タッチパネル、高分解能、多チャンネル化、近年のオシロスコープの進化は目覚しいものがある。そうした進化の片翼を担ってきたのが、複数の機能を1台に統合したミックスド・ドメイン・オシロスコープ(MDO)シリーズなどを手がけてきた計測機器大手のテクトロニクス社である。

同社は6月頭に11.6型フルHD 静電容量方式タッチスクリーンディスプレイを採用した「3シリーズMDO」ならびに13.3型フルHD 静電容量方式タッチスクリーンディスプレイを採用した「4シリーズMSO(ミクスド・シグナル・オシロスコープ)」を発表し、すでに展開している5シリーズ、6シリーズと併せて、全方位でのタッチスクリーンオシロスコープの提供体制を整えた。こうした製品開発の背景には、どのような意図が隠されていたのか、Tektronix タイム・ドメイン事業部、副社長 兼 事業本部長のChristopher Witt(クリス・ウィット氏)に話を聞いた。

  • テクトロニクス

    Tektronix,Vice President & General Manager,Time Domain Business UnitのChris Witt氏

開発体制の見直しで製品開発を効率化

Tektronixは2011年にMDOシリーズを発表、2017年に従来の基準を一新する技術革新と銘打った銘打ったミッドレンジ・オシロスコープ「5シリーズ MSO」を発表するなど、次々と新規性のあるオシロスコープを市場に投入してきた。「この数年、どうやって新製品を開発していくか、ということを考える毎日でとても忙しかった」とWitt氏が語るように、開発の在り方そのものから変えて、新たな製品作りに挑んできたという。

具体的には従来型のウォーターフォール型の開発体制から、アジャイル型の開発体制へと変更を行ったという。「カスタマを中心に据えた開発プロセスの導入」と同氏は評するが、それにより、従来以上に多くの製品開発ができるようになったとする。

事実、MDOシリーズ登場から新シリーズとなる5シリーズの登場までもラインアップ拡充が続いてきたわけだが、5シリーズ登場以降は、2017年の5シリーズの発売を皮切りに、2017年11月に5シリーズのモニタレスモデル、2018年6月に6シリーズ、そして2019年6月に4シリーズと3シリーズと、1年間に2シリーズの投入も可能になるほど、製品開発の加速に成功している。「開発アプローチの変更の成果」(同)であり、これにより、より顧客のアプリケーションの進化に併せた形での計測器の提供が可能になったとする。

こうした製品開発の加速、特にタッチパネルへの対応は、「タブレットやスマートフォンのような使い勝手を求めた結果」(同)であり、これによりこれまでオシロスコープにあまり触れてこなかったエンジニア(Witt氏がノービスエンジニアと表現するレベルのエンジニア)では、従来と同じタスクを5倍の速さでこなすことができるようになったほか、熟練のエンジニア(Witt氏がエクスペリエンスエンジニアと表現するレベルのエンジニア)でも2倍の速さでタスクをこなすことができるようになったという。「慣れたエンジニアであっても2倍の速度で作業が終えることができる、ということは同じ時間で2回計測をすることができるようになったということを意味する。これは時間的な制約にとらわれる現代のエンジニアたちにとっては朗報になる」と同氏は説明する。

また、こうしたオシロスコープそのものの進化に併せて、プローブ関連の進化も推し進めてきた。「オシロスコープの性能が向上してもプローブの性能も向上しないと意味が無い。我々は世界中のフィールドエンジニアの声を吸い上げた結果として、プローブが重要なものであると再定義し、開発に注力してきた。2019年は3~4製品を発売する予定だが、今後も開発を継続して、カスタマの破壊的なイノベーションの実現に貢献していくつもりだ」。

オシロスコープ本体、プローブの進化はもとより、その中で動くソフトウェアについても開発の強化を図ってきたと同氏は説明しており、その規模はすでに同社内でもっともエンジニアが在籍し、非常に重要なソリューションを生み出すチームという位置づけになっているという。「カスタマは測定に際して、単に波形が見れればよい、とは思っておらず、多くの計測アルゴリズムを駆使して、さまざまなテストを行い、問題がないことを確認しないといけない。そうした現状を踏まえると、製品の中にアルゴリズムを組み込んでいくことが重要になる。我々としては3ヶ月に1回は新たなソフトを提供していくことを予定しており、これによりカスタマのニーズを満足させることを目指す」と、今後はソフトウェアの提供拡大も進めていくことを強調する。

