酷似サイトにご注意ください
PR

青森県の信頼できる給湯器修理・交換業者5選おすすめ比較

2023.03.15
2024.03.27
◆本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

青森県にお住いで、給湯器からの異音が気になる方はいらっしゃいませんか。給湯器から異音が発生している場合、空気が逆流していたり、異物がつまったりしている可能性が高いのです。早急に修理・交換をしないと、冬に急にお湯が使えなくなるなど生活に大きな支障をきたします。本記事では、青森県内の信頼できる給湯器修理業者をご紹介しております。異音以外にも何か気になる点がございましたら対応してくれるので、お気軽にお問い合わせください。

 給湯器の修理交換業者

青森県 内の水道屋さん

◆本記事の公開は、2023年03月15日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。
目次  [閉じる]
小嶋 豊
監修者

水道設備業者 給湯器設備責任者

小嶋 豊 (株式会社プログレス)

株式会社プログレスの代表取締役で22年 暮らしの中で必要なレスキューサービスを提供する株式会社プログレスにて給湯器設備を担当。水回り業務に15年従事し、累計500件の給湯器関連のトラブルを解決。多くのお客様に信頼される「給湯器」のスペシャリスト。

続きを読む

青森県 の給湯器修理・交換業者ピックアップ

業者名 公式サイト 料金 水道局指定 緊急駆けつけ 定休日 受付時間
最短30分 年中無休 24時間
54,500円~ 最短30分 年中無休 24時間

青森県 の信頼できるおすすめ給湯器修理・交換業者

引用元: クラシアン
  • ●到着時間 最短30分
  • ●受付時間 24時間
  • ●定休日 年中無休
  • ●料金
●運営実績 依頼件数194万件以上(2023年累計)

詳細は公式HPでご確認ください

おすすめ理由

クラシアンはTVCMを放送しており、その知名度の高さは信頼できるポイントですよね。

業界問わず、多くの企業も利用しており、そういった点でも間違いなく悪質な業者ではありません。

作業にかかる金額自体は他の業者とそれほど変わらず、残念ながら割引等もありませんが、2回目以降は10%OFFで修理·交換を行ってくれます。

支払い方法も豊富ですし、他の業者同様、見積費用や出張費、キャンセル料がかかりませんので、こちらも見積もりに利用するのがよいでしょう。

引用元: 正直屋
  • ●到着時間 最短30分
  • ●受付時間 24時間
  • ●定休日 年中無休
  • ●料金 54,500円~
●運営実績 全国での施工実績10万件以上

詳細は公式HPでご確認ください

おすすめ理由

正直屋はTV番組やラジオなど多数のメディアに露出をしており、給湯器交換専門店として知っている人もいると思います。

一部の県では対応していない場所もありますが、基本的には全国エリアに展開しており、取り扱っている給湯器の種類も100種類以上と、他の業者に比べて豊富です。

「メーカー大量仕入れで圧倒的安値を実現!」と記載しており、実際に費用も安い傾向にあります。

365日営業しておりメールでの見積もり申し込みフォームもありますので、相見積もりの際に利用しても良いかと思います。

引用元: 湯ドクター
  • ●到着時間 記載なし
  • ●受付時間 24時間
  • ●定休日 年中無休
  • ●料金 給湯器交換工事費35,200円~+本体代+リモコン代
●運営実績 記載なし

詳細は公式HPでご確認ください

おすすめ理由

湯ドクターは給湯器の販売と交換工事を主に行っている給湯器専門業者です。施工実績の掲載があり、ガス給湯器や石油給湯器、エコキュートなどさまざまなタイプの給湯器に対応しています。

湯ドクターの特徴は、ガス機器設置のスペシャリストであるという点です。給湯器設置工事は高い技術力を持つ有資格者によって、法令や設置基準を遵守しながら行われます。特に給湯器の設置には専門資格が不可欠であるため、有資格者が施工してくれる湯ドクターであれば安心して依頼できるでしょう。

ガス給湯器の長期保証が無償で7年ついているのもポイント。もちろん有償での延長も可能です。工事保証も10年間無料となっており、万が一に備えることができます。

交換できるくん
  • ●到着時間 記載なし
  • ●受付時間 9:00~18:00
  • ●定休日 年中無休
  • ●料金 基本工事費(37,800円~)+本体代
●運営実績 記載なし

詳細は公式HPでご確認ください

おすすめ理由

交換できるくんはトイレや給湯器、蛇口などの水まわり設備をインターネット上で商品を購入して、交換作業までを依頼することができます。
また、取付け工事についても対応しており、商品・工事ともに無料の10年保証がついています。
ただし、自身で用意した蛇口の取付のみの依頼には対応していないのでご注意ください。

現地での見積もりは行っておらず、ネット見積もりを行っております。現地での見積もりを行わないことでコストの削減となり、お客様へ還元することができています。気に入った商品を見つけたら見積もり用のボタンをクリックすると簡単に見積もりを行えます。希望の商品が分からなくても業者からおすすめの商品の提案があるので安心です。

引用元: ガスペック
  • ●到着時間 記載なし
  • ●受付時間 9:00~18:30
  • ●定休日 年中無休
  • ●料金 給湯専用タイプ35,200円~
●運営実績 記載なし

詳細は公式HPでご確認ください

おすすめ理由

ガスペックは給湯器の販売と交換工事を主に行っている給湯器交換専門業者で住宅設備機器販売もおこなっています。給湯器の施工実績が豊富であり、リンナイやノーリツ、パーパス、パロマなど各メーカーの給湯器に対応しています。

ガスペックの特徴は、施工品質の高さにあります。ガスペックはリンナイの元指定工事店であるため、メーカー基準の品質での施工が可能です。また、各メーカーのあらゆるタイプの給湯器を自社倉庫で管理しているため、緊急時にも最短即日での対応ができるのも強みの1つです。

施工後の保証も充実しており、給湯器本体の保証が最長10年まで有償で延長することができます。工事保証も10年間となっており、万が一故障した場合でも無償で修理してくれるので安心です。

給湯器のほかにも、トイレと蛇口の交換リフォームなど幅広く対応しています。写真をおくって無料見積もりもできるので、一度ご確認ください。日中だとチャット相談も対応しています。

給湯器の寿命と交換すべきタイミング

給湯器にトラブルが起こったときは、交換すべきか修理で直るのか気になりますね。給湯器の寿命は約10年。これ以上経過している給湯器は、交換のタイミングにさしかかっています。

交換と修理の判断基準は、メーカーの保証期間を目安にするとよいでしょう。給湯器にトラブルが起きやすいタイミングについて、くわしく紹介します。

給湯器の寿命は設置場所によって異なる

給湯器にはいくつか種類があります。ガスや電気、石油などの燃料に応じて内部構造が異なり、寿命が機器によって変動するものです。

また、給湯器を設置している環境によっても違いが生じます。同じ集合住宅内だとしても、何階で使用されているのかによって、気温や日光の当たり具合が変わるため、寿命が異なるのです。

一般的なガス給湯器の寿命は、約10年といわれています。石油給湯器であれば、8~10年。電気給湯器、集合住宅で使用している給湯器の場合は、10~15年が寿命の目安です。

給湯器の寿命が縮まるのは配管・内部にダメージが加わるとき

給湯器の寿命が縮まる原因には、使用する頻度や気温の変化などが挙げられます。一般的な家庭よりも使用回数が多い給湯器は、配管や内部にダメージが加わり、寿命が短くなる傾向があります。

たとえば、夏の暑さが厳しい地域や寒冷地。これらの地域は気候が安定している地域と比較して、給湯器の配管、内部にかかる負担が大きくなる環境です。給湯器の使用環境によっては、メーカーが提示した耐用年数よりも早く寿命を迎えることがあります。

メーカーの保証期間内なら修理がおすすめ

給湯器を交換すべきか、修理した方がよいのか判断する目安は、「メーカーの保証期間内であるかどうか」です。保証期間内であれば、基本的には修理費がかかりません。

給湯器を取り付けてから年数が経過していない場合は、修理をおすすめします。給湯器の取り付けを行った業者に相談してみましょう。

給湯器の寿命が過ぎているなら交換がおすすめ

メーカーの保証期間が終わり、長期的に使用してる給湯器は交換がおすすめです。古い給湯器は修理しても、またトラブルが起こる可能性があります。

こうなると給湯器が故障する度に修理費用がかさむため、新しいものに交換した方が最終的なコストが安く済むでしょう。

また給湯器を交換することで、光熱費の節約が可能です。最新の給湯器は省エネ機能が高い傾向があるため、エネルギー効率が上がります。

ただし交換の際は、給湯器本体を購入する必要があるため作業費に加えてコストがかかります。給湯器の使用年数、寿命を考慮した上で検討しましょう。

参考記事:給湯器修理どこに頼めばいい?給湯器業者、メーカー、ガス会社を比較

エコジョーズやエコキュートの特徴

給湯器にはさまざまな機種があるので、どれを購入すればいいのか悩んでしまいますよね。
数ある給湯器のなかでも、近年主流になってきているのが「エコジョーズ」「エコキュート」の2機種です。

エコジョーズはガスを使ってお湯を沸かし、エコキュートは電気を使ってお湯を作ります。それぞれの機種にはどのような特徴があるのか、詳しく説明します。

エコジョーズの特徴

エコジョーズはガスを使ってお湯を沸かす、次世代型の「ガス給湯器」です。従来型のガス給湯器との大きな違いは「少ないガスで効率よくお湯を沸かせる」という点。

従来の給湯器では捨てられていた余分な熱を給湯時のエネルギーとして再利用するため、従来型の給湯器よりも少ないガス量でお湯を沸かすことができるのです。省エネ性に優れていて環境やお財布にもやさしいことから、近年ではガス併用住宅に取り入れられることが増えてきました。

しかし性能が高い分、エコジョーズは従来型と比べて機器代が高く、新設時には排水配管を設置するための排水ドレン工事費用もかかる点は留意しておかなければなりません。

とはいえ長い目で見れば、省エネ性能が高く、光熱費を節約できるエコジョーズはやはりお得だと言えます。「光熱費を節約したい」という方は、エコジョーズを検討すると良いでしょう。

エコキュートの特徴

エコキュートの最大特徴は「少ない電力で効率よくお湯を作れる」ことです。熱源や仕組みは異なりますが、省エネ性に優れているという点はエコジョーズと似ています。

エコキュートはお湯を作るために必要なエネルギーのほとんどを「ヒートポンプ」でまかなうため、少ない電力で効率よくお湯を沸かすことができるのです。

2000年代半ばから、オール電化住宅とIHの普及とともに「次世代の給湯器」として多くの家庭に取り入れられています。

メリットは、なんといっても光熱費を抑えられることです。電気料金が割安になる夜間に稼働するので、安くて少ない電力でお湯を作ることができます。

ただしエコキュートは従来品と比べて機器費用が高く、新設する場合には土台を整えるための基礎工事も必要です。初期費用がかかる点は、エコキュートのデメリットと言えるでしょう。

しかし、初期費用はかかったとしても、高い省エネ性によって長く使えば使うほど光熱費節約の恩恵を受けられることがエコキュートのメリットでもあります。

ランニングコストや効率性を重視したい方は、エコキュートを検討してみてはいかがでしょうか。

参考記事:エコジョーズとは?ガス給湯器との違いを徹底解説!
参考記事:エコキュートとは?ガス給湯器との違いを徹底解説!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

※記事内で紹介した水道業者様は編集部が独自にリサーチを行い、料金や口コミ等、様々な情報を基に
順位付けをしております。

PR
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
水まわりのレスキューガイドがおすすめ! 給湯器の交換修理業者
給湯器のお役立ちコラム
タイトルとURLをコピーしました