猫用首輪おすすめ12選|鈴付き・リボン・シュシュタイプも|動物病院院長が厳選

【この記事のエキスパート】

ふくふく動物病院 院長:平松 育子

ふくふく動物病院 院長:平松 育子

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院を2006年に開業。得意分野は皮膚病です。2019年4月より皮膚科と内科中心の病院を目指していきます。飼い主さまのお話をしっかり伺い、飼い主さまと協力し合いながら治療を進めていくように心がけています。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。


鈴・リボン付きのがかわいい首輪やシュシュタイプなどおしゃれなデザイン、ネームタグ付き、迷子札付きなどの首輪など、猫用首輪は、サイズ・素材・デザインを含めてさまざまな種類があります。一方で「首輪がストレスになるのでは?」という不安を抱く方もいるでしょう。本記事では、ふくふく動物病院の院長である平松育子さんへの取材をもとに、猫用首輪の選び方とおすすめ商品についてご紹介します。さらに、首輪の付け方の不安・疑問にも答えてくれています。動物の専門家の解説なので、首輪を買おうか悩んでいる方、どんな首輪がいいか悩んでいる方など、ぜひ参考にしてみてください。

動物病院の院長が教えます
猫用首輪の選び方

リボンや鈴など、かわいい猫のためにおしゃれさを求める方もいるかもしれませんが、やはり愛猫のことを考えると安全性にはこだわりたいところ。ここでは、動物病院の院長である平松育子さんに教えていただいた、猫用首輪を選ぶときのポイントをご紹介します。

基本は人の指が2本入るサイズ!
猫の種類や成長に合ったサイズを選ぶ

【エキスパートのコメント】

「少しゆるいかな?」と思うくらいがちょうどよい

猫に最適な首輪のサイズは、つけたときに飼い主さまの指が余裕で2本入るサイズが最適といわれています。少しゆるいかな? と思うくらいがちょうどよいでしょう。

毛量がある長毛種の場合は指3本が入るサイズが最適です。あまりきつく締めると首輪に毛が絡みついたり、首輪のある部分の毛が抜けてしまうので気をつけましょう。

子猫の場合は指1本分くらいが入るサイズで首輪をつけないと、口にひっかけてしまい取れなくなり危険です。

肥満気味の猫の場合は少しゆるめにつけましょう。下を向くときに首輪が食い込んでしまうので注意が必要です。

てるべる『猫の首輪 迷子札付』:

出典:Amazon

本革なのに8gと軽量! サイズ展開も豊富なので、あなたの家の猫にぴったりのサイズを選べますよ。

素材によっては猫がストレスに感じることも
どんな素材でつくられているのか確認しましょう!

【エキスパートのコメント】

「かたすぎないもの」「毛が絡まないもの」を選ぶ

首輪の素材を選ぶときには「かたすぎないもの」「猫の被毛(動物の体の表面をおおう毛)が絡まないもの」を選ぶようにしましょう。

かたすぎたり、被毛が絡む首輪は猫がストレスを感じて首周りをかいたりします。

首輪の素材として向くのは「ポリエステル」や「革」、「布」です。

猫壱『猫用首輪 ちりめん手毬 四葉のチャーム』:

出典:Amazon

国産ちりめんレーヨンを使用したシルクのような手ざわりの首輪。職人さんがひとつひとつ手作りしています。

素材について詳しく解説!

【エキスパートのコメント】

素材の特徴も知っておきましょう

「ポリエステル」は表面がなめらかで滑りがよいので、被毛が絡みつきにくい素材で丈夫です。

「革」はできれば本革をおすすめします。使えば使うほどやわらかくなり、なじんできます。軽く、あまりかたくない革を選ぶと猫の首にやさしくフィットします。

「布」製の首輪にはテープ状の平たいものや、なかに綿が入っているロープ状に仕立てたものがあります。どちらも被毛や皮膚にやさしくおすすめです。

プラッツ『ビースティバンド』:

出典:Amazon

軽くてやわらかいウェットスーツ素材の猫用首輪。伸縮性もあるので、猫にとっても快適でしょう。

ひっかかったときの危険を考慮!
安全面への配慮も大事

【エキスパートのコメント】

かんたんに外れる機能がついているかをチェック

とくに活発に動き回る猫は急に走ったり、高いところに上がったり、飛び降りたりするので首輪がひっかかってしまう可能性があります。

猫の首輪でとくに注意したいのは安全面で、セーフティーバックルなどひっかかったときにかんたんに外れる機能がついているものがおすすめです。

現在販売されている首輪のほとんどは安全に配慮されていて、ある程度の力が加わったらかんたんに外れるようになっています。

ジャイブ『ゴロにゃん 子猫用はじめて首輪』:

出典:楽天市場

子猫を首輪に慣れさせるためのはじめての首輪。なにかに引っかかったらすぐに外れるようにできているので、いたずら好きな子猫ちゃんのトレーニングにぴったり!

飲み込んでしまう可能性も
鈴やリボンなどの飾りも軽視せずにチェック

【エキスパートのコメント】

コンパクトで、しっかり固定されているものを選ぶ

鈴やリボンがついている場合、大きすぎたり、ぶら下がっていると気にしてかじったり、飲み込んでしまう可能性があります。

鈴やリボンなどの飾りはコンパクトで、ブラブラせず首輪にしっかり固定されているものを選びましょう。

リボンは縫製が悪いとほどけてしまったり取れてしまうこともあります。糸で縫いつけてある場合は補強できるなら再度縫っておいたほうがよいでしょう。

オガワ・ランド・エイジェント『necono ルーチェ リボン ダブル』:

出典:楽天市場

重さわずか3g。ストレッチの効いたニット生地で動き回る猫にもしっかりフィットするリボンつき猫用首輪です。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)