シック・ジャパンは6月3日、「アンダーヘアのお手入れ事情」についての日米比較の調査結果を発表した。調査は1月21日~26日、アメリカ在住の20代~30代の男女400名(男女200名ずつ)を対象にインターネットで行われた。

「アンダーヘアのお手入れをしている人の割合」

調査の結果、アメリカでは女性の94.7%、男性の89.3%がアンダーヘアをお手入れしていた。日本では、女性のアンダーヘアのお手入れ率は60.6%で、アメリカの女性と比較して34ポイントの差があった。

お手入れに使用する道具は、日米ともにカミソリが主流だった(日本での調査は2014年12月、女性221名を対象に実施)。パートナーに対して「毛を短く整えてほしい」と思う人が多いためか、アメリカではビキニライン用トリマーを使用する割合が日本よりも高いことが分かった。

「アンダーヘアのお手入れ方法」

またアメリカでは、女性の約6割、男性でも4人に1人は「毛を全てなくすスタイル」にしていた。日本では「下着からアンダーヘアがはみ出さない自然な形に整える」が主流で(2012年12月に20代女性1,000名を対象に実施)、「毛を全てなくすスタイル」は1割未満にとどまった。

「アンダーヘアのスタイル」(左/アメリカ在住男女、右/日本在住女性)

さらにアメリカでは、パートナーに対して「毛を全てなくしてほしい」「限りなく短く整えてほしい」と答えた男性が約半数ずつだった。4割以上の女性は、「パートナーには限りなく短く整えてほしい」と答えた。

「パートナーにはどのようにお手入れして欲しいか」(アメリカ在住男女)

またアメリカの男性に「アンダーヘアのお手入れをしていない女性をどう思うか」を聞いたところ、半数以上が「魅力的でない」と回答。「清潔感がない・不潔」とも捉えられており、マイナスイメージを持つ男性が多いことが分かった。なかには、「逮捕されるべき」という厳しい意見もみられたという。

「アンダーヘアのお手入れをしていない女性をどう思う?」(アメリカ在住男性)

アメリカでは、アンダーヘアをお手入れする理由として、男女ともに「自分が快適だから」という理由が最も多く、自分のためにお手入れする人が多い一方、女性よりも男性の方が「エチケットとして当然」「パートナーの目を気にして」と、パートナーを 意識して、お手入れをする割合が高いことがわかった。

「アンダーヘアをお手入れする理由は?」(アメリカ在住男女)

アメリカの女性がアンダーヘアのお手入れを始める年齢は、「16歳~18歳」が最も多く、次いで「13歳~15歳」という結果になり、18歳までに6割以上の人がお手入れを開始していた。一方日本では、「19歳~22歳」にお手入れを始める人が35.7%と最も多く、18歳までにお手入れを始める割合は36.3%にとどまった。

「アンダーヘアのお手入れを始めた年齢は?」(アメリカ在住女性)