酷似サイトにご注意ください
PR

【2024年】鹿児島県で信頼できる給湯器修理・交換業者6社を調査・比較

2022.06.23
2024.03.26
◆本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

給湯器には寿命があることをご存じですか?一般のガス給湯器の寿命は約10年とされています。寿命を過ぎるとお湯が出なくなるなどのトラブルが起こりやすくなり、最悪の場合火事や爆発などの重大な事故をもたらす可能性があります。寿命の近づいた給湯器は、早めに交換するようにしましょう。

給湯器の交換は、ガス機器に関する専門資格を保有した業者に依頼するのがおすすめです。この記事では、鹿児島で給湯器の交換施工に対応している給湯器専門業者を6社紹介します。

鹿児島県 給湯器の修理交換業者

鹿児島県 内の水道屋さん

◆本記事の公開は、2022年06月23日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。
目次  [閉じる]
小嶋 豊
監修者

水道設備業者 給湯器設備責任者

小嶋 豊 (株式会社プログレス)

株式会社プログレスの代表取締役で22年 暮らしの中で必要なレスキューサービスを提供する株式会社プログレスにて給湯器設備を担当。水回り業務に15年従事し、累計500件の給湯器関連のトラブルを解決。多くのお客様に信頼される「給湯器」のスペシャリスト。

続きを読む

鹿児島県 の給湯器修理・交換業者ピックアップ

業者名 公式サイト 料金 水道局指定 緊急駆けつけ 定休日 受付時間
\WEB割引アリ/
修理14,300円~
交換38,500円~
最短20分 年中無休 24時間
\WEB割引アリ/
修理11,000円~
交換33,000円~
最短20分 年中無休 24時間
給湯器交換工事費35,200円~+本体代+リモコン代 記載なし 年中無休 24時間

鹿児島県 の信頼できるおすすめ給湯器修理・交換業者

最短20分で駆けつけ!水漏れ、つまり、水のことなら何でも解決!24時間365日年中無休で営業!
  • ●到着時間 最短20分
  • ●受付時間 24時間
  • ●定休日 年中無休
  • ●料金 修理14,300円~
    交換38,500円~
●運営実績 累計120万件の修理交換実績

詳細は公式HPでご確認ください

おすすめ理由

イースマイルのおすすめ理由としては、全国対応にも関わらず、深夜早朝・土日祝日の特別料金がかからない点です。これはつまり、正式に依頼をするまでは料金は一切発生しないため、見積もりを依頼し納得が行かなければキャンセルをしても費用がかかることがありません。

また、駆けつけ時間が最短で20分ですので、トイレのつまりや水漏れなど緊急のトラブルが発生した場合も迅速に対応してくれますので、トラブルの際は必ず相談したい業者の一つです。

その他にもWEB割で3,000円割引になることや、トイレ以外にも蛇口の水漏れ、キッチンや洗面所などのつまり・水漏れ、給湯器の故障などにも対応してくれます。芸能人を起用したTVCMで知名度もあり、知っている方もいるかもしれませんが、そういった意味でも信頼できる業者の一つです。

ハウスラボホーム
作業料金6,600円から!最短5分で駆けつけ修理スタッフを手配します。
  • ●到着時間 最短20分
  • ●受付時間 24時間
  • ●定休日 年中無休
  • ●料金 修理11,000円~
    交換33,000円~
●運営実績 法人実績も多数掲載
●対応拠点 ハウスラボホーム鹿児島営業所
〒892-0847 鹿児島県鹿児島市西千石町11-21

詳細は公式HPでご確認ください

おすすめ理由

ハウスラボホームは全国各地に拠点を構えている水道修理業者です。トイレ、キッチン、浴室などの水まわりトラブル全般に対応しており、作業料金が6,600円からとお手頃価格で提供をしています。

万が一、水まわりに問題が発生した場合は、最短20分でお客様の元にスタッフが駆けつけます。出張見積もりキャンセルは0円、深夜早朝でも割増料金は一切ありません。業務や知識の習得のために厳しい自社研修を実施しているため、技術には問題ないようです。トラブルの原因や作業例などが分かりやすく記載されており、依頼の際も安心できますね。候補のひとつにしてみてください。

ちなみに、電話で連絡した際に「サイトを見た」と伝えると作業料金が2,000円割引になるWEB割がありますので、相談する際は必ず電話で相談し、その際には必ず「サイトを見た」と伝えましょう。

引用元: 湯ドクター
  • ●到着時間 記載なし
  • ●受付時間 24時間
  • ●定休日 年中無休
  • ●料金 給湯器交換工事費35,200円~+本体代+リモコン代
●運営実績 記載なし

詳細は公式HPでご確認ください

おすすめ理由

湯ドクターは給湯器の販売と交換工事を主に行っている給湯器専門業者です。施工実績の掲載があり、ガス給湯器や石油給湯器、エコキュートなどさまざまなタイプの給湯器に対応しています。

湯ドクターの特徴は、ガス機器設置のスペシャリストであるという点です。給湯器設置工事は高い技術力を持つ有資格者によって、法令や設置基準を遵守しながら行われます。特に給湯器の設置には専門資格が不可欠であるため、有資格者が施工してくれる湯ドクターであれば安心して依頼できるでしょう。

ガス給湯器の長期保証が無償で7年ついているのもポイント。もちろん有償での延長も可能です。工事保証も10年間無料となっており、万が一に備えることができます。

引用元: 正直屋
  • ●到着時間 最短30分
  • ●受付時間 24時間
  • ●定休日 年中無休
  • ●料金 54,500円~
●運営実績 全国での施工実績10万件以上

詳細は公式HPでご確認ください

おすすめ理由

正直屋はTV番組やラジオなど多数のメディアに露出をしており、給湯器交換専門店として知っている人もいると思います。

一部の県では対応していない場所もありますが、基本的には全国エリアに展開しており、取り扱っている給湯器の種類も100種類以上と、他の業者に比べて豊富です。

「メーカー大量仕入れで圧倒的安値を実現!」と記載しており、実際に費用も安い傾向にあります。

365日営業しておりメールでの見積もり申し込みフォームもありますので、相見積もりの際に利用しても良いかと思います。

  • ●到着時間 記載なし
  • ●受付時間 9:30-18:00
  • ●定休日 記載なし※土日祝も対応と記載
  • ●料金 ※例)給湯専用タイプ全込188,800円~
●運営実績 記載なし

詳細は公式HPでご確認ください

おすすめ理由

ガス給湯器.JPは、全国のガス給湯器の交換作業に対応している業者です。お問い合わせや見積もり依頼は、HPの専用フォームをご利用ください。お急ぎの要件については、フリーダイヤルをご利用ください。9:30~18:00に年中無休で受付対応しております。

見積もりや商品の購入などがネットで完結するため、低価格にてサービスを提供することができています。どのような商品を購入すればいいか分からない方でも、専任のアドバイザーが状況に合わせて最適な商品をご提案いたしますので、お気軽にご依頼ください。1998年以降、合計25,000件以上の実績があり、保証も充実しているので安心してご依頼ください。

ガス設備ドットコム
  • ●到着時間
  • ●受付時間 9:00~21:00
  • ●定休日 年中無休
  • ●料金 75,700円~
●運営実績 有り

詳細は公式HPでご確認ください

おすすめ理由

ガス設備ドットコムは給湯器の交換工事・販売・施工・故障・修理をしている業者です。鹿児島県のエリアに対応しています。電話受付年中無休9時~21時、メール問い合わせ24時間365日受付です。

ガス設備ドットコムでは、電話一本で24時間以内に訪問、交換工事をするまでの代替え品を無料で貸し出してくれるメリットがあります。保証については、無料で5年間の長期保証がついているのでアフターサービスも充実しています。

工事については、施工箇所の状況により、追加工事が発生する場合があります。追加工事が発生する場合は、現場調査後に追加工事内容を明確にし、正式見積を出してくれるので不要な工事をして請求される心配はありません。

給湯器で表示されやすいエラーコード

給湯器でトラブルが起こるとエラーコードが表示されます。しかし、エラーコードの意味を知っている方は少ないのではないでしょうか。

エラーコードの意味を知っておくことで、冷静にトラブルへ対処できるようになります。

この記事では給湯器で表示されやすいエラーコードとトラブルへの対処法について解説します。

エラーコード632とは?

エラーコード632は、給湯器の追い焚き機能に関するエラーコードです。追い焚き機能とは、浴槽のお湯が冷めた時に温め直す機能のことです。

追い焚き機能では、浴槽のお湯をもう一度給湯器に取り込んで温め直します。エラーコード632は、この取り込みが何らかの原因で上手くいかなかった時に表示されます。

エラーコード632が表示される主な原因は、次の通りです。

  • 浴槽のお湯の量が足りていない
  • 循環アダプターのつまりや取り付け不良
  • 追い焚き配管の凍結

エラーコード632は重大な故障ではないものの、不便を強いられるため早めに対処するのがよいでしょう。

エラーコード632の対処法

エラーコード632の対処は、原因別に行います。原因を特定した上で、以下の対処を行いましょう。

  • お湯の量を循環アダプターの上まで満たす
  • 循環アダプターを掃除し、正しく取り付ける
  • 追い焚き配管の凍結を解凍する

これらの対処法でもエラーコード632が消えない場合、給湯器本体に何らかの故障が起きている可能性があります。専門の業者へ依頼することを検討してください。

エラーコード110・120とは?

エラーコード110・120は、給湯器のバーナーに関するエラーコードです。バーナーが機能せずにお湯を温めることができない場合に表示されます。

エラーコード110・120は、ノーリツとリンナイという、2つのメーカーの給湯器で採用されています。各メーカーでのエラーコードの意味は、次の通りです。

  • ノーリツ/110:点火不良
  • ノーリツ/120:点火不良
  • リンナイ/110:点火不良
  • リンナイ/120:途中失火

エラーコード110が点火しない時に表示されるのに対し、エラーコード120は着火した状態から消えるという場合に表示されます。

エラーコード110・120の対処法

エラーコード110・120が表示される原因として、主に以下のものが挙げられます。

  • ガスの供給が止まっている
  • 天候の影響
  • 掃除不足

ガスの供給が原因の場合、まずは家のガスコンロを点火してみてください。もしも点火しなければ、家全体のガスが止まっています。点火する場合は、給湯器のガス栓が閉まっていないか確認しましょう。

天候が原因の場合は、天気が回復するまで待ちましょう。凍結している場合も自然解凍を待つのがよいです。

掃除不足の場合は、吸排気口の掃除を行います。枯れ葉やほこり、蜘蛛の巣なども原因となりますので、きれいにしておきましょう。

参考記事:給湯器のエラーの際に表示される「エラーコード」の意味とその対処法とは

給湯器トラブルでよくある症状と対処法

給湯器トラブルと対処法を紹介します。給湯器使用中に異音が聞こえるトラブルは、音によって不具合の種類が異なります。場合によっては業者への連絡が必要になるでしょう。

冬期の凍結も給湯器に起きやすいトラブルの1つ。この場合は自然解凍を待つ方法が有効です。熱湯やドライヤーで急激に温めると、トラブルが大きくなる可能性があるため注意しましょう。

ただし凍結によって給湯管に亀裂が入り、水漏れなどが生じた際は業者を手配する必要があります。

給湯器から異音がする

給湯器から異音が聞こえると不安になりますね。なかには正常に稼働している場合もあるため、無闇に恐れる必要がないケースがあります。

たとえば「ブーン」という音。これは稼働中の給湯器が発する音です。給湯器が故障している可能性は低いでしょう。

しかし注意すべき異音もあります。給湯器から以下の音が聞こえたときは危険です。

  • ボン
  • ゴー
  • ピー・ヒュー

給湯器から「ボン」という音ともにガスの匂いを感じたら要注意。ガス漏れ、不完全燃焼を起こしている可能性があります。この場合は給湯器の使用を中止し、ガスを吸い込まないように換気しましょう。

また「ゴー」という音は、給湯器の給排気部分にゴミが入り込んでいることが考えられます。「ピー」「ヒュー」という音を発するときは、ファンモーターにトラブルが起きているのかもしれません。

給湯器から異音が聞こえたときは、トラブルが大きくなることを防ぐためにも給湯器の使用を中止し、業者に連絡しましょう。

冬期の凍結

冬は気温が低下する季節。気温がマイナス15度を下回る日は、給湯器が凍結することがあります。
給湯器の凍結は、温暖な地域ほど注意が必要です。寒冷地であれば凍結対策を取っている家庭が多いかもしれません。

しかし温暖な地域の急な寒波は、すぐに対応することが難しいもの。なかでも日差しが当たりにくい北側に給湯器を設置している家庭は、冬期の凍結に注意しましょう。

万が一給湯器が凍結すると、以下のようなトラブルが生じます。

  • お湯が出ない
  • 湯張り・追い焚きができない
  • 配管からの水漏れ

気温が低下し、給湯管の給水部、貯湯タンクからの給湯管が凍結すると、お湯が出なくなります。また給湯配管、追い焚き配管が凍結すると、湯張りや追い焚き機能が使用できなくなることもあるでしょう。凍結した水は膨張する性質があるため、配管にヒビが入り水漏れする可能性もあります。

万が一給湯器が凍結した場合は、自然解凍を待つことで対処可能です。給湯器の電源をオフにし、気温の上昇を待ちましょう。

もしお湯を出したときに水漏れなどのトラブルが生じた場合は、無理に自分で解決しようとせず業者に連絡しましょう。

参考記事:給湯器が壊れた!原因の確認方法とすぐできる対処法、修理・交換の判断基準

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

※記事内で紹介した水道業者様は編集部が独自にリサーチを行い、料金や口コミ等、様々な情報を基に
順位付けをしております。

PR
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
水まわりのレスキューガイドがおすすめ! 給湯器の交換修理業者
給湯器のお役立ちコラム
タイトルとURLをコピーしました