赤ちゃんに最適なウォーターサーバー6選|選ばれる3つの理由とミルクづくりの時短テク

デザイン・用途で選ぶ

母乳と混合の方も、完ミ(完全ミルク)の方も、ミルク作り大変ですよね。

低月齢の頃の頻回ミルク作り、毎晩の夜中のミルク作り・・・、ただでさえ大変な赤ちゃん育児なのに目が回りそうですよね。

実はそのつらいミルク作りがウォーターサーバーを導入するだけでぐっと楽になるって知っていますか?

また、ミルクを作るときに欠かせないのがお水。自分たちが飲むもの以上に気を使いますよね?赤ちゃんに適したお水について知っていますか?

育児の先輩が知っている、ミルク育児と相性バツグンのウォーターサーバーやミルク作成時の時短テクなどを一挙にご紹介。育児ストレスを減らすために役立つ内容になっています!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんのミルク作りには70℃以上のお湯が必要

赤ちゃんのミルクを作るときは一度沸騰させた70℃以上の熱湯で作るよう推奨されています。※乳児用調整粉乳の安全な調乳、保存及び取り扱いに関するガイドライン2007(FAO/WHO)」

ミルクは人肌程度の温度で飲ませる必要があるのですが、すぐに飲ませたいからといって70℃以下の温度で作ることは避け、正しい方法で作りましょう!

  1. 消毒済の乾いた哺乳瓶に必要量の粉ミルクを投入
  2. 煮沸後のお湯(70℃以上)を哺乳瓶に必要量の2/3程度入れて、ゆっくり円を描くように振って溶かす
  3. 残りの1/3は煮沸後の湯冷ましを足す
  4. 最後に水に浸して人肌温度になるまで冷ます

以上のように作るのが粉ミルクの正しい作り方とされています。※70℃まで冷ます必要はなく沸騰直後のお湯を使用しても問題ないとされています。

ミルク作りの時間を徹底比較!ウォーターサーバーVS電気ケトルVS電気ポット

粉ミルクは70℃以上の熱湯で作る必要があることはおわかり頂けたかと思います。でも、夜中に作らなければいけない、または急に赤ちゃんが泣き出して急いでミルクを作らなければならない…。そんな時、なるべく時間をかけずにパパッとつくりたいものですよね。

赤ちゃんのミルクをできるだけ簡単に作るのに便利なのが「ウォーターサーバー」なんです。ウォーターサーバーは「70℃以上のお湯」をボタン一つで出すことができるんです。

ヤカンで沸かす方法と、電気ケトルで沸かす方法と、ウォーターサーバーで作る方法を比較してみました。ウォーターサーバーがどの程度便利なのか、感じてみてくださいね。

お湯ができるまでの時間を比較

ミルク作りには70℃以上のお湯が必要です。次の表は、1Lの水を沸騰させて用意するのにかかる時間です。


1Lを沸騰させるためにかかる時間
電気ケトル5分34秒
電気ポット10分32秒
ヤカン(ガスコンロ)5分40秒
ウォーターサーバー0秒
※参考:https://www.mikado-sc.co.jp/minnanodenki/column/entry-2438.html

電気ケトルの場合、一旦水を沸騰させてから作る必要があります。沸騰後すぐのお湯でミルクを作ることは可能ですが、赤ちゃんが飲める適温に冷ますまでも70℃のお湯を使う以上に時間がかかります。

電気ポットは機種によっては段階的に保温できるため70℃のお湯をすぐに使うことができるかもしれません。ですが、電気ポットはお湯を作るまでの時間が最もかかってしまいます。万が一、ミルクを作るときにお湯が切れていた場合、一番時間がかかってしまうのが懸念点です。

ガスコンロを使ってヤカンで沸かす場合は、電気ケトルとほとんど同じ時間がかかります。

一方で、ウォーターサーバーなら、いつでもミルク作りに適したお湯(メーカーによっては70℃のお湯も!)をボタン一つで出すこのができるんです。

ウォーターサーバーは、夜お腹を空かせて泣いている赤ちゃんに少しでもはやくミルクを飲ませてあげたい。また、毎日の夜泣きで1分でも長く休みたいママにとって本当に便利で役立つアイテムです。

キッチンのミルク作りは危険?赤ちゃんの安全はウォーターサーバーが守る!

