日本経済新聞出版社は、日経ビジネス人文庫より『孫正義 インターネット財閥経営』(滝田誠一郎 著)を発売する。価格は750円。

1999年に発売された、『孫正義 インターネット財閥経営――ビル・ゲイツを超える日』(実業之日本社)の文庫版。ソフトバンク・孫正義社長の前半生を描く。高校を中退して留学し、19歳のときに立てた「人生50カ年計画」、ソフトバンクの設立、重病と闘いながら経営を続けたエピソード、ソフトバンクの危機まで、ソフトバンクの核となる様々なドラマが詰め込まれている。文庫版では、孫社長が「ソフトバンク新30年ビジョン発表会」で語った「300年成長し続ける企業のDNA設計」などを追加収録。14章構成(人生は限られた時間しかない/ ソフトバンク設立/ 孫のナンバーワン戦略/ 流通ビジネス事始め/ 草創期を支えた10人の大恩人/ 病に倒れた孫を襲う内憂外患/ 時代の寵児たらしめた孫の二乗の兵法/ ほか)。


出版社・著者のみなさま、新刊情報を掲載しませんか?

マイコミジャーナル・ブックチャンネルでは、新刊をご案内する「新刊・話題」コーナーを設けています。出版社や著者の皆様、本コーナーに新刊情報を掲載してみませんか? ご希望の際は、「新刊情報掲載希望」と明記のうえ、500文字以内の紹介文表紙画像を添えて、受付窓口【mj-book@mycom.co.jp】までメールをお送りください。