です。履歴書や職務経歴書への自己PRでは、応募する会社に合う内容を記載することがポイントとなります。

無事面接に進んだとしても、緊張して言葉に詰まってしまうことは大いに考えられるので、自己PRを求められたらどんなことを話すのかあらかじめ候補を決めておきましょう。まずは結論から話し、過去の仕事の失敗談や成功体験などの具体的なエピソードを交えながら、自分の強みを伝えるのがコツとなります。