富士重工業(スバル)は20日、軽乗用車「プレオ」「プレオ カスタム」、軽商用車「プレオバン」をフルモデルチェンジして発売した。価格はプレオが90万750円から116万7000円、プレオ カスタムが123万4750円から154万6750円、プレオバンが67万円から87万2000円。いずれもダイハツ工業よりOEM供給を受けて発売される。

プレオ L

新型「プレオ」シリーズのコンセプトは「実用性・経済性に優れたジャストサイズ・スモール」。コンパクトなボディに、室内長2,000mm、室内幅1,350mm、室内高1,265mmの空間を確保しつつ、1,530mmの全高により、ほとんどの立体駐車場に対応可能とした。最小回転半径は車庫入れや縦列駐車などでも扱いやすい4.2mを実現した。プレオ バンはクラストップレベル(富士重工調べ)の荷室長1,260mm、荷室幅1,255mmを確保している。

インテリアでは、運転席シートリフター、チルトステアリング、フロントシートベルト・ショルダーアジャスターなどを装備。リヤシートにはスライド量255mmのロングスライド機構を採用した。前後ドアは最大約90度まで開き、乗り降り、チャイルドシートの脱着、大きな荷物の積み下ろしなどが容易に行なえる。(装備はいずれも一部モデルを除く)

エンジンはいずれも3気筒の660cc。ターボ車とNA(自然吸気)車が用意されるが、NA全車がエコカー減税に適合している。NAの2WD+CVT(自動無段変速機)車の燃費は24.0km/L(10・15モード燃費)を実現している。ボディは高い乗員保護性能を備える衝突安全ボディとし、万一の衝突の際には歩行者の傷害を軽減するワイパーピボットやフードなども採用している。

プレオ L Limited

プレオ カスタム R

プレオ バン A

プレオ L Limited

プレオ カスタム RS

プレオ バン A

プレオ L Limited

プレオ カスタム RS

プレオ バン A