一人暮らし向けウォーターサーバーのオススメと選び方

比較・ランキング

ウォーターサーバーは、自宅で美味しい水が手軽に飲めたり、料理に使用できたりなど毎日の生活を快適にしてくれるアイテムです。一人暮らしの人にも必要性が高く、導入すれば多くのメリットがあります。

この記事では、一人暮らしの人に向けたウォーターサーバーを導入するメリットや後悔しない選び方、コスパ抜群!条件別のおすすめウォーターサーバーを紹介します。

一人暮らしにウォーターサーバーはいらない?メリット・デメリットとは

一人暮らしの場合、ウォーターサーバーを導入するほど水を飲まないため、ウォーターサーバーはいらないと考える人も多いでしょう。しかし、ウォーターサーバーを導入すると多くのメリットが得られて、生活が便利になりますよ。

一人暮らしでウォーターサーバーを導入するメリット

自宅でいつでも美味しい水が飲める

自宅でいつでもおいしい水が飲めることが、ウォーターサーバーを導入するいちばんのメリットでしょう。ウォーターサーバーのお水にはいくつか種類がありますが、天然水にはカルシウムやマグネシウムをはじめとするミネラルが豊富に含まれていて、まろやかな味なのが特徴です。

高性能のろ過システムで不純物を極限まで除いたRO水というお水もあります。お水の値段はRO水のほうが安い傾向があるので、コスパ重視の方はRO水がおすすめです。
 
また、今までペットボトルのミネラルウォーターを購入していた人がウォーターサーバーを導入すれば、今後ミネラルウォーターを買う手間が省け、ペットボトルのゴミも減らすことができます。

さらに、水を冷蔵庫に入れる必要がないため、冷蔵庫のスペースが広くなることもメリットと言えるでしょう。

お湯と冷水がすぐ使えて便利

ウォーターサーバーでは、冷水だけでなくお湯も使える機種もあります。お湯がすぐに出てくるので、コーヒーを入れたりカップラーメン作ったりする際に、お湯を沸かす必要がありません。
 
お湯を沸かすのが面倒に感じる方や少しでも時間を短縮したい方にとっては、すぐにお湯が使えるのは大きなメリットです。

また、冷水、温水に加え常温水が使えるウォーターサーバーもあるので、そのようなサーバーを選べば、ウォーターサーバーの用途がより多くなるでしょう。

デザイン性が高くおしゃれに活用できる

ウォーターサーバーはおしゃれなデザインも増え、インテリアとしても使えます。有名なものでは、デザイン家電ブランドのamadanaがデザインしたamadanaウォーターサーバーがあります。

その他にも、優れたデザインに贈られるグッドデザイン賞を受賞しているウォーターサーバーもあり、部屋をおしゃれにするという側面から考えてもウォーターサーバーを導入するメリットは高いです。

災害の際にも使える

ウォーターサーバーは災害時にも利用できるので、「災害が起こって断水した」などの万が一の事態にも対応できます。日本は特に地震が多く発生する地域なので、地震を含め自然災害に対する備えはしておいた方がよいでしょう。

防災意識の強い人であれば、災害時に備えて緊急用の水を確保している方もいるでしょうが、保管したまま賞味期限を過ぎてしまうことも少なくありません。しかし、ウォータサーバーであれば、ボトルを備蓄しつつ日頃から利用できる点がメリットです。

防災目的も兼ねてウォーターサーバーを選ぶ場合は、停電時でも利用できるレバー式やコック式のウォーターサーバーを選びましょう。また、天然水よりもRO水の方が賞味期限が長くおすすめです。

一人暮らしでウォーターサーバーを導入するデメリット

コストがかかる

一人暮らしの場合、毎月利用するお水の量が少なくなるケースが多くペットボトルのお水を使うよりもコストが高くなるかもしれません。ペットボトルのお水の場合、1Lあたり50円程度で購入できますが、ウォーターサーバーの場合は1Lあたり80円程度のなってしまいます。さらにサーバーのレンタル料や電気代がかかるのでコストは高くなってしまうかもしれません。

