天丼のチェーン「てんや」などを経営するテンコーポレーションと東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は10日、1月23日より順次、首都圏に展開する「てんや」の全店舗(約120店舗)などにSuicaを導入すると発表した。導入完了時期は7月の予定。

1月10日現在、「てんや」でSuicaの導入が済んでいるのは10店舗(赤羽アルカード店/御徒町店/亀有店/北千住店/錦糸町店/シャポー船橋店/茅ヶ崎店/イオンモール太田店/イオンモール羽生店/イオンモールむさし村山ミュー店)。1月23日以降、7月末までに首都圏の天丼てんや(119店舗)/天ぷらてんや(3店舗)/てんやおじさんの天婦羅屋台(3店舗)/とんかつおりべ(1店舗)にSuicaの決済端末を導入し、決済を可能にする予定だ 。

なお、テンコーポレーションとJR東日本によれば、街ナカの飲食業界における全店舗規模でのSuica 導入は「てんや」が初めてだという。