お腹を空かせた赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませてあげられる、また、毎日の夜泣きで少しでも多く休む時間を確保したいママに最適なアイテムです。さらに、ウォーターサーバーは赤ちゃんを危険から守るためにも最適なアイテムなんです。

ここでは、キッチンで起こるトラブルについて見ていきましょう。

電気コードを赤ちゃんがひっぱって大惨事に

赤ちゃんが順調に大きくなって、ハイハイをしたり、つかまり立ちをするようになるとお家での行動範囲が広がります。そして、お家の中にあるあらゆるものに興味を示すようなります。

そうなると、ちょっとした油断で危険な事故につながることも…。

また、電気ケトルやポットの湯気を触ってしまいヤケドを負ってしまうなど、赤ちゃんのミルクを作るために便利だと思っていたものが逆に赤ちゃんを危険な目に合わせてしまうケースも…。

その点、ウォーターサーバーは、上記のような子どものイタズラへの対策もバッチリです。サーバー本体の重さも15kg程度、さらにお水ボトルの重さもあるため、赤ちゃんのイタズラ程度では倒れたりする心配がほとんどありません。転倒防止ワイヤーや耐震用ジェルマットを使えば、よほどのことがない限り倒れる心配はないでしょう。

また、子どもがウォーターサーバーを直接操作することを考慮し「チャイルドロック」機能が充実しているため、誤って熱湯が出てしまいヤケドするといった心配もほとんどありません。

このようにウォーターサーバーは赤ちゃんの安全を守るといった意味でも安心して使うことができますよ。

電気ケトルや電気ポットが「赤ちゃんのミルク作りには最悪」と感じる理由

初めての出産後、なれない抱っこやミルクをあげる動作、沐浴などで腱鞘炎になってしまうママが多いのを知っていますか?

手首は育児にはもちろん、日常動作でも必ず使う部分ですので一度腱鞘炎になってしまうと、あらゆる作業が辛いのとともに、痛くても酷使しなくてはならない部分なのでなかなか治りにくいです。

そのため、電気ケトルや電気ポットを使ってミルクを作るのが困難だと感じているママは意外と多くいるんです。

電気ケトルは本体自体はそこまでの重さはないものの、お水を入れるとそこそこ重く、それをミルク瓶に入れる作業も手首を痛めているとつらいものです。ミルク作りで一日に何度も使っているとストレスになりかねません。

また電気ポットの場合、ポット自体も重く、そのポットにお水を入れるという作業は腱鞘炎の人にとっては過酷な作業となってしまいます…。

このように、出産後腱鞘炎になるママが多いため、電気ケトルや電気ポットを使ったミルク作りは辛いと感じてしまいがちです。

ウォーターサーバーはボタン一つで簡単にお湯を出すことができるので、負担少なくミルク作りが可能!

また、ウォーターサーバーのお水は一般的なボトルのサイズが12Lなので、こまめに入れ替える必要がないのもメリットの一つ。一度入れ替えしまえば数日は入れ替える必要がないですね。お水が少なくなったら、予め家族の誰かにお水ボトルを交換してもらえば、重たいお水ボトルを持ち上げる必要もありません!

赤ちゃんのいる家庭にウォーターサーバーが選ばれている3つの理由

ここまでご紹介してきたように、

  • すぐにミルクが作れる
  • 子どもの安全、ママの負担軽減に役立つ

という理由からウォーターサーバーは赤ちゃんのミルク作りに最適です。でも、ウォーターサーバーをおすすめしたいのはこれだけが理由ではありません。ここからは赤ちゃんのいる家庭にウォーターサーバーが選ばれている3つの理由を見ていきましょう。

買い物の負担軽減

ペットボトルのお水を飲料水にしている場合、お店で購入して運ぶのも大変な作業です。特に出産後は赤ちゃんを連れて買いに行かなくてはならない場合もあり、そうなると重くて嵩張るペットボトルのお水を購入するのは大変です。

ウォーターサーバーはお店に行かずとも、お水が自宅に届くため買い物の負担を減らすことができます。

ミルクが終わったあとの離乳食作りにも役立つ

出産後、ミルク作りにばかり目が行きがちですが離乳食でも使うお水。湯冷ましで飲ませることも増えてきます。

そうなったとき、できる限り安心して飲めるお水を与えたいと考えるのではないでしょうか?

水道水でももちろん安全に飲むことはできます。ですが、水道水特有のカルキ臭で子どもがお水を飲んでくれないという場合も考えられます。

美味しく飲めて自宅まで届けてくれるウォーターサーバーのお水は離乳食や卒乳後の食事でも大活躍間違いなしです!

防災用品の1つになる

いきなり、「防災用品の1つになる」と言われてもあまりピンとこないのではないでしょうか?ちょっと想像してみてください。

大きな地震が起こってしまいました。地震後すぐに、停電が起こり、水道も止まってしまいます。でも、お腹を空かせた赤ちゃんのためにミルクを作らなくてはならない…。

このような状況が起こったときどう対処すれば良いでしょうか?

内閣府が出している「大規模地震発生に伴う帰宅困難者対策のガイドライン」によると、大人1人あたり、1日3Lの水が必要だとされています。

一緒に暮らしている家族の人数が多いほど、災害時に必要な1日あたりの水は多くなり、仮に大人が2人いるとすると、1日で6Lもの水が必要となってくるのです。さらに赤ちゃんのミルクまでとなるともっと多くのお水をストックしておく必要がありますよね。

ウォーターサーバーはこのような災害時にも役立ちます。ウォーターサーバーの場合、定期的にお水ボトルが配送されてくるため、お水を一定数ストックしておくことができます。古いお水から順番に利用していけば備蓄水としても、日常的に使うお水としても両方で活用することができるんです。

また、「キッチンのミルク作りは危険?赤ちゃんの安全はウォーターサーバーが守る!」でも紹介しましたが、電気ケトルなどでお湯を沸かしている途中に地震が起こると、電気ケトルが倒れて熱湯が溢れて赤ちゃんが触れるとヤケドの恐れがあります。

ウォーターサーバーであれば、熱湯が溢れる心配がありませんし、地震でも電気ケトルや電気ポットと比較しても転倒のリスクが低いのです。

災害用の備蓄水として、災害時のリスク対策としてもウォーターサーバーはおすすめです!

赤ちゃんにおすすめの人気ウォーターサーバー

ここからは赤ちゃんがいる家庭に最適なおすすめウォーターサーバーを紹介していきます。まずは、ウォーターサーバーを選ぶときのポイントから見ていきましょう。

ミルク作りに使うウォーターサーバーを選ぶときの4つのポイント

ウォーターサーバーは選択肢が非常に多いため、子育て用としてはどれが最適なのかわかりにくいですよね。

赤ちゃんのミルク作りに使うウォーターサーバーを選ぶときのポイントは次の4つです。

お水の選び方:ミネラル成分が少ない軟水を選ぶ

まずは、赤ちゃんが口にする「お水」の選び方です。粉ミルクメーカーは、赤ちゃんのミルクに使う水は「軟水」を推奨しています。

水1L中に含まれているカルシウムとマグネシウムの量を表したものが硬度で、軟水とは世界保健機関(WHO)が定めた基準によると硬度60未満のもの。60~120が中程度の軟水、120以上で硬水と呼ばれます。

ウォーターサーバーメーカーの中には硬水のお水もあるため、お水の硬度は必ずチェックしておきましょう。

サーバーの選び方:チャイルドロック機能付きのサーバーを選ぶ

赤ちゃんは、だんだん大きくなって自分でハイハイやつかまり立ちができるようになると一気に行動範囲が広がります。また、目に付くものすべてに興味を示すため油断するとあらゆるものを触ったり口にしたりします。

そのため、ウォーターサーバーもイタズラされないように対策が必要です。ウォーターサーバーのいたずら対策で重要なのは「チャイルドロック機能」です。

メーカーによってチャイルドロックの機能が異なるので、より万全な対策ができるサーバーを選ぶようにしましょう。

サーバーの選び方:温度設定の幅が広いほうが便利!

赤ちゃんのミルク作りには、温水の温度設定が重要です。ミルク作りには70℃以上のお湯が必要ということは前述した通りです。ミルクを熱湯から作ると、冷ますのに時間がかかるため、ミルク作りに適した70℃程度のお湯が使えるサーバーのほうがミルクを短時間で作ることができますね。

ウォーターサーバーは機種によって設定温度が異なるため、温度設定にも注目してサーバーを選びましょう。

サーバーの選び方:お水交換が簡単なサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーはお水ボトルを設置する必要があります。実は、このボトルの設置作業が一苦労。一般的なウォーターサーバーは12Lですので、12kg以上のボトルを持ち上げ設置する手間がかかります。

そのため、ボトル交換はできるだけ簡単にできるサーバーがベターです。お腹に赤ちゃんのいる妊婦さんや、子育てに忙しい家庭のことを考えると比較的簡単にボトル交換ができる、ボトルを下部にセットできるタイプの機種がおすすめです!

赤ちゃんがいる家庭におすすめのウォーターサーバー6選

このように、赤ちゃんのミルク作り・ママの負担軽減のためにはサーバーの種類も選ぶ必要があります。ここでは、これら4つのポイントを抑えた赤ちゃんのミルク作りに最適なウォーターサーバーを6つご紹介します!

メーカー/機種硬度チャイルドロック温度 設定ボトル交換
アクアクララアクアウィズ29.7・常時ロック ・一時ロック冷水 温水 エコモード (70〜75℃)12Lボトル下置き
フレシャス Slat24長押しが必要なチャイルドロック機能・冷水  ・温水  ・エコボタン(70℃) ・常温水  ・高温水9.3Lボトル下置き
サントリー南アルプスの天然水約30・全操作ロックボタン  ・注水ロックボタン冷水通常モード  弱冷モード  お湯通常モード  弱温モード(70~75℃)7.8Lバッグインボックス※
プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATERウォーターサーバー富士吉田:25  北アルプス:約21  金城:83  南阿蘇:約36・チャイルドロックスイッチ(背面) ・ HOTボタン(3秒長押し)冷水 弱冷水  温水(83℃) 再加熱12Lボトル下置き
コスモウォーター Smartプラス静岡:53  京都:30 大分:62・常時ロック  ・常時フリー ボタンを押した時のみ作動冷水  温水(80~90℃)12Lボトル下置き
うるのん
Grande
29m・温冷水常時ロック冷水4~12℃
温水80~90℃
12L上部設置
※ボトル設置は上部。軽量で段ボール箱に入っているため設置は簡単

アクアクララ「アクアウィズ」

基本料金あんしんサポート料 2年割プラン:2,200円/月 通常プラン:3,300円/月
配送料あんしんサポート料に含む※1
お水の値段2年割プラン 1,404円/12L 1,080円/7L 通常プラン 1,512円/12L 1,188円/7L
休止手数料定期配送なし
解約手数料6,600円※2
温度水温5~11℃ 湯温85~95℃ 省エネ時70〜75℃
サイズネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50[Fifty] 搭載時 (幅)320mm (奥)320mm (高)1,344mm ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ アイ 搭載時 (幅)320mm (奥)320mm (高)1,335mm
カラー1種類(ブラック)
重さネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50[Fifty] 搭載時 24.3kg ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ アイ 搭載時 23.6kg
1 一部商品・地域のみ、宅配料がかかる場合あり
※2 ウォーターサーバー設置後、通常プランは1年未満の退会で6,600円、2年割プランは2年未満の退会で11,000円の途中解除料が発生

アクアクララ「アクアウィズ」にはUV除菌機能が搭載されています。UV除菌機能はサーバー内部を衛生的に保ってくれる機能です。UV除菌機能が稼働している際は専用のランプが光るため、わかりやすいのも特徴です。

また、アクアウィズの省エネモードで利用すればミルク作りに最適な温度、70℃のお湯が利用できるため、ミルク作りの時短につながります。

アクアクララは2年に1度、専門スタッフによる定期メンテナンスがあるので、安心して利用出来ます!

赤ちゃんのミルク作りのために衛生面にも気を付けたいですよね。アクアウィズは衛生面でも安心して使えるウォーターサーバーです。

アクアウィズのチャイルドロックは「常時ロック」と「一時ロック」の2種類。子どもの成長など、状況に合わせて使い分け可能です。

フレシャス「slat」

項目名内容
サーバーレンタル料初月無料※1
配送料全国無料
ボトル・パックボトル式9.3L FRECIOUS富士【1本】1,627円
休止手数料1,100円/月※2
解約手数料9,900円〜※3
お水の温度冷水:4〜10℃ 温水: (通常モード)80〜85℃  (エコモード)70〜75℃  (リヒートモード)約90℃
サイズ幅:290mm/奥:350mm/高:1,110mm
重さslat:24kg
カラー・マットホワイト ・マットブラック
※1 前月0~2箱の利用slatは990円、slat+cafeはレンタル月額1,320円。3箱以上の場合無料
※2 自己都合により2カ月連続してサービスを中断した場合、翌月以降、サービス再開するまで月額1,100円の休止手数料が発生
※3 レンタルプランで契約後またはサーバー交換後、1年未満で解約した場合、解約金として16,500円、また、1年経過後、2年未満で解約した場合は、9,900円が発生

クリーン機能として「オートピュアキープシステム」と「フレッシュモード」という2つの機能が搭載されています。

「オートピュアキープシステム」は5日間毎(120時間毎)に自動でサーバー内のお水を循環させて清潔に保つ機能です。

「フレッシュモード」は30日間に1回程度、手動でボタン操作を行い、熱水を循環させてサーバー内の雑菌を殺菌するもの。

これら2つの機能によってウォーターサーバーを衛生的に利用出来ます!

また、エコモードで70℃のお湯が利用できるのでミルクをぱぱっと作ることができますよ。

さらに、「slat」はお水ボトルの交換がサーバー下部でできるのでボトル交換が楽ちんというメリットもありますよ!

「slat」のチャイルドロックは1種類ですが、長押しが必要なので赤ちゃんのイタズラ程度ではロック解除は難しいでしょう。また、給水ボタンがサーバー上部についているので小さい子どもの手では届きにくいのも安心です。

サントリー「天然水ウォーターサーバー」

初回金なし
サーバーレンタル料無料
水代1,350円/7.8L※1
配送料無料
休止手数料1,100円/月※2
解約手数料9,900円〜※3
温度水温4〜9℃
弱冷12〜15℃
湯温85〜92℃
弱温70〜75℃
サイズ幅:370mm/奥:450mm/高:1,240mm
カラー2種類(ホワイト/ブラック)
重さ24kg※4
※1 スマートプランの料金
※2 スマートプランで直近2カ月間天然水ボックスの購入がない場合
※3 中途解約手数料:機材を設置した日が属する月から12ヶ月経過前に中途解約された場合、機材1台あたり16,500円。機材を設置した日が属する月から12ヶ月経過後24ヶ月経過前に中途解約された場合、機材1台あたり9,900円
※4「PP502HC」の重量、タンク容量。

サントリーの「南アルプスの天然水ウォーターサーバー」には「おいしさキーパー機能」が搭載されています。おいしさキーパー機能は、毎日使用しない時間帯にあわせて、1日1回サーバー内に熱水を循環させるというもの。そうすることで雑菌から守り、サーバー内を清潔に保ちます。

このサーバーは温度設定が4段階設定できるのが特徴的。もちろん、ミルク作りに最適な70℃のお湯も使えます!「南アルプスの天然水」は誰もが一度は飲んだことがあるお水。飲み慣れた美味しい天然水なので、安心して使うことができますね。

サントリー天然水ウォーターサーバーのチャイルドロックは「全操作ロックボタン」と「注水ロックボタン」の2種類。全操作ロックを行えば、完全ロックができるのでより安全に利用することができますよ!

プレミアムウォーター:cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー

項目名内容
サーバーレンタル料1,100円/月※1
配送料無料※2
お水の値段※33,542円~/7 L×2本 3,974円~/12L×2本
休止手数料880円~※4
解約手数料20,000円※5
温度水温8℃
湯温83℃
サイズ幅:300mm/奥:386mm/高:1,160mm
カラー3種類(ホワイト/ブラック/ボルドー)
重さ24kg
※1 PREMIUM WATER MOM CLUBを利用の場合、お水の利用本数によりレンタル料が割引。
※2 基本的には全国送料無料、ただし選択する水の種類によって一部地域で配送料が必要となるので要確認。
※3 PREMIUM3年パックの料金
※4 60日間連続で休止した場合は880円の休止事務手数料が発生。さらに、90日間経過後も880円、120日間経過後で強制解約となる。
※5 基本プランの場合は加入していて2年以内に解約で発生。PREMIUM3年パック・マムクラブの場合には3年以内の解約で発生。

プレミアムウォーター「cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー」には加熱クリーンシステムが搭載されています。

加熱クリーンシステムは、温水タンクのお湯を冷水タンクに循環させ、タンク内を熱殺菌するシステム。冷水タンク内を、約70℃の状態にしたまま約2時間維持することで、タンク内を衛生的に、清潔に保ちます。

さらに、冷水タンクは外気を取り込みにくい構造になっていて、かつ独自のPET素材のボトルもお水が減るごとに収縮するため外気が入りにくく、空気中の雑菌による汚染の心配が少ないのも特徴です!

お湯の温度は通常時83℃に設定されているので、ミルク作りにも適しています。再加熱機能で一時的に90℃まで加熱可能ですので熱湯を使いたい場合でも問題なく利用できますよ。
チャイルドロックは背面のロックボタンで完全ロック、また、温水利用時には長押し設定となっているので子どものイタズラ対策もバッチリです。

コスモウォーター「smartプラス」

項目名内容
サーバーレンタル料無料※1
配送料無料※2 
お水の値段2,052円/12L
休止手数料880円/月※3
解約手数料9,900円※4
温度水温6〜10℃
湯温80〜90℃
サイズ幅:300mm/奥:340mm/高:1,100mm
カラー3種類(ホワイト/ピンク/ブラック/ウッド/ライトウッド)
重さ20kg
タンク容量冷水=1.6L
温水=1.25L
※1 smartプラス(ウッド・ライトウッド)の場合のみ、初回に限定カラー料2,200円が別途かかる。
※2 北海道の場合は、お水1本につき送料216円が別途かかる
※3 2カ月以上連続して停止する場合(特選水の場合、1カ月以上連続して停止する場合)は、休止手数料として1台につき、月額880円の支払いが必要
※4 規定利用期間(2年)満了前に解約する場合、サーバー引取手数料9,900円が発生

コスモウォーター「smartプラス」は2つのクリーン機能が搭載されています。「クリーンエア機能」によりタンク内に取り込むわずかな外気も、独自特許技術でクリーン化し、雑菌の侵入を防いでくれます。

「クリーンサイクル機能」は48時間ごとに熱水を自動循環させ、サーバー内をクリーンな状態に保ちます。

またコスモウォーターは天然水のボトリングから工場出荷まで48時間以内と、いつも汲みたての天然水が使えるのも特徴の一つ。サーバーが衛生的に使えて、鮮度の高いお水を使いたい方におすすめです!

Smartプラスには、「常時ロック」「常時フリー」「ボタンを押したときのみ作動」と3つのモードを使い分けることができるチャイルドロック機能を搭載しているので、チャイルドロック機能の充実度ではイチオシのウォーターサーバーです。

さらに、smartプラスもボトル設置がサーバー下部で、ボトル交換のしやすさという意味でもおすすめです。

うるのん「ウォーターサーバーGrande」

項目名内容
サーバーレンタル料無料
配送料無料 (北海道・沖縄除く)
お水の値段1,620円/12L(※子育てプラン適用)
休止手数料年2回まで無料
3回目以降1,100円/回
解約手数料16,500円~※1
温度冷水4~12℃
温水80~90℃
サイズ床置 幅:270mm/奥:347mm/高:1,032mm
(ボトル装着時の高さ:1,319mm)
卓上 幅:270mm/奥:360mm/高:568mm
(ボトル装着時の高さ:855mm)
カラー床置:ブラック・ホワイト
卓上:ブラック
重さ床置:約16kg
卓上:約15kg
※1 子育てプランの場合、3年未満の解約は16,500円の解約手数料が発生

うるのん 「Grande」は、内部クリーン機能が搭載されています。内部クリーン機能は、ウォーターサーバー内の冷水タンクに温水を循環させて、殺菌を行い、内部の環境を衛生的に維持するというもの。チャイルドロックが2段階設定出来るので小さい子どもがいる家庭でも安心です。

「富士の天然水 さらり」が、お水の美味しさを審査・評価する2021年度International Taste Institute ( 国際味覚審査機構)で、「優秀味覚賞(三ツ星)」を受賞し、食の安全を評価する2021年モンドセレクションでも「金賞」を受賞し、共に最高の評価を得ています。おいしいお水でミルクを作りたいという方にもおすすめです。

子育て世帯はお得に使える!特別なキャンペーンをご紹介

ウォーターサーバーメーカーの中には、子育てをする家庭向けにお得なプランを設定しているメーカーもあります。

割引が適用されて水の料金が安くなったり、プレゼント特典があったりと、通常のプランを契約するよりもお得でうれしい特典がついてきます。

どのウォーターサーバーにするか迷ったら、安い値段に割引してくれる子育て向けのプランがあるものを選ぶのもひとつの手です。

アクアクララ「子育てアクアプラン」

アクアクララには「子育てアクアプラン」という小学校入学前の子どもがいる家庭限定のお得なプランがあります。子どもを妊娠中から小学校入学前までの間「毎月550円割引」が適用になり、月々の料金がお得になる特典があります。

アクアクララ「子育てアクアプラン」の条件

「母子手帳を受け取った妊婦の方」、「6歳以下の未就学の子どもがいる方」
※母子手帳または子どもの健康保険証の写しが必要

アクアクララ「子育てアクアプラン」の特典

・特典1:毎月550円割引(小学校入学前まで)
・特典2:ママがよろこぶグッズプレゼント
・新規お申込み特典

お得でうれしい特典が付いているため、妊婦さんや小学校入学前の子どもがいる家庭におすすめしたいウォーターサーバーです!さらに当サイトからの申込み限定で「お水ボトルチケット4本」がプレゼントされるのでぜひチェックしてみてくださいね!

(※2021年10月時点の内容です。変更になる場合があるため詳細は公式サイトで要確認)

フレシャスの「ママパパプラン」

フレシャスの「ママパパプラン」では「dewo」と「Slat(Slat+cafe)」から選べます。
この2つのウォーターサーバーは子どもの安心安全に貢献するデザインとして「キッズデザイン賞」を受賞しています。dewoはウォーターサーバーで初めての受賞です。

フレシャス「ママパパプラン」の条件

申し込み時に妊娠中、または未就学の子どもがいる家庭の方※母子手帳または子どもの健康保険証の写しが必要

フレシャス「ママパパプラン」の特典

・「OXO(オクソー)ハンドル付きストローカップ」&「今治タオル」プレゼント・毎年子どもの誕生月にお水1箱を無料プレゼント
(※2021年10月時点の内容です。変更になる場合があるため詳細は公式サイトで要確認)

契約2年目以降から最大3年間、お水1箱が無料でもらえるので、赤ちゃんがいる家庭は「ママパパプラン」でお得にウォーターサーバーを利用しましょう!

プレミアムウォーターの「マムクラブ」

プレミアムウォーター「マムクラブ」はcado×PREMIUM WATER ウォーターサーバーが、毎月2セット以上のボトル利用で、サーバーレンタル料通常月額880円が月額550円で利用できます。

また、ウォーターサーバーの無料設置サービスもあるので、サーバー設置が非常に楽になりますよ。

プレミアムウォーター「マムクラブ」の条件

・申し込み時に妊娠中、または5歳以下の子どもがいる家庭の方
・初回配送予定日より3年間以上利用する方
※母子手帳または子どもの健康保険証の写しが必要
※初回配送予定日から3年未満での解約は契約解除料20,000 円(不課税)が発生

プレミアムウォーター「マムクラブ」の特典

・設置サービス通常8,800円が無料
・毎月のボトル料金が1セット(24L×2本)4,233円(基本プラン)から3,283円へ
・サーバーレンタル料初月無料、翌月以降は通常880円/月が毎月お水を2セット以上の注文で550円/月
(※2021年10月時点の内容です。変更になる場合があるため詳細は公式サイトで要確認)

うるのんの「子育てプラン」

うるのん「子育てプラン」では、「ウォーターサーバーGrande」を利用し、お水代(12L×2本の料金)が通常4,100円のところ3,240円で利用できます。

うるのんを初めて利用する方は「新規申し込みキャンペーン」と「JTB旅行券5,000円分プレゼントキャンペーン」との併用も可能です!

うるのん「子育てプラン」の条件

・申し込み時に妊娠中、または未就学の子どもがいる家庭の方
・WEB申し込み限定
※申し込み時に妊娠中だとわかる書類(出産予定日がわかるもの)もしくは、子どもの年齢がわかる書類の提出が必要
※3年未満での解約は契約解除料16,500 円が発生

うるのん「子育てプラン」の特典

・12L×2本が通常4,100円のところ、3,240円で利用可能

まとめ

子育ては毎日が本当に大変です。ミルク作りなど、一日に何度も行う作業は少しでも簡単に済ませたい。特に、夜中でも関係なく「お腹が減ったよ!」と泣く赤ちゃんのミルク作りは1秒でも早く済ませて1秒でも多く眠りたいと感じますよね。

ウォーターサーバーは、ミルク作りを簡単にするための必須アイテムです。本当に便利なので赤ちゃんがいる家庭では、ぜひ活用してほしいです。

また、せっかく使うウォーターサーバーは赤ちゃんでも安全に使えるものが良いですよね?赤ちゃんのミルク作りに使うウォーターサーバーを選ぶときのポイントは次の4つを意識してみましょう。

  • ミネラル成分が少ない軟水を選ぶ
  • チャイルドロック機能付きのサーバーを選ぶ
  • 温度設定の幅が広いほうが便利!
  • お水交換が簡単なサーバーを選ぶ

この4つのポイントを抑えてウォーターサーバーを選べば、きっと赤ちゃんのミルク作りが楽になりますよ。もちろん赤ちゃんが大きくなったあとの子育てでも大活躍まちがいなしです!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする
デザイン・用途で選ぶ
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました