完璧主義とは、完璧にこだわり、ミスや失敗があれば自分を責める傾向が強いことです。自分に対して完璧主義思考が強い方もいれば、他人に対して厳しく完璧を求める方もいます。

一方、完璧主義ではない方は、物事にこだわらず寛容な姿勢でいる方と言えるでしょう。「人間は失敗するもの」とはじめから考えていて、8割程度成功すればよしと考えるタイプです。

完璧主義は悪いこと?

完璧主義は「堅苦しく融通が利かない」「頑固」など、マイナスなイメージを持たれることもありますが、決して悪いことではありません。

考え方次第で完璧主義を治すことも可能ですし、仕事によっては重宝される可能性が高く、個性のひとつとしてプラスに考えても良いでしょう。

  • パソコンを見ている人

    完璧主義について深く考えてみましょう

完璧主義な方の特徴

完璧主義な方にはいくつかの特徴があります。

自身が完璧主義かどうかを知るためには、その特徴について把握する必要です。「自分は完璧主義かもしれない」と感じている方は、チェックしてみてください。

  • パソコンを眺めている男性

    完璧主義な方の特徴について知りましょう

自尊心が高い

完璧主義な方は自尊心が高いことが多く、根拠もないのに「自分の考えは正しい、周りが間違っている」と信じている傾向が見られます。

「自尊心」とは、自分に対して肯定的で、「自分は優れている」と思い込む気持ちです。プライドが高く、他人に頼ったり甘えたりするのが苦手なので、自分で抱え込む行動をとりがちだと言われています。

また、自分と違う意見を受け入れにくいので、思い通りにならないとしつこく意見してくることもあるでしょう。

自意識過剰

自意識過剰とは、他人が自分をどう見ているかを気にしすぎる状態を指します。

完璧主義な方は自意識過剰になりすぎるため、他人に良い評価をされることを第一の目的としがちです。

そのため、他人の評価を気にするあまり物事の本質や自分の目標や意見を見失ったりすることもあるでしょう。自意識過剰は、常に神経を周りに向けているのでストレスの原因になります。

理想像が高い

完璧主義の方は100が頂点であれば限りなく100を目指すため、80や90では満足しません。「常に1番でなくてはならない」という意識が強く、理想像が高い特徴があるでしょう。

そのため、実現したい夢をきちんと持っていて、夢を実現させるために努力する真面目さと向上心があります。

理想像が高すぎるため、心身が疲れてしまうこともありますが、基本的に妥協せず粘り強く自分の理想と向き合います。

柔軟性がない

完璧を求めすぎるために型にはまった考え方をし、柔軟性が乏しい傾向があります。規定路線を外れられず、臨機応変な対応は苦手な方が多くいます。

悪気はないものの、頑張って完璧を求めるがゆえに、客観性や柔軟性を失い、視野が狭くなりがちです。柔軟な対応がとれないので、頭が固くて扱いにくい人だと思われてしまうこともあるでしょう。

責任感が強い

何事にも完璧を求めるため、任された仕事は完璧にこなすという意識が強く、責任感が強い傾向にあるでしょう。

妥協を許さないのでいつも質の高い仕事をし、信頼をおける存在になります。ただし、他人にも妥協を許さない姿勢を持ってしまうと、周囲との関係性にヒビが入る可能性も高いでしょう。

失敗が怖い

物事を完璧にこなすことへの理想が高いため、失敗を恐れる傾向が強いのも完璧主義な方の特徴です。そのため、与えられた役割で失敗することを怖がり、慎重になりすぎる面があります。

完璧主義の方にとっての失敗は、自分への評価が下がることに直結するため、絶対に成功したいという気持ちが強くなり、対応スピードを失います。

慎重になりすぎて、気付かないうちに成長のチャンスを失っていることもあるでしょう。

完璧主義であることのメリット

完璧主義だからこそ、目標を達成できたり、夢を実現できたり、自分を誇らしく思えます。

完璧主義が悪いことなのかという不安を持つ方は、完璧主義者であることのメリットを理解しておきましょう。

  • ノートに何か書いている

    完璧主義であることのメリットは十分あります

質の高い成果を出す

完璧主義者は、努力家で向上心に溢れているため、効率的かつ効果的な行動を心がけ、質の高い成果を出せます。

完成度の高い成果物を出すことで、自分の完璧さに自信を持ちます。自分の完璧さが揺るがないことへの安心感を持つ部分もあり、出来栄えや精度へのこだわりも一段と強いでしょう。

