時間が止まった老舗喫茶店でスイーツを! 小樽市民に愛され続けている3店 (2) その復活に小樽市民も涙! 老舗喫茶店の「館モンブラン」は一味違う

お祝いの席には「館」がいる

小樽駅から徒歩10分程度のところに広がる花園銀座商店街は、小樽の中でも特に老舗が並ぶ通りだ。今回紹介する「館ブランシェ」もそのひとつ。店頭には美しいケーキが並び、一階の奥まったところに喫茶スペースがある。

ゴージャスな気分が味わえる「館ブランシェ」の喫茶スペース

同店が「館ブランシェ」に至るまでにはいろいろと歴史がある。昭和11年(1936)創業時、店の名は「ダリア」だった。その4年後に現在の場所に移転し、喫茶店を併設した洋菓子店「館」に。当時の喫茶店と言えば文化人が集まる社交場で、同店もベルベットのソファにシャンデリア、ステンドグラス、壁は絹張りとそれにふさわしい豪華な内装に仕上げた。創業者は菓子職人ではなかったが、客の目線からあらゆることに妥協しない人物だったという。

「創業者から2、3時間正座させられて怒られたこともありますが、気にかけてもらえることはうれしかったですし、仲間からはうらやましがられました」と話すのは、館時代も含めて同店で40年間職人として働いている武田孝信さん。「誕生日には館のケーキ、初任給の土産には館のショートケーキ」と市民に愛されるようになった味は、絶対に妥協しない創業者と職人たちの二人三脚で作り上げてきたものと言ってもいい。

小樽市民に愛されてきた懐かしいケーキ類が並ぶ

そんな館も2013年に経営不振に陥り、惜しまれながら閉店した。しかし、「小樽から館をなくしてはいけない」という気持ち一心で、半澤真奈美さん(小樽運河代表取締役)は同年12月に武田さんら職人に働きかけ、「館ブランシェ」として復活させた。新オーナーとなった半澤さんによると、開店当日は多くの市民が押し寄せ、中には涙を浮かべる人もいたそうだ。半澤さん自身も、館がこんなにも愛されていたことに驚いたという。

マッサンはシュー、リタはタルト

館時代からの看板商品のひとつが「館モンブラン」(340円)。しかし、世間一般に知られているマロンクリームのモンブランとは違い、ココアスポンジに生クリームを挟んだショートケーキである。実は小樽ではこのタイプが一般的で、前述のあまとうや小樽の老舗洋菓子店「米菓堂」もこれである。武田さんは「うちのモンブランは岩肌と雪を表しています」と言うが、発祥は謎とのこと。

「館モンブラン」(340円)は、シンプルなだけに素材の良さがよく分かる

そして、今春まで放映されていたNHK朝の連続ドラマ『マッサン』の主人公、竹鶴政孝と妻・リタも館を訪れていた。政孝氏が好んで食べたシュークリーム「復刻シュー」のほか、リタのレシピを再現した「リタのアップルタルト」(1ホール1,800円)も、歴史あるオススメスイーツだ。なお、300円以上のケーキを注文すると、プラス150円でコーヒーが好きなだけ飲めるのもうれしいところ。

「リタのアップルタルト」(1ホール1,800円)はシナモンがポイント

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連記事