東武鉄道は3月中旬より、東京都足立区梅田の西新井工場跡地に総戸数738戸の大型マンション「リライズガーデン西新井」の第一期販売を開始する。

西新井工場跡地に建設される「リライズガーデン西新井」の模型

同マンションは、東武伊勢崎線西新井駅から徒歩5分、同線梅島駅から徒歩4分であり、大手町から10km圏内という好立地に位置。竣工予定次期は2009年9月下旬、入居予定次期は2009年12月下旬となっている。総戸数は738戸で、うち50戸が3月中旬より販売される。同社によると、既に予約が殺到しており「状況によっては、50戸を超える販売になるかもしれない」とのことだ。

また、PASMOセキュリティシステムを採用したマンションとしては首都圏で最大規模。仕組みは、PASMOに印字された英数字を事前登録(8枚まで可能)した上で、玄関に設置されたPASMO対応のカードリーダーにタッチ。すると、施錠と開錠が簡単に行える。その他、携帯電話の専用サイト(3キャリア対応)を使用して外出先から施錠したり(開錠は不可)、同居者の帰宅を知らせる配信サービス等も提供。なお、PASMO紛失時には24時間対応のカスタマーセンターに連絡することにより、遠隔で迅速にカードの鍵としての機能を無効にする処理が行われるという。

玄関に設置されたPASMO対応のカードリーダーにタッチすると施錠と開錠が行える

外出先から施錠可能。施錠されているかどうかの確認もできる

免震構造で全戸がオール電化にも対応。共用施設も充実しており、バスケットゴールのある体育館やパーティールーム、フィットネスルーム、託児施設、ドッグランなどを備える。その他、広大な敷地には屋上庭園をはじめ、水盤のあるアクアガーデン、緑の中を巡る回廊庭園、約400m続く並木道などがあり、憩いの場としても活用することができる。