周りの目を気にすることなく何かに熱中する人(=熱中人)たちを紹介するフジテレビの単発バラエティ番組『熱中人』の第3弾が、きょう27日(24:25~25:25)に放送。今回は、北海道大学の学生寮「恵迪寮」からのレポートや、東京・渋谷での街頭インタビューで次々に“熱中人”を発掘していくほか、この番組に欠かせない存在となった、幸手に住むアニメ熱中人・中村さんに密着し、ナンバーワン熱中人を決定する。

スタジオは、EXILE NAOTOと田中みな実のMCに、審査員を高嶋政宏、長嶋一茂、小峠英二が務め、さらに別室から渡辺直美が参加。自由すぎる高嶋と長嶋に翻弄(ほんろう)されながら、大いに盛り上がった収録を終えたNAOTO、渡辺、小峠、田中に、話を聞いた――。

  • 田中みな実、NAOTO、渡辺直美、小峠英二

    『熱中人』に出演する(左から)田中みな実、NAOTO、渡辺直美、小峠英二

初めてキツいと思った

――非常に盛り上がった収録でしたが、まずは感想をお願いします。

NAOTO:本当にたくさんの熱中人の方を見せていただいて、それぞれ自分の世界がたくさんあるんだなと思ったのと、「こういうことに熱中する人もいるんだ!」っていう新しい世界を見させてもらいました。また、今までは渡辺さんと一緒にやらせてもらってたんですけど、今回は「審査員」という新しい制度で出演された高嶋政宏さんと長嶋一茂さんから“相当”なお話が聞けたなと思いました。手応えはあるんですが、そこがどこまで放送されるのか…(笑)

渡辺:ほぼカットになるのかなと思います(笑)。でも、ゲストの皆さんが熱中人に対して熱く思ってくれていたのがうれしかったですね。熱中してることってあんまり普段しゃべる機会がないじゃないですか。こっちも気をつかっちゃうし。でもこの番組は、悪い言い方をするとデリカシーなくグイッと迫っていけるので、みんながすごく輝いていて、私たちの知らない世界をいろいろしゃべってくれて、自分もなにかに熱中してみたいと思ったりして、視野が広がるんですよね。今回はグッとくるちょっと涙みたいなのもありましたし。

小峠:ねーよ!そんなもん!!

渡辺:ほら、選挙とか!(爆笑)

小峠:でも、いろんなジャンルでいろんな角度から熱中してる人を見ると面白かったですよね。こんなに周りを見ず、カメラも気にせず熱中できる方がいらっしゃるということに、ちょっとすごいなと思いましたよ。あと、ゲストの高嶋さんと一茂さんは、2人とも個々としてはものすごく素晴らしいプレイヤーだと思うんですけど、同時には呼ばない方がいい(笑)

渡辺:学びましたね。2人合わせちゃダメですね。初めてキツいなって思いましたもん(笑)。今まであのお2人はすごい優しい先輩だと思ってたんですけど、合わせるとちょっとキツいかな(笑)

小峠:VTRで料理してる場面があって、高嶋さんが一茂さんに「普段料理とかするんですか?」とか聞いてて、「なんちゅうしょうもない会話!」って思いましたよ(笑)

(一同爆笑)

NAOTO:なんにも話題がないときにする会話(笑)

渡辺:初対面だから(笑)

田中:あの2人が脱線していくと、NAOTOさんが一生懸命軌道修正しようとして、その姿にちょっとグッときましたね。大丈夫かな?って(笑)

NAOTO:1時間半の収録でこんな疲れることはなかったです。体力というより精神力を削られた感じで、ライブ以上のカロリーの消費でちょっとビックリしました(笑)

――直美さんは、セットと離れていたので、スタジオのトークに入れないときもありましたよね(笑)

渡辺:離れてて向こうのテンションがよく分かんないから、こっちはまだ笑ってるのに、そっちはもう次の話題にいってるみたいなこともあって。あの2人、意外と熱が冷めるの早いんですよ(笑)。急に一茂さんが真面目な話をしだすときもあったし。そういうときに、私の補足ポイントの説明が入りづらくなったんですけど、全体的には良かったと思います。みんなが1つになって(笑)

――あの2人を、皆さん4人で抑えようというチームワークが伝わってきました(笑)

田中:でも、あの2人ですら黙ってしまうような熱中人も出てきますからね。

単独無人島3日間でエピソード0

――そこで、今回印象に残った熱中人を伺っていきたいのですが…。

渡辺:皆さんそれぞれありますけど、やっぱり、幸手に住むアニメ熱中人の中村さんですね。まず丁寧なんですよ。知らない人しかいないのに、ベンチに座るだけで「失礼いたします」って。でも、漫画を読んでるときの中村さんが一番好きですね。あぁ、本当に会いたいなって思います。レポーターの山本(博、ロバート)さんしか会ってないんで。

NAOTO:もはやこの番組ではレジェンドですよね。所作が全部美しいんです。中村さんは3回目の登場になりますけど、山本さんとの空気感ができ上がってる感じがしました。

田中:「恵迪寮」も衝撃的でしたね。普段触れない世界なので、ビックリの連続でした。私は、中学・高校と部活に熱中していたんですけど、それ以降はずっと仕事仕事ってなって。でも、仕事もそんなに熱中っていうことでもないので…

小峠:しなさいよ、仕事に集中。

田中:1個1個は頑張るんですけど、熱中って周りが見えなくなるくらい大好きなことじゃないですか。それがある皆さんがすごくうらやましくて輝いて見えたので、自分にないものを持ってる人たちばっかりで、すごく感化されました。

――皆さんの周りで、“熱中人”はいますか?

小峠:うちの相方(西村瑞樹)はキャンプ熱中人ですね。プライベートでカメラも入ることなく無人島に1人で3日間行って、エピソード0で帰ってくるという。

(一同爆笑)

――ネタに生かすということもないんですか?

小峠:ないないない。

NAOTO:さぞいろんな楽しいことがあったはずなのに…。

小峠:絶対あったはずなんですけど、エピソード0で帰ってくる。だからある意味熱中してるんですよ。

田中:まさに熱中人ですね。

渡辺:私の周りは、今年安室奈美恵さんが引退されましたけど、子供の頃から追っかけてる友達がいて、ライブがあるたびに全部行ってたんですよ。最後の沖縄のライブも、やるかどうか決まってないときから「絶対ここでやるから」って言ってその前後3日間休みを取っていて、本当にそこでライブをやることになって、しかもそのチケットが当たって。本当に良かったね!って思いました。

NAOTO:今回のVTRにもいましたけど、GENERATIONSの後輩の(関口)メンディーと(佐野)玲於は、アクセサリー熱中人なんですよ。自分でオリジナルのジュエリーをデザインしたりもしてるんです。俺も1回小さいのを作りたいなと思って相談したんですけど、2人のダイヤモンドの知識がえげつなく上がってて、「VVSを使ったほうがいいと思います」とか、専門用語がすごいんですよね。ダイヤモンドを見るときも、鑑定士みたいに輝きをチェックしだしたりするし(笑)

田中みな実「私は全部強迫観念で…」

――田中さんはいかがですか?

田中:私は、あんまり多くの人と接していないので…

渡辺:寂しいんですよ、さっきから(笑)

田中:でも、本当に熱中してる人って、熱中しているものがあれば友達とか必要ないという人が多いんじゃないですかね。私も、熱中できる何かを見つけられたら、本当に生きやすくなると思います。

小峠:料理とかやんないの?

田中:昨日も眠れなくて、夜中までずっと料理してたんですけど…

――それ、熱中じゃないんですか?

田中:これは現実逃避なんですよ。いろんなことを考えちゃうから、料理をすることで無心になるっていう。私の場合、全部脅迫観念でやってるから、ジムに通うのも止めたら太るかもと思って止められないだけで……すいません、私が言うとなんか怖くなりますよね。小峠さんは、何に熱中してるんですか?

小峠:まぁ単車乗ったりとか、車乗ったりとか…

田中:あぁ、男の人はそういうのがありますよね。ふーん…

小峠:聞かれて答えたら「ふーん」って!

渡辺:熱中人としては普通の答えでしたから。

(一同爆笑)

――では、最後に番組の見どころをお願いします。

NAOTO:何かに熱中されている方にも、熱中されていない方にも、熱中することっていいなって感じたり、自分も何かに熱中してみようと思ってもらえるきっかけになるような番組になので、ぜひ見ていただきたいです。

渡辺:この番組に出てる熱中人の方は、とにかくパワーが半端ないので、画面越しでも元気をもらえると思います。あとは、ゲストの皆さんのハシャギっぷりにぜひとも注目していただきたいですね(笑)

小峠:やっぱり熱中人の方々の周りが見えなくなる集中力に感心して、それはすごく勉強になったというか、昔の熱い思いを呼び覚まされたところもあるので、ぜひご覧いただければと思いますね。

田中:誰かに演出されることなく、本当に素のままでありのままの皆さんが熱中してることを撮らせていただいたり、話を聞かせていただいているということが、今のテレビの世界では逆に新鮮なのかなという気がしています。1人1人が違う熱中人で、いろんな角度からの熱中があるんだなということが分かると思います。