• 宇宙生活/地上生活に共通する課題テーマ・解決策の募集

    1998年の2度目の宇宙飛行中の向井千秋さん (C)NASA

前回の記事でISS(国際宇宙ステーション)で使う生活用品をJAXAが募集していることを紹介した。9月4日までに集まったアイデアの中から安全性などの条件をクリアした生活用品が2022年度以降、ISSに運ばれ、宇宙飛行士たちが実際に使うことになる。

JAXAは2020年7月、「THINK SPACE LIFE」プラットフォームを立ち上げ、宇宙生活の課題やニーズにどんなものがあり、何があれば宇宙と地上の両方の課題解決に役立つのかをテーマに様々な企業が集う、「アイデア共創ワークショップ」を開催している。

7月16日にはワコールとJAXAが「健康・美しさ・快適さ」をテーマにワークショップを開催。向井千秋 宇宙飛行士、山崎直子 宇宙飛行士、極地建築家の村上祐資氏(模擬火星基地や南極越冬隊などで約1000日の閉鎖生活を経験)、ANA宇宙事業化プロジェクトメンバーで客室乗務員の経験が豊富な江島まゆみさんらが語り合った。「身だしなみ」や「匂い」「睡眠」など宇宙や極限環境だけでなく、長引くStay homeライフにも役立つヒントが多々あった。さっそく紹介しよう。

  • 宇宙生活/地上生活に共通する課題テーマ・解決策の募集

    7月16日のワークショップには、スイスで登山ガイドをする西村志津さんも遠隔参加した(奥のモニター)

オンとオフの切り替えはどうしたらいいの?

宇宙は生活から遠いと思っていた人たちも、ここ数か月間のテレワークや遠隔授業で自宅からあまり出ない生活を送る中で「宇宙の閉鎖生活ってこういうことかな」と少し身近にイメージできたかもしれない。家で仕事をしていると(私もそうだが)オンとオフの切り替えが難しい。同じ空間で過ごすために、仕事をエンドレスで続けてしまったり、逆になかなか集中できなかったり。「オンとオフの切り替えはどんな工夫をされていますか?」という質問がまず参加者から投げかけられた。

極地建築家の村上さんは「空間だけじゃなく、出会う人も同じですよね。(宇宙や極地では)ドラマチックな事ばかり起こるわけではなくてルーティンの作業がずっと続くのが難しい。その中で、どこに節目を作るのかがカギになります」

  • 宇宙生活/地上生活に共通する課題テーマ・解決策の募集

    極地建築家の村上祐資さん

節目の作り方には色々な方法があると村上さんは続ける。例えば衣服。「寝間着と作業着。同じメンバーですごすと何もかも見知った(家族のような)関係になるが、他人のためというよりは、自分のために意図的に着替える。極地で数多くのクルーを見てきましたが、切り替えのために着替える人は、安定しているなという気がします」。

食事の時間も大事な節目の時間だ。「なるべくゆっくり食べる。忙しいとどうしてもぱぱっと済ませようという気持ちが出てきますが、食事はいったん落ち着くための時間にすることがすごく大事です」(村上さん)。これは耳が痛い。締め切りがあると、特に昼ご飯はいい加減になりがちだ。

向井さんは、あえて今やっていることと異なる「アクティビティ」を入れるといいと言う。「たとえ同じ空間にいても、仕事モードから仕事が終わった時の切り替えのために、音楽を聞いたり地球の景色を見たりオンラインで外の世界の人とつながったりします」。また、人と会う予定を入れれば、洋服を着替えたりお化粧をしたりして、ぴりっとする。どうしてもだらっとしてしまうのであれば、そういう予定を入れるのもいいのでは、と話す。

乾燥する宇宙船内や機内の化粧は?

身だしなみで、気になるのが宇宙船内の環境だ。宇宙船内は乾燥すると聞くが、お化粧で気を付けていたことは?

「宇宙船の中は乾燥します。湿度は25~75%の範囲で設定しますが実際は20~30%代。女性だけでなく、男性宇宙飛行士もクリームを塗っていました。さらに紫外線もあります。窓にはUVフィルターが貼られていますが、大気の層が紫外線を遮ることがないため、ずっと地球を見ていると日焼けします」山崎直子飛行士は説明する。

一方、ANAで長い間客室乗務員を経験してきた江島まゆみさんによると「飛行機の湿度はだいたい10~20%、新しい飛行機で湿度が高いもので約25%です」。宇宙船より飛行機内の方が乾燥している事実がわかり、驚く参加者たち。客室乗務員たちは「美容液をかけたりクリームを塗ったりしますが、身体の中にも水分をとる必要があり、お水を十分にとります。またストレスも乾燥に繋がるので楽しくポジティブに過ごすことも大事です」と工夫を披露した。

  • 宇宙生活/地上生活に共通する課題テーマ・解決策の募集

    ANA宇宙事業化プロジェクトメンバーで客室乗務員の経験が豊富な江島まゆみさん(中央)

水分摂取は宇宙でも大事だ。「無重力環境だと体液が上半身に移動します。すると脳が水分量が増えたと勘違いして尿から水分を排出しやすくなる。だから宇宙にいる間は、体内の水分はすごく減ってしまう。一度のたくさんの水分をとるよりも、こまめにちょこちょこ水を飲みなさいとよく言われます」(山崎さん)

お化粧について、向井千秋さんは「私は地上で保湿クリームぐらいしかつけませんが、『宇宙ではアルコール成分が入ってないものならマスカラでも、ファンデーションでも持っていけますよ、特殊ではないですよ』ということをデモンストレーションするために宇宙に化粧品を持って行きました。宇宙と地上を結んだ記者会見では宇宙飛行士たちは『自分が元気だよ』という姿を見せるために、お化粧をします」

以前、山崎宇宙飛行士に取材した際には、宇宙にはアルコール成分が入った化粧品は持っていけないため、訓練拠点のNASAジョンソン宇宙センターに近いクリニークのお店でアルコールフリーの化粧品から自由に好きな色を選んでいくと聞いた。この日のワークショップには資生堂や花王、POLAなどの化粧品メーカーの皆さんが出席していたが、宇宙の制約の中でも日本の化粧品メーカーができることは色々ありそうだ。それは宇宙だけでなく、オフィスにこもったりテレワークで働いたり、リズムが作りづらい人たちにもアプローチできるはずだ。

宇宙でだらしなくなりがち? な服の着こなし。機能性衣服の可能性

洋服はどうだろう。向井さんは宇宙での着こなしで不安感があったという。「地上でびしっと着こなせるのは服の重さがあるからです。よく宇宙飛行士たちがラガーシャツを着ていますが、襟元がうかんでしまったりだらしなくなりがち。伸縮性のある服があったらいいんじゃないかと思います。泣いている子供を抱っこすると泣き止みますよね? 皮膚に圧迫感があると安心するんです。Float(浮かぶ)状態でくるくる回るのは面白いのですが、Drift(漂う)状態が長く続くと幽霊船みたいで不安になりますから」

ロシアの宇宙飛行士たちは、漫画「巨人の星」で星飛雄馬が身に付けた大リーグ養成ギプスのようなスーツを着用、腕を曲げ伸ばしするだけで腕の筋肉が鍛えられるという。宇宙船の中は無重力状態だからダンベルのような重りは使えず、抵抗力を利用する。機能性を考慮した服があれば、高齢化社会で足腰が弱い人が歩くだけで鍛えることもできるのではないか。水泳選手などアスリートはすでに機能性をもったウエアを活用している。

シェイプアップの観点からは「お腹は引っ込むしバストアップするし、『こんなに私って素敵だったのかしら』と思うほどスタイルがよくなる」と向井さんは言う。ただし、姿勢を真っすぐに保つのは難しい。

「宇宙で自然な姿勢は『ゾンビのような姿勢』です。膝が曲がって手が上にあがり、背中も若干丸くなります」(山崎直子さん)。宇宙の姿勢を体感してみたいなら「足の立たないプールに入って立ち泳ぎをやめればいい」と向井さんは提案する。水の中の水圧がない感じが宇宙。楽だから身体がなまけてしまうそうだ。

「そもそも地上で背筋がまっすぐ伸びるのは、体重で床をおした反作用です。歩くときは片足をついて重心の位置を前にうつし転びそうになって違う足を出す。でも宇宙では重心がないからその動きができない。歩く、階段を上る、降りる、すべる、転ぶ。これらはすべて『重力文化』の中の動きなのです」(向井さん)

重心文化という見方は宇宙に行ったからこそ生まれるのだろう。無重力ならではの動きで面白いのは宙返りやジャンプが簡単にできること。「地球じゃ絶対にできないような連続宙返りが宇宙ではできます。ただし着地ができない(笑)」と向井さんは笑う。

  • 宇宙生活/地上生活に共通する課題テーマ・解決策の募集

    (C)NASA

匂い - 基本は消臭+個人の香りを

ワークショップで盛り上がったのは「匂い」や「香り」の話題だ。ANAの江島さんによると「飛行機に乗り込んだ時には、『今日の食事メニューはハンバーグだな』とわかります。でも乗っているうちに鼻が慣れてしまってわからなくなってしまうのです」

「人はものすごく環境に適応する力がある。匂いに慣れてしまうと感じなくなるんです。同じように痛いところがあっても、もっと強い痛みがほかにあると、元の痛みには慣れる。痛みが吸収されてしまうから。宇宙飛行初期にはトイレが壊れて宇宙飛行士たちがおむつを使ったこともありました。その中で食べ物を温めて食べる。匂いを感じたら生きていけないから感じなくなる」(向井さん)

極地建築家の村上さんは匂いを感じた時のエピソードを話してくれた「遠征で2~3週間お風呂に入れず基地に帰って石鹸で手を洗った瞬間に、『自分が臭い!』とわかるんです」。

では、どうしたらいいのか。アルコール等が使えないという宇宙船の事情から香水やマニキュアが使えない。「ベースは消臭だと思う。匂いを消した上で、柔軟剤などに使われているマイクロビーズのように個人の小さな空間で自分の好きな香りを楽しめるとよいのでは」(向井さん)。

香りはそれぞれ好みが異なるため、難しい。ある人が好きな香りが別の人にとってはストレスになる可能性があるからだ。向井さんはオレンジの皮を宇宙に持って行き、気分が悪い時はリフレッシュしたと言うし、山崎さんは桜茶を持って行って香りを楽しんだそうだ。向井さんが副学長を務める東京理科大学スペースコロニー研究センターでは光触媒を使った消臭装置をJAMSS(有人宇宙システム)と共同で行っているそうだ。

睡眠の問題

  • 宇宙生活/地上生活に共通する課題テーマ・解決策の募集

    2010年の宇宙飛行中の山崎直子さん(C)NASA

そして、宇宙でも地上でも極地でも、人が暮らすときに永遠のテーマとなるのが「良質な睡眠」。宇宙飛行士はある意味、シフトワーカーでもある。ISSの宇宙飛行士たちは協定世界時に合わせて生活しているが、打ち上げや帰還の時間に合わせて、睡眠時間を徐々にずらしていくこともあるという。山崎さんは「無重力の方が寝る時間が短くてすみ、起きたらすっきりしていたし、寝袋で浮かびながら寝るのは快適だった」と言うが、睡眠導入剤を使う宇宙飛行士もいると聞く。

睡眠がとりにくい点では国際線の飛行機も同様かもしれない。「光を徐々に明るくして寝起がすっきりしたと感じてもらうようにしています。また食事も時間を調整するための重要な要素です」(江島さん)

向井さんによると、ヒトの体内時計のサイクルは25時間だという。それを朝の光でリセットしているため地上で睡眠不足を感じるのは当たり前であり、週末に寝だめができるのだと。寒かったり音がしたり、様々な環境に影響されるから睡眠は奥深いテーマである。

帰還後に気付いたこと

  • 宇宙生活/地上生活に共通する課題テーマ・解決策の募集

旅先から帰ると、今まで普通だと思っていた日常生活の有難さや、旅先との違いに改めて気付いたりするのも面白い点だ。

極地建築家の村上さんは「日本に帰ってきて音に対して敏感になった」という。「南極では見渡す限り雪で覆われた真っ白な空間で変化がないため、微かな音で変化を読み取る。音に対してあげていた感度を日本に戻ってから下げられない。だからスーパーに行くとコーナーによって違う音があふれていて音酔いしてしまう。人が多い集団にも慣れていないから満員電車で降りることもできませんでした」

ANAの江島さんは「薄暗い機内に慣れているので外に出るとまず太陽の光を眩しく感じる。香りを感じたり味を感じたり。なんとなく好きでなかったものの美味しく感じられます」機内で閉じていた感覚が開いていくのだろう。

向井さんは「重力に魅惑された」そうだ。「宇宙から帰還後、身体がすごく重く感じました。月が昇る、陽が沈む。知らない間に重力の世界で生きていて、言葉にもそれが表れている。この世界ってすごく特殊だなと感じました」

宇宙は特殊な場所ではない

向井さんが繰り返し訴えたのは「宇宙は特殊な場所ではない」ということ。「日本の皆さんは未だに1960年代の宇宙飛行士が宇宙に行ったときの感覚をもっている。今、宇宙船の中が地上と違うのは無重力状態であることぐらいで、それも人工重力を発生させれば解消されます。『宇宙では買い物に行けない』とかネガティブな方向に考えないで、宇宙でないとできない体験に目を向けて欲しい」。

さらに「ロケットや人工衛星は自分たちには関係ないし、お金がかかるからと参入しない企業が多いかもしれないけれど、食事や下着や生活用品はちょっとした投資額でも、もしかしたら面白いものができて地球上でも使えて宣伝になります」と宇宙へのチャレンジを呼び掛ける。

山崎直子さんは2018年から一般社団法人スペースポートジャパンの代表理事を務める。早ければ2020年代に日本から宇宙旅行を、2030年代以降には2地点間輸送を目指す。「宇宙生活のQOL向上は、日本から飛び立つ宇宙旅行にも活用されることを目指しています。宇宙は特殊だと思われがちですが、宇宙に対応する技術が地上でも生かされることが求められている。食も洋服も医療も極地を考えることで、その技術が地上にも生かされる。いい循環ができるといいと願っています」

  • 宇宙生活/地上生活に共通する課題テーマ・解決策の募集

    「宇宙に対応する技術が地上でも生かされることが求められている」と語る山崎直子さん

ISSに搭載する生活用品の締め切りは9月4日だが、JAXA新事業促進部・J-SPARCプロデューサーの菊池優太さんは今後も日本人宇宙飛行士が打ち上げられるたびに、同様の公募を行っていきたいとしている。