自己管理ができている

物事を計画的に仕上げていくことに長けているため、自己管理能力に優れているというメリットがあります。タスクをピックアップし、スケジュールへ落とし込むことや目的達成への進捗管理が得意です。

自己管理が徹底している方は、自分の甘い部分を許さずストイックな姿勢を保つことが可能なので、長期的な問題解決や、粘り強さが必要な場面や強い意志が必要なシーンでは特に活躍するでしょう。

信頼度が高い

完璧な結果を出すことにこだわるため、周囲からの信頼度は高いでしょう。

責任感が強く、最後まで妥協しない姿勢は、責任者やリーダーに相応しく、仕事でもそのような立場に抜擢されることが多くあります。

努力家

地道な努力を嫌がらないことも完璧主義の大きなメリットでしょう。

自分で立てた目標を達成し、結果を残すため、日頃から技術を磨き、地道な努力を惜しまない長所があります。

努力を続けることは、飽きやすい方や意志の弱い方に成せることではないので、自信を持って良い部分です。努力している姿勢を見て、周囲から信頼されたり、尊敬されたりすることも多いでしょう。

完璧主義を治す(和らげる)方法

完璧主義にはメリットもたくさんありますが、完璧主義だからこその気難しさや、頑張りすぎて疲れてしまうというデメリットもあります。

また、相手にも自分と同じ完璧を求める心の狭さなどもあり、人間関係では敬遠される場合もあるでしょう。

ここからは、完璧主義を直す(和らげる)考え方をご紹介します。

  • 人の足元

    完璧主義を治す(和らげる)にはどうしたらよいのか考えてみましょう

慎重になりすぎない

丁寧な行動をとってくれる安心感がある一方で、結果へのこだわりが強すぎて時間がかかるという弱点があります。

特に新しいことや慣れないことに挑戦するのが苦手で、仕事では、完璧主義の方が担当した部分だけが遅れてしまうこともあるでしょう。

正確性や自分のこだわりだけを追求するのではなく、周りとの足並みを揃え、ある程度時間を決めて作業したり、制限を設けたりできるよう努力しましょう。

ストレスを溜め込まない

仕事や目標に対して完璧を目指す姿勢があるので、思い通りに進まないとストレスを抱え込みやすい傾向があります。

自分の思い通りに物事が動かないこともあるので、「できないこともある」「まあ、いいか」と楽天的な気持ちを持ってストレスを溜め込まないように心がけましょう。

些細なことでストレスを感じていると、完璧主義を悪化させる場合もあるでしょう。

自分を客観的にみる

自分のモノサシを持っており、それが強すぎる傾向があります。自分視点だけではなく、客観的に見ることでこれまでの自分の普通や常識について見つめ直せるでしょう。

主観だけで判断していると、他人と比べて自分ができない部分ばかり見えるため、自分を責めて劣等感を抱きやすくなります。

客観的な視点を持つことで、自分の基準の高さに気づけると同時に「他人は他人」「自分は自分」と考えられます。

減点ではなく加点する

完璧主義の方の視点は、ミスを嫌うことから常に減点的な見方をしています。理想を100とした場合、100未満は失敗と評価するため、どうしても心が狭くなってしまいます。

「できないこと」に着目する減点ではなく、「できたこと」に対してプラスする加点式にすることで、自分にも相手に対しても寛容になれます。

自信がつきやすくなるため、気持ちに余裕を持てるようになるでしょう。

完璧主義は悪いことじゃない!

完璧主義者は、完璧へのこだわりや、努力を惜しまない姿勢が信頼されるため、向いている職業も豊富です。

常に完璧にこだわっているだけあって、能力が高い方も多く、誇らしい面も多いでしょう。

ただ、頑張りすぎて疲れていると感じたら、自分や周囲に対して厳しずぎていないか、一度自分自身に問いかけてみましょう。

ミスをしない人間はいません。ミスを許せる心の広さを持つことで、プレッシャーから解放され、周囲にも寛容になれるでしょう。

  • 階段に座って本を読んでいる女性

    完璧主義も素敵な個性のひとつです