ただ、メリットでもご紹介したようにいつでも温冷水が使えるなど便利な部分もあるのでメリットとデメリットを比較しながら検討してみましょう。

お水を使いきれない

一人暮らしの場合、お水を使い切れない可能性あります。仕事で残業が続いたり、出張などで長期間家を空ける場合は特に注意が必要です。お水の配送を一時的に停止することができるウォーターサーバーもありますが、長期間休止すると休止手数料が発生することもあり、お水を使っていないのにも関わらず余分な費用が発生してしまうかもしれません。

毎月使うお水の量が不安定な場合は、毎月の注文本数に制限がない「アクアクララ」がオススメです。

場所を取る

ウォーターサーバーは設置するスペースを確保しなくてはなりません。そのため、ワンルームなど広くない部屋に設置すると部屋がさらに狭く感じてしまうかもしれません。また、狭い部屋だとウォーターサーバーの稼働音が気になる場合があるため、静音設計されているウォーターサーバーを選んだほうが良いかもしれません。

ワンルームなど、狭いお部屋でウォーターサーバーを利用する場合は卓上型ウォーターサーバーなどコンパクトタイプがおすすめです。

ボトル交換やメンテナンスが手間

お水ボトルの受け取りや、ボトルの返却、またサーバーのメンテナンスなどすべて一人で行わなくてはならないのもデメリットの一つです。マンションで一人暮らしの場合、不在時は玄関前の置き配になるケースが多く、帰宅後自室まで運ぶ必要があります。また、12Lなど重たいお水を自分で設置しなくてはなりませんし、簡易的なメンテナンスも自分で行う必要があります。

ボトル交換やメンテナンスが手間に感じる場合はお水ボトルがコンパクトなタイプや自動洗浄機能が付いて衛生的に利用できるサーバーをオススメします。

一人暮らしでウォーターサーバーが必要なのはこんな人

一人暮らしの人がウォーターサーバーを導入するメリットを紹介してきましたが、すべての人に、このメリットが当てはまるわけではありません。

ここからは、ウォーターサーバーの導入に向いている人を紹介しますので、1つでも条件に当てはまる人はぜひウォーターサーバーを導入しましょう!

在宅勤務など自宅にいる時間が長い人

自宅にいる時間が長い人は、ウォーターサーバーの導入に向いています。在宅ワークなどでおうち時間が増えた人は、水やお湯を手軽に使えるウォーターサーバーは重宝するでしょう。

先にも述べたように、ウォーターサーバーを使えば時間短縮にもなるので、仕事の効率化にも繋がりますよ。

水をよく飲む人

日頃から水をよく飲む人も、ウォーターサーバーを導入するメリットは大きいです。外出時にはマイボトルに自宅でウォーターサーバーの水を汲んでいけば、外で飲み物を買わなくてよいためお金の節約にもなります。

また、現在は水をそこまで飲んでいなくても、健康面を考えてこれからは水をたくさん飲もうと思っている人も、ウォーターサーバーを導入してしまえば前述の通り水を飲む機会の増加に繋がっておすすめです。

自炊する人

ウォーターサーバーの水は飲むだけでなく、料理にも使えます。そのため、自炊をする人もウォーターサーバーはおすすめです。特に、お米を炊く時にウォーターサーバーの水を使うと、水道水よりも美味しいと感じることができるかもしれません。

また、ご飯以外にもお味噌汁や煮物などの和食は軟水に適した料理のため、ウォーターサーバーの水を使えばより美味しくなりますよ。

一人暮らしがウォーターサーバー選びで後悔しないための4つのポイント

ウォーターサーバーを使用するメリットはわかっても、どのウォーターサーバーを選べばいいかは迷ってしまいますよね。

そこで、ここからはウォーターサーバーを選ぶときに後悔しないためのポイントを4つ紹介します。

 ポイント(1) ランニングコストを考える

1つ目のポイントは、ランニングコストを考えることです。ウォーターサーバーでかかるお金は、水代だけではありません。水代のほかにもサーバーレンタル代、水の配送料、サーバーのメンテナンス代などが発生します。

