7月10日、本屋B&Bにて、美容ライター長田杏奈さんと平成元年生まれのオタク女子4人ユニット劇団雌猫による「だから私たちは美容する」『美容は自尊心の筋トレ』(Pヴァイン)刊行記念トークイベントが開催された。

  • だから私たちは美容する」『美容は自尊心の筋トレ』刊行記念トークイベントが開催された

    「だから私たちは美容する」『美容は自尊心の筋トレ』刊行記念トークイベントが開催された

『美容は自尊心の筋トレ』は6月19日に発売された、長田杏奈さんによる美容エッセイ集。モテようとも若返ろうとも、綺麗になろうとも書いていない、化粧品もちょっぴりしか載っていない美容本で、美容の観点から女性の自尊心を高めることを提唱している一冊だ。SNSで話題を呼び、発売して2週間で重版が決定している。

劇団雌猫が昨年10月に発売した、様々な女性の美意識やメイク、おしゃれへの声を集めたエッセイ集「だから私はメイクする 悪友たちの美意識調査」コミカライズを記念し、同書に長田さんのインタビューが掲載されていた縁から、今回のコラボレーションが実現した。

トークイベントには長田さん、劇団雌猫のかんさん、もぐもぐさんの3人が登場し、出版への思いや美容に関する話題が繰り広げられた。

 「美容は自尊心の筋トレ」ができた理由

「美容は自尊心の筋トレ」という目を引くタイトル。なぜこのような本を書いたのだろうか。今の美容世界は、こうすれば美人になれる、こうすればモテると型にはめる考えが強く、「全員が美人」と信じる長田さんは、フラストレーションを感じていたそう。女性は多くの場面で美容に関わっている。「誰かに評価され、コンプレックスに苛まれる美容」ではなく、「自分を好きになり、健やかな自尊心を育むための美容」を伝えたい思いから今回の出版に至ったという。

長田さん自身、自分を好きになることに負荷がかかるタイプ。自虐的になりそうなところをグッとこらえ、自分を受け入れるために意識する努力を「筋トレ」と表現した。美容に苦手意識がある人にも読んでもらいたいと、写真を使わず、化粧品もほとんど紹介せず、基本的な考え方や美容にまつわる違和感を文字だけで訴えかけた。

 自尊心の筋トレ十訓

本書は、初めに自尊心の筋トレ十訓から始まる。本文を執筆する前に、この十訓をまとめることから始めたそう。長田さんの伝えたいことが詰まっている十訓を紹介しよう。

  1. 生きているだけで美しい
  2. 自分大好きは褒め言葉
  3. 楽しい努力を選ぶ
  4. コンプレックスは魅力の泉
  5. 自虐で笑いを取るべからず
  6. 褒められたら「ありがとう」
  7. 嫉妬は自分の磨き石
  8. 夜中にモテで検索するな
  9. みんなで浮けば怖くない
  10. 今の私がいちばんイケてる

ひとつずつ読み上げた際、会場が盛り上がったのは「夜中にモテで検索するな」の部分。夜はいろいろと一人で考え込んでしまう時間。「モテ以外にも、占いに課金するとかエゴサーチも当てはまります」という長田さんに、会場からは納得の声が上がっていた。

「嫉妬をしてはいけない」「人と比べてはいけない」と、よく言われる。これは相手を嫉妬することで、ネガティブスパイラルに陥る人が多いからであろう。しかし長田さんは、嫉妬は自分を磨くチャンスだと考え、十訓に「嫉妬は自分の磨き石」を入れた。

長田さん「人間の本能として嫉妬はしてしまうもの。嫉妬してしまう相手のことをずっと考えたり、嫉妬心から目を背けて我慢をしていると表情にも出てくると思うんです。気持ちに蓋をして腐らせてしまうより、それを自分を磨く材料にしてチャンスに変えたらいいと思います」

嫉妬をしまう気持ちを認め、相手を自分を研究するための鏡にしてしまうと良いという。学びの材料にしてしまうことで、ざわざわとした嫉妬の感情をチャンスに変える。考え方を変えることで、自分を大切に思うきっかけとなるかもしれない。

  • 手作りの花冠を付けた長田杏奈さん

     手作りの花冠を付けた長田杏奈さん

 役割スタンプラリーからの卒業

トークはお互いの書籍の質問へ。劇団雌猫のかんさんが印象に残ったのは、「母で、妻で、それで? - 役割スタンプラリーからの卒業」という項目だという。テレビや雑誌の特集で女性を取り上げる際に、その人が既婚で子持ちであれば、どんな思いで生きる何のプロフェッショナルなのかに関係なく、判を押したように「母親であり、妻であり、働く女でもある」という”役割列挙見出し”が踊っている。役割の多さを勲章であるかのように取り上げる風潮は、見方を変えるとスタンプラリーのように全てコンプリートすべきだという価値観を刷り込んでしまうと長田さんは述べる。

もぐもぐさん「役割スタンプラリーは集めていってレベルアップと言うより、コンプリートすることが大切みたいな感じ?」

長田さん「そうだね。スタンプラリーになってしまうと、自分が本当はどうしたいのかよりも、集めることに意義があるように錯覚してしまう。そうすると人生が薄味になる気がする」

かんさん「母で、妻で、○○でという表現をよく見るけど、それでは、母でも妻でもない独身の女は、価値がないと言いたいのか? と考えてしまう」

長田さんは、何かの役割を担っていなくても、人間の尊さは変わらないと力説する。

長田さん「スケートに例えるとショートプログラムで決められた技を順番通りにクリアするんじゃなくて、余すことなく自己表現するフリープログラムという感覚。みんな自由演技で生きられたらいいよね」

気が付いたら、家事も育児も仕事も全てを完璧にこなせる女性を目指すべきいう考えになってはいないだろうか。自分を役割に当てはめて生きようとすると、苦しくなる時がある。母として、○○として役割を求められる話では、会場の女性たちが大きくうなずいていた。

 だから私はメイクする

劇団雌猫が出版した「だから私はメイクする」は、コミカライズ連載が「FEEL YOUNG」8月号からスタートした。美意識に注目した本を作る思いを劇団雌猫の二人が語った。

きっかけはメンバーの一人が、後に寄稿してもらう叶美香と呼ばれた女にメイクを教えてもらったことだという。順番や工程が細かく、メイクをすること自体が趣味であることに気づき、もっと知りたいと同人誌を作ったそう。

かんさん「同人誌から書籍化する時、いろんな美意識があることを入れたいと思って、構成とか章立てを考え直したよね」

もぐもぐさん「お互い否定しない本にしようと意識した。理解できない人の話も聞いてみたら面白いし、匿名で書いてもらうことでいろんな話が載せられたと思う」

「だから私はメイクする」には様々な理由でメイクをする女性が登場する。「会社では擬態する女」や「アイドルをやめた女」など、それぞれの美容への思いが綴られている。長田さんが気になったのは、タレントのマネージャーをしている女性が、タレントを引き立てるためにメイクをするという「芸能人と働く女」だという。

長田さん「自分が、メイクは自分のためにするものっていう考えだから、誰かのためにメイクをすることの話が新鮮だった。それがダメという意味ではなく、そういう考えもあるんだなって」

美意識は人それぞれが持つもの。メイクは誰かにモテるためだけのものでなく、自分を強くしてくれたり、武器となったりするものだ。

  • 劇団雌猫のかんさんと長田杏奈さん

     劇団雌猫のかんさんと長田杏奈さん

 だから私たちは美容する

なぜ美容をするのか、あまり考えたことがないかもしれない。会社に行くから化粧をしたり、かわいく見せたいからおしゃれにしてみたり、ひとりひとりが美容への気持ちを少なからず持っているはずだ。

トークイベントは、参加者たちがTwitterで「#だから美容」を付けて実況する中で進められた。話の内容に感じたことや思ったことがその場で呟かれ、ネットで共通されていく。同じ時間を共有しながら、いろんな考えがあることを感じるイベントであった。

こうでなければならないと思ってしまいがちな世の中で、この二つの本はいろんな価値観があることを教えてくれるだろう。読んでみると何か新しい発見があるかもしれない。

美容は自尊心の筋トレ

モテようとも若返ろうとも、綺麗になろうとも書いていない、化粧品もちょっぴりしか載っていない美容本。反骨の美容ライターが「みんな違ってみんな美しい」時代に送るメッセージ。Pヴァインより上梓されており、価格は税込み1,598円。

長田杏奈

1977年神奈川県生まれ。ライター。女性誌やwebで美容を中心にインタビューや海外セレブの記事を手がける。「儚さと祝福」をコンセプトに、生花を使った花冠やアクセサリーを製作する「花鳥風月lab」としての活動も行う。
Twitter:長田杏奈
Instagram:Anna Osada / 長田杏奈

だから私はメイクする 悪友たちの美意識調査

化粧、ダイエット、エステ、整形、ロリータ、パーソナルカラー診断、育乳……。様々なジャンルのおしゃれに心を奪われた女性たちが、ファッション・コスメへの思い入れや、自身の美意識をつまびらかに綴り、それぞれが「おしゃれする理由」を解き明かす匿名エッセイ集。柏書房より上梓されており、価格は税込み1,296円。

劇団雌猫

もぐもぐ、ひらりさ、かん、ユッケのアラサー女性4人組からなるサークル。インターネットで知り合い意気投合した4人が、インターネットでは語られない「周りのあの子」の本当のところを知りたい! という純粋な興味から2016年冬に同人誌『悪友』シリーズの制作を始める。主な書籍は、「浪費図鑑―悪友たちのないしょ話―」「一生楽しく浪費するためのお金の話」新刊は「本業はオタクです。-シュミも楽しむあの人の仕事術」(7月19日発売 中央公論新社)
Twitter:劇団雌猫