一説によると、日本における「バレンタインデー」の経済効果は1,000億円を超えるとも言われているらしい。

  • 不明瞭なバレンタインデーの脳内イメージ

そんなことを言われても、女性からチョコレートをいただく頻度が金環日食と同じぐらい少ない筆者にとっては何の実感も湧かないし、平成最後のバレンタインデーも当然のことながら収穫はゼロであった。

バレンタインデーによってもたらされたのは、「そもそもバレンタインというものは3世紀ごろローマ帝国にいた聖ヴァレンティヌスが」と唇の両サイドに泡を充実させながらまくしたててくる同僚の存在ぐらいだ。

このままではいけない。そう思った筆者は、「自分たちでチョコを作ろう」と周囲の同僚たちに声をかけた。国生さゆり氏が歌っていたように、バレンタインデーは「特別スペシャル・デー」であり、「誰もが浮かれてカーニバル」なのだ。せめて楽しい思い出ぐらい作らせてほしい。節分も兼ねて担任の麦谷先生に麦チョコを全力投球していた男子校時代の苦いバレンタインデーメモリーをなんとしてでも塗り替えたい(投げたチョコはそのあとみんなで食べました)。

チョコ作りに挑戦するメンバーが集結

というわけで今回は、エービーシーキャピタルが展開する「ABC Cooking Travel」に協力していただくことに。

「食」と「体験」にまつわるさまざまなプログラムを実施しているABC Cooking Travelでは、「料理を通してチームビルディングを行う」といったコースも用意しているとのこと。普段のオフィスとは違うカジュアルな環境で、誰もが親しみやすい「料理」というテーマに取り組む。それによってお互いの新たな一面も発見でき、チームの結束が強められるのである。

  • ABC Cooking Travelでは、訪日外国人向けのアクティビティも行っている。築地市場をガイドとともに楽しみ、ABC Cooking Studioでプロ講師から和食作りを学ぶなど、魅力的なプランが多数。経験豊富な講師陣が在籍しており、英語にも対応してくれるという

チョコ作りに挑むのは、普段同じオフィスでともに仕事をしている以下の3名。もちろん今年のチョコ獲得数は全員ゼロだ。

  • 営業部の大原(仮名・25歳)

1人目は、営業部に在籍している25歳の大原(仮名)。好きなチョコレートは「トッポ」。“最後までチョコたっぷり”でおなじみのトッポをセレクトするあたりに、自身のスカスカ具合をどうにか補おうと苦悩する心の内が見て取れる。

  • 営業部の富樫(仮名・27歳)

2人目は、同じく営業部に在籍している27歳の富樫(仮名)。好きなチョコレートは「泡チョコフォンデュ」。冒頭でサイドクチビルに泡を蓄えながらバレンタインの由来を早口で話していたのは彼である。おそらく泡が好きなのだろう。

  • 編集部の西田(仮名・29歳)

3人目は、編集部に在籍する29歳の西田(仮名)。好きなチョコレートは「ツインクル」。棒状のものは何でも武器だと勘違いしてしまう無邪気さが吉と出るか凶と出るか。道具は正しく使おう。

事前に相談した結果、メニューは「ティラミス・ミルクレープ」に決定。レシピを用意していただき、その後は一から自分たちの手で作り上げていく。しかし、この3人に任せるのはどう考えても嫌な予感しかしない。そこで今回は特別に、料理が得意な女性ゲストを投入してみることにした。

  • ABC Cooking Travelにてガイドのアルバイトをしている女性2名に協力を仰ぐ

さらに、レシピを作成していただいたABC Cooking Travelの本柳景子さんにもオブザーバー的な立ち位置で入っていただくことに。

  • 今回のレシピを監修していただいた本柳さんに見守られながら料理開始

これにより、シンプルに料理のクオリティが上がるのはもちろん、男性陣は「女性がいるチームにおいてのコミュニケーションや振る舞い」も学べるのではないかという寸法だ。そこに「初対面」という要素も加わっているため、なんなら男性陣がチョコをいただけない原因すらも見えてくるかもしれない。

自己紹介もチームビルディングのうち?

料理に取り掛かる前に、まずは自己紹介からスタート。この段階で、すでにチームビルディングは始まっている。

  • 男性3名・女性2名で2つのティラミス・ミルクレープを作る

チームとしての目的は、「おいしいティラミス・ミルクレープを作ること」だ。そのためには的確な役割分担が必要であり、そこをスムーズに行うには「どの程度料理ができるのか」「チームにおける立ち位置やキャラクター」などの情報が受け手に伝わる自己紹介が望ましいと言えるだろう。

男性メンバー最年少の大原は、ここぞとばかりに学生時代のアルバイトにおける調理経験をアピールするとともに、「ガンガンこき使ってください!」と実直な後輩キャラを前面に押し出す。その結果、最短ルートで女性陣の支持を獲得し、「肌キレーイ」とまで言わしめた。やりやがる。

  • 大原の人気に嫉妬気味の西田は、おもむろに卵を割り始めた。『We Are the World』におけるシンディ・ローパーと同じくらい協調性がない

料理ができるできないの前に清潔感が足りていない西田と富樫は、大原のライトなモテっぷりを目の当たりにして「こいつ本当はチョコもらってんじゃねぇの?」とブツブツ言いながら小鼻を膨らませる。「チョコが全然もらえない」という点で繋がっていたように見えた男性陣の結束は、早くも崩壊寸前だ。

そんな中、せっかちな富樫はMC的なポジションで自己紹介の順番を積極的に回していく。その後もタイムマネジメントを行う役割はそれとなく彼が担っている様子であった。

  • 2チームに分かれて生地作り開始

大まかな調理工程は、クレープ生地の材料を混ぜ合わせる→ティラミスクリームを作る→クレープを焼く→焼きあがったクレープとティラミスクリームを重ねていく、といった具合。

和気あいあいとレシピ通りに作業を進めていく5人だが、次第に各々の性格やキャラクターも輪郭がくっきりとしていき、役回りも確立する。周りの様子をうかがって指示を待つタイプもいれば、作業しながら全体を見て暇な人を出さないように指揮をとるタイプ、隙あらば調理台の上を片付けたがる人、つまみ食いしても許されるタイミングの見極めが上手い人など、いつもの業務の中では見られなかった面も顔を出すのが面白い。

  • 生地を寝かせている時間に洗い物を進める

  • 30分も経たないうちにすっかり打ち解けた様子の5人

男性メンバー3人の中だけで見ても、職場における上下関係を気にしすぎることなく自然にサポートし合う雰囲気が出来上がっていたのが印象的であった。大原(後輩)に対する西田(先輩)のジェラシーもいつの間にか消え去り、気付けば教えを乞うほどの関係性に。

  • いかにもおいしいクレープを焼きそうな大原(後輩)とケバブ屋感がぬぐい切れない西田(先輩)が絶妙な連携を見せる場面も

  • 人の話をどれほど聞いているかという部分も浮き彫りになる

そうこうしているうちに、料理はもう完成間近だ。男3人衆だけではここまで順調に事が運ばなかったことだろう。そんな気持ちの表れか、感謝の言葉やお互いを褒めるような口ぶりが明らかにいつもより多く飛び交っていることにも気付かされた。富樫のサイドクチビルに蓄えられていた泡の姿は、もうそこにはない。

  • 仕上げは女性メンバーにお願いし、男性陣は見守る側に徹する

  • 「食べるのがもったいない」というベタすぎる感想が口をついて出るほどの仕上がり

慎重にカットして盛り付け、ついに調理は終了。男性メンバーはかなりの充実感に包まれているようだ。最後に、出来立てのティラミス・ミルクレープにかぶりつきながら今回の試みを振り返る。

  • 90年代のシカゴ・ブルズを彷彿とさせる好チームっぷりを見せた5人

  • 味もバッチリでひと安心

もっとも多く挙がったのは、「シンプルに楽しかった」という感想。「チームビルディング」だの「研修」だのと聞くと眉間にしわが寄ってしまいそうなものだが、深く考えずに楽しみながら料理をするだけでも「チームがひとつの目的に向かって一丸となる」感じは出てくるものなのだ。料理スキルが立場と比例するとは限らないという点も、いろいろな意外性を生み出してくれた要因かもしれない。

今回のような形にプラスして、チームごとにプレゼンやフィードバックなども実施しながらチームビルディングの効果を高めるコースも用意されているとのこと。自分が所属しているチームをより良いものにしたいと考えている方は、チームビルディングの選択肢に「料理」を加えてみてはいかがだろうか。

バレンタインデーの経済効果に何の影響ももたらしていなかった3人は、女性陣に直接ヒアリングしたり、他のメンバーの振る舞いを観察したりするなどして、チョコをいただけない理由も自分なりに探れたようだ。

これで来年こそはチョコ獲得数ゼロを回避できるかもしれない。もしゼロでもティラミス・ミルクレープの作り方は学んだので、いざとなればチョコも自作できるという精神的な余裕が生まれる→自分に自信が持てるようになる→モテる→精神的な余裕が生まれる、という好循環が実現できるに違いない。ハッピーバレンタイン。