「一陽来復」という言葉の意味を知っていますか。あまり聞き慣れないかもしれませんが、お守りやお札にも使われる縁起の良い言葉で、ビジネスシーンでも活用できます。言葉の意味や使い方、語源などを知り、理解を深めましょう。

  • 桜の花

    一陽来復の意味を知りましょう

一陽来復の意味

「一陽来復」には、3つの意味があります。

  • 冬至の日であること
  • 冬が去り、春が来ること(新年が来ること)
  • 悪いことが続いた後で、幸運に向かうこと

「一陽」とは陽の気を指し、「来復」とは再び巡ってくることを指します。冬の間の陰の状態から、陽の状態の春へ転じるという意味が含まれています。ここでいう陰や陽は、世の中のあらゆるものを二分化するという中国独自の考え方です。

一陽来復の由来

由来は古代中国の書物「易経」だとされています。易経とは天文や地理、人事、物象などを、陰陽変化という中国独自の考えに基づいて説明した書物です。

一陽来復については、「旧暦5月、夏至に陰がはじめて生じてから、冬至になり、7カ月経って、陽が戻ってきた」と記されています。このことから、「陰が立ち込めていたところへ、ようやく陽の兆しが見え始めた」という、冬から春へ転ずる喜びを感じとることができます。

  • お願い事をしている子ども

    一陽来復の由来を理解しましょう

一陽来復の例文

一陽来復には、どのような使い方があるのでしょうか。例文を通して、言葉の理解を深めましょう。

一陽来復を願う

「悪いことが続いているところへ、再び良い流れを呼び込みたい」という願いを込めた表現です。

<使用例>

  • コロナ禍で不自由な生活が続きますが、感染予防を徹底し、一陽来復を願うばかりです
  • 悪い出来事が続いたので、一陽来復を願い神社を訪れた

一陽来復の兆し

冬の終わりに感じる春の気配、つまり良いことが訪れることへの期待を込めたいときに使います。

<使用例>

  • 今日、梅のつぼみがふくらんでいるのを見て、一陽来復の兆しを感じました
  • 長かった苦闘の日々に、一陽来復の兆しが見えました

一陽来復のお守り

神社によっては、ちょうど一陽来復のころの冬至から立春にかけて、お守りを置くことがあります。縁起を担ぎ、来復の「復」を「福」と変えていることもあります。

<使用例>

  • 一陽来復のお守りを求め、神社に行列ができていました
  • 周囲の方々の応援が、一陽来復のお守りになりました

一陽来復の類語・言い換え表現

次に、類語や言い換え表現を紹介します。

南至

「なんし」と読みますが、意味は冬至と同じです。北半球では一年で昼がいちばん短く、夜がいちばん長くなる日です。一陽来復には冬至の意味もあるので、この南至も類語といえるでしょう。

苦尽甘来

「くじんかんらい」と読み、苦しい日々が終わり、楽しい日が来るという意味を表す四字熟語です。状況が良い方向へ転じるという意味で、一陽来復と似ています。

<使用例>

  • 苦しい下積み時代を経て、苦尽甘来の毎日だ
  • 勉強しながら考え込む子ども

    来復と来福の違いを知りましょう

一陽来復と一陽来福の違い

前述のとおり、お守りで一陽来福とする神社もありますが、本来は元の状態へ戻るという意味の復を使うのが正解です。どちらも良い状況へ転じるという期待を込めて使いますが、本来は一陽来復であることを心にとめておきましょう。

一陽来復の英語表現

ここからは、一陽来復と似た表現の英文を紹介します。

I feel I’m in luck

luckは、幸運やつきを意味しており、be in luckは「運がよい状態にある」という意味です。運が向いているという点で、一陽来復と似た表現といえます。

Luck has finally come my way

finallyは「ついに」「とうとう」という意味で、「ついに運が向いてきた」と訳せます。苦しい日々から良い方向へ向かうことを指すという点で、一陽来復と近しい意味を持ちます。

一陽来復の意味や使い方を理解しよう

一陽来復という言葉について紹介しました。もともとは冬から春へ同じように季節が巡ることを指しますが、「苦しい状態からよい状態へ向かう」という意味でも使われます。テスト勉強で苦しいとき、会社のプロジェクトで行き詰まっているとき、この言葉が頼みの綱になるかもしれません。