季節の変わり目である6月は、上旬と下旬で気候ががらりと変わります。梅雨が始まれば、ビジネスメールや手紙に使う季節の挨拶にも梅雨の表現がふさわしいでしょう。

この記事では、6月にビジネスメールや手紙を送る際に使いたい季節の挨拶についてご紹介します。 6月の上旬、下旬での挨拶の使い分けや、梅雨を表現する季節の挨拶、例文もまとめているので、参考にしてみてください。

  • 「向暑の候」「雨上がりの」 -

    ビジネスメールで使える季節の挨拶【6月編】

6月の季節に関する言葉

はじめに6月を表現する季節に関する言葉を知っておきましょう。

6月は「水無月」

6月は「水無月(みなづき)」という異名を持っています。梅雨の時期にもかかわらず「水が無い」のは不自然に思われるかもしれません。

実はもともとの表記は、水の月を表す「水月(みなづき)」とされていました。「の」を意味する連体助詞の「無(な)」を加えて「水無月」の漢字があてられ、「水の月」を意味するようになったといいます。

また、6月は(水)の(無)かった田んぼに水を入れる(月)でもあるため「水無月」とした、という説も。田んぼに水を入れることにちなんだ異名としては、他に「水月(みなづき・すいげつ)」「水張月(みずはりづき)」といった言い方もあります。

また、暑い夏に涼しい風を待つという意味の「風待月(かぜまちづき)」や、夏の訪れを思わせる「常夏月(とこなつづき)」「炎陽(えんよう)」、夕暮れの涼しさを表現した「弥涼暮月(いすずくれづき)」や「涼暮月(すずくれづき)」という表現もあります。

6月の気候や風物

夏の始まりにさしかかる6月を示す表現として「向暑(こうしょ)」があります。季節の変わり目である6月に行われる「衣替え」も6月を表す言葉。

中でも梅雨に関する言葉は多く、梅雨の季節の冷え込みを表す「梅雨冷え(つゆびえ)」、梅雨の合間に一時的に晴れる「梅雨晴れ(つゆばれ)」などがあります。 ほとんど雨の降らない梅雨のことを「空梅雨(からつゆ)」「照り梅雨(てりつゆ)」と呼ぶこともあるので、知っておくといいでしょう。

6月の暦や行事

季節の挨拶につかわれる6月の暦に関する言葉は、古代中国の気候と生活に由来する二十四節気が多いようです。

例えば新暦6月6日の頃は、稲や麦の植え替えの時期にあたるため「芒種(ぼうしゅ)」と呼びます。同時に麦の刈り入れをする時期でもあるので、「麦秋(ばくしゅう)」も6月の季節を表す言葉。新暦6月22日の頃は北半球においてもっとも昼が長いとされる「夏至(げし)」とされています。

6月の行事としては、第3日曜日の「父の日」があります。他には国民の祝日がないのも6月の特徴のひとつです。

  • ビジネスで使える6月季節の挨拶

    6月の季節に関する言葉

ビジネスで使える6月季節の挨拶

では、実際にビジネスシーンで6月の季節の挨拶に使える表現をご紹介します。天候の変化の激しい6月は、同じ6月であっても上旬か中旬か下旬かによって、細かく分かれているので、参考にしてみてください。

6月全般「向暑の候」

6月全般に使えるのが「向暑の候(こうしょのこう)」です。梅雨を表す言葉の多い6月の挨拶ではありますが、梅雨に入るタイミングは地域によってまちまち。また年によってはほとんど雨の降らない梅雨になることもあります。 そうした場合に6月全般に使える「向暑の候」は使いやすい挨拶といえるでしょう。

6月上旬「初夏の候」

夏の初めを意味する「初夏の候」は、6月上旬に使われます。本格的な暑さや梅雨を迎える前の時期に用いるようにしましょう。

6月上旬~中旬「入梅の候」

梅雨入りを表す「入梅の候(にゅうばいのこう)」は6月上旬から中旬に使われることが多いです。しかしあくまで目安なので、実際に梅雨入りしてから使うようにしましょう。

6月中旬~下旬「梅雨の候」

梅雨に入ってから使えるのが「梅雨の候(ばいうのこう・つゆのこう)」です。主に6月中旬から下旬に使われることが多いですが、これもやはり梅雨の真っ最中に使うのがベストでしょう。

6月下旬「夏至の候」

「夏至の候」は夏至に使われる挨拶です。暦の上では6月21日頃が夏至にあたるので6月22日頃から7月6日頃のメールや手紙に使用するのがいいでしょう。夏至も毎年日がずれるので、きちんと確認して使うのが大切です。

  • タイミングに合わせて、適切な言葉を選びましょう

カジュアルに使える6月季節の挨拶

ビジネスシーンに使うような堅苦しい表現より、プライベートな手紙や学校のおたよりなどに使えるようなカジュアルな印象の挨拶がしたい、という方もいるでしょう。 ここからはカジュアルな季節の挨拶をご紹介します。和語調のメッセージを意識してみましょう。

6月上旬

上旬は梅雨入り前で、初夏を思わせる言葉を入れるのがポイントです。

例1)初夏を迎え、街中にも半袖を着た人の姿が見られるようになりました。
例2)そろそろ梅雨入りが近いようですが、お変わりなくお過ごしでしょうか
例3)今年も衣替えの季節となりました。

6月中旬

中旬は、地域によっては梅雨入りしているため、梅雨にまつわる言葉を入れるケースが多くあります。

例1)天気のすぐれない日が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか。
例2)今年は空梅雨なのか、雨が少ないですね。
例3)今年もおいしい旬のさくらんぼが店頭に並ぶ季節になりました。

6月下旬

下旬の頃はまだ梅雨が続くところがほとんどではありますが、地域や年によっては梅雨が明けていることもあります。

夏至に入ってくるので、そのあたりも盛り込んでみましょう。

例1)早いもので今年も半分が過ぎましたね。
例2)夏至を過ぎ、梅雨明けも待ち遠しい今日このごろ、お元気でお過ごしでしょうか。
例3)雨上がりの緑がすがすがしいこのごろ、お達者でお過ごしですか。

  • カジュアルに使える6月季節の挨拶

    カジュアルに使える6月季節の挨拶

6月季節の挨拶に使える結びの言葉

季節の挨拶ではじめたら、メールや手紙の終わりも季節を感じさせる文章で締めるようにします。

特に6月は季節の変わり目で、体調を崩しがちな人も多いでしょう。そんな6月の季節の挨拶にふさわしい結びの言葉をご紹介します。

6月上旬

梅雨入り前の上旬は、初夏をイメージしたさわやかな言葉を選ぶといいでしょう。

例1)若葉の色も鮮やかなこの季節、末筆ながら、皆様のご健勝を心からお祈り申し上げます。
例2)時節柄、お風邪などを召されませぬよう、ご自愛ください。

6月中旬

最初の挨拶に梅雨を用いている場合、結びの言葉にも梅雨を入れてしまうと少々くどい印象になります。言葉のバリエーションを増やしておきましょう。

例1)紫陽花の季節もあとわずかです。近々、鎌倉にご一緒させてくださいね。
例2)うっとうしい毎日が続きますが、どうぞお体を大切にお過ごしください。

6月下旬

梅雨明けが近くて夏が待ち遠しい気持ちと会いたい気持ちをリンクさせたり、夏至を迎えていることをにじませたりする文章なら、相手の心にも残るでしょう。

例1)梅雨明けを待つ気持ちよりも強く、お会いできる日を楽しみにしています。
例2)短夜の季節、寝不足がお身体にさわりませんよう。

  • メールや手紙の終わりには、季節を感じさせる文章を添えましょう

    メールや手紙の終わりには、季節を感じさせる文章を添えましょう

6月の季節に合わせて体調を思いやる挨拶を

6月に送るビジネスメールや手紙に使える、季節の挨拶をご紹介しました。 6月の季節を意識した言葉を中心とするのはもちろんのこと、体調を気遣うメッセージをプラスすれば、もらった相手も嬉しい気持ちになれるでしょう。

梅雨のじめじめとした雰囲気を吹き飛ばす、さわやかで温かみのある挨拶を使ってみてくださいね。