PCMark 8 v2.7.613(グラフ29)

FutureMark
http://www.futuremark.com/benchmarks/pcmark8

コアの内部分析は後にして、総合性能をまずは評価してみたいということで、PCMark 8の結果である。CreativeとOfficeでは、ややIntelに遅れをとってはいるが、HomeやWorkなどではCore i7-7700Kを凌ぐスコアになっており、総じて「悪くない」といってよいと思う。

ちなみにCreativeでスコアが低い理由であるが、元の結果を見てみるとCreative 3.0の場合

i7-6950X i7-7700K R7 1800X
Batch photo editing v2(sec) 20.10 19.58 20.45
Mainstream gaming part 1(fps) 184.60 190.30 184.93
Mainstream gaming part 2(fps) 83.73 86.15 84.02
Music to go(sec) 3.55 6.02 5.10
Photo editing v2(sec) 0.20 0.22 0.20
Video editing part 1(sec) 8.66 8.37 9.58
Video editing part 2(sec) 120.95 104.59 132.39
Video group chat 1(fps) 30.0 30.04 30.01
Video group chat 2(fps) 30.0 29.97 29.99
Video group chat 3(fps) 30.0 29.99 29.99
Video group chat encoding(ms) 37.00 46.00 46.00
Video to go part 1(sec) 3.96 3.97 4.92
Video to go part 2(sec) 4.44 4.44 5.45
Web browsing amazonia(sec) 0.13 0.14 0.13
Web browsing junglepin(sec) 0.30 0.31 0.30

といった感じで、どうもVideo関連のみ急に遅くなっているのが理由のようだ。これがなぜ、というのは判断しにくいが、これだけなんとかなれば後の性能はそう悪くない感じだ。むしろOfficeで

i7-6950X i7-7700K R7 1800X
Excel(sec) 0.57 0.77 0.87
Powerpoint(sec) 2.44 3.02 2.98
Word(sec) 0.70 0.81 0.92

という具合に、ExcelとWordの反応時間がちょっとづつ長くなっている理由が知りたいところではある。