例えば、水代が安くてもサーバーレンタル代が高い場合などは、総合的なコストでは他のサーバーとあまり変わらないケースもあります。それぞれかかる費用を合計して、月間でウォーターサーバーを維持するためにいくら必要かを把握しましょう。

コストを下げるためには、以下の点に着目してウォーターサーバーを選びましょう。

  • ・水代は、一般的に天然水よりRO水の方が安い
  • ・サーバーレンタル代は無料のものも多い
  • ・エコモード搭載のサーバーなら電気代が節約できる可能性がある
  • ・配送料は無料のものもある(全国無料か一部エリアで無料かに注意)

ポイント(2) 管理が楽なものを選ぶ

2つ目のポイントは、管理が楽なサーバーを選ぶことです。管理が楽かどうかの判断基準として、以下の3つの点を確認しましょう。

・ボトル交換がしやすいか
・メンテナンスが必要か
・水の配達に柔軟性はあるか

 では、それぞれ詳細を解説していきます。

ボトル交換のしやすさ

ボトル交換がしやすいかどうかはウォーターサーバー選びで非常に重要です。ボトル交換が面倒だと、ウォーターサーバーを使おうというモチベーションが薄れることにも繋がるでしょう。

ウォーターサーバーのボトルは従来、サーバーの上に設置するタイプが主流でしたが、重いボトルをサーバーの上まで持ち上げるのはかなり大変です。そのため、現在ではボトルを持ち上げることなく設置できる下置きタイプのサーバーも多くなっています。

下置きタイプであれば、年配の方や女性の方でも簡単にボトル交換ができるのでお勧めです。下置きタイプの代表的なウォーターサーバーとして、コスモウォーターがあります。

また、下置きタイプでなくてもボトルそのものが軽量であれば、サーバーの上に設置するタイプでもボトル交換が楽に行えます。フレシャスでは、一般的な12Lボトルではなく、7.2Lの軽量パックを採用してボトル交換がしやすいよう工夫をしています。

ボトル交換がそもそも必要ない水道直結型のウォーターサーバーも存在します。水道直結型なので、ボトル自体がそもそもありません。

そのため、水は水道水をろ過して使用する形ですが、ボトル交換の煩わしさを感じることが一切ないのはこの水道直結のタイプです。

水道直結型の代表的なウォーターサーバーとしては、ウォータースタンドがあります。

メンテナンスの必要性

メンテナンスが必要かどうかもウォーターサーバーを選ぶ上で考慮しましょう。メンテナンスは、業者が行うサーバー内部のものとユーザー自身で行う各パーツの掃除などのお手入れの2つに大きく分かれます。

自分自身で行うお手入れは、どのサーバーを選んでも1週間に1回程度は実施した方が 衛生的です。メーカーが行うメンテナンスについては、その都度で業者対応が必要なので、スパンが短いとメンテナンスのために時間を取るのが億劫になってきます。

そのため、メンテナンスのスパンが長いサーバーや、定期メンテナンスが不要なサーバーを選ぶと煩わしさもなく良いでしょう。

定期メンテナンス不要なサーバーの代表的なものとして、プレミアムウォーターがあります。

水配達の柔軟さ

お水の配達が柔軟かどうかも重要な要素です。配達に関しては、配達料金が発生するかに目が行きがちですが、それと同じくらい配達の柔軟性に着目しましょう。

具体的には、曜日や時間の指定ができるか、不在時に再配達が可能かの2点が大事です。一人暮らしであれば、自宅に誰もいない時間の方が多いと思います。確実に受け取りができるよう時間指定や土日配送をしてくれる会社がおすすめです。

ポイント(3) 1カ月に自宅で使う水の消費量を把握する

3つ目のポイントは、自宅で使う水の量を把握することです。そもそも水をあまり使わない人であれば、ウォーターサーバーを導入したところで、これまでに紹介したような恩恵を受けられません。

そのため、日頃からどの程度の量の水を自宅で使っているか確認することが大事です。まずは、水やコーヒー、紅茶などを合わせて1日に家で何杯飲んでいるか把握しましょう。また、炊飯など料理にも使う場合は、料理に使用する分も含めて計算しましょう。

