オフィス・法人向けウォーターサーバーのおすすめ4選 コストやメリット・デメリットを紹介

デザイン・用途で選ぶ

「オフィスに設置するウォーターサーバーのおすすめはどこ?」、「コストは?契約本数は?」

ウォーターサーバーの設置を考えているものの、分からないことは多いですよね。

そこでこの記事では法人向けウォーターサーバーのおすすめ4選やウォータサーバーを設置するメリット・デメリットを紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

法人向けウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーの設置で重要視する点は以下のポイントになります。

  • トータルコスト
  • 水の種類
  • 利用人数
  • デザイン性

それぞれ解説していきます。

トータルコスト

ウォーターサーバーのランニングコストの大半は水の料金ですが、サーバーのレンタル料、電気代、サポート料、手数料などのコストも掛かります。

水代は安くても他の料金が高くつき結果的に料金が高くなってしまうことがあります。

設置を考える際は、水代を中心にその他のコストも意識して契約するようにしましょう。

水の種類

水には大きく分けて天然水とRO水の2種類があります。

天然数は特定の水源から採水された水のことを言い、水源のミネラル分によってそれぞれ味が違うのが特徴です。

RO水は、原水になる水道水や地下水などをRO膜で不純物をろ過した水のことを言います。

成分にこだわり天然水にするか、コスト重視でRO水を選ぶか、ウォーターサーバーを選ぶ際には水の種類も大きなポイントです。

利用人数

利用人数を想定せずに契約をすると、水の量を間違えて無駄なコストが掛かってしまうことがあります。それを防ぐためにも1日の利用人数を想定して契約することがおすすめです。

水の量に対して利用人数が多いと、頻繁にボトルの交換が必要になります。

長い目で見たときにも丁度良い水の量にした場合とそうでない場合では、コストが大きく変わってくるので、利用人数の想定は大事なポイントです。

デザイン性

美容院やインテリアにこだわっているオフィスなどはデザイン性を重視することもおすすめです。今は見た目がおしゃれなものが増えています。

デザイン性を重視してインテリアに合うウォーターサーバーを選んでみて下さい。

法人向けウォーターサーバーのコストはどれくらいかかる?

法人向けウォーターサーバーのコストがどれくらいかかるのか、プレミアムフォーターの法人向けプラン(amadanaスタンダードサーバーの場合)を例に利用人数別にシュミレーションしてみます。

以下の表は、1日あたり1人200mlでシュミレーションしています。

プレミアムウォーターの法人向けプラン(amadanaスタンダードサーバーの場合)は、月額基本料5,280円、毎月48L(12Lボトル4本)が無料、追加注文は1セット(12Lボトル2本)2,160円となります。

また、費用の目安は基本料金と水の料金のみを計算しており、電気代などのコストは省いています。

利用人数シュチュエーション容量(目安)月額費用(目安)
~20名美容院,飲食店など120L(10本)11,760円
~50名携帯ショップなど300L(25本)29,040円
~70名クリニック,薬局など420L(35本)39,840円
100名~大企業,病院など600L(50本)54,960円

表の目安以外にも来客時のお茶出しや従業員のコーヒーやカップラーメンなどを作ることを考えると水の消費量はさらに多くなるでしょう。

他にも電気代や、メーカーによってレンタル料やメンテナンス代などもかかります。

設置を考えている場合は、おおまかな費用を計算するようにしましょう。

いくつかの候補を選んで目安に一番近いメーカーを利用することをおすすめします。

【利用人数別】法人向けウォーターサーバーのおすすめ4選

ウォーターサーバーは様々なメーカーが出しており、どこを契約すれば良いか迷うこともあると思います。法人でウォーターサーバーを利用する場合、利用人数に応じて選ぶことをおすすめします!

ここでは法人向けにおすすめのウォーターサーバーを利用人数別におすすめ理由と合わせてご紹介していきます!

【20名未満】プレミアムウォーター

初回金3,300円(登録事務手数料)
月額基本料金5,280円/月〜※1
水代2,160円/12L×2本
解約手数料15,000円~※2
※1 サーバーレンタル料含む、毎月12Lボトル4本まで無料
※2 契約期間は初回配送予定日より2年間。契約期間内に解約すると解約金が発生。

プレミアムウォーターの水は、おいしさにこだわり非加熱処理の天然水を採用しています。水の味にこだわる方にはプレミアムウォーターがおすすめです。天然水のウォーターサーバーはお水が美味しいという特徴がありますが、その分、お水の料金が高い傾向にあります。そのため、20人未満の小規模オフィスにおすすめです。

法人向けプランには、設置サービスが無料、毎月12リットルボトルが4本無料の特典がついているので一度チェックしてみて下さい。

法人向けプランはWebサイトからの申し込みはできないので、事前に電話で問い合わせてみましょう。

デザインも豊富に揃っており、特にamandaスタンダードサーバーはインテリアの邪魔することのないおしゃれなデザインが特徴です。

カラーもブラック、ホワイト、ブラウンの3色から選ぶことができるので、オフィスにぴったりなデザインを見つけてみて下さい。

【50人未満】サントリー天然水ウォーターサーバー

初回金なし
サーバーレンタル料無料
水代1,350円/7.8L※1
配送料無料 
休止手数料1,100円/月※2
解約手数料9,900円〜※3
※1 スマートプランの料金
※2 スマートプランで直近2カ月間天然水ボックスの購入がない場合
※3 中途解約手数料:機材を設置した日が属する月から12ヶ月経過前に中途解約された場合、機材1台あたり16,500円。機材を設置した日が属する月から12ヶ月経過後24ヶ月経過前に中途解約された場合、機材1台あたり9,900円

サントリーのウォーターサーバーは、サービス提供エリア内であればサーバーの複数台設置が可能ですので複数フロアがあるオフィスで天然水のウォーターサーバーが利用出来ます。また、サントリーウォーターサーバーは1日に1.6L以上、月6箱以上のお水を消費する場合にお得になる「バリュープラン」があるため、オフィスでお得に使えるウォーターサーバーです。

支払い方法を口座引き落としかクレジットカード払いから選べたり、領収書をマイページから発行できるので、オフィスや法人向けに嬉しい機能が付いています。

費用も水の料金と電気代だけで、サーバーのレンタル料やメンテナンス代はかかりません。南アルプスの天然水をいつでもオフィス飲めるのも魅力的なポイントです。

【100名〜】アクアクララ

初回金なし
あんしんサポート料1,100~3,300円/月
水代1,404円/12L〜
1,080円/7L〜
配送料無料※1
休止手数料なし
解約手数料6,600円〜※2
※1 一部商品・地域のみ、宅配料がかかる場合あり
※2 通常プランの場合1年未満の退会の場合は、6,600円、2年割プランで2年未満の退会の場合は、11,000円の途中解除料が発生

アクアクララでは専用のフィルタでろ過された「RO水」が採用されています。特定水源から採取された天然水と異なり、お水の値段が安いという特徴があります。そのため、大人数で使う場合はお水の値段が安いアクアクララがおすすめです。

お水の値段は安いものの、アクアクララのお水は9年連続でモンドセレクション「優秀品質最高金賞」を受賞。いつでもおいしくて安全な水を飲むことができます。

また、アクアクララのウォーターサーバーは、利用シーンに合わせて選べる3種類のサーバーが特徴です。グッドデザイン賞を受賞したアクアファブ、コーヒーマシンが一体となったアクアウィズ、シンプルデザインのアクアスリムと利用シーンに合わせてベストなサーバーを選ぶことができるため、デザイン性にこだわりたい場合にもおすすめです。

レンタルを考えている方は1週間の無料お試し期間があるので、一度試してみることをおすすめします。

【100名〜】クリクラ

初回金・クリクラサーバー なし
・クリクラFit 2,200円
※再機能付き4,400円、カバー有の場合別途1,320円
・クリクラ省エネサーバー 7,700円
サーバーレンタル料無料※1
あんしんサポートパック460円/月
水代1,460円/12L
890円/6L
配送料無料
休止手数料なし※1
解約手数料なし
※1 3カ月で利用本数が6本未満の場合サーバーレンタル料1,100円/月が必要

クリクラも、アクアクララ同様に「RO水」のウォーターサーバーです。お水の料金はアクアクララと遜色ありません。

クリクラの特徴としてはサーバー1台あたりにかかるあんしんサポートパック料金が安いこと、もう1点が「解約金」がかからないという点です。オフィスなどで複数台利用する場合はあんしんサポートパック料金が安いクリクラが良いでしょう。

またアクアクララの場合短期間で解約した場合は解約金が発生してしまいますが、クリクラは解約金がかからないため、継続的な導入に迷っている場合はクリクラがおすすめです。

クリクラのサーバーでは、クリーンルームなどで使われているHEPAフィルターを装備。使うたびにゴミや粉塵を除去して綺麗な状態をキープします。

また、年に一回専門スタッフがサーバー洗浄を行ってくれるので、いつでも安心して利用できる点も魅力的です。

法人向けウォーターサーバー導入のメリット

法人向けウォーターサーバー導入のメリットは以下の4つがあります。

・すぐに飲める
・福利厚生になる
・ペットボトルを買う手間と保管する場所必要がない
・防災対策

それぞれ詳しく解説します。

すぐに飲める

ポットの場合はお湯が沸くまで待たなければいけません。

しかしウォーターサーバーは、水とお湯がすぐに出てくるのでコーヒーやお茶をすぐに淹れられます。

飲み物を買いに行く手間や、お湯が沸くのを待つ必要もないので、無駄な時間を過ごすことな効率よく仕事を進めることができます。

また、来客時にもすぐに飲み物を出すことができ、お客様を待たせることもありません。

福利厚生になる

ウォーターサーバーの設置は従業員の満足度向上につながります。毎日コンビニで飲み物を買っていると月に5,000円以上かかってしまう場合も…。

しかしウォーターサーバーを設置した場合、自分で飲み物を買う必要がなくなりますね。

夏はすぐに冷たい水が飲めるので熱中症対策になり従業員の健康を守ることもできるのではないでしょうか?

ペットボトルを買う手間と保管する必要がない

ウォーターサーバーなら、ほとんどのメーカーで宅配サービスがあるのでペットボトルを買う手間が省けます。

従業員もペットボトルを持参することが少なり、会社で処理するゴミの量も少なくなります。

ウォーターサーバーのボトルも、使用済みのボトルを回収してくれるメーカーを導入すれば捨てる手間もかかりません。

防災対策

ウォーターサーバーの水は、災害時の非常用の飲み物として活用が可能です。

もし水が止まってしまったとしてもウォーターサーバーがあれば、会社に泊まる社員や近隣の方の水を確保できます。

コンビニでは買い占めが発生し、飲み物がなかなか手に入らない状況がありました。

災害時のことも考えて、普段から水を多めに発注することをおすすめします。

法人向けウォーターサーバー導入のデメリット

法人向けウォーターサーバー導入のメリットは以下の2つがあります。

・コストがかかる
・ボトルの交換が大変

それぞれ解説していきます。

コストがかかる

ウォーターサーバーの導入にはコストが発生します。

メインのコストは水の料金と電気代ですが、サーバーレンタル代やメンテナンス代を含んでいるメーカーもあるので事前に確認するようにしましょう。

水の料金や電気代も契約するメーカーによって大きく抑えられることが可能です。

水の料金は天然水ではなくRO水を使っているメーカーを利用したり、省エネモード(エコモード)を搭載されているものを利用すればコストを抑えることができます。

ウォーターサーバーの導入する際は、いくつかのメーカーを比較してから契約することをおすすめします。

ボトルの交換が大変

ウォーターサーバーは水がなくなったら交換をしなければいけません。

法人向けサーバーはほとんどが12リットルボトル対応なので、ボトルの交換には手間がかかります。

ボトルの重さが12キロと重いので、交換が面倒と感じるかもしれません。

サーバーの下部で交換するタイプやサーバー直結タイプもあるので、ボトルの交換が大変な場合はこのようなタイプのサーバをおすすめします。

法人向けウォーターサーバーよくある質問

法人向けウォーターサーバーについてよくある質問を紹介します。

法人向け料金プランはある?

法人向けプランを設定しているメーカーもありますが、一般家庭用と同一料金のメーカーもあるので公式サイトで確認してみることをおすすめします。

複数台設置は可能?

サントリーやプレミアムウォーターは複数台の設置は可能ですが1契約に1台しか契約できないメーカーもあります。

複数台の設置を考えている場合は、複数台設置可能なメーカーを契約することをおすすめします。

料金の支払い方法は?

メーカーによって異なりますが、銀行振込、代金引換、口座引き落とし、クレジットカード払いがあります。

クレジットカード払いに対応していて法人カードを持っている場合は、クレジットカード払いをおすすめします。

インスタントラーメンは作れますか?

はい、作れます。

ウォーターサーバーのお湯はほとんどのメーカーで80℃〜90℃に設定されているので、カップラーメンを作ることが可能です。

しかしお湯を一気に使うとお湯タンクの中が湯切れ状態になるので、適温になるまで少し時間がかかることがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

法人向けサーバーの選び方、コスト、メリットでメリットやおすすめのウォーターサーバー5選を紹介しました。

法人向けサーバーを選ぶポイント
  • トータルコスト
  • 水の種類
  • 利用人数
  • デザイン性

毎月のコストや、サーバーの性能・デザインはメーカーによって異なるため、自社に最適なサーバーを複数比較して選んでみてはいかがでしょうか?

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする
デザイン・用途で選ぶ
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました