「一粒万倍日」は、財布の使い始めなどに良いとされる吉日です。この一粒万倍日が「天赦日」などほかの吉日と重なるとさらに縁起が良いとされています。それはいつで、どんなことに適した日なのか、気になりますよね。

この記事では一粒万倍や一粒万倍日の意味、吉日と重なる日はいつなのか、何をすればいいのかなどをご紹介します。開運に興味がある人なら、きっと役立つ情報ですよ。

  • 「一粒万倍」とは

    「一粒万倍」や「一粒万倍日」の意味などを紹介する記事です

一粒万倍の意味とは

一粒万倍は「わずかなものから非常に多くの利益を得ること」を意味する四字熟語で、読み方は「いちりゅうまんばい」です。1粒の種子が万倍となって実る様を表しています。もともとは仏教の言葉で、ひとつの善行がたくさんの良い結果に結びつくことを意味していました。

一粒万倍は大安と並ぶ吉日

カレンダーや財布・宝くじ売り場などに、「一粒万倍日」と表示されているのを見かけたことはありますか。一粒万倍日とは占いのひとつである四柱推命において、大安と並んで運のいい日とされる吉日のことです。

開業や結婚など、新たな物ごとを始めると大きく実を結びやすい縁起のいい日とされています。

一粒万倍日はどうやって決められている?

二十四節気と、一日ごとに割り振られている干支との組み合わせによって決まります。二十四節気とは太陽の動きに合わせて1年を24等分し、それぞれに季節の名称を付けたもの。春分や夏至、大寒などのことです。

たとえば、立春(2021年は2月3日)から啓蟄の前日(3月4日)までなら丑の日・午の日が、啓蟄(3月5日)から清明の前日(4月3日)までなら寅の日・酉の日が一粒万倍日です。

2021年の一粒万倍日

では具体的に、一粒万倍日がいつなのかが気になりますよね。2021年4月以降の一粒万倍日をピックアップしました。

4月 10日(土)、13日(火)、22日(木)、25日(日)
5月 4日(火)、7日(金)、8日(土)、19日(水)、20日(木)、31日(月)
6月 1日(火)、14日(月)、15日(火)、26日(土)、27日(日)
7月 9日(金)、12日(月)、21日(水)、24日(土)
8月 2日(月)、5日(木)、8日(日)、15日(日)、20日(金)、27日(金)
9月 1日(水)、9日(木)、16日(木)、21日(火)、28日(火)
10月 3日(日)、13日(水)、16日(土)、25日(月)、28日(木)
11月 6日(土)、9日(火)、10日(水)、21日(日)、22日(月)
12月 3日(金)、4日(土)、17日(金)、18日(土)、29日(水)、30日(木)
2022年1月 11日(火)、14日(金)、23日(日)、26日(水)
2022年2月 5日(土)、10日(木)、17日(木)、22日(火)
2022年3月 1日(火)、9日(水)、14日(月)、21日(月)、26日(土)

このように、一粒万倍日は意外と多くあります。何かを始めたい人はぜひチェックしましょう。

不成就日に注意しよう

ただし、不成就日といって何事も成就しない、悪い結果だけを招くという日があります。一粒万倍日のような吉日も、この不成就日と重なっているなら吉日ととらえないほうが無難です。ほかの一粒万倍日を選びましょう。

上記の一粒万倍日のなかで、不成就日と重なるのは以下の3回です。

5月31日(月)、6月14日(月)、9月16日(木)

  • 「一粒万倍」とは

    「一粒万倍日」は物事を始めるのに適した日なのでチェックしておきましょう

一粒万倍日にしておくといいこと

一粒万倍日は、これから大きく発展させたいことを始めるのに適した日です。具体的にどんなことに向いているのか紹介します。

財布の購入

お財布を購入する際、金運アップを狙ったタイミングで購入する人は多いですよね。一粒万倍日は始めたことが何倍にも大きくなるという開運日ですので、財布の新調に適しています。

財布の購入はもちろん、購入した財布を使い始める日としてもおすすめです。

開業

経営者なら、できるだけ事業を拡大させたいと願うもの。一粒万倍日は大きな成長を見込める日なので、新規開業や新店オープンの日としておすすめです。

引っ越し

引っ越しは人生の中でも限られた回数しか行わない、一大イベントのひとつ。できるだけ開運日を選びたいですよね。引っ越し先で運気アップを願うなら、一粒万倍日を選びましょう。

結婚などの吉事

人生の節目である結婚に関するイベントにも適しています。恋人を家族に紹介する日や、婚約指輪・結婚指輪の購入、プロポーズ、婚約届の提出などもこの日にするとよいでしょう。

種まき

一粒万倍のもともとの意味は、まいた種が多く実るというもの。家庭菜園をしているなら、一粒万倍日は種まきや苗を植える日に適しています。

宝くじの購入

宝くじ売り場に「本日一粒万倍日」と書かれているのを見たことはありますか。当選すれば数百円の宝くじが数千万円や数億円になることもあり、これは一粒万倍そのもの。一粒万倍日に購入し、当選を願いましょう。

貯金を始める

貯金をスタートするタイミングとしても最適です。銀行口座の開設も、この一粒万倍日を選ぶと心強いですね。

  • 一粒万倍日にしておくといいこと

    一粒万倍日は開業や引越しなど新しいことを始めるのに適しています

一粒万倍日に避けるべきこと

上記のとおり一粒万倍日は新しいことを始める日としてはおすすめですが、苦労を背負い込むとその苦労も倍になってしまうことも。ここでは避けるべきことを紹介します。

借金をすること

借金をする場合、最初はわずかな額でもふくれ上がることにつながりますので、避ける方がよいでしょう。

  • 一粒万倍日に避けるべきこと

    一粒万倍日に借金をすると額が膨らんでしまう可能性も。避けましょう

一粒万倍日とともに押さえておきたい開運日

2021年の一粒万倍日は全部で61日あり、中でも他の開運日と重なる日は、さらに運がいい日とされています。どんな日と重なるといいのか、見ていきましょう。

天赦日

天赦日とは、天がすべての罪を赦(ゆる)すとされている日で、1年間に5~6日だけあります。暦の上でも最強の吉日とされており、一粒万倍日と重なるとさらに運気が上がります。

2021年4月からの1年間に一粒万倍日と天赦日が重なるのは3日だけ

2021年4月からの1年間に一粒万倍日と天赦日が重なるのは次の3日です。

  • 2021年6月15日(火)
  • 2022年1月11日(火)
  • 2022年3月26日(火)

新しいことを始めようと思っている人は、見逃さないようにしましょう。

「大安」「寅の日」と重なるのもよい

大安は六曜の中で最高開運日とされており、忌みごとでなければ吉とされる幸運日。一粒万倍日と重なると、さらに運気が上がるとされています。

寅の日は金運が高まるとして人気の開運日。無事に戻るという意味があり、旅行にも適しています。財布の新調や宝くじの購入などお金にまつわることは、一粒万倍日と寅の日が重なる日を選ぶのがおすすめです。ただし「戻る」という意味を含むため、結婚と葬儀には不向きです。避けておくのがよいでしょう。

  • 一粒万倍日とともに押さえておきたい開運日

    一粒万倍日と天赦日など、ほかの開運日が重なるとさらに運気がアップ

一粒万倍日は何かを始めるのにおすすめ!

一粒万倍は、1粒の種が万倍となって稲穂のように実ることを指し、わずかなものが大きく成長することをたとえた言葉です。月に数回ある一粒万倍日は幸運をもたらし、財布の購入や開業、結婚など、物ごとを始めるのに適しています。その反面、苦労もふくれ上がってしまうとされ、この日に借金するのは避けたいものです。

一粒万倍日が天赦日などほかの吉日と重なると、さらに幸運とされます。2021年度の5月以降、天赦日と一粒万倍日が3回重なる日がありますので、ぜひ押さえておきたいもの。これから何かを始めようと考えている人は一粒万倍日を選んで、大きく実らせましょう。


参考文献
国立国会図書館「二十四節気(にじゅうしせっき)