ウォーターサーバーは、月々の最低注文量を設定しているケースが多いです。しかし、最低注文数が設定されていないウォーターサーバーもあるので、そこまでお水の量を使わないと思うならノルマなしのタイプを選びましょう。

最低注文数がない、代表的なウォーターサーバーとしては、アクアクララがあります。
 

ポイント(4) 設置するための十分なスペースを確保する

最後4つ目のポイントは、設置するための十分なスペースを確保することです。ウォーターサーバーを置くことで家が狭く感じてしまい、快適さを失っては良くありません。

ウォーターサーバーを置くスペースに関しては、以下の点に注目しましょう。

  • 卓上タイプでスペースを有効に活用する
  • ワンウェイ方式を選び、空ボトルを保管しない

 では、それぞれの詳細を解説していきます。

卓上タイプでスペースを有効活用

卓上タイプのサーバーを使えば、スペースを有効活用できるのでおすすめです。卓上タイプであれば床に置く必要がなく、キッチンカウンターなどデッドスペースを使えるので、お部屋を圧迫することもありません。

また、卓上タイプはお水の容量が少ないものも多いので、先に述べたボトル交換のしやすさという観点にも合致しています。

ワンウェイ方式なら空ボトル保管の必要性なし

水のボトルがワンウェイ方式のタイプなら空ボトルを保管する必要がなく、スペースを余分に取ることを防げます。ワンウェイ方式のボトルは、使用後に小さく潰して資源ゴミとして捨てることができ、処理方法も簡単です。

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー8選

ここからは、一人暮らしの方におすすめのウォーターサーバーを紹介します。

「コスパ」「コンパクト」「交換・メンテがラク」「デザイン」の4つの項目でのおすすめを紹介するので、用途に合ったものを選びましょう。

コスパが良いウォーターサーバーがいい!

まずは、コスパ抜群のウォーターサーバーから紹介します。

クリクラ

初回金・クリクラサーバー なし
・クリクラFit 2,200円
※再機能付き4,400円、カバー有の場合別途1,320円
・クリクラ省エネサーバー 7,700円
サーバーレンタル料無料※1
あんしんサポートパック460円/月
水代1,460円/12L
890円/6L
配送料無料
休止手数料なし※1
解約手数料なし
※1 3カ月で利用本数が6本未満の場合サーバーレンタル料1,100円(税込)/月が必要

クリクラは「安心サポートパック」という月額費用が掛かってしまうものの、サーバーレンタル料が無料(※機種によっては初回金が必要な場合あり)で、お水の値段も安いため、コスパが良いウォーターサーバーです。ただ、3カ月で利用本数が6本未満の場合は、サーバーレンタル料が発生するのは注意が必要です。

毎月24Lはしっかり使い切ることができればコスパが良いウォーターサーバーですので一人暮らしの方はぜひチェックしてみましょう。

アクアクララ

初回金なし
あんしんサポート料1,000~3,000円(税抜)/月
水代1,200円(税抜)/12L
900円(税抜)/7L
配送料無料※1
休止手数料なし
解約手数料3,000円(税抜)※2
※1 一部商品・地域のみ、宅配料がかかる場合あり
※2 ウォーターサーバー設置後6カ月(180日)を経過しない間に退会した場合は、3,000円(税抜)の退会手数料が発生。

アクアクララは最低注文数の制限がなく、あまり水を飲まない方にもおすすめのサーバーです。水代も12Lあたり1,200円(税抜)とかなり安い部類に入ります。

注意点としては、他のメーカーにはない「あんしんサポート料」が発生すること。送料無料やメンテナンスなどのサービス面は充実するのの、あんしんサポート料がかかる点は注意してください。

とはいえ、お水をおまり使わない一人暮らしにはおすすめできるウォーターサーバーです。

場所を取らないウォーターサーバーがいい!

続いては、使いやすさに優れたウォーターサーバーを紹介します。 

フレシャス dewo mini

初回金なし 
サーバーレンタル料無料~※1
水代925円(税抜)/4.7L
1,155円(税抜)~/7.2L
1,506円(税抜)/9.3L
配送料 無料
休止手数料1,000円(税抜)/月※2
解約手数料9,000円(税抜)〜※3
※1 一部サーバーは条件付き無料
※2 自己都合により2カ月連続してサービスを中断した場合、翌月以降、サービス再開するまで月額税抜1,000円の休止手数料が発生
※3 レンタルプランで契約後またはサーバー交換後、1年未満で解約した場合、解約金として税抜15,000円、また、1年経過後、2年未満で解約した場合は、税抜9,000円が発生

フレシャスのdewo miniは非常にコンパクトな卓上サーバーです。置く場所に困らないのに加えワンウェイ方式であるため、部屋のスペースを気にせず導入できます。

また、配送に関しても曜日や時間指定ができるなど柔軟に対応してくれます。お水は富士山の天然水であり、非常にまろやかな味わいで人気です。

ウォータースタンド ガーディアン

初回金なし※1
サーバーレンタル料2,480円~7,980円(税抜)/月※2
水代使用した水道代
配送料なし
休止手数料– ※3
解約手数料10,000円(税抜)※4
※1 代理店対応エリアの一部では初期設置費用が別途有料になる場合あり
※2 通常プランの場合の料金。お得な「長得プラン」もあり
※3 設置から1年未満の利用休止(一時的利用停止)の場合、撤去費用10,000円(税抜)
※4 設置から1年未満の解約の場合、撤去費用10,000円(税抜)

ウォータースタンドは水道直結型のサーバーのため、ボトル交換や水の配送、空ボトルの処理などの管理が一切ないのがメリットです。

かかる費用はサーバーレンタル代と水道代、電気代だけであり、水の使用量に関わらず費用の目安が計算しやすいのもメリットです。

水道直結型のため、原水は水道水となりますが、サーバー内のフィルターで不純物をろ過して美味しいお水が使えます。

定期メンテナンスは6カ月に1回とスパンが短いですが、ボトル交換などの手間がないことを考えると、ウォータースタンドの方が管理は楽と言えるでしょう。

交換やメンテがラクなウォーターサーバーがいい!

コスモウォーター Smartプラス

初回金なし
サーバーレンタル料無料※1
水代2,052円(税込)/12L
配送料無料※2 
休止手数料880円(税込)/月※3
解約手数料9,900円(税込)※4
※1 smartプラス(ウッド・ライトウッド)の場合のみ、初回に限定カラー料2,000円(税別)が別途かかる。
※2 北海道の場合は、お水1本につき送料200円(税別)が別途かかる
※3 2カ月以上連続して停止する場合(特選水の場合、1カ月以上連続して停止する場合)は、休止手数料として1台につき、月額税込880円の支払いが必要
※4 規定利用期間(2年)満了前に解約する場合、サーバー引取手数料税込9,900円が発生

コスモウォーターのSmartプラスは、ボトル置き場が足元のためボトル交換が非常に楽なサーバーです。ボトル容量は12Lと一般的であり、軽量ボトルと比べてもボトル交換の回数が少なくて済むのも嬉しいポイントです。

また、ボトルはワンウェイ方式を採用しており、使用済みボトルの保管や返却をする必要もありません。

お水は天然水であり、3箇所の採水地のうち自宅から一番近いものを直送してくれるた め、常に新鮮な天然水を飲むことができます。

フレシャス slat(スラット)

初回金無料
サーバーレンタル料初月無料※1
水代1,626円(税込)/9.3L
配送料無料
休止手数料1,100円(税込)/月※2
解約手数料9,900円(税込)〜※3
※1 前月0~2箱のご利用でレンタル月額990円。3箱以上の場合無料
※2 自己都合により2カ月連続してサービスを中断した場合、翌月以降、サービス再開するまで月額1,100円の休止手数料が発生
※3 レンタルプランで契約後またはサーバー交換後、1年未満で解約した場合、解約金として16,500円、また、1年経過後、2年未満で解約した場合は、9,900円が発生

スラットは、機能とデザイン性を兼ね備えた、フレシャスの中でも人気のモデルです。

ボトルを設置する位置が足元にあるので、ボトルの設置が楽な設計のサーバーです。図書館に置いても気にならないほどの静音性となっています。

また床置きタイプのサーバーとしてはスリムサイズなので、狭い部屋にも設置しやすいサーバーです。

おしゃれなデザイン性のあるウォーターサーバーがいい!