フォーカスは4つの産業分野のエンジニア

カスタマを中心に据えた開発体制に変更した、と同社は説明するが、ではどのようなカスタマをイメージしているのか。これについて同氏は「自動車」、「パワー」、「データセンター」、「航空・宇宙・軍事」の4つの産業分野を挙げる。「これら各分野ごとにカスタマを中心としたクローズドループの開発体制を構築することで、ディスラプティブ(破壊的)な製品の開発につなげる、というのが現在の戦略。フォーカスしているのはそうした分野のエンジニアの役に立つこと」であり、この4つの産業分野を軸として、その中でカバー領域の拡大を図っていくことを目指すという。例えば自動車では、近年、電動化/電子化が進み、各ECUをつなぐネットワークの高速化が求められているほか、自動運転をはじめとする車車間通信など、通信に対するニーズが年々増加しており、対応が求められる通信プロトコルの種類も増加の一途をたどっているが、それらにはじめから対応できるエンジニアはごく一部であり、不慣れなエンジニアのフォローが求められることとなる。「世の中のニーズが広がっていくなら、それをフォローしていくことも我々の使命。我々だけでは持ち得ない技術もサードパーティと協力することで、ソリューションとして提供していくという取り組みも進めている。開発負担が増大するのではないか、という懸念については、開発チームの効率化を図ったり、サブシステム化して組み合わせていく、といった手法を考えている」と同氏は、そうした課題に対する姿勢を説明。カスタマに対するインパクトを狙うことで、リターンの極大化を目指していきたいという。

また同氏は、「これまでの3年間で開発サイクルの加速を図ってきたが、ブレークスルーを成し遂げる取り組みは今後も継続していく。その結果が、毎年なんらかの新製品が発売されることであり、そうした取り組みとイノベーションの組み合わせが次のビジネスにつながっていく。オシロスコープ本体からプローブやソフトウェアに注力する軸が移っていくのはそういう意味もこめられており、CEOも次の3年間は、よりそちら側に対して注力していく、という発言を行っている」と、会社全体でオシロスコープの周辺を含めた強化を行っていくことを強調。実際に、今後3年間でデータアナリティクスなどのツールをハードウェアから切り離した形で開発を行っていく計画で、すでに2018年より、ソフトウェアチームにIoTやアナリティクス、SaaSなど、クラウドを活用することができないか、という提案を行ったとするほか、2018年初頭にデータ・ストリーミング/可視化サービスなどクラウドベースのソフトウェアを手がけるInitial State Technologiesを買収し、クラウドを活用した計測のあり方の模索を進めている。

さらに、「Initial Stateのソフトウェアは、美しく、レスポンス良く、使い勝手良くが売り。しかもワールドクラスのデータセキュリティを有している。それらの特徴を、Tektronixの製品に付与していけないか、という話をしている。それは単なるソフトウェアの提供という話だけではなく、ドキュメントの整備や多くのエンジニアたちの連携など、カスタマが求めるものすべてに対してであり、それらをソリューションとして提供していくことで、従来のボックスカンパニーとしてのTektronixから、ソリューションカンパニーとしてのTektronixへと変化していけるのではないかと思っている」と、計測機器を提供する企業から、計測ソリューションそのものを提供する企業へと変貌を遂げていく方向性を示す。ただし、「基本的なストーリーは変わらない。5年近く前、Game Changerとなったと表現したが、そこから一気にTektronixは変化してきた。カギを握ってきたのはユーザーエクスペリエンス(UX)の向上だ。Game Changerと言っていた時代は、オールインワンがコンセプトで、カスタマが後から機能を付け足すことで、変化に追従しようというもので、この根本的な要求自体は今でも変わっていないが、現在はさらにブレークスルーとして、生産性をいかに向上させるか、という観点が入ってきて、その対応のためにユーザインタフェース(UI)の変更などを行ったし、新規に搭載する半導体(ASIC)の開発も行った。我々はそうしたカスタマのニーズすべてをカバーしていく用意がある」とも語る。

「カスタマが開発する機器の計測は、それぞれのエンジニアがするものであって、我々がするものではない。我々の使命は、そうしたエンジニアたちに『Wow!』と言ってもらえるものを作ることだ」と同氏は、Tektronixはあくまでカスタマの成功が根底にあることを強調するが、そこにはイノベーションがあり、エヴォリューションがある。同氏は「Game Changerから計測業界のInnovatorへ」と今後の方向性を掲げていることを踏まえれば、まだまだオシロスコープの進化は当分の間続いていきそうである。