木箱に納められた評価キット

ということで座学はこのあたりにしておき、評価キットをご紹介したいと思う。届いたキットは、巨大な木箱(Photo43,44)であったが、蓋をあけるとこんな感じ(Photo45,46)。

Photo43:見かけはゴツいのだが、案外華奢というかなんというか

Photo44:厚みも馬鹿にならないのだが、それでもCPUクーラーが入らないあたりがちょっと……

Photo45:このカバーがちょうどRYZENのCPU BOXの形に切り抜かれている

Photo46:CPUとメモリ、マザーボードが同梱されている

さてCPUであるが、CPUクーラーが入っていないために比較的薄いパッケージ(Photo47)に収まっている。CPUはシールと一緒に小箱に梱包されていた(Photo48,49)。CPU本体は、刻印こそRYZENだがパッケージそのものはこれまでのSocket AM3+などとそう違いが無い。LGAではなく引き続きPGAパッケージでの投入となっている(Photo51)。

Photo47:というか、もう少し小さくても支障ないような……。おそらくはCPUクーラー付きの箱と寸法を揃える都合なのだろうが

Photo48:CPUのパッケージが箱の横から見える構造になっている

Photo49:左の小さな箱がPhoto48のCPUパッケージ入り小箱。あとは説明書があるだけで、ほとんどは空である

Photo50:ES品ではなく製品版でのテストである。外形は実測で39mm×39mm。基盤部の厚みは1.18mm、ヒートスプレッダまで込みにした厚みは4.65mmだった

Photo51:ピン数は1331本。中央にコンデンサ類が見当たらないのはMIMCAPのお陰もあるだろうが、おそらくヒートスプレッダの下には相応に隠れていると思われる

ところで別パッケージで届いたCPUクーラーはWraithではなくNoctuaのNH-U12S SE-AM4であった(Photo52~54)。

Photo52:原稿執筆時点ではまだサポート対象にAM4が含まれて居ないが、これは正式発表後に対応が追加されると思われる

Photo53:底面は4本のヒートパイプが繋がっている。取り付けは同社独自の方式

Photo54:高さ158mmとなかなか威圧感がある。ちなみにファンを取り付けた状態だとネジが締められないので、一旦ファンを外してネジ止めしてからファンを取り付ける形になる

マザーボードはASUSのROG CROSSHAIR VI HEROを利用した(Photo55~62)。ちなみにSocket AM4は基本は従来のAM3+までと同じく2箇所の爪でCPUクーラーで固定する形だが(Photo63)、NH-U12Sでは独自の金具が用意され(Photo64)、これで固定する形となっている(Photo65,66)。

Photo55:黒を基調とした、一見おとなし目。ただし電源を入れるとデフォルトで7色に光る、かなり派手な製品である

Photo56:バックプレートはAM4互換のものを利用している

Photo57:CPUへの電源供給は12-way構成の模様

Photo58:PCIe x16レーンは3本だが、CPUに直結されるのは上2本だけの模様。asmediaのPCIe Switchが見える。ちなみにM.2スロットは1本

Photo59:左下に小さく"LN2 MODE"という記載が見えるあたりがオーバークロック向け

Photo60:ちょっとやりすぎの感が無くも無いバックパネル

Photo61:SATAポートは8つ搭載される

Photo62:これもオーバークロック向けらしく、ATX12Vが8pin+4pinになっている。普段は8pinだけで動作するが、オーバークロック時に電力不足に陥った場合、4pinも使うことで上乗せができる

Photo63:AMD純正のWraithですら、このプラスチックの金具を取り外し、AM4のベースに直接取り付けネジを捻じ込む形になっているあたり、今後はこちらの取り付け方式が主流になるかもしれない

Photo64:取り付け金具装着後

Photo65:本体を取り付けるとこんな感じに

Photo66:ぎりぎりDIMMスロットと干渉しなかった

ちなみにCPU-ZによるRYZEN 7 1800Xの情報はこんな感じ(Photo67~70)。もちろんWindows 10環境でもきちんと認識された(Photo71~73)。

Photo67:なぜWindows 7かというと、RMMAを実行するついでにこれをキャプチャしたため。倍率固定モードで行っているので動作周波数は3.6GHzになっている

Photo68:キャッシュ情報はこんな感じ。Line sizeは64Bytesで、ということはL2やL3は2cycle単位でのI/Oを行っていることになる

Photo69:マザーボード情報。X370チップセットはCarrizo FCH扱いである

Photo70:メモリはXMP-2666相当で駆動

Photo71:"Ryzen 7 1800X Eight-Core Processor"と表記されているのが判る

Photo72:Device ManagerではProcessorに16個のコアが並ぶ

Photo73:Task Managerでもこんな感じ

今回の検証環境 - 比較にCore i7-6950XとCore i7-7700Kを用意

さて表1にテスト環境を示す。今回は対抗馬として、Core i7-6900Kが入手できず、ハイエンドのCore i7-6950Xとなった。更にCore i7-7700Kも用意して、この2つとの比較をお届けしたい。

■今回のテスト環境
CPU Core i7-6950X Core i7-7700K RYZEN 7 1800X
M/B ASUS X99-A(BIOS 3402) ASUS PRIME Z270-A(BIOS 0701) ROG CROSSHAIR VI HERO(BIOS 5704)
Driver Intel Chipset Software V10.1.2.8 Intel Chipset Software V10.1.1.38 AMD Chipset Driver 9.0.000.8
Memory Corsair CMK16GX4M2A2666C16(DDR4-2666 CL16 8GB)×4
Video NVIDIA GeForce GTX 1080 Founder Edition
GPUドライバ GeForce Driver 376.33
Storage Intel SSD 600p 256GB(M.2/PCIe 3.0 x4) + WD WD20EARS 2TB(Windows 10)
SanDisk SDSSA-240G 240(SATA3)(Windows 7)
OS Windows 10 Pro 64bit 日本語版 Version 1607 Build 14393.447
Windows 7 Pro 64bit 日本語版+SP1

ちなみにテスト環境及びテスト内容は、KabyLakeの検証に準じているのだが(なのでメインのOSはWindows 10 64bit)、

  • Core i7-6950Xを導入した関係でDIMMを4枚使わざるをえず、前回のテスト(DIMM2枚の16GB環境)とは互換性がない(そのため、Core i7-7700Kについても新規にデータを取り直した)。
  • RMMAを実行するために、RTCore64.sysを動かさないといけないが、これがWindows 10環境では動作しない。そのため、RMMAのみWindows 7環境を作り、ここでテストを行う。

という違いがあるので留意されたい。

なお以下のグラフの表記であるが

  • i7-6950X : Core i7-6950X
  • i7-7700K : Core i7-7700K
  • R7 1800X : RYZEN 7 1800X

をそれぞれ示している。