デザイン性に優れたウォーターサーバーは特に次の2つがおすすめです。

プレミアムウォーター amadanaウォーターサーバー

初回金なし
サーバーレンタル料0〜1,100円(税込)/月
水代3,542円(税込)~/7 L×2本
3,974円(税込)~/12L×2本
配送料無料~※1
休止手数料800円(税抜)~※2
解約手数料10,000円(不課税)~※3
※1 基本的には全国送料無料、ただし選択する水の種類によって一部地域で配送料が必要となるので要確認。
※2 60日間連続で休止した場合は800円(税抜)の休止事務手数料が発生。さらに、90日間経過後も800円(税抜)、120日間経過後で強制解約となる。
※3 基本プランに加入していて2年以内に解約の場合には、早期解約手数料として10,000円~(税抜)、PREMIUM3年パックの場合には3年以内に解約で15,000円~(税抜)がかかる。マムクラブの場合は3年以内に解約で20,000円~(税抜)がかかる。

プレミアムウォーターのamadanaサーバーは、デザイン家電ブランドのamadanaがデザインしたおしゃれなウォーターサーバーです。とてもウォーターサーバーとは思えないスタイリッシュなデザインは、インテリアとして置くだけでもお部屋が華やかになることでしょう。

カラーはブラウン、ブラック、ホワイトの3種がありお部屋の雰囲気に合わせて選べます。もちろんウォーターサーバーとしての機能も十分で、加熱クリーンシステムが搭載され、サーバー内は常にクリーンな状態を保っています。

お水は味に定評のあるプレミアムウォーターであり、非加熱処理のおいしい天然水です。

フレシャス dewo

初回金なし 
サーバーレンタル料無料~※1
水代925円(税抜)/4.7L
1,155円(税抜)~/7.2L
1,506円(税抜)/9.3L
配送料 無料
休止手数料1,000円(税抜)/月※2
解約手数料9,000円(税抜)〜※3
※1 一部サーバーは条件付き無料
※2 自己都合により2カ月連続してサービスを中断した場合、翌月以降、サービス再開するまで月額税抜1,000円の休止手数料が発生
※3 レンタルプランで契約後またはサーバー交換後、1年未満で解約した場合、解約金として税抜15,000円、また、1年経過後、2年未満で解約した場合は、税抜9,000円が発生

フレシャスのdewoは、グッドデザイン賞を受賞しており、コンパクトでシンプルなデザインが人気のサーバーです。

カラーバリエーションは定番のメタリックブラックをはじめ全5色と豊富であり、様々な部屋の雰囲気に馴染みます。

また、静音設計も施されており、デザイン性が高く、音も気にならないdewoはお部屋のインテリアとしてもピッタリです。

まとめ

今回は、一人暮らしの人向けにウォーターサーバーの必要性や導入するメリット、おすすめのウォーターサーバーを紹介してきました。ウォーターサーバーを導入すれば一人暮らしの快適度も上がっておすすめですよ。

一人暮らしで使用するウォーターサーバーで最もおすすめしたいのが「フレシャス dewo mini」です!幅250mm、奥行295mm、高さ470mmとコンパクトサイズなので、一人暮らしのお部屋にも最適です。また、お水パックが4.7Lと軽量なので交換が楽チン!女性の一人暮らしにもおすすめです!

とにかく安くウォーターサーバーを使いたいという方はRO水が使えるウォーターサーバー、とくに「アクアクララ」がおすすめです。アクアクララは毎月「あんしんサポート料」が掛かってしまいますが、お水代が最安級でさらに毎月のノルマがないため、自分のペースでお水が使えるため、たくさんお水は使わないという一人暮らしに最適です。

おうち時間も増えた今こそ、ウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか?

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする
比較・ランキング
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました