日本上陸10周年を迎えるクリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンは今、大きな改革を行っている。店舗数は最大の時には64店舗まで拡大したが、現在は46店舗。行列もみかけなくなり、内情は苦しいのではないかと察せられたが、次に向けた布石とし、ドーナツだけにこだわらない新商品の展開とあわせ、同社は前向きな店舗戦略を進めている。

日本上陸10周年

1937年にアメリカのノースカロライナ州で誕生したクリスピー・クリーム・ドーナツは、2001年にカナダに出店したのを皮切りに世界展開をはじめ、今では、27カ国に約1100店舗ある。

約80年! 今では世界的なスイーツブランドに!

日本には、2006年に上陸。店舗の前に数時間待ちの長蛇の列ができ、ドーナツを食べながら待つ人の光景が、記憶に残っている人も多いだろう。東京・新宿区の1号店を皮切りに、関東、関西、東海、中国、九州など最大64店舗まで拡大したが、ブームから10年たち、今は行列を見かけなくなった。

主力商品の開発

同社といえば、ふわふわの生地を砂糖でコーティングしたシンプルなドーナツ、オリジナル・グレーズドが最もポピュラーな商品。実は、1937年から続く秘伝のレシピを一度も変えることなく、作り続けられている。同社の歴史そのものといえる商品なのだ。人気なのは、「ふわ、とろ」な食感で、全世界で不動の1位、日本だけでも、今までに約1億3000万個が食べられている。

看板商品、オリジナル・グレーズド

日本で、このオリジナル・グレーズドに次ぐ定番商品としたい2商品を、上陸10周年に合わせて、発売した。日本人の味覚にあわせた独自の商品だという。

実は日本上陸時には、すべてのメニューがアメリカで考案されたものだが、現在では国内のメニュー約8割が自国で考案されたもの。抹茶のドーナツのように、日本で考案された商品が、ほかの国のクリスピー・クリーム・ドーナツで採用されることも増えており、日本の開発力は高い評価を受けている。

日本で開発された商品が、海外